富士ソフトの年収【2021年最新版】

働きやすい?ボーナスは?就職・転職に役立つ企業情報を教えます!


富士ソフトの平均年収

富士ソフトの平均年収は2021年で590.0万円で前期に比べて下降傾向です。業界内順位は215位、全体での順位は1912位です。ソフトウェアの開発・販売を行う企業で、従業員数7,840人の大企業です。平均年齢35.5歳と若く、勤続年数も9.5年と短めですが、フレックス制度を導入、リモート作業環境の充実、体調によっては在宅勤務を許可するなど、働きやすい環境は整えられています。また、希望者には有給扱いで東北の被災地での雪かきの手伝いなどを行うことを認めるなど、社会貢献への意識の高さを感じます。

富士ソフトの平均年収概要

平均年収: 590.0万円 下降傾向
平均年齢
35.5歳
平均勤続年数
9.5年
従業員数
7,840人

富士ソフトの平均年収推移

平均年収推移(富士ソフトと上場企業平均)

富士ソフトの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると4.9万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は595.8万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

富士ソフトの平均年収推移(2015年〜2019年)

富士ソフトの平均年収 年収
2019年 590万円
2018年 595万円
2017年 586万円
2016年 610万円
2015年 598万円

業界内やエリア内での富士ソフトのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1912位
3737社
全国の上場企業の平均年収より22.5万円低い

全国の平均年収より157.8万円高い
富士ソフトの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
590.0万 612.5万 432.2万

富士ソフトの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると22.5万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると157.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1912位と平均的な順位となります。

情報・通信業界内での比較

業界内順位
215位
469社
情報・通信業界の平均年収より23.7万円低い
富士ソフトの平均年収 情報・通信業界の平均年収
590.0万 613.7万

富士ソフトが属する情報・通信業界の上場企業の平均年収は613.7万円です。 そのため、富士ソフトの年収は業界平均と比べて23.7万円低く、業界内順位を見ると469社中215位と平均的な順位となります。

神奈川県内での比較

エリア内順位
95位
173社
神奈川県の平均年収より19.2万円低い
富士ソフトの平均年収 神奈川県の平均年収
590.0万 609.2万

富士ソフトの所在地がある神奈川県の上場企業の平均年収は609.2万円です。 そのため、富士ソフトの年収はエリア平均と比べて19.2万円低く、エリア内順位を見ると173社中95位と平均的な順位となります。

富士ソフトではボーナスはどれくらい貰える?

富士ソフトではボーナスは6月と12月の年2回支給され、金額は約80万円〜200万円程。

50歳代が最も多くのボーナスを貰っている傾向にあります。

富士ソフトの職種別の年収

富士ソフトの平均年収は594万9000円となっていますが、職種別の平均年収はどうなっているでしょうか。

口コミによると、営業職は400万円〜620万円、事務職は400万円〜610万円、技術職は400万円〜610万円程度となっているようです。

職種による年収の差はさほどないことが分かります。

なお、学歴別の初任給には少し幅があり、大学院(博士)26万円、(修士)24万4,000円、大学学部・高専専攻科・専修4年生は22万6,000円と続き、最も低い高校卒は21万4,000円となっています。

その他、富士ソフトは自己啓発を積極的に奨励しており、新入社員が身につけるのが好ましい資格には「プラスワン資格」というものが存在し、取得者は資格認定給が支給されます。

例えば、TOEIC600点以上等の資格を取得すると、それに応じて「資格認定給」が毎月の給与にプラスされます。

もう一種類、「一時金対象資格」という100種類以上の資格もあり、これを取得した場合は、1種類取得につき10,000円の一時金が支給されます。

また、所属部署の評価、個人の功績、勤続年数によって別途、年1回、目標達成金や祝金が支給されるそうです。

富士ソフトでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

一般社員の年収については分かりましたが、では富士ソフトで出世すると、一体どれくらいの年収が貰えるでしょうか。

口コミによると、主任は550万円〜640万円、係長は600〜700万円、課長は650〜900万円、部長は750〜1100万円程度の年収が見込めるようです。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中