システナの年収【2021年最新版】

オンラインゲームの先駆者!出世する社員の特徴とは?気になる就活のポイントは?


システナの平均年収

システナの平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の508.0万円でした。情報・通信業界内では370位の平均年収です。システナはIT製品の販売やシステム開発などを行っている企業です。取引先へ常駐することになるので、自己成長が見込めます。社内イベントが活発に行われているので、コミュニケーションが好きな人は楽しく過ごせるでしょう。昇進は男女関係なく可能なので、女性でも働きやすい職場です。

システナの平均年収概要

平均年収: 508.0万円 上昇傾向
平均年齢
33.4歳
平均勤続年数
7.3年
従業員数
2,334人

システナの平均年収推移

平均年収推移(システナと上場企業平均)

システナの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると6.0万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は509.8万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

システナの平均年収推移(2015年〜2019年)

システナの平均年収 年収
2019年 508万円
2018年 502万円
2017年 513万円
2016年 513万円
2015年 513万円
システナの年収例をチェック

業界内やエリア内でのシステナのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2831位
3737社
全国の上場企業の平均年収より104.5万円低い

全国の平均年収より75.8万円高い
システナの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
508.0万 612.5万 432.2万

システナの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると104.5万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると75.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2831位と低い順位となります。

情報・通信業界内での比較

業界内順位
370位
469社
情報・通信業界の平均年収より105.7万円低い
システナの平均年収 情報・通信業界の平均年収
508.0万 613.7万

システナが属する情報・通信業界の上場企業の平均年収は613.7万円です。 そのため、システナの年収は業界平均と比べて105.7万円低く、業界内順位を見ると469社中370位と低い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
1588位
1979社
東京都の平均年収より139.2万円低い
システナの平均年収 東京都の平均年収
508.0万 647.2万

システナの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、システナの年収はエリア平均と比べて139.2万円低く、エリア内順位を見ると1979社中1588位と低い順位となります。

システナではボーナスはどれくらい貰える?

システナでは6月と12月の年2回約1ヶ月~4ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約70万円~165万円となっています。

ボーナスの支給額は等級に伴い上昇するので、ボーナス額を上げたい場合には等級を上げる必要があります。

システナの職種別の年収

システナの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約350万円~525万円

技術職:約380万円~515万円

総合職:約470万円~735万円

システナの平均年収は508万円なので、どの職種でも平均以上の年収も望めると言えるでしょう。

システナでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

システナで出世した場合の年収も見ていきましょう。

係長クラス:約540万円~580万円

課長クラス:約695万円~770万円

部長クラス:約780万円~960万円

システナで出世する社員の特徴としては、社内のイベントにも積極的に参加している方やハツラツとしている方、自発的に行動できる方が挙げられます。

何事にも積極的に取り組む姿勢が評価されると考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中