ニフコの年収【2021年最新版】

工業用ファスナー国内シェア約70%を誇る部品メーカー!出世後の報酬は?求められる人材像についても徹底的に解説!


ニフコの平均年収

ニフコの平均年収は、2021年では634.1万円で前期に比べて下降傾向。化学業界内では123位、全体では1453位、神奈川県内では63位でした。ニフコでは人財育成を重視しており、e-learningやオンライン英会話が受講できる他、TOEICは全事業所にて無料で受験することが可能。食堂や社宅・寮も完備、プレミアムフライデーには通常より2時間早く仕事を終えることができる等、社員を大切にしています。フレンドリーで居心地の良い社風で、平均勤続年数は14.2年と短めですが、これから更に水準が上がることが見込めます。

ニフコの平均年収概要

平均年収: 634.1万円 下降傾向
平均年齢
39.6歳
平均勤続年数
14.2年
従業員数
1,290人

ニフコの平均年収推移

平均年収推移(ニフコと上場企業平均)

ニフコの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると61.7万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は672.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ニフコの平均年収推移(2015年〜2019年)

ニフコの平均年収 年収
2019年 634万円
2018年 696万円
2017年 697万円
2016年 684万円
2015年 650万円

業界内やエリア内でのニフコのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1453位
3737社
全国の上場企業の平均年収より21.6万円高い

全国の平均年収より201.9万円高い
ニフコの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
634.1万 612.5万 432.2万

ニフコの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると21.6万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると201.9万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1453位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
123位
213社
化学業界の平均年収より21.4万円低い
ニフコの平均年収 化学業界の平均年収
634.1万 655.5万

ニフコが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、ニフコの年収は業界平均と比べて21.4万円低く、業界内順位を見ると213社中123位と平均的な順位となります。

神奈川県内での比較

エリア内順位
63位
173社
神奈川県の平均年収より24.9万円高い
ニフコの平均年収 神奈川県の平均年収
634.1万 609.2万

ニフコの所在地がある神奈川県の上場企業の平均年収は609.2万円です。 そのため、ニフコの年収はエリア平均と比べて24.9万円高く、エリア内順位を見ると173社中63位と高い順位となります。

ニフコではボーナスはどれくらい貰える?

ニフコでは年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約105万円~225万円となっており、2018年度実績では約5.82ヶ月分支給されていました。

業績が良い場合には臨時ボーナスも出るので、社員の満足度も高いようです。

ニフコの職種別の年収

ニフコの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約320万円~690万円
  • 技術職:約350万円~675万円
  • 総合職:約500万円~965万円

また、2019年4月実績では初任給は以下の通りでした。

  • 修士了: 240,000円
  • 学部卒: 220,000円
  • 高専卒: 210,000円

上記の額は住宅手当10,000円、その他手当10,000円を含んだ額となります。

残業代も1分単位で支給されるので、頑張った分自身に還元されるでしょう。

ニフコでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ニフコで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約690万円~760万円
  • 課長クラス:約925万円~1000万円
  • 部長クラス:約1045万円~1250万円

ニフコで出世する傾向にある社員の特徴としては、顧客からの評判が良好で成績も良いことが挙げられます。

顧客の立場に立って業務に取り組むことで顧客との信頼関係も構築でき、自身の成績にも繋がるでしょう。

ニフコの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1憶円を超える役員についての記載は見られませんでした。

また社内取締役5名に対して総額2億2200万円で1人あたり4440万円、社内監査役3名に対して総額3700万円で1人あたり1233万円がそれぞれ支給されていました。

業績も順調であるため、今後の役員報酬の伸びしろに期待できるでしょう。

競合他社とニフコの年収比較

ニフコの競合会社として、三光合成天昇電気工業が挙げられます。

それぞれの年収を比較すると、ニフコは634万円、三光合成は477万円、天昇電気工業は404万円となっており、現時点で競合会社よりも年収が高いことが分かりました。

現在電動化や自動運転等にも対応できる製品の開発に尽力しているため、今後年収は更に上昇し、競合会社との差をどんどん開いていくと予想できます。

ニフコの平均年収が高い理由

ニフコの売り上げの推移を見ると、2017年で727.5億円、2018年で770.2億円、2019年で836.4億円となっていました。

2017年から2019年にかけて約108.9憶円増加しており、収益の増加に成功していると言えます。

2019年度時点で自動車用プラスチックファスナーの国内シェア約70%を獲得しているだけでなく、海外での需要も安定して高いこともあり、業績・事業共に順調。

そのため社員にもしっかり還元することができているのでしょう。

ニフコの事業内容

主な事業

ニフコでは、主に合成樹脂成形品事業として工業用プラスチック・ファスナー・プラスチック精密成形部品金型等の製造販売を行っています。

現在展開している製品の種類としては以下の通りです。

  • ファスナー:一般ファスナー・パネル用、自動車用、OA・家電用、ラッチ用等
  • ダンパー製品:ギアダンパー、軸ダンパー、リニアダンパー、ラッチ、フリーストップヒンジ、ワンウェイクラッチ等
  • バックル製品:プラスチックバックル、フロントリリースバックル、サイドリリースバックル等

近年では省エネに対応した製品の開発にも尽力しており、自動車の軽量化に貢献することが可能な部品等を開発。

今後も時代のニーズに合わせた製品を展開していくでしょう。

その他の事業

その他にもニフコはベッド及び家具事業にも携わっており、ベッドやマットレスの製造販売を中心に行っています。

製品は有名なホテル等にも多数導入されており、世界シェアトップクラスも獲得。

今後も人々の生活スタイルの変化やニーズに対応できる製品を世に輩出し、我々の生活を豊かにしていくでしょう。

ニフコの歴史

ここで、ニフコのこれまでについて簡単に見ていきましょう。

1967 日本工業ファスナーを設立する

1970 社名をニフコに変更する

1977 ニフコと日英物産が合併する

1979 東京証券取引所第二部に上場する

1984 東京証券取引所第一部に上場する

1985 大阪証券取引所第一部に上場する

1988 名古屋証券取引所第一部に上場する

2017 創業50周年を迎える

ニフコが属するニフコグループとは?

ニフコグループは、シモンズや日英精機、ニフコトレーディング等をはじめとした子会社53社・関係会社1社から成り立つグループです。

国内だけでなく海外にもグループ企業を保有しており、グループ企業では主に合成樹脂成形製品・金型の製造販売、ベッドの製造販売、家具の輸入販売等の事業をそれぞれ手掛けています。

ニフコの採用情報

ニフコでは、現在新卒採用を中心に採用が行われています。

募集職種や選考について見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在理系・文系とでそれぞれ以下の職種の募集が行われています。

  • 理系: 商品設計・金型設計・生産技術・品質管理・技術情報システム等
  • 文系: 品質管理・生産管理・調達物流(生産管理)・財務経理等

どの職種においても入社後基礎的な英語力が必須となり、目安としてはTOEIC500点相当の英語力が求められるようです。

時間を見つけて勉強を進め、入社までに上記の目安点を取得しておくとより良いでしょう。

選考は、エントリー→会社説明会→応募書類・適性検査→書類選考→筆記試験・面接(計3回)の順で行われます。

技術職では筆記試験の際に三視図から三次元の図面を書く問題等が出題されたようなので、基礎からきちんと見直し、対策して臨みましょう。

中途採用

現時点で公式ホームページでは中途採用は行われていませんでしたが、転職サイトでは海外拠点の経営管理職の募集が行われています。

上記の職種では財務経理業務や計数管理業務等の実務経験を持つ方を募集対象としています。

語学力は読み書きができるレベルで良いとのことですが、自身の能力を示せる資格等を保有しているとアピールポイントとなるでしょう。

ニフコへの転職を考えている方は、早めに応募するようにしましょう。

また、今後その他の職種でも必要に応じて募集が行われると考えられます。

小まめにチェックし、求人を見逃さないようにしましょう。

ニフコで求められる人材像

ニフコが求める人材像として、リクナビには以下の四つが挙げられていました。

  • 現状打破し成長を楽しむチャレンジマインドを持つ人
  • 困難に挫けず、最後まで粘り強く取り組める人
  • 変化・異文化への壁を作らないオープンマインドとコミュニケーション能力を持つ人
  • 進んで周囲のチャレンジをアシストする協働性を持つ人

また、ニフコのバリューとして以下の三つも大切にされています。

  • 常に高みを目指して前向きに行動し、新しいパラダイム実現のために常識を打ち破る
  • 自由に素直に意見を交わし、チームとして心を一つにする
  • 新しいことに勇気をもって挑み、次のアイデアを探求し実現する

「変化を創り出し、未来を切り拓く」というビジョンを掲げていることからも、ニフコでは挑戦心・粘り強さ・コミュニケーション能力・マネジメント力を持ち、何事にも自分から行動を起こせる人材を求めていると考えられるでしょう。

ニフコに就職、転職するためには?

ニフコの面接は雰囲気は和やかであるものの質問は鋭い傾向にあるようです。

そのため業界研究・企業研究・自己分析を抜かりなく行い当日に備えるべきであると言えるでしょう。

過去の面接での質問内容も確認しておきましょう。

  • 海外で仕事をすることの興味の有無について
  • グローバル化とはどのような意味の言葉であると考えるか
  • 幸せだと感じるのはどのような時か
  • アルバイト経験について、またそこから何を学んだか
  • 学生時代にどのようなことに力を入れて取り組んだか

また、過去には英語での自己紹介を求められたという口コミも見られたので、念のため練習しておくと安心でしょう。

ニフコの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(ニフコと上場企業平均)

ニフコ 上場企業平均
2019年 1,290人 1,035人
2018年 1,244人 1,071人
2017年 1,134人 1,042人
2016年 1,098人 1,055人
2015年 1,287人 1,055人

ニフコの従業員数は2019年で1,290人と、1年前と比べて46人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にニフコと同じ化学業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が913人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(ニフコと上場企業平均)

ニフコ 上場企業平均
2019年 39.6歳 41歳
2018年 40.7歳 41歳
2017年 40.9歳 40歳
2016年 41.2歳 40歳
2015年 41.0歳 40歳

ニフコの平均年齢は2019年で39.6歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ化学業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(ニフコと上場企業平均)

ニフコ 上場企業平均
2019年 14.2年 12年
2018年 13.0年 13年
2017年 16.2年 13年
2016年 16.7年 13年
2015年 16.9年 13年

ニフコの平均勤続年数は2019年で14.2年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ化学業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.3年のため、業界内で見ても短い水準となります。

ニフコの業績推移

ニフコが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 836.4億円 151.0億円
2018年3月期 770.2億円 159.9億円
2017年3月期 727.5億円 162.6億円
2016年3月期 665.7億円 89.7億円
2015年3月期 649.3億円 91.6億円

まず、ニフコと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、ニフコが836.4億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。ニフコの売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、ニフコが8.6%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

ニフコ 上場企業平均
2019年3月期 6484万円 1.1億
2018年3月期 6191万円 9064万
2017年3月期 6415万円 9022万
2016年3月期 6063万円 9416万
2015年3月期 5045万円 9870万

次に、ニフコと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、ニフコは6484万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

ニフコ 上場企業平均
2019年3月期 1170万円 788万
2018年3月期 1286万円 731万
2017年3月期 1434万円 741万
2016年3月期 817万円 672万
2015年3月期 711万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、ニフコは1170万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためニフコは上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
株式会社ニフコ
設立年月日
1967年2月13日
所在地
神奈川県横須賀市光の丘5−3
エリア
公式サイト
業界・業種
化学 
代表者名
山本 利行
上場市場
東証1部
上場年月日
1979年7月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中