日医工の年収【2021年最新版】(2ページ目)

国内トップクラスの大手ジェネリック医薬品メーカー!出世後の報酬は?選考では何を気を付ければ良い?


日医工の社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員の存在についての記載は見られませんでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役6名に対して総額2億2000万円で1人あたり3666万円、社内監査役3名に対して総額2500万円で1人あたり833万円がそれぞれ支給されていました。

グローバルに活躍する企業になるべく尽力しているので、今後役員の報酬が徐々に増加していく可能性は充分にあると言えます。

競合他社と日医工の年収比較

日医工の競合会社として、東和薬品沢井製薬等が挙げられます。

それぞれの年収を比較してみると、日医工は680万円、東和薬品は633万円、沢井製薬は599万円と、現時点では競合会社よりも年収が高いことが分かります。

2019年からはメドピアと業務提携をし、新たにジェネリック医薬品のデジタルマーケティング活動を始めました。

同時に「かかりつけクリニック支援サービス」も展開していく予定であるため、今後事業の幅も広がり年収も更に上昇していくと期待できます。

日医工の平均年収が高い理由

日医工の2017年から2019年にかけての売り上げの推移を見てみると、2017年で1464.6億円、2018年で1506.4億円、2019年で1537.9億円となっており、直近3年間で約73.3億円上昇していました。

最近では新型コロナウイルス関連製品の販売数が伸びたことが、業績にも良い影響を与えたと考えられます。

そのため社員にもきちんと還元することができ、平均年収が高くなっているのでしょう。

日医工が属する日医工グループとは?

日医工グループは、日医工岐阜工場、エルメッド、ヤクハン製薬、イーエムアイ等の子会社14社・関連会社2社から成り立ちます。

グループ企業では医薬品の製造販売・研究開発をはじめとして、薬物動態及び製剤品質試験等の事業を行っています。

日医工の採用情報

日医工では現在、新卒採用及びキャリア採用が行われています。

それぞれの募集要項を詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在、以下の職種の募集が行われています。

  • MR職
  • 技術職(開発・企画本部、品質管理本部、生産本部、信頼性保証本部)

MR職では全学部・学科が、技術職では理系学部がそれぞれ募集対象です。

既卒の方であっても2020年3月以降に学校を卒業し就業経験のない方であれば応募することが可能なので、興味のある方はぜひ応募しましょう。

選考フローは、エントリー→WEB会社説明会→エントリーシートの提出→適性検査→グループ面接→個別面接→TOEICとなります。

TOEICテストも実施されますが、点数のボーダーラインは特に設けられていないようです。

英語の基礎からきちんと勉強し、何度も練習問題を解く等してTOEICのテストに慣れておくと良いかもしれません。

キャリア採用

キャリア採用では現在管理薬剤師の募集が行われており、物流センターでの管理薬剤師業務を担当することになります。

大卒以上で薬剤師の資格を保有している方が募集対象となっているので、注意しましょう。

選考は、エントリー→応募書類の送付→WEB適性検査→面接の順で進みます。

応募書類は写真貼付済みの履歴書及び職務経歴書の二つで、職務経歴書はA4縦・書式自由とされているため、丁寧に作成し郵送するようにしましょう。

日医工で求められる人材像

日医工の採用ページの質問欄には「現状に満足せず、より高みを目指す努力ができる方」、リクナビには「向上心を持ち、挑戦することに貪欲な方」を求めていると記載されていました。

「ジェネリックメーカー世界TOP10」に入ることを目標に掲げ、現在海外での事業展開も積極的に進めていることからも、日医工では現状に甘んじることなく野心を持って行動することのできる人材を求めていると推測できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年4月14日

SNSシェア用テキスト

表示準備中