空運業界の企業の平均年齢が若い会社ランキング1位~5位の一覧【2019年最新版】

空運業界で一番若いのは37.6歳のあの会社!


空運の企業の平均年齢が若いランキング5社分の会社一覧です。空運業界の上場企業5社分の会社ごとの平均年齢を低い順でランキングで見ることができます。都道府県別に見ることができるため、東京都・大阪府・福岡県などでも絞り込めます。空運でどの会社が平均年齢が低いのか?若いのか?を調べる時にお使い下さい。(1位:スターフライヤー37.6歳、2位:日本航空40.1歳、3位:パスコ42.5歳)

平均年収

平均年齢

平均勤続年数

従業員数

設立年

指数

1位
スターフライヤー
  • 福岡/空運業
  • 2002年設立
平均年収 600万円 ( 下降傾向)
平均年齢
37.6
平均勤続年数
5.0
従業員数
732
2位
日本航空
  • 東京/空運業
  • 1953年設立
平均年収 867万円 ( 上昇傾向)
平均年齢
40.1
平均勤続年数
15.2
従業員数
12127
3位
パスコ
  • 東京/空運業
  • 1949年設立
平均年収 632万円 ( 下降傾向)
平均年齢
42.5
平均勤続年数
10.8
従業員数
2068
4位
アジア航測
  • 神奈川/空運業
  • 1949年設立
平均年収 654万円 ( 上昇傾向)
平均年齢
44.8
平均勤続年数
15.0
従業員数
1033
5位
ANAホールディングス
  • 東京/空運業
  • 1952年設立
平均年収 762万円 ( 下降傾向)
平均年齢
46.2
平均勤続年数
2.7
従業員数
170

1件~5件 (全 5件)

よく見られている企業はこちら

表示準備中