野村総合研究所の年収【2021年最新版】

ボーナス・役職別の年収・最新の業績・採用情報・女性の働きやすさまで徹底分析!


野村総合研究所の平均年収

野村総合研究所の平均年収は、2021年で1221.7万円です。生涯給料は推計4億5千万円とされ、全体での順位も40位と高いものになっています。野村総合研究所は日本最大手の研究機関であり、コンサルティングや金融ITソリューションなどの事業を展開しています。拠点を国内外に構えるグローバル企業で、従業員数は6,297人です。平均年齢が40.3歳と若手も多くなっています。優秀な人材が揃っており、若手育成にも積極的な姿勢を見せています。裁量労働制なので、働き方は個人で調整可能。平均勤続年数は14.6年とまずまずな定着率となっています。

野村総合研究所の平均年収概要

平均年収: 1221.7万円 上昇傾向
平均年齢
40.3歳
平均勤続年数
14.6年
従業員数
6,297人

野村総合研究所の平均年収推移

平均年収推移(野村総合研究所と上場企業平均)

野村総合研究所の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると55.7万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は1156.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

野村総合研究所の平均年収推移(2015年〜2019年)

野村総合研究所の平均年収 年収
2019年 1222万円
2018年 1166万円
2017年 1151万円
2016年 1156万円
2015年 1089万円
野村総合研究所の年収例をチェック

業界内やエリア内での野村総合研究所のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
40位
3737社
全国の上場企業の平均年収より609.2万円高い

全国の平均年収より789.5万円高い
野村総合研究所の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
1221.7万 612.5万 432.2万

野村総合研究所の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると609.2万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると789.5万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中40位と高い順位となります。

情報・通信業界内での比較

業界内順位
10位
469社
情報・通信業界の平均年収より608.0万円高い
野村総合研究所の平均年収 情報・通信業界の平均年収
1221.7万 613.7万

野村総合研究所が属する情報・通信業界の上場企業の平均年収は613.7万円です。 そのため、野村総合研究所の年収は業界平均と比べて608.0万円高く、業界内順位を見ると469社中10位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
32位
1979社
東京都の平均年収より574.5万円高い
野村総合研究所の平均年収 東京都の平均年収
1221.7万 647.2万

野村総合研究所の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、野村総合研究所の年収はエリア平均と比べて574.5万円高く、エリア内順位を見ると1979社中32位と高い順位となります。

野村総合研究所ではボーナスはどれくらい貰える?

国内最大手のシンクタンクと言える野村総合研究所ですが、年2回(6月、12月)ボーナスが支給されているようです。

口コミによると、一年間のボーナスの支給額は平均115万円〜380万円程と考えられます。

役職に就くと、更に多くのボーナスが支給されているかもしれません。

ちなみに、野村総合研究所の平均年収は1221万円なので、一般的な企業の平均年収が414万円だとすると平均的に約3倍の年収が支給されていることが分かります。

これは全国の中でもトップクラスの年収だと言えます。

野村総合研究所の職種別の年収

野村総合研究所のボーナスは上記の通りですが、職種別の年収はどうなっているでしょうか。

社員による口コミを参考に算出すると、総合職1550万円~1680万円、技術職760万円~1180万円、一般職850万円~1200万円程度であると考えられます。

なお、2019年の初任給の実績は大学院博士修了:29万9,500円、大学院修士修了:25万1,500円、大学学部卒:22万1,500円でした。

野村総合研究所では出世するとどれくらいの年収が貰える?

職種別の年収や初任給が分かったところで、役職別の年収についてもご紹介します。

社員の口コミによると、主任1000万円〜1300万円、係長1300〜1400万円、課長1300〜1800万円、部長1900〜2260万円だと予測できます。

部長職にもなると2000万円を超える可能性が大いにあるとは、さすが日本が誇る最大手のシンクタンクですね。

野村総合研究所の社長や役員の年収

それでは、気になる社長や役員の年収についてもご紹介しましょう。

有価証券報告書によると、代表取締役会長兼社長の此本臣吾の年収は1億1500万円でした。

また、社外取締役を除く取締役は6916万円、社外監査役を除く監査役は4100万円、社外役員は1312万円であることが分かりました。

社長に関しては1億円を超えるような高収入を得ているようですし、社長には及ばないものの、役員ともなると非常に高額な年収を得ているようです。

競合他社と野村総合研究所の年収比較

野村総合研究所の競合他社としては、同じ大手シンクタンクである三菱総合研究所、少し規模が小さくなりますがリンクアンドモチベーション、船井総研ホールディングスなどが挙げられます。

それぞれの平均年収は三菱総合研究所が993万円、リンクアンドモチベーションが624万円、船井総研が698万円となっていますので、一番年収の高い三菱総合研究所と比べても野村総合研究所の方が228万円高くなっており、リンクアンドモチベーションと比べると約2倍近い高い年収となっていることが分かりました。

・三菱総合研究所の年収

・リンクアンドモチベーションの年収

・船井総研ホールディングスの年収

野村総合研究所の平均年収が高い理由

では、なぜ野村総合研究所の平均年収は高いのでしょうか?

その理由を探るために、最新の業績を見てみましょう。

有価証券報告書で売上高を見てみると、2016年421439(百万円)、2017年424548万円(百万円)、2018年471488(百万円)、2019年501243(百万円)と右肩上がりで伸びており、同様に経営状況の指標である経営利益を見てみると、2016年61001(百万円)、2017年60354(百万円)、2018年66161(百万円)、2019年72409(百万円)と、こちらも順調です。

このような業績が好調であることから、社員の年収も日本トップクラスなのだということが予想できます。

野村総合研究所の事業内容

野村総合研究所では様々な事業を展開していますが、ここで少しご紹介します。

主な事業

主な事業の中でも最も大きな事業として、民間問わず様々な業種のコンサルティングを行っています。

また、証券・資産運用・保険・銀行などの企業向けの金融ITソリューション、ビジネスをITで革新するための産業ITソリューション、マネージドサービス・セキュリティサービスなどのIT基盤サービスなどの事業も積極的に推進しています。

その他の事業

その他の事業として、サスティナビリティのために、NRIグループの事業活動から生じる温室効果ガスの排出量を17年間で55%削減するといった環境活動や、「サステナブル未来予想図」というテーマで学生の小論文コンテストを開催するなどの教育活動も推進しています。

シンクタンク最大手の野村総合研究所のこのような社会貢献の取り組みは、他企業へも良い影響を与えていることでしょう。

野村総合研究所の歴史

では、一体どのようにして野村総合研究所は国内最大手のシンクタンクへと成長してきたのでしょうか。

今までの沿革を簡単にまとめてみました。

  • 1965年 野村総合研究所設立(野村證券株式会社 調査部が分離独立)
  • 1967年 ニューヨーク事務所を開設
  • 1972年 ロンドン事務所を開設
  • 1976年 香港事務所を開設
  • 1984年 シンガポール事務所
  • 1994年 台北事務所を開設
  • 2008年 モスクワ支店を開設
  • 2013年 野村総合研究所タイを設立
  • 2016年 ASGをグループ会社化
  • 2017年 ノムラ・リサーチ・インスティテュート・ホールディングス・オーストラリアを設立

このような沿革を見ていると、野村総合研究所がいかに国際的に事業展開をして成長してきたのが分かりますね。

野村総合研究所が属する野村総合研究所とは?

野村総合研究所が属する、野村総合研究所(NRI)グループとは、どのようなグループなのでしょうか。

もちろん野村総合研究所が母体となっていますが、そのほかに野村コンピュータシステムや、多くの子会社・関連会社が属しています。

世界各国にも拠点があり、日本を代表する企業グループと言っても過言ではないでしょう。

野村総合研究所の採用情報

年収がとても魅力的な野村総合研究所ですが、どのような採用を行っているのでしょうか?

主に新卒採用・中途(キャリア)採用・障がい者採用を行っていますが、ここでは新卒採用と中途採用についてご説明します。

新卒採用

経営コンサルタント、アプリケーションエンジニア、テクニカルエンジニア、セキュリティスペシャリスト、経理スペシャリストなどの職種を募集しています。

学部・学科は問われていませんが、4年制大学を卒業見込み、または大学院修了見込みの方が応募可能です。

勤務地は国内事業所、海外拠点であり、専門職昇格後は裁量労働制となっています。

新入社員研修、社費での海外留学制度、語学研修、人材開発講座、資格取得支援など、様々な教育研修プログラムが組まれているのが特徴と言えるでしょう。

中途採用

中途採用では、経営コンサルティング、システムコンサルティング、プロジェクトマネジメント、データサイエンティスト、ITエンジニア、デザイナー、アプリケーションエンジニア、システムエンジニアなどの職種が募集されており、新卒採用よりも多様な職種が募集されています。

このような募集状況を見ていると、新卒の学生のみだけでなく、経験豊富な人材も多く確保したいのだということが伺えます。

勤務地は日本国内から海外の拠点まで多岐にわたりますが、募集要項に勤務地が記載されているため、応募時に確認しましょう。

また、2008年より女性の活躍を推進するための活動として「NRI Women’s Network」というプロジェクトを推進しており、育児との両立やキャリア形成などを支援したり、社内風土の改革に向けて制度を整えたり、研修・社内イベントを実施したりしているようです。

女性も働きやすい職場ということが伺えますので、ぜひ女性の方も中途採用の応募にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

野村総合研究所で求められる人材像

野村総合研究所の採用情報については分かりましたが、では一体どのような人材が求められているのでしょうか。

採用ウェブサイトを分析したところ、野村総合研究所では、「未来創発」というキーワードを企業理念に掲げているため、新しい社会価値を創出していくような仕組みをクリエイティブに創り出していける人材、また、積極的に海外での事業を展開し、デジタルイノベーションにも挑んでいるため、グローバリゼーションやテックの分野で活躍できる人材を求めているようです。

野村総合研究所に就職、転職するためには?

それでは最後に、野村総合研究所に就職するためにはどのようにしたら良いのか、ご紹介しましょう。

野村総合研究所では、実践型インターンシップが開催されています。

3日間・5日間の経営コンサルティング、1日間のITソリューション事業などを体験できます。

ただ、人気のインターンシップということもあり、応募者が多数の場合は、書類・面接・適性検査などによる選考もありますので、エントリーシートはしっかりと熟考して提出した方が良さそうです。

もしこのようなインターンシップに参加することができれば、社風を知る良い機会になりますので、野村総合研究所への就職活動を検討中の方は、まずはぜひこのチャンスに挑んでみましょう。

また中途採用の方は、今までどのような経験を積んできたのか、自分にはどのようなスキルがあり、どういう面で会社や社会全体に貢献できるのか、徹底的に自己分析を行い、効果的に自分の良さを人事担当者にアピールすることが、採用への一歩になると考えられます。

野村総合研究所の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(野村総合研究所と上場企業平均)

野村総合研究所 上場企業平均
2019年 6,297人 1,035人
2018年 6,130人 1,071人
2017年 6,003人 1,042人
2016年 5,979人 1,055人
2015年 5,972人 1,055人

野村総合研究所の従業員数は2019年で6,297人と、1年前と比べて167人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に野村総合研究所と同じ情報・通信業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が570人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(野村総合研究所と上場企業平均)

野村総合研究所 上場企業平均
2019年 40.3歳 41歳
2018年 40.2歳 41歳
2017年 39.9歳 40歳
2016年 39.5歳 40歳
2015年 39.1歳 40歳

野村総合研究所の平均年齢は2019年で40.3歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ情報・通信業界内で比較してみました。業界平均が38歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(野村総合研究所と上場企業平均)

野村総合研究所 上場企業平均
2019年 14.6年 12年
2018年 14.6年 13年
2017年 14.3年 13年
2016年 13.8年 13年
2015年 13.4年 13年

野村総合研究所の平均勤続年数は2019年で14.6年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ情報・通信業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が7.7年のため、業界内で見ても長い水準となります。

野村総合研究所の業績推移

野村総合研究所が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3922.3億円 777.2億円
2018年3月期 3700.5億円 584.9億円
2017年3月期 3533.5億円 557.0億円
2016年3月期 3520.0億円 553.3億円
2015年3月期 3589.5億円 478.2億円

まず、野村総合研究所と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、野村総合研究所が3922.3億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。野村総合研究所の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、野村総合研究所が6.0%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

野村総合研究所 上場企業平均
2019年3月期 6229万円 1.1億
2018年3月期 6037万円 9064万
2017年3月期 5886万円 9022万
2016年3月期 5887万円 9416万
2015年3月期 6011万円 9870万

次に、野村総合研究所と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、野村総合研究所は6229万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

野村総合研究所 上場企業平均
2019年3月期 1234万円 788万
2018年3月期 954万円 731万
2017年3月期 928万円 741万
2016年3月期 925万円 672万
2015年3月期 801万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、野村総合研究所は1234万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのため野村総合研究所は上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
株式会社野村総合研究所
設立年月日
1966年1月5日
所在地
東京都千代田区大手町1−9−2
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
代表者名
此本 臣吾
上場市場
東証1部
上場年月日
2001年12月17日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中