沢井製薬の年収【2021年最新版】(2ページ目)

好感度の高いジェネリック医薬品メーカーランキング第1位!信頼が厚い理由とは?選考のポイントも詳しく分析!


沢井製薬の社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認すると、既に退任した前取締役会長の澤井弘行氏の報酬が1億3400万円であったことが分かりました。

またその他の役員の報酬については、社内取締役6名に対して総額3億9900万円で1人あたり6650万円、社内監査役2名に対して総額2200万円で1人あたり1100万円がそれぞれ支給されていました。

「薬剤師が選ぶ好感度の高いGEメーカーランキング」にも11年間連続で第1位に選ばれており、顧客からの信頼も厚いです。

現在は業界や時代のニーズ等にも柔軟に対応することのできる体制の構築にウェイトを置き競争力の強化を図っているため、今後更に業績及び役員の報酬が上昇していくと期待できます。

競合他社と沢井製薬の年収比較

沢井製薬の競合会社として、東和薬品日医工等が挙げられます。

それぞれの年収を比較すると、沢井製薬は599万円、東和薬品は633万円、日医工は680万円と、現時点では東和薬品には約34万円、日医工には約81万円及びませんでした。

近年はジェネリック医薬品のシェアがどんどん高まり業界での競争も激化しているため、沢井製薬では現在新しいジェネリック医薬品の開発を行うと共に安定供給体制の強化にも尽力しています。

企業理念「なによりも患者さんのために」の通り、今後も顧客に寄り添い高品質な製品・サービスを提供していくと考えられます。

顧客との信頼関係も更に強固なものになるにつれシェアも徐々に拡大し、いずれ競合を超えるかもしれません。

沢井製薬の平均年収が高い理由

2017年から2019年にかけての売り上げ及び経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で1318.1億円、2018年で1341.8億円、2019年で1433.9億円でした。

また経常利益は、2017年で202.2億円、2018年で190.8億円、2019年で242.3億円となっています。

経常利益が2018年に一度下降していますが現在は回復傾向にあり、直近3年間で売り上げは約115.8億円、経常利益は約40.1億円それぞれ上昇しました。

近年ではアメリカにおいて「モルヒネ硫酸塩錠」等をはじめとした製品を次々に発売し、販売数の拡大に努めたことが業績に繋がったと考えられます。

国内だけでなく海外においても積極的に事業を展開しているため収益を確保することができ、社員の年収もそれに伴い高くなっているのでしょう。

沢井製薬が属するサワイグループとは?

サワイグループは、沢井製薬を中心としてサワイグループホールディングス、メディサ新薬、化研生薬等の子会社5社から構成されるグループです。

グループ企業では医療用医薬品の製造販売を中心に事業を行っており、沢井製薬の事業をサポートしています。

沢井製薬の採用情報

ここでは、沢井製薬の新卒採用情報・キャリア採用情報についてご紹介します。

それぞれの募集職種や選考について見てみましょう。

新卒採用

新卒採用では例年、以下の職種の募集が行われています。

  • 研究開発職
  • 生産技術職
  • 営業(MR)職

営業(MR)職では全学部・学科が募集対象とされていますが、研究開発職・生産技術職に関しては理系の学部・学科に所属する方が対象となるので注意しましょう。

また、高等専門学校生の方は各学校を通しての応募になるとのことです。

各学校宛に求人票が送付されているようなので、まずは自身が在籍する学校の担当者に確認するようにしましょう。

また新卒採用ページの「職種紹介」には、各職種の主な業務内容についての簡単な説明が記載されています。

研究開発職・生産技術職・営業(MR)職のいずれのページにも目を通しておくことで、各職種や沢井製薬に対する理解を深めることができるでしょう。

選考は、エントリー→会社説明会→エントリーシートの提出→適性検査1→個別面接→適性検査2→個別面接(約2回)の順で行われます。

残念ながら適性検査についての詳しい情報や口コミは見られませんでしたが、過去に選考を受けた方の体験談を見るとエントリーシートでは以下の項目についての記入を求められたとのことです。

  • 志望職種で活かせると思う自身の長所について
  • 研究以外で大学時代に取り組んだことを三つ挙げよ
  • これまでの人生で最も力を入れて取り組んだことについて 等

エントリーの際には全職種共通してエントリーシート及び履歴書の提出が必須となります。

ただし研究開発職を希望する方は研究概要の提出も必要となるので、提出漏れのないよう注意しましょう。

キャリア採用

キャリア採用では現在、以下の職種の募集が行われています。

  • 研究開発:物性分析研究
  • 品質保証:品質保証部
  • 工場:品質管理業務、品質保証業務、医薬品製造担当(九州工場または茨城鹿島工場)

研究開発職ではHPLC・GC等の分析機器を用いた試験業務の経験(3年以上)や英語論文を読解できるレベルの英語力が、品質保証職では医療用医薬品における品質保障業務経験及び監査報告書が読解できるレベルの英語力が応募する上でそれぞれ必要となります。

工場において募集されている各職種でもそれぞれ応募要件が若干異なるため、応募する前に必ず確認するようにしましょう。

応募は、各職種の最下部「応募する」からエントリーすることができます。

エントリーフォームでは、自身の基本情報をはじめ資格や希望する給与・職種・勤務時間・勤務地等の記入が求められるので、時間に余裕を持ってエントリーするようにしましょう。

また履歴書・職務経歴書のファイルの添付も求められるため、予め作成しておく必要があります。

紹介状等もあれば併せてアップロードする必要があるので、気を付けましょう。

沢井製薬で求められる人材像

「人財育成の考え方」のページには、沢井製薬では「状況変化を素早く感じ取って自ら判断し、行動に移せる人財」を求めているとありました。

また、企業理念を確認すると「なによりも患者さんのために」として以下の三つが大切にされています。

  • 「真心をこめた医薬品を通じ、人々の健やかな暮らしを実現する」それがsawaiの使命です。
  • 「創造性を追求し、革新と協調により社会と共に成長する」それがsawaiの挑戦です。
  • 「お役に立ちたいという心を持ち、なくてはならない存在になる」それがsawaiの願いです。

これらのことから沢井製薬では、相手の気持ちや求めていることを推し量り、思いやりを持って他者に接することのできる人材を求めていると推測できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年6月23日

SNSシェア用テキスト

表示準備中