ニッパツの年収【2021年最新版】

世界トップシェアを誇る大手メーカー!事業領域は自動車から産業まで!?求められる人材像についても徹底的に解説!


ニッパツの平均年収

ニッパツの平均年収は、2021年で720.4万円でした。金属製品業界内では8位、全体では757位となっています。ばねや産業機器の製造販売をしており、創立80年を迎えました。有給休暇は年間20日付与、平均取得日数は18日と比較的取得しやすいので、プライベートも大切にできます。食堂では様々なメニューがあり、定食は約280円、カレーは約160円、ラーメンは約130円とリーズナブル。コミュニケーション能力が出世の鍵となるので、積極的に社内の人と交流すると良いでしょう。従業員数は4,949人と多く、平均勤続年数も17.0年と好調です。

ニッパツの平均年収概要

平均年収: 720.4万円 上昇傾向
平均年齢
40.0歳
平均勤続年数
17.0年
従業員数
4,949人

ニッパツの平均年収推移

平均年収推移(ニッパツと上場企業平均)

ニッパツの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると3.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は710.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ニッパツの平均年収推移(2015年〜2019年)

ニッパツの平均年収 年収
2019年 720万円
2018年 717万円
2017年 713万円
2016年 709万円
2015年 694万円

業界内やエリア内でのニッパツのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
757位
3737社
全国の上場企業の平均年収より107.9万円高い

全国の平均年収より288.2万円高い
ニッパツの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
720.4万 612.5万 432.2万

ニッパツの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると107.9万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると288.2万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中757位と高い順位となります。

金属製品業界内での比較

業界内順位
8位
94社
金属製品業界の平均年収より130.7万円高い
ニッパツの平均年収 金属製品業界の平均年収
720.4万 589.7万

ニッパツが属する金属製品業界の上場企業の平均年収は589.7万円です。 そのため、ニッパツの年収は業界平均と比べて130.7万円高く、業界内順位を見ると94社中8位と高い順位となります。

神奈川県内での比較

エリア内順位
34位
173社
神奈川県の平均年収より111.2万円高い
ニッパツの平均年収 神奈川県の平均年収
720.4万 609.2万

ニッパツの所在地がある神奈川県の上場企業の平均年収は609.2万円です。 そのため、ニッパツの年収はエリア平均と比べて111.2万円高く、エリア内順位を見ると173社中34位と高い順位となります。

ニッパツではボーナスはどれくらい貰える?

ニッパツでは7月と12月の年2回、約6ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約105万円~235万円でした。

年功序列で支給額も上昇していくようなので、長く勤めることで満足のいく額が得られます。

ニッパツの職種別の年収

ニッパツの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約400万円~735万円
  • 技術職:約420万円~720万円
  • 総合職:約580万円~1030万円

2020年度4月見込みでは、初任給はそれぞれ以下の通りです。

  • 修士了:232,550円
  • 大学卒:213,350円
  • 高専卒:193,970円

昇給は年に一度4月に行われ、一度につき約5,000円上昇します。

手当等も充実しているため、安心して勤めることができます。

ニッパツでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ニッパツで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約700万円~810万円
  • 課長クラス:約925万円~1070万円
  • 部長クラス:約1095万円~1185万円

出世は年功序列となりますが、上司との関係性も出世にやや影響するようです。

積極的にコミュニケーションを取り良い関係を築くと良いでしょう。

ニッパツの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役7名に対して総額3億2900万円で1人あたり4700万円、社内監査役2名に対して総額6000万円で1人あたり3000万円がそれぞれ支給されていました。

自動車や情報通信では世界トップクラスのシェアを保持する製品も多数展開していることから、今後も世界にどんどん進出し役員報酬も更に伸びると考えられます。

競合他社とニッパツの年収比較

ニッパツの競合会社として、サンコール知多鋼業等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、ニッパツは720万円、サンコールは595万円、知多鋼業は510万円と、現時点では競合よりも年収が高いことが分かります。

手掛ける製品の数も多く、各分野で新たな製品や技術の開発にも尽力していることから、今後の年収の伸びしろはまだまだあると期待できます。

ニッパツの平均年収が高い理由

ニッパツの直近3年間の売り上げを確認すると、2017年で2816.2億円、2018年で2940.0億円、2019年で3128.0億円でした。

この3年間で約311.8億円も上昇しており、業績は順調だと言えます。

新型コロナウイルスの影響が多少あるものの徐々に回復傾向にあるため、社員の年収も安定しており平均年収も高くなっていると考えられます。

ニッパツの事業内容

主な事業

ニッパツでは自動車分野、情報通信分野、産業・生活分野の三つを中心に事業を展開しています。

それぞれの分野では以下の製品を手掛けます。

  • 自動車分野:板ばね、コイルばね、シート、線ばね、薄板ばね、精密加工品、ポリウレタン製品等
  • 情報通信分野:HDD用サスペンション、機構部品、精密加工品、セラミック製品、半導体プロセス部品、金属基板等
  • 産業・生活分野:駐車装置、配管支持装置、ガススプリング、ポリウレタン製品、ばね機構品等

現在は将来の需要を見込んで半導体プロセス部品の開発や製造により一層力を入れています。

今後も時代のニーズに合わせた製品を世に輩出し続けると考えられます。

その他の事業

ニッパツではその他にもグループ企業にて各種照明器具の製造販売を行っています。

OEM生産を中心としており、部品・製品の設計・試作・評価等一貫した生産体制を構築。

今後も確かな技術で顧客の事業を支えていくと期待できます。

ニッパツの歴史

ここで、ニッパツのこれまでの歴史について見ていきましょう。

1939 日本発条が創立される

1954 東京証券取引所に上場する

1961 精密川崎工場・名古屋工場が新設される

1962 シート川崎工場が新設される

1969 太田工場が新設される

1970 産機厚木工場・精密厚木工場が新設される

1973 滋賀工場が新設される

1981 産機駒ヶ根工場が新設される

1983 精密駒ヶ根工場が新設される

1986 群馬工場が新設される

1990 シート横浜工場が新設される

1993 伊勢原工場が新設される

1996 野洲工場が新設される

2019 創立80周年を迎える

ニッパツが属するニッパツグループとは?

ニッパツグループは、ニッパン、日発運輸、ニッパツサービス、ジー・エル・ジー、ニッパツ機工等の子会社70社・関連会社11社が所属するグループです。

国内以外にも北米や中南米にもグループ企業を保有しており、グループ企業では各種部品・ばねの販売・輸出入、貨物自動車運送、石油・石油製品・化学製品等の販売等、それぞれが様々な事業に携わっています。

ニッパツの採用情報

ニッパツでは、現在新卒採用及びキャリア採用が行われています。

それぞれの募集職種や選考について確認していきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在技術系・事務系とで以下の職種で募集が行われています。

  • 技術系:研究開発、製品設計、生産技術、製造技術、品質管理
  • 事務系:営業、生産管理、管理(経営企画・人事・経理・CSR等)、システム管理

採用予定学部・学科は、技術系では機械・電気・電子・金属材料等、事務系では法・経済・商・経営・外国語等となります。

事務系職種に関しては学部・学科に関わらず応募することができるので、理系の方も積極的に応募しましょう。

選考は、適性検査→一次面接・小論文→二次面接→役員面接の順で実施されます。

一次・二次面接は個別、最終面接は役員によるものとなるので、しっかり気を引き締めて臨みましょう。

キャリア採用

キャリア採用では、現在以下の職種で募集を行っています。

応募条件と併せて見てみましょう。

  • 自動車用シートの開発設計:自動車用内装部品・機構部品の開発・設計業務経験、CATIA V5実務経験等
  • 自動車用シート生産ラインの設計:生産ラインの設備設計経験(機械系・電装系・制御系)

書類審査後には筆記試験・面接があり、面接は人事部・配属予定部門の責任者によるものと役員によるものがそれぞれ実施されます。

筆記試験はWEB適性検査及び小論文となるので、きちんと準備をしておきましょう。

応募は、キャリア採用ページ応募フォームより応募することができます。

応募フォームでは自身の基本情報・最終学歴・資格・職務経歴等について記入する必要があるので、予め内容を練っておくと良いでしょう。

ニッパツで求められる人材像

ニッパツの公式ホームページには、求める人材像として以下の三つが挙げられていました。

  • 新しい事にも興味を持って果敢にチャレンジする
  • 様々な方向から物事をみる
  • 仲間の個性を認め合い、ともにゴールを目指す

また人事部長のメッセージ内には以下の四つの要素についても言及されています。

  • チャレンジ精神
  • 既成概念にとらわれない発想
  • プロフェッショナル意識
  • グローバルな視点

これらのことからニッパツでは、多角的思考力・協調性・責任感等が求められると考えられます。

特にチャレンジ精神が重視されると推測できるため、これまでにどのようなことに挑戦してきたか等を選考を通してアピールできるとより良いです。

ニッパツに就職、転職するためには?

ニッパツの面接はオーソドックスな質問がほとんどで、面接受験者の普段の様子や価値観を見ているようです。

あまり自身を作りこむのではなく、リラックスして面接に臨むよう心がけましょう。

過去の面接では以下のような質問がありました。

  • 自身の信条を表す四字熟語は何か
  • 自身にとって働くとは何か
  • 入社後にやりたいことは何か
  • 自分の能力をどのように活かせるか
  • 人生で一番辛かったことは何か
  • どうしてニッパツに興味を持ったか

また、面接時点での就職活動状況についても確認されるので、きちんと整理して振り返っておく必要があります。

ニッパツの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(ニッパツと上場企業平均)

ニッパツ 上場企業平均
2019年 4,949人 1,035人
2018年 4,623人 1,071人
2017年 4,507人 1,042人
2016年 4,456人 1,055人
2015年 4,394人 1,055人

ニッパツの従業員数は2019年で4,949人と、1年前と比べて326人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にニッパツと同じ金属製品業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が623人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(ニッパツと上場企業平均)

ニッパツ 上場企業平均
2019年 40.0歳 41歳
2018年 40.3歳 41歳
2017年 40.2歳 40歳
2016年 40.1歳 40歳
2015年 39.9歳 40歳

ニッパツの平均年齢は2019年で40.0歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ金属製品業界内で比較してみました。業界平均が42歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(ニッパツと上場企業平均)

ニッパツ 上場企業平均
2019年 17.0年 12年
2018年 16.6年 13年
2017年 17.6年 13年
2016年 16.7年 13年
2015年 17.2年 13年

ニッパツの平均勤続年数は2019年で17.0年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ金属製品業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

ニッパツの業績推移

ニッパツが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3128.0億円 204.5億円
2018年3月期 2940.0億円 203.4億円
2017年3月期 2816.2億円 216.1億円
2016年3月期 2717.2億円 205.6億円
2015年3月期 2666.5億円 293.7億円

まず、ニッパツと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、ニッパツが3128.0億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。ニッパツの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、ニッパツが6.4%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

ニッパツ 上場企業平均
2019年3月期 6320万円 1.1億
2018年3月期 6359万円 9064万
2017年3月期 6249万円 9022万
2016年3月期 6098万円 9416万
2015年3月期 6069万円 9870万

次に、ニッパツと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、ニッパツは6320万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

ニッパツ 上場企業平均
2019年3月期 413万円 788万
2018年3月期 440万円 731万
2017年3月期 479万円 741万
2016年3月期 461万円 672万
2015年3月期 668万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、ニッパツは413万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
ニッパツ
設立年月日
1939年9月8日
所在地
横浜市金沢区福浦3−10
エリア
公式サイト
業界・業種
代表者名
茅本 隆司
上場市場
東証1部
上場年月日
1954年3月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年2月6日

SNSシェア用テキスト

表示準備中