東プレの年収【2022年最新版】(2ページ目)

冷凍庫の国内シェアトップクラス!自動車部品や電子機器まで手掛ける大手メーカー!競合会社と比較すると?


東プレの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員はいないとのことです。

またその他の役員の報酬については、社内取締役10名に対して総額2億3500万円で1人あたり2350万円、社内監査役2名に対して総額2000万円で1人あたり1000万円がそれぞれ支給されていました。

このことから、取締役社長の内ヶ崎真一郎氏の報酬は2350万円以上1億円未満であると言えます。

業績も年々上昇しているため、今後役員の報酬も徐々に伸びていくと予想できます。

競合他社と東プレの年収比較

東プレの競合会社として、ジーテクトエイチワン等が挙げられます。

それぞれの年収を比較すると、東プレは661万円、ジーテクトは637万円、エイチワンは698万円と、エイチワンにはあと一歩及びませんでした。

現在は製品の量産を見据えて更なる生産性の向上のために様々な取り組みを行っていることから、年収も今後どんどん上昇していくと考えられます。

東プレの平均年収が高い理由

東プレの売り上げ及び経常利益を確認すると、売り上げは2017年で1002.5億円、2018年で1099.8億円、2019年で1120.7億円でした。

また経常利益は2017年で108.1億円、2018年で121.5億円、2019年で133.9億円となっていました。

2017年から2019年にかけて売り上げは約118.2億円、経常利益は約25.8億円それぞれ上昇していることが分かります。

2019年度に住宅用換気システムやキーボード等の販売台数が好調であったことが、業績に良い影響を与えたと推測できます。

そのため社員にもしっかり還元されており、年収が高くなっているのでしょう。

東プレの事業内容

主な事業

東プレでは、主にプレス関連製品事業・低温物流関連事業の二つを展開しており、それぞれの主要な製品は以下の通りです。

  • プレス関連製品事業:自動車関連製品(フロントピラー、バッテリーケース、リアピラー、ドアビーム、センターピラー、ホイールハウス等)
  • 低温物流関連事業:XVシリーズ(省エネ型直結式冷凍装置)、GBS(発電式システム)、RHシステム(冷却加温システム)、冷凍板バックアップ式冷凍装置等

低温物流関連事業で手掛ける冷凍庫は国内でもトップクラスのシェアを誇ります。

現在は大型車向けの冷凍装置の開発を進めると共に、航空輸送用の蓄冷式保冷カーゴコンテナの発売も開始。

今後も顧客のニーズに沿った製品を開発していくと考えられます。

その他の事業

東プレでは上記の他にも空調機器部門・電子機器部門にてそれぞれ以下の製品を手掛けています。

  • 空調機器部門:送風機、装置・局所用ファンフィルターユニット、冷凍式エアドライヤ、クリーンユニット等
  • 電子機器部門:キーボード、カードリーダ、タッチパネル、パネルPC、PINPAD等

2019年度には空調機器部門では大型スポットクーラーを、電子機器部門ではマウスをそれぞれ開発。

今後は市場の開拓等に更に尽力していきます。

東プレの歴史

ここで、東プレのこれまでについて簡単に見ていきましょう。

1935 東京プレス工業を設立する

1962 東京証券取引所第二部に上場する

1968 冷凍・冷蔵車業界に進出する

1970 空調機器業界に進出する

1974 東京証券取引所第一部に上場する

1983 電子機器業界に進出する

1985 社名を東プレに変更する

1986 事務機器業界に進出する

1991 トップ工業から冷凍・冷蔵車の製造部門を吸収する

東プレが属する東プレグループとは?

東プレグループは、東邦興産、東京メタルパック、東京金属工業、東京マルチファスナー等の子会社23社・関連会社2社から成り立つグループです。

グループ企業では運送事業や金属の加工・研磨、自動車用プレス部品の製造、冷凍・冷蔵庫等の販売等を行い、東プレの事業をサポートしています。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中