Zホールディングス(旧ヤフー)の年収【2023年最新版】

連続業績アップの秘密とは?高難易度とされる就職・転職の難関を突破するには!?ライバル企業との年収比較を紹介!


Zホールディングスの平均年収

Zホールディングスの平均年収は、2023年で765.1万円です。生涯給料は推計4億5千万円とされ、全体での順位も526位と高いものになっています。Zホールディングスは日本最大手の研究機関であり、コンサルティングや金融ITソリューションなどの事業を展開しています。拠点を国内外に構えるグローバル企業で、従業員数は6,515人です。平均年齢が35.6歳と若手も多くなっています。優秀な人材が揃っており、若手育成にも積極的な姿勢を見せています。裁量労働制なので、働き方は個人で調整可能。平均勤続年数は6.8年とまずまずな定着率となっています。

Zホールディングスの平均年収概要

平均年収: 765.1万円 下降傾向
平均年齢
35.6歳
平均勤続年数
6.8年
従業員数
6,515人

Zホールディングスの平均年収推移

平均年収推移(Zホールディングスと上場企業平均)

Zホールディングスの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると1.8万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は716.0万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

Zホールディングスの平均年収推移(2015年〜2019年)

Zホールディングスの平均年収 年収
2019年 765万円
2018年 767万円
2017年 682万円
2016年 714万円
2015年 652万円

業界内やエリア内でのZホールディングスのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
526位
3737社
全国の上場企業の平均年収より152.6万円高い

全国の平均年収より332.9万円高い
Zホールディングスの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
765.1万 612.5万 432.2万

Zホールディングスの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると152.6万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると332.9万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中526位と高い順位となります。

情報・通信業界内での比較

業界内順位
56位
469社
情報・通信業界の平均年収より151.4万円高い
Zホールディングスの平均年収 情報・通信業界の平均年収
765.1万 613.7万

Zホールディングスが属する情報・通信業界の上場企業の平均年収は613.7万円です。 そのため、Zホールディングスの年収は業界平均と比べて151.4万円高く、業界内順位を見ると469社中56位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
366位
1979社
東京都の平均年収より117.9万円高い
Zホールディングスの平均年収 東京都の平均年収
765.1万 647.2万

Zホールディングスの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、Zホールディングスの年収はエリア平均と比べて117.9万円高く、エリア内順位を見ると1979社中366位と高い順位となります。

Zホールディングスではボーナスはどれくらい貰える?

Zホールディングスでは年2回のボーナスが支給されています。

ボーナスの平均支給額は約110万円〜257万円、男女間の差は最大で約50万円、ピークは50歳代で訪れます。

ボーナスの平均額は他社と比較して特段高いとは言えませんが、部署や職種、インセンティブなどによって給与が上がりやすいため、平均年収が高くなっていると考えられます。

基本給も安定しているので、家庭を持っている方には安心して定年まで勤められる環境が整っています。

Zホールディングスの職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職の平均年収は約500万円〜720万円、技術職は約500万円〜710万円、総合職は約600万円〜1010万円となっています。

平均年収を上回るのは総合職のみとのことですが、近年では基本給を上げる動きが見られますので、数年の間に平均年収にも動きがあると予想されます。

ちなみに学歴別の初任給は、高校・高専・専門・短大・学部卒は約264,165円、修士了は289,266円、博士号取得者は323,930円です。

Zホールディングスでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較してみると、係長の平均年収は約665万円〜845万円、課長は約870万円〜1130万円、部長は約1080万円〜1415万円となっています。

係長に出世した時点で平均年収を100万円以上上回ることができ、部長は1400万円超えの高年収も期待できます。

他の一般企業と比べても非常に高い年収を得られるため、昇級試験等は逃さずにチャレンジしていきましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中