GMOペイメントゲートウェイの年収【2023年最新版】(2ページ目)

決済サービスを手掛ける大手企業!報酬1億円超えの役員多数!?気になる選考の内容とは?


GMOペイメントゲートウェイの社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認すると、報酬が1億円を超える役員は以下の3名でした。

  • 代表取締役社長 相浦一成氏:1億5143万円
  • 取締役副社長 村松竜氏:1億266万円
  • 取締役副社長 礒崎覚氏:1億826万円

またその他の役員の報酬については、社内取締役5名に対して総額4憶443万円で1人あたり8088万円、社内監査役1名に対して480万円がそれぞれ支給されていました。

決済のオンライン化やキャッシュレス化がどんどん進みニーズも高まっているので、今後も事業が更に大きくなっていくと共に役員の報酬も増加していくと見込めます。

競合他社とGMOペイメントゲートウェイの年収比較

GMOペイメントゲートウェイの競合会社として、電算システムビリングシステム等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、GMOペイメントゲートウェイは785万円、電算システムは598万円、ビリングシステムは536万円と、現時点では競合会社よりも年収が高いことが分かります。

情報・通信業界の平均年収613.7万円と比較しても約171.6万円高く、業界内でも高水準。

事業・業績共に順調であるため、今後も年収を更に伸ばしていくと期待できます。

GMOペイメントゲートウェイの平均年収が高い理由

GMOペイメントゲートウェイの2017年から2019年にかけての売り上げ及び経常利益の推移を見ていくと、売り上げは2017年で116.1億円、2018年で141.4億円、2019年で163.5億円でした。

また経常利益は、2017年で40.9億円、2018年で47.0億円、2019年67.0億円となっています。

直近3年間で売り上げは約47.4億円、経常利益は約26.1億円それぞれ上昇しました。

新型コロナウイルスの流行により旅行・チケットサービス等の取扱高の減少があったとは言え、業績は右肩上がり。

どのような状況下であっても安定した収益を得られていることが、平均年収の高さに繋がっていると考えられます。

GMOペイメントゲートウェイが属するGMOインターネットグループとは?

GMOインターネットグループは、GMOペイメントゲートウェイをはじめとしてGMOグローバルサイン・ホールディングス、GMOペパボ、GMOアドパートナーズ等から成り立つグループです。

グループ企業では、セキュリティ事業やソリューション事業、EC支援事業、インターネットリサーチ事業等、様々な事業を展開しています。

GMOペイメントゲートウェイの採用情報

GMOペイメントゲートウェイでは現在、新卒採用・中途採用がそれぞれ行われています。

各募集要項を詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在、以下の職種の募集が行われています。

  • ビジネス職:ソリューション営業、企画、マーケティング等
  • エンジニア職:アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、データサイエンティスト等
  • スペシャリスト職

スペシャリスト職は、以下の条件を満たしている方が対象となります。

  • 機械学習/深層学習、コンピュータサイエンス、ソフトウェアエンジニアリングのエリアにおいて、論文や特許等の研究成果、博士号、コンテスト受賞等の優れた実績を持つ方
  • 公認会計士資格保持者

対象となる方は選考・評価の上、特別条件で採用されるとのことです。

条件を満たしているという方は、ぜひ応募するようにしましょう。

選考は、エントリー→会社説明会→書類選考→面接・適性テストの順で行われます。

過去に選考を受けた方の口コミを確認すると、適性テストはeF-1Gが行われたとのことです。

eF-1Gのテストや問題の特徴を調べた上で、何度も練習問題を解く等して問題に慣れておきましょう。

また、大学院・大学・短大・高専・専門学校卒業見込みもしくは卒業後2年未満の既卒者の方は、入社時期を4月と10月のどちらかから選べる通年ポテンシャル採用に応募することが可能です。

3月卒業ではない海外等の大学に通う方や、留学等の理由があり大学卒業後も就職していない既卒の方、離職してしまった第二新卒の方も対象となります。

応募職種等も通常の新卒採用と同じであるため、希望する方はポテンシャル採用欄からエントリーするようにしましょう。

中途採用

中途採用では現在、以下の職種の募集が行われています。

  • 事業企画職
  • 営業職
  • システムエンジニア系
  • バックオフィス系
  • IR
  • カスタマーサポート系

特に専門的な資格の保有等は応募条件として提示されていませんが、どの職種も前職で実務経験を積んでいることが応募条件となります。

職種ごとにどのような人材を求めているかも併せて記載されているので、必ず確認しておきましょう。

応募は、中途採用ページのエントリー欄からエントリーフォームに自身の基本情報を入力することで応募できます。

選考フローは、エントリー・書類選考→一次面接→適性テスト→二次面接~三次面接です。

場合によっては選考フローが変わる可能性もあるので、スケジュール調整を予めきちんと行っておきましょう。

GMOペイメントゲートウェイで求められる人材像

新卒採用ページには、GMOペイメントゲートウェイが求める人材像として「素直で成長意欲の高い方」と記載されていました。

また、社訓の「時流への適応」「存在価値の確立」も確認しておきましょう。

時流への適応

  • 先進性:製品の技術的優位性の確保に努めます
  • 柔軟性:成長市場でのスピード感のある提案活動を実践します

存在価値の確立

  • 独自性:お客様視点のサービスを通じて存在意義の確保に努めます
  • 収益性:収益性向上の追求により競合他社を圧倒し業界での地位を揺るぎないものといたします
  • 自主性・教育:自己完結度の高いビジネスマンを目指し、成果、姿勢、マインド全ての面で見本となります

これらを見るとGMOペイメントゲートウェイでは、顧客や社会の為により良いサービスを追求する姿勢を持ち、何事にも積極的に取り組むことのできる人材を求めていると考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中