TKCの年収【2021年最新版】(3ページ目)

自治体クラウド導入実績No.1!出世後の報酬1000万円超えって本当?企業研究の際にやっておくべきことは?


TKCの採用情報

TKCでは、現在新卒採用・キャリア採用がそれぞれ行われています。

募集職種等について確認していきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在以下の二つの職種で募集が行われています。

  • システム開発職:SE・プログラマ
  • システム・コンサルティング職:システム・OA機器導入・活用提案、フォロー等

勤務地はシステム開発職では栃木県宇都宮市、システム・コンサルティング職では東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋・大阪等の全国各地の事業拠点となります。

職種・勤務地は自身の適性を見極めて決定されるので、注意しましょう。

採用は、Web会社説明会→録画面接→Web面接→筆記試験→面接の順で行われます。

筆記試験はWeb上で実施され、論理的思考問題として数学の問題等が中心に出題されるようです。

TKCによるオリジナルの問題となるようですが、高校レベルの問題であったとの口コミも見られたので準備しておくと安心です。

キャリア採用

キャリア採用では現在、以下の職種で募集が行われています。

  • システム・コンサルティング職(システムの導入提案及びシステムの運用コンサルティング)
  • システム開発職(税務・会計等のシステム設計・プログラミング)

会計・税務の専門知識を持つ方を募集対象としており、実務経験は問われません。

募集要項欄の「お問い合わせ」からフォームを記入することで採用に関して問い合わせることができるので、興味のある方はぜひ応募しましょう。

TKCで求められる人材像

TKCの採用ページには「自らを高め、熱意を持って業務に取り組み、お客さま、ひいては日本経済や地域社会の発展へ貢献したいという強い使命感を持った方」を求めているとあり、以下の三つの要素も挙げられていました。

  • 正義感と使命感が強い人材
  • 創造的かつ実行力のある人材
  • 論理性がありコミュニケーション力が高い人材

社是として「自利利他」を掲げていること等からも、TKCでは行動力・論理的思考力・倫理観・責任感等を持ち、他者の為に尽くすことのできる人材を求めていると考えられます。

TKCに就職、転職するためには?

TKCの面接は1分程の自己紹介から始まります。

自身について分かりやすく話せるよう、事前に内容を練り練習しておいても良いでしょう。

過去の面接では以下のような質問がありました。

  • IT企業を目指そうと思った理由について
  • 自分について自慢できることはあるか
  • 自分の強み・弱みについて、またそれを業務にどう活かすか
  • 今まで読んだ中で印象的な本について 等

また、創業について知ることのできる高杉良氏著の「不撓不屈」を選考前に読んでおくと、TKCに対する理解が深まります。

時間がなかなか取れないという方は、映画にもなっているのでそちらをチェックしてみましょう。

TKCの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(TKCと上場企業平均)

TKC 上場企業平均
2019年 2,288人 1,035人
2018年 2,225人 1,071人
2017年 2,269人 1,042人
2016年 2,234人 1,055人
2015年 2,201人 1,055人

TKCの従業員数は2019年で2,288人と、1年前と比べて63人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にTKCと同じ情報・通信業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が570人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(TKCと上場企業平均)

TKC 上場企業平均
2019年 39.5歳 41歳
2018年 39.4歳 41歳
2017年 39.3歳 40歳
2016年 38.9歳 40歳
2015年 38.1歳 40歳

TKCの平均年齢は2019年で39.5歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ情報・通信業界内で比較してみました。業界平均が38歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(TKCと上場企業平均)

TKC 上場企業平均
2019年 16.1年 12年
2018年 16.1年 13年
2017年 16.0年 13年
2016年 15.7年 13年
2015年 14.9年 13年

TKCの平均勤続年数は2019年で16.1年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ情報・通信業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が7.7年のため、業界内で見ても長い水準となります。

TKCの業績推移

TKCが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年9月期 609.0億円 89.7億円
2018年9月期 567.7億円 85.8億円
2017年9月期 551.8億円 84.7億円
2016年9月期 533.6億円 76.7億円
2015年9月期 509.6億円 70.3億円

まず、TKCと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年9月期の売上は、TKCが609.0億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。TKCの売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、TKCが7.3%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

TKC 上場企業平均
2019年9月期 2662万円 1.1億
2018年9月期 2551万円 9064万
2017年9月期 2432万円 9022万
2016年9月期 2389万円 9416万
2015年9月期 2315万円 9870万

次に、TKCと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年9月期で見ると、TKCは2662万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

TKC 上場企業平均
2019年9月期 392万円 788万
2018年9月期 385万円 731万
2017年9月期 373万円 741万
2016年9月期 343万円 672万
2015年9月期 319万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年9月期では、TKCは392万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
株式会社TKC
設立年月日
1966年10月22日
所在地
東京都新宿区揚場町2−1 軽子坂MNビル
エリア
公式サイト
業界・業種
代表者名
飯塚 真規
上場市場
東証1部
上場年月日
1987年7月21日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年3月18日

SNSシェア用テキスト

表示準備中