アルバックの年収【2021年最新版】

あらゆる製品を手掛ける真空装置メーカー!面接は人物重視?気になる就活のポイントも解説!


アルバックの平均年収

アルバックの平均年収は、2021年で817.3万円、電気機器業界内では25位でした。アルバックでは、子育て支援制度が非常に充実しており、育児休業や短時間勤務、看護休暇も用意されています。2013年度以降は育児休暇取得率・復職率も100%となっており、子育て中でもキャリアを維持し長く続けることが可能なため、非常に働きやすい環境であると言えます。また、休耕田を利用した米作りや小学生向けの出張真空実験等社会貢献活動にも力を入れています。地域の人との繋がりも大切にでき、社員一人一人のモチベーションにも繋がっています。

アルバックの平均年収概要

平均年収: 817.3万円 下降傾向
平均年齢
42.3歳
平均勤続年数
15.6年
従業員数
1,335人

アルバックの平均年収推移

平均年収推移(アルバックと上場企業平均)

アルバックの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると57.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は817.0万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

アルバックの平均年収推移(2015年〜2019年)

アルバックの平均年収 年収
2019年 817万円
2018年 875万円
2017年 858万円
2016年 828万円
2015年 707万円

業界内やエリア内でのアルバックのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
348位
3737社
全国の上場企業の平均年収より204.8万円高い

全国の平均年収より385.1万円高い
アルバックの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
817.3万 612.5万 432.2万

アルバックの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると204.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると385.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中348位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
25位
244社
電気機器業界の平均年収より152.6万円高い
アルバックの平均年収 電気機器業界の平均年収
817.3万 664.7万

アルバックが属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、アルバックの年収は業界平均と比べて152.6万円高く、業界内順位を見ると244社中25位と高い順位となります。

神奈川県内での比較

エリア内順位
9位
173社
神奈川県の平均年収より208.1万円高い
アルバックの平均年収 神奈川県の平均年収
817.3万 609.2万

アルバックの所在地がある神奈川県の上場企業の平均年収は609.2万円です。 そのため、アルバックの年収はエリア平均と比べて208.1万円高く、エリア内順位を見ると173社中9位と高い順位となります。

アルバックではボーナスはどれくらい貰える?

アルバックでは6月と12月の年2回、約5.6ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約125万円~275万円で、ボーナス額は業績と個人の評価により決定します。

成果主義であるため、業務に真面目に取り組み成果を上げることで満足できる額のボーナスが得られるでしょう。

アルバックの職種別の年収

アルバックの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約400万円~880万円

技術職:約500万円~865万円

総合職:約720万円~1230万円

また、学歴別の初任給は以下の通りです。

博士了:299,500円

修士了:225,500円

学士・専攻科卒:213,500円

高専卒:193,500円

博士了では月額約30万円近くの給与が支払われることが分かりました。

年に一度7月に約10,000円程昇給するので、長く勤めることでより基本給も高くなっていくでしょう。

アルバックでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

アルバックで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約895万円~920万円

課長クラス:約1205万円~1280万円

部長クラス:約1410万円~1540万円

出世する社員の特徴として、積極的に自身の意見を発することのできる社員が挙げられるようです。

普段からコミュニケーションを大切にし、場面に応じて自身の意見や考えをしっかり伝えるようにしましょう。

アルバックの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員はいないとのことでした。

また、社内取締役8名に対して総額4億1100万円で1人あたり5137万円、社内監査役3名に対して総額6000万円で1人あたり2000万円が支給されています。

業績も順調であるだけでなく手掛けている製品も様々なので、今後報酬が1億円を超える役員も徐々に増えてくるでしょう。

競合他社とアルバックの年収比較

アルバックの競合として、フェローテックホールディングスジオマテック等が挙げられます。

それぞれの年収を見ていくと、アルバックは817万円、フェローテックホールディングスは763万円、ジオマテックは447万円でした。

比較した結果競合の年収よりも高く、更に電気機器業界内の平均664.7万円よりも約152.6万円も高いので、水準は高いと言えるでしょう。

新たな製品の開発にも積極的に取り組んでいるため、今後更に年収が上昇していくと予想できます。

アルバックの平均年収が高い理由

アルバックの売り上げを見てみると、2017年では1378.9億円、2018年では1484.9億円、2019年では1195.1億円でした。

2019年度に一旦下降してしまったものの、毎年1000億円以上を売り上げていることから業績は順調であると言えます。

それに伴い社員の年収も安定しており、高くなっていると考えられるでしょう。

アルバックの事業内容

主な事業

アルバックでは主に真空機器事業として、FPD及びPV製造装置・半導体製造装置・電子部品製造装置・コンポーネント・一般産業用装置等を手掛けています。

それぞれの主要製品も見てみましょう。

FPD及びPV製造装置:液晶ディスプレイ製造装置、有機EL製造装置、巻取式成膜装置、化合物系太陽電池製造装置等

半導体製造装置:半導体製造装置(メモリー・ロジック・パワー半導体等)、バッチ式自然酸化膜除去装置

電子部品製造装置:電子部品(MEMS・通信デバイス等)製造装置、電子実装装置( WL-CSP・FoPLP等)、高輝度LED製造装置

コンポーネント:真空ポンプ(低・中真空)、真空ポンプ(高真空)、真空計、ガス分析計(プロセスガスモニタ)等

一般産業用装置:真空熱処理炉、真空ろう付け炉、真空溶解炉、希土類磁石生産装置等

製品は半導体・電子部品・スマートフォン・テレビ・自動車等あらゆるものに活用されており、2019年度には特にコンポーネントの売り上げが上昇しました。

現在は極低温冷凍機・クライオポンプ・パワー半導体等の開発に努めています。

その他の事業

その他にもアルバックは真空応用事業として、電子材料分野・高機能材料分野に分けて様々な材料を提供しています。

それぞれの分野で扱う材料を見てみましょう。

電子材料分野:各種スパッタリングターゲット材料

高機能材料分野:高融点活性金属材料(タンタル、ニオブ等)

また、高機能材料分野では高融点活性金属部品の溶解加工・製造等も行っており、顧客のニーズに合わせた製品を製造することが可能。

最近ではターゲット材料、先端材料、高度表面分析装置等の開発に尽力しています。

アルバックの歴史

ここで、アルバックの歴史を簡単に見ていきましょう。

1952 日本真空技術を創業する

1955 国産装置の製造を始める

1956 真空化学装置・真空ポンプ等の製造を始める

1961 真空冶金事業を始める

1962 アルバックマテリアルを設立する

1991 社名をアルバック精機に変更する

2001 社名をアルバックに変更する

アルバックが属するアルバックグループとは?

アルバックグループは、アルバックテクノ、アルバック機工、アルバック販売、アルバック成膜等が属するグループです。

グループ企業では機器の開発だけでなく、複合皮膜の成膜・技術開発、水晶デバイス・光学用真空装置の製造販売等の事業を行っています。

アルバックの採用情報

アルバックでは、新卒採用・キャリア採用を行っています。

それぞれの募集要項について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在以下の職種の募集を行っています。

技術職:研究開発、技術、製造・検査、機械・電気・ソフト設計、工程管理、海外営業、システム開発、環境管理等

事務職:財務、経理、総務、人事、原価・工程管理、海外営業、環境管理等

選考は、エントリー→会社説明・工場見学会→応募書類受付・書類選考→面接・試験の順で行われます。

応募書類は、 書類選考時にエントリーシート、一次面接時に成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書が必要となります。

また、院生の方に限り学部の成績証明書・卒業証明書が必須となりますので、忘れず提出しましょう。

キャリア採用

公式ホームページでは現在キャリア採用の募集はありませんでしたが、転職サイトでは以下の職種の募集がありました。

  • 財務担当
  • 電気設計
  • ソフト設計
  • 経理

どの職種も特に資格は求められませんが、実務経験が求められます。

そのため、現職で経験を積んでおくと同時に知識量を増やしておくと良いでしょう。

また、職種によっては中国語ができるとより良いとされている求人も見られました。

英語の他にも第二言語・第三言語等様々な語学を習得しているとアピールポイントとなるでしょう。

例え現段階で語学が苦手であったとしても、勉強して習得する意欲があるという姿勢を見せるように心がけましょう。

アルバックで求められる人材像

アルバックの代表取締役執行役員社長の岩下節生氏は、以下のような方の入社を希望すると語っています。

  • 自分の仕事に情熱を持てる人
  • 明るく元気な人
  • 文化や習慣にとらわれず、連携できる力を持つ人
  • 分野に関わらず、自分の専攻の基本的なことを学校できちんと勉強した人

また、リクナビには以下のようにも記載されていました。

  • 仕事を通じて視野を広げ、新しいことを吸収したい方
  • 自分のアイデアを発信し、勇気をもってチャレンジし続けたい方
  • 世界に目を向け、自分の力を発揮してみたい方

このことから、アルバックでは協調力・勤勉さ・向上心・挑戦心等が重視されることが分かります。

そのため、面接ではアルバックに入社してどのようなことがしたいか、どのように働きたいか等をアピールできると良いでしょう。

また元気の良さも見られると推測できるので、大きな声でハキハキと話すようにしましょう。

アルバックに就職、転職するためには?

アルバックの面接は人物重視となっており、一般的な質問内容に加え自身の内面を深く探るような質問がされます。

自己分析は時間をかけて丁寧に行い、自身についての印象等を周囲の人にも訊いておくと良いでしょう。

過去の質問内容も併せて見ていきましょう。

  • これだけは他人に負けないと自信を持っていることは何か
  • 社会人として何を目標とするか
  • 集団の中での役割は何か
  • 学校で何を学んだか
  • どんな生活を送っているか
  • 自身のストレス解消法について

面接官は非常に気さくな方が多く、打ち解けた雰囲気の中で面接が進むという口コミが多く見られました。

そのため面接官とのコミュニケーションを大事にし、リラックスして臨むようにしましょう。

アルバックの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(アルバックと上場企業平均)

アルバック 上場企業平均
2019年 1,335人 1,035人
2018年 1,293人 1,071人
2017年 1,225人 1,042人
2016年 1,148人 1,055人
2015年 1,097人 1,055人

アルバックの従業員数は2019年で1,335人と、1年前と比べて42人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にアルバックと同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても少ない規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(アルバックと上場企業平均)

アルバック 上場企業平均
2019年 42.3歳 41歳
2018年 42.7歳 41歳
2017年 42.7歳 40歳
2016年 42.4歳 40歳
2015年 42.0歳 40歳

アルバックの平均年齢は2019年で42.3歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(アルバックと上場企業平均)

アルバック 上場企業平均
2019年 15.6年 12年
2018年 15.1年 13年
2017年 15.9年 13年
2016年 15.8年 13年
2015年 14.9年 13年

アルバックの平均勤続年数は2019年で15.6年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても短い水準となります。

アルバックの業績推移

アルバックが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年6月期 1195.1億円 139.0億円
2018年6月期 1484.9億円 240.3億円
2017年6月期 1378.9億円 185.9億円
2016年6月期 1103.1億円 111.9億円
2015年6月期 864.9億円 66.4億円

まず、アルバックと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年6月期の売上は、アルバックが1195.1億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。アルバックの売上は平均と比べて同程度となっており、売上の前期比成長率を見ると、アルバックが19.5%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

アルバック 上場企業平均
2019年6月期 8952万円 1.1億
2018年6月期 1.1億円 9064万
2017年6月期 1.1億円 9022万
2016年6月期 9609万円 9416万
2015年6月期 7885万円 9870万

次に、アルバックと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年6月期で見ると、アルバックは8952万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

アルバック 上場企業平均
2019年6月期 1041万円 788万
2018年6月期 1858万円 731万
2017年6月期 1518万円 741万
2016年6月期 974万円 672万
2015年6月期 605万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年6月期では、アルバックは1041万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためアルバックは上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
株式会社アルバック
設立年月日
1952年8月23日
所在地
神奈川県茅ヶ崎市萩園2500
エリア
公式サイト
業界・業種
代表者名
岩下 節生
上場市場
東証1部
上場年月日
2004年4月20日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中