日立物流の年収【2021年最新版】

ボーナスはいくら?なぜ高年収?面接対策は?気になる情報を総まとめ!


日立物流の平均年収

日立物流の平均年収は安定しており、2021年で前期に比べて上昇傾向の806.0万円でした。陸運業界内6位、全体での順位は384位です。日立物流はシステム物流事業などを展開しており、佐川急便や福山運輸などと業務提携を行っています。大きな案件も多く、世界を股にかけることもあり、やりがいを感じやすいでしょう。交通費全額支給、家賃補助8割など福利厚生も充実しています。

日立物流の平均年収概要

平均年収: 806.0万円 上昇傾向
平均年齢
41.7歳
平均勤続年数
18.4年
従業員数
1,571人

日立物流の平均年収推移

平均年収推移(日立物流と上場企業平均)

日立物流の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると5.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は775.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日立物流の平均年収推移(2015年〜2019年)

日立物流の平均年収 年収
2019年 806万円
2018年 801万円
2017年 773万円
2016年 758万円
2015年 738万円

業界内やエリア内での日立物流のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
384位
3737社
全国の上場企業の平均年収より193.5万円高い

全国の平均年収より373.8万円高い
日立物流の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
806.0万 612.5万 432.2万

日立物流の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると193.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると373.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中384位と高い順位となります。

陸運業界内での比較

業界内順位
6位
65社
陸運業界の平均年収より206.8万円高い
日立物流の平均年収 陸運業界の平均年収
806.0万 599.2万

日立物流が属する陸運業界の上場企業の平均年収は599.2万円です。 そのため、日立物流の年収は業界平均と比べて206.8万円高く、業界内順位を見ると65社中6位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
275位
1979社
東京都の平均年収より158.8万円高い
日立物流の平均年収 東京都の平均年収
806.0万 647.2万

日立物流の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日立物流の年収はエリア平均と比べて158.8万円高く、エリア内順位を見ると1979社中275位と高い順位となります。

日立物流ではボーナスはどれくらい貰える?

日立物流でのボーナス支給は年2回。

ボーナスの総支給額は、おおよそ100万円〜255万円です。

口コミによると、50歳代で最も多くのボーナスが支給される傾向にあります。

日立物流の職種別の年収

日立物流の職種別の年収は、下記の通りです。

総合職:約750万円~1120万円

一般職:約500万円~800万円

技術職:約550万円~785万円

なお、学歴別の初任給(月額)については、下記の通りです。

高専卒:月給192,600円

学部卒:月給216,200円

修士卒:月給226,400円

日立物流では出世するとどれくらいの年収が貰える?

口コミによると、日立物流の各役職ごとの年収は下記の通りです。

  • 係長クラス:約840万円〜890万円
  • 課長クラス:約1000万円〜1190万円
  • 部長クラス:約1280万円〜1490万円

課長・部長クラスになると1000万円以上の年収である可能性が高そうです。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中