ISIDの年収【2021年最新版】

離職率3.6%のシステムインテグレーター!出世するための鍵とは?面接ではどんなことに気を付ければ良い?


ISIDの平均年収

ISIDの平均年収は、2021年で993.9万円で前期に比べて上昇傾向でした。情報・通信業界内では16位、全体では107位、東京都内でも89位とかなりの上位です。ISIDは、金融ソリューションやコミュニケーションIT等を提供する企業です。従業員数は1,519名、平均年齢41.1歳、平均勤続年数は12.6年と比較的短めです。初任給も高く、ベビーシッター費用補助・新卒住宅費援助等福利厚生も手厚いです。

ISIDの平均年収概要

平均年収: 993.9万円 上昇傾向
平均年齢
41.1歳
平均勤続年数
12.6年
従業員数
1,519人

ISIDの平均年収推移

平均年収推移(ISIDと上場企業平均)

ISIDの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると97.9万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は927.4万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ISIDの平均年収推移(2015年〜2019年)

ISIDの平均年収 年収
2019年 994万円
2018年 896万円
2017年 898万円
2016年 973万円
2015年 877万円

業界内やエリア内でのISIDのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
107位
3737社
全国の上場企業の平均年収より381.4万円高い

全国の平均年収より561.7万円高い
ISIDの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
993.9万 612.5万 432.2万

ISIDの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると381.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると561.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中107位と高い順位となります。

情報・通信業界内での比較

業界内順位
16位
469社
情報・通信業界の平均年収より380.2万円高い
ISIDの平均年収 情報・通信業界の平均年収
993.9万 613.7万

ISIDが属する情報・通信業界の上場企業の平均年収は613.7万円です。 そのため、ISIDの年収は業界平均と比べて380.2万円高く、業界内順位を見ると469社中16位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
87位
1979社
東京都の平均年収より346.7万円高い
ISIDの平均年収 東京都の平均年収
993.9万 647.2万

ISIDの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ISIDの年収はエリア平均と比べて346.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中87位と高い順位となります。

ISIDではボーナスはどれくらい貰える?

ISIDでは年に2回ボーナスが支給され、平均支給額は約115万円~310万円です。

個人の目標の達成度及び部署の予算達成度によりボーナスの支給額が決まるので、目標・予算の達成を目指し業務に取り組みましょう。

また、近年では業績も好調でボーナスも上昇しているようなので、まとまった額のボーナスが得られると考えられます。

ISIDの職種別の年収

ISIDの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約450万円~960万円

技術職:約500万円~940万円

総合職:約800万円~1340万円

また初任給は、2020年度の予定で以下の通りとなっています。

院了:270,000円

学部卒:250,000円

通勤手当が全額支給される他、実家が遠い方には入社後3年間新卒住宅補助も出ます。

入居の際に必要となる初期費用や引越し費用等も補助されるので、入社と同時に一人暮らしを始める方も安心して勤めることができます。

ISIDでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ISIDで出世した場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約1025万円~1095万円

課長クラス:約1350万円~1470万円

部長クラス:約1535万円~1840万円

ISIDで役職に就くためには、マネジメント能力やリーダーシップの有無が鍵となります。

普段から自身の業務の管理はもちろん、積極的に発言し業務を引き受ける等能動的になることが大切でしょう。

ISIDの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員について特に記載はありませんでした。

その他の役員の報酬に関しては、社内取締役10名に対して総額3億5100万円で1人あたり3510万円、社内監査役1名に対して300万円が支給されていました。

業績も年々右肩上がりであるため、役員の報酬も今後1億円を超えてくるでしょう。

競合他社とISIDの年収比較

ISIDの競合会社として、NTTデータ日本ユニシスが挙げられるでしょう。

競合の年収を見ていくと、NTTデータは828万円、日本ユニシスは825万円でした。

ISIDは994万円なので現段階では競合会社よりも年収は高く、更に情報・通信業界内の平均613.7万円よりも380.2万円も高いことが分かりました。

各事業で展開しているソリューションの数も多く、現在新規ビジネス・ソリューションへの参入も視野に入れていることから、今後も競合会社を更に引き離していく可能性が高いと言えるでしょう。

ISIDの平均年収が高い理由

ISIDの売り上げ・経常利益を見ていくと、売り上げは2017年で691.2億円、2018年で763.4億円、2019年で861.1億円でした。

また、経常利益は2017年で50.9億円、2018年で77.8億円、2019年で86.3億円となっていました。

2017年から2019年にかけて売り上げは169.9億円、経常利益は35.4億円それぞれ上昇しており、売り上げ・経常利益共に好調であると窺えます。

業績が右肩上がりであるため、それに伴い社員の年収も高くなっていると言えるでしょう。

ISIDの事業内容

主な事業

ISIDでは、主に金融ソリューション・ビジネスソリューション・製造ソリューション等を展開しています。

それぞれの事業について詳細に見てみましょう。

金融ソリューション

金融ソリューションは、売り上げ構成比のうち約25.5%を占めている事業です。

コアバンキングシステム・市場系ソリューション・コーポレートファイナンスソリューション・リテールコミュニケーションの四つから成り立ちます。

それぞれのソリューションでは以下のようなサービスを提供しています。

  • コアバンキングシステム:銀行海外拠点バックオフィスシステム・日銀流動性管理システム等
  • 市場系ソリューション:市場系ディーリングシステム・リスク管理システム等
  • コーポレートファイナンスソリューション:次世代融資ソリューション・リース&ファイナンス業務管理パッケージ等
  • リテールコミュニケーション:統合CRMシステム・クラウド型ビジネスアプリケーション

今後は一般事業会社をはじめとし証券会社やリース会社等の新規顧客を獲得していくため、新たなサービスやソリューションを展開していきます。

ビジネスソリューション

ビジネスソリューションでは、グループ経営管理のためのソリューションを数多く提供しており、ソリューションの例としては以下の通りです。

  • 連結会計ソフトウェア「STRAVIS」
  • 経費精算システム「Ci*X Expense」
  • 統合人事ソリューション「STAFFBRAIN」 等

近年働き方改革等で需要も高まっており、現在では売り上げ構成比の約18.5%を占めています。

今後はソリューションの強化に尽力し、並行して市場拡大のため製品の拡充を目指します。

製造ソリューション

製造ソリューションは、エンジニアリングプロセスソリューション・スマートファクトリーソリューション・アフターサービスから構成されており、それぞれで以下のサービスを提供しています。

  • エンジニアリングプロセスソリューション:開発プロセスコンサルティング、構想設計支援システム、機械系製品性能シミュレーション等
  • スマートファクトリーソリューション:ロボティクス、生産物流シミュレーション等
  • アフターサービス:故障予知特化型分析フレームワーク、フィールドサービスソリューション等

売り上げ構成比としては約32.1%と、金融ソリューション・ビジネスソリューションと比較しても一番高いことが分かります。

今後はグローバル展開に挑むと共に、新規ビジネスにも取り掛かります。

その他の事業

その他にも、ISIDはコミュニケーションITとしてICT基盤・デジタルマーケティング・スポーツテック等のソリューションを展開しています。

それぞれのソリューション内容は以下の通りです。

  • ICT基盤:基幹システム構築、アウトソーシング、運用保守サービス等
  • デジタルマーケティング:マーケティングプラットフォーム、マーケティングオートメーション等
  • スポーツテック:運動能力測定システム

コミュニケーションITは売り上げ構成比のうち約23.9%を占めていて、電通グループと協業で始めたビジネスが拡大したこともあり収益も増加。

今後も提供するサービスの数は更に増えていくでしょう。

ISIDの歴史

ここで、これまでのISIDの歴史を見ていきましょう。

1971 電通の本社内にタイムシェアリング・サービス局を創設する

1975 電通とGFが合併し、電通国際情報サービス(ISID)が設立される

1976 「MARK3サービス」で、機械設計における構造解析ソフトウェアの提供を始める

1982 日本で初めて国際電子メールサービス「QUIKCOMM」の提供を始める

1984 「MARK3サービス」で、連結会計システムの提供を始める

1989 電通の社内情報システム開発・運用業務の継続受注を始める

1991 日本で初めてとなる総合的な製品設計・生産プロセスのコンサルティングサービスを始める

2010 クラウドサービス「CLOUDiS」の提供を始める

2012 マーケティングプラットフォームサービスの「iPLAss」の提供を始める

2018 経費精算システム「Ci*X Expense」の提供を始める

ISIDが属する電通グループとは?

電通グループは、電通を中心として電通メディアランウェイ・電通アイソバー・電通アドギア等が所属するグループです。

現段階で国内に約130社、海外に約900社のグループ企業を保有しており、規模の大きいグループであることが分かります。

グループ企業では経営・事業コンサルティング、プロデュース業務、広告業、プロダクション業務、旅行代理店業務等あらゆる事業を行っています。

ISIDの採用情報

ISIDでは、現在新卒採用・キャリア採用をそれぞれ行っています。

募集職種や選考フロー等を見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では技術系職種・事務系職種それぞれで以下の職種の募集を行っています。

技術職:ITコンサルタント、システムエンジニア、データサイエンティスト等

営業職:法人向けソリューション営業

全学部・学科応募可能となっており、採用は約50名程とのことです。

また選考は、会社説明会→適性試験の受験→面接(複数回)の順で行われます。

口コミを見てみると一次面接は集団でのものとなり、約2分間のスピーチも実施されるようです。

スピーチは、テーマが記載されたカードを一枚選びその内容について話すものとなっているので、最近ニュースになっていること等についても念のため勉強しておく方が良いでしょう。

キャリア採用

キャリア採用では、以下の職種で募集を行っています。

営業(セールス・マーケティング)系:会計ソリューション企画提案セールス、HCMソリューション企画提案セールス等

プロデュサー・ディレクター系:HCMソリューション製品企画、UXデザイナー、AIビジネスプロジェクトマネージャー等

コンサルタント系:データサイエンティスト、経営管理システム導入PM・メンバー、財務会計システム導入PM・メンバー等

ITアーキテクト系:VRシステム構築エンジニア、インフラエンジニア(会計領域)、クラウドアーキテクト等

アプリケーション・システム開発系:次世代会計ソリューション企画・設計リーダー・メンバー、ビッグデータエンジニア等

企画・管理系:経理担当(第二新卒)

各職種によって求められるスキルや経験も異なるので、応募前に必ず確認しておきましょう。

応募方法は、それぞれの職種の募集要項最下部からエントリーフォームを記入することで応募ができます。

履歴書・職務経歴書の添付欄があるので作成して添付するようにしましょう。

ISIDで求められる人材像

ISIDで求められる人材像として、リクナビには以下のように記載されていました。

  • 共創力のある人(協調性)
  • 意志のある人(主体性)
  • 簡単に"満足"しない人(意欲の高さ)
  • 頭で考え、心で動く人(コミュニケーション能力)
  • 責任感のある人
  • 自身の軸を基に決断できる人(決断)

また、行動指針として以下の六つが掲げられています。

  • AHEAD(先駆けとなる)
  • Agile(まずやってみる)
  • Humor(人間魅力で超える)
  • Explore(切り拓く)
  • Ambitious(夢を持つ)
  • Dialogue(互いに語り尽くす)

これらを見ると、リクナビで挙げられていたこと以外にも他の社員を引っ張っていけるようなリーダーシップを持った人材を求めていると推察できます。

面接の際には上記のことを意識し、どのようなことに挑戦してきたか、どんな結果が得られたか等を話せると良いでしょう。

ISIDに就職、転職するためには?

ISIDの面接では、これまでにどのようなことに自らチャレンジしてきたか、今後何をやってみたいか等が問われます。

そのため、自身のこれまでを振り返ると共に入社後は何に挑戦したいか、なぜそれがやりたいのかしっかり考えておきましょう。

過去の質問例としては以下の通りです。

  • ISIDを色に例えると何色か
  • ストレスが溜まった際にはどのように対処するのか
  • 中学・高校生の頃はどのように過ごしていたか
  • 有言実行したエピソードについて
  • 学生時代に一番結果・成果を出した出来事について

また、キャリア採用面接に関しては「プロジェクトマネジメントにおいて重要であると思うことは何か」等、前職での経験を通じて得たこと等も訊かれるので、具体的に答えられるようにしておきましょう。

ISIDの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(ISIDと上場企業平均)

ISID 上場企業平均
2019年 1,519人 1,035人
2018年 1,457人 1,071人
2017年 1,405人 1,042人
2016年 1,313人 1,055人
2015年 1,298人 1,055人

ISIDの従業員数は2019年で1,519人と、1年前と比べて62人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にISIDと同じ情報・通信業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が570人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(ISIDと上場企業平均)

ISID 上場企業平均
2019年 41.1歳 41歳
2018年 41.0歳 41歳
2017年 40.9歳 40歳
2016年 40.6歳 40歳
2015年 40.3歳 40歳

ISIDの平均年齢は2019年で41.1歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ情報・通信業界内で比較してみました。業界平均が38歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(ISIDと上場企業平均)

ISID 上場企業平均
2019年 12.6年 12年
2018年 12.7年 13年
2017年 12.7年 13年
2016年 12.8年 13年
2015年 12.5年 13年

ISIDの平均勤続年数は2019年で12.6年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ情報・通信業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が7.7年のため、業界内で見ても長い水準となります。

ISIDの業績推移

ISIDが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年12月期 861.1億円 86.3億円
2018年12月期 763.4億円 77.8億円
2017年12月期 691.2億円 50.9億円
2016年12月期 672.0億円 57.2億円
2015年12月期 469.4億円 21.5億円

まず、ISIDと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年12月期の売上は、ISIDが861.1億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。ISIDの売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、ISIDが12.8%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

ISID 上場企業平均
2019年12月期 5669万円 1.1億
2018年12月期 5240万円 9064万
2017年12月期 4919万円 9022万
2016年12月期 5118万円 9416万
2015年12月期 3616万円 9870万

次に、ISIDと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年12月期で見ると、ISIDは5669万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

ISID 上場企業平均
2019年12月期 568万円 788万
2018年12月期 534万円 731万
2017年12月期 362万円 741万
2016年12月期 435万円 672万
2015年12月期 166万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年12月期では、ISIDは568万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
ISID
設立年月日
1975年12月11日
所在地
東京都港区港南2−17−1
エリア
東京  港区 
公式サイト
業界・業種
代表者名
名和 亮一
上場市場
東証1部
上場年月日
2000年11月30日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中