キヤノン電子の年収【2021年最新版】

世界でもトップクラスのシェアを誇る製品も展開する大手企業!新たな事業の内容は?どんな人材を求めている?疑問点を一気に解決!


キヤノン電子の平均年収

キヤノン電子の平均年収は、2021年では562.2万円でした。電気機器業界内では184位、全体では2235位です。キヤノン電子は、健康第一主義。社員の健康をまず一番に考え、大切にしています。社内全面禁煙を徹底し、がん検診受診促進や生活習慣病予防等のセミナーも定期的に開催します。各事業所には地産地消の食堂も設置。本社の食堂では和洋中の料理がフリードリンク等もついて500円で楽しめます。栄養面もしっかりしているので社員にも大人気です。平均年齢38.0歳、平均勤続年数15.0年。社員を大切にする姿勢が様々な部分でうかがえる企業です。

キヤノン電子の平均年収概要

平均年収: 562.2万円 下降傾向
平均年齢
38.0歳
平均勤続年数
15.0年
従業員数
1,935人

キヤノン電子の平均年収推移

平均年収推移(キヤノン電子と上場企業平均)

キヤノン電子の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると17.6万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は567.0万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

キヤノン電子の平均年収推移(2015年〜2019年)

キヤノン電子の平均年収 年収
2019年 562万円
2018年 580万円
2017年 578万円
2016年 555万円
2015年 560万円

業界内やエリア内でのキヤノン電子のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2235位
3737社
全国の上場企業の平均年収より50.3万円低い

全国の平均年収より130.0万円高い
キヤノン電子の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
562.2万 612.5万 432.2万

キヤノン電子の平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると50.3万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると130.0万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2235位と平均的な順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
184位
244社
電気機器業界の平均年収より102.5万円低い
キヤノン電子の平均年収 電気機器業界の平均年収
562.2万 664.7万

キヤノン電子が属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、キヤノン電子の年収は業界平均と比べて102.5万円低く、業界内順位を見ると244社中184位と低い順位となります。

埼玉県内での比較

エリア内順位
40位
73社
埼玉県の平均年収より7.8万円低い
キヤノン電子の平均年収 埼玉県の平均年収
562.2万 570.0万

キヤノン電子の所在地がある埼玉県の上場企業の平均年収は570.0万円です。 そのため、キヤノン電子の年収はエリア平均と比べて7.8万円低く、エリア内順位を見ると73社中40位と平均的な順位となります。

キヤノン電子ではボーナスはどれくらい貰える?

キヤノン電子では6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約85万円~185万円です。

業績が良い際には特別ボーナスも支給され、満足のいく額が得られると社員からも好評を得ています。

新卒採用ページの質問欄には直近5年間は約6ヶ月分のボーナスを支給していると記載されていたため、安定したボーナスを得ることができ安心して働くことが可能であると言えます。

キヤノン電子の職種別の年収

キヤノン電子の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約320万円~585万円
  • 技術職:約300万円~575万円
  • 総合職:約470万円~820万円

また、2020年4月実績では学歴別の初任給は以下の通りでした。

  • 修士了:249,200円
  • 大学・高専専攻科卒:226,000円
  • 高専本科卒:199,300円

年間休日数は123日で、春・夏・年末年始にはそれぞれ9日間の連休が取得できるとのこと。

休日制度もきちんとしているのでプライベートでの予定も立てやすく、適度にリフレッシュをすることが充分可能な環境です。

キヤノン電子では出世するとどれくらいの年収が貰える?

キヤノン電子で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約570万円~645万円
  • 課長クラス:約765万円~850万円
  • 部長クラス:約935万円~995万円

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースを確認しましたが、現時点でのキヤノン電子の女性管理職比率のデータは記載されていませんでした。

しかし係長クラスになるとその比率は6%と、8名の方が係長として活躍していることが分かりました。

出産日前6週間の休暇や産後8週間の休暇、短時間勤務制度を取得できる等女性社員向けの制度もきちんと整えられており、女性社員も働きやすい環境であると言えます。

仕事におけるチャンスも性別に関わらず全社員に与えられるので、自身の頑張り次第で出世を目指すことが可能です。

今後も継続して労働環境を整えていくことで、役職に就く女性社員の方も現れると期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年8月12日

SNSシェア用テキスト

表示準備中