税理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


読者の皆さんは、税理士の年収についてご存知でしょうか?

税理士と言えば、基本的には国内トップクラスの難易度の税理士試験を合格した方たちです。

今回の記事では、そんな税理士の年収について、働き方の違いや勤務先の違いなど様々な視点から徹底解説させていただきます。

税理士の平均年収は600万円~800万円が相場

税理士の平均年収は、開業税理士と勤務税理士で大きく異なります。

一般的には開業税理士の方が高く、平均年収は800万円前後です。

これに対して勤務税理士の平均年収は600万円前後と言われていますので、開業税理士との差は約200万円程度となります。

開業税理士は、自分で税理士事務所・税理士法人を経営する経営者です。

どのような業種でも言えることですが、経営者と従業員で年収が異なるのは一般的なことではないでしょうか。

ただし、一口に開業税理士と言っても、開業したばかりで顧問先の少ない税理士もいれば、100名以上の税理士を抱えるような税理士法人の代表税理士もいますので、実際の年収には大きな開きがあることが予想されます。

税理士の年収・給料の構成要素

一般的に開業税理士には手当のような概念がありませんが、勤務税理士の場合は異なります。

勤務税理士であれば一般企業の従業員と同様に、基本給・能力給・通勤手当・業務手当・資格手当などの手当が設定されているのではないでしょうか。

また、勤務先によっては歩合制度を取り入れていることもあり、新規関与先を開拓できたら顧問料の1ヶ月分とか、保険契約を獲得できたら手数料の30%のように歩合が発生することもあります。

そして、一般企業と同様に夏季と冬季には賞与(ボーナス)が支給される事務所も多いことでしょう。

基本給・能力給・歩合はどれくらい?

勤務税理士の月給については年齢や経験によって異なることが多く、基本給と能力給を合わせて概ね20万円/月~40万円/月程度と幅があります。

また、歩合には様々なものがありますので一例を紹介していきます。

顧問先数による歩合

税理士事務所によっては、担当する顧問先の数によって歩合を設定していることがあります。

この場合の歩合は、顧問先1件あたり5,000円~10,000円程度が相場です。

顧問先数に応じて歩合を設定している場合は、基本給や能力給は低めに設定されていることが多いでしょう。

通常業務以外の歩合

会計・税務以外の商品やサービスに対して歩合を設定している税理士事務所もあるので、紹介させていただきます。

最もポピュラーなのは、保険獲得の際に発生する歩合でしょう。

多くの税理士事務所では、保険会社と提携をしており、法人や経営者向けの保険を提案していることがあります。

新規の保険契約を獲得できると保険会社から手数料が入ってくるため、担当者に歩合として還元する事務所も多いようです。

歩合金額はまちまちですが、概ね手数料の10%~30%程度ではないでしょうか。

また保険以外にも、専門業者と提携して不動産取引、オペレーティングリースなどを紹介することで紹介料を受け取っていることもあるため、その場合にも歩合が発生する対象となります。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

ある税理士事務所では、夏季と冬季でそれぞれ基本給の1ヶ月分が賞与として設定されているそうです。

その場合、年収を12ヶ月+2ヶ月の14ヶ月を割り戻すことで1回あたりの賞与を算出することができます。

勤務税理士の平均年収は600万円前後のため、以下のようになります。

600万円÷14ヶ月=42.8万円

つまり、1回あたりの賞与は42万円程度となります。

ただし、賞与については事務所ごとに考え方がかなり異なるため、賞与を設けない代わりに月々の基本給を高めに設定している場合や、賞与が3ヶ月分設定されている場合もあることを付け加えておきます。

各種手当てはどういったものがある?(勤務税理士の場合)

勤務税理士の手当には、以下のような手当があります。

  • 業務手当・・・主に基本給を補完する手当。明確な決まりがあるわけではありませんが、社内の職務によって設定する手当です。
  • 資格手当・・・特定の資格取得者に支払う手当。税理士資格意外にも、その他の資格を保有していることに対して支払われることもあります。
  • 扶養手当・・・家族を扶養している場合に設定する手当。近年では女性の社会進出を促進するために、扶養手当ではなく家族手当とすることも多くあります。
  • 残業手当・・・残業に対する一般的な手当。
  • 通勤手当・・・通勤交通費として支払う一般的な手当

上記のように、手当の内容は一般企業とほとんど変わらないのではないでしょうか。

あえて違いを挙げるとすれば、税理士資格の有資格者や税理士試験の勉強中の職員で科目合格者に設定する、資格手当が独自の内容に設定されているかもしれないですね。

税理士(勤務税理士)の場合の年収を新卒や雇用形態別に見る

次に、勤務税理士の年収について、「新卒」「転職」「パート・アルバイト」という視点からも確認してみましょう。

新卒の場合の税理士の年収

様々な税理士事務所の求人情報を確認してみると、税理士資格の有資格者であっても、新卒採用の場合は年収300万円~400万円程度に設定されていることが多いようです。

税理士資格を保有していることで税務や会計に関する一定の知識を持つことは証明できるのですが、新卒の場合は実務経験も社会人経験もないため、一般企業と同程度の年収に設定されていることが予測されます。

会計業務や決算業務などの実務を経験していくことで、年収も上がっていくことでしょう。

社会人が転職する場合の税理士の年収(正社員)

勤務税理士が転職する場合についても見ていきましょう。

税理士資格保有者が転職する場合、年収は300万円~600万円程度の範囲で年収が設定されていることが多いようです。

年収の違いは、経験の差や、その事務所の顧客層の違いにもよるかと思われます。

税理士事務所の中には、幅広い顧客層に対応している事務所もあれば、特定の分野の顧客を専門に扱う事務所もあるのです。

例えば、ドクター専門、不動産専門、飲食店専門、芸能人専門など、専門分野が違うと、その経験があるかどうかによって年収も異なってくると言えます。

パート・アルバイトの場合の税理士の年収

勤務税理士の中には、子育て中の女性税理士の方もいらっしゃいます。

子育て中の場合はフルタイムで勤務することは難しいため、パートやアルバイトとして勤務するような場合もあるのです。

パート・アルバイトの場合、時給は1,200円~2,000円程度に設定されているのが一般的と言えるでしょう。

仮に、週3日5時間勤務だと想定すると、以下のような計算となります。

<時給1,200円の場合>

時給1,200円×5時間×週3日×4週間×12ヶ月=864,000円

<時給2,000円の場合>

時給2,000円×5時間×週3日×4週間×12ヶ月=1,440,000円

まとめると、パート・アルバイトの勤務税理士の場合は、86万円~144万円程度の年収が予想できるでしょう。

また、パート・アルバイトの場合、顧問先に出向かなくてもできる業務が中心となることが多いため、出勤しなくても良いリモートワークを導入している税理士事務所もあります。

リモートワークが導入されていれば、子どもが小さくても自宅で作業ができるというメリットがありますが、時給については概ね1割~2割程度低く設定されているのが一般的です。

ほかにも、時給制ではなく、業務ごとに単価を報酬を設定するようなこともあります。

例えば、1社分の決算業務を行ったら3万円というような報酬設定です。

税理士は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

それでは、税理士は最高でどれくらいの年収を目指すことができるのでしょうか?

日本税理士会連合会がまとめた資料によると、総所得が5000万円以上の開業税理士は、開業税理士全体の0.5%程度いるそうです。

総所得が5000万円を超える税理士の業務内容まで推し量ることはできませんが、恐らく、所属税理士が100名を超えるような大型の税理士法人の創業者レベルの税理士であれば年収5000万円越えも夢ではありません。

しかし、一般的な税理士と同じような仕事をしていては、なかなか5000万円プレーヤーにはなれないでしょう。

5000万円プレーヤーを目指すには、コンサルティングや事業承継やM&Aのような、付加価値の高い仕事にも積極的に取り組んでいく必要があるのではないでしょうか。

税理士はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

続いて、勤務先による税理士の年収の違いについて見ていきましょう。

個人税理士事務所(小規模)で働く場合の年収

税理士1名~2名とパート数名程度の小規模な税理士事務所の場合、勤務税理士の年収は300万円~500万円程度のこともあります。

事務所全体の売上規模が大きくなく、また代表の税理士が全責任を追っているため、勤務税理士の年収はそれほど高くはありません。

税理士法人(中規模)で働く場合の年収

税理士が2名以上いる場合、税理士法人を作ることができます。

税理士法人には、社員税理士と勤務税理士が存在する場合があります。

社員税理士とは、株式会社等で言うところの取締役にあたるような存在です。

社員税理士はその法人に対して無限連帯責任を追っている点が勤務税理士との大きな違いです。

勤務税理士の年収は、個人税理士事務所の勤務税理士と大きくは変わらず、350万円~500万円程度となっています。

BIG4(国内トップクラス)で働く場合の年収

税理士業界にはBIG4と呼ばれる税理士法人が存在することをご存知でしょうか?

  • EY税理士法人
  • KPMG税理士法人
  • デロイトトーマツ税理士法人
  • PwC税理士法人

上記4つの税理士法人は世界中に展開するグローバルな会計事務所で、日本国内でのサービスを展開しています。

BIG4に所属する税理士は大企業の税務やグローバル企業の国際税務を担当するため、年収は非常に高いと言えるでしょう。

BIG4の勤務税理士の年収は大卒の初任給でも500万円程度と言われており、ディレクタークラスになると年収1500万円を超えるようです。

勤務税理士として、より高い年収を目指すのであれば、BIG4やそれに準じる規模の税理士事務所での勤務を目指してみるのが良いでしょう。

(番外編)相続専門税理士事務所・法人で働く場合の年収

これまでは、主に企業関連の会計・税務サービスを提供している税理士事務所・法人を想定してお伝えしてきました。

このパートでは、少し目線を変えて、相続特化型の税理士事務所・法人の年収についてお伝えしていきましょう。

相続税法の改正の影響もあり、相続税の課税対象者が増加しているのはご存知でしょうか?

相続税対象者の増加に伴い、この数年間は相続専門を掲げた税理士事務所や税理士法人を見かける機会が増えてきたように思います。

各種求人サイトで相続専門の勤務税理士の年収を調べてみると、400万円~800万円程度に設定されていることが多く見受けられました。

この年収設定は、一般的な税理士事務所や税理士法人への転職時に想定される年収より高いと言うことができます。

企業向けの税務・会計業務は継続業務のため安定的に報酬を得ることができますが、相続関連業務は単発業務の代わりに高い報酬が期待できます。

もしも相続税法の合格者であれば、相続税専門事務所の勤務税理士となることで、より高い年収を得ることができるかもしれないですね。

これから税理士になる人へのアドバイス

現在、税理士試験を受験していて税理士を目指すのであれば、自分が将来的にどのような税理士になりたいかを明確にしておくことが大切です。

大企業の財務部門に務める税理士が気楽だと言う方もいれば、個人事務所でも良いから独立開業したいという方もいらっしゃいます。

20代はBIG4のような大手税理士法人でバリバリ稼ぎながらスキルを磨いて、30代で独立開業して自分のペースで仕事をしているという開業税理士もいることでしょう。

また、税理士試験で合格した科目によってもキャリアが異なってくるかもしれません。

所得税法合格者であれば個人事業主をメインにした事務所に、法人税法合格者であれば中小企業をメインにした事務所、相続税法合格者なら相続専門事務所に所属することで、より自分の専門知識を活かすことができることでしょう。

ぜひ、自分がどのような税理士になりたいかを考えてみてくださいね。

さいごに

税理士試験は国内トップクラスの難関試験です。

その試験に合格した税理士は年収が比較的高い職業と言えます。

しかし、資格を持っていれば仕事が舞いこんでくる時代ではないので、開業税理士にしても勤務税理士にしても、顧客に付加価値を提供することでより高い年収を得られるのではないでしょうか?

これから税理士を目指す方の参考になれば幸いです。

最終更新日:2020年1月30日

関連記事

事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

仕事を円滑に遂行するためには欠かせない職種の一つに事務があります。事務と一言に言っても様々な種類の仕事が存在し、企業によっては多様な事務作業や職種があるでしょう。例えば、一般事務、営業事務、貿易事務、医療事務のように事務という名がつく職種もあれば、少し特殊な能力が必要とされる翻訳や通訳、秘書なども事務にあたります。今回はこのような事務の年収について、構成要素や職種別の違い、業界での差などに触れつつ徹底解説していきます。事務の平均年収は332万円が相場2020年現在、事務の平均年収は約332万円となっています。これは事務一般事務や営業事務といったように全職種の平均年収となっており、職種別に見てい

グランドスタッフの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

全国各地の玄関口と言っても過言ではない、空港で接客サービスを行うグランドスタッフ。お客様を空港から安全且つ安心して旅立ってもらえるよう、地上での業務を行っています。その業務は多岐にわたり、チケットの発券やチェックイン、搭乗案内や到着業務まで多くの仕事を担っています。みなさんも何かしらお世話になった経験があるのではないでしょうか?ここでは、グランドスタッフの年収、気になるボーナスや各種手当など徹底解説していきます。グランドスタッフの平均年収は?グランドスタッフは、空港で主に出発や到着などの接客を伴うお仕事をしている方々です。日系大手のJALとANA、2社のグランドスタッフの平均年収は350万円で

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

銀行員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では高給取りのイメージがある銀行員。かつてはエリートの象徴とも言われた銀行員ですが、長引く超低金利時代やIT技術の進歩によって、業界全体を取り巻く環境は大きく変わってきています。地方銀行では活発に再編が進んでおり、単独での生き残りを不安視した動きも出てきました。そんな厳しい環境に立たされた銀行員の年収実態は、どうなっているのでしょう。雇用形態や、銀行規模の違いに応じた年収について解説していきます。銀行員の平均年収は600万円が相場東京商工リサーチによると、2019年3月期の国内銀行平均年収は609万円5千円という結果が出ております。メガバンクから第二地銀まで含めての平均値となりますが、日本

警備員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

警備員の仕事は人々の安全を守り、危険なことがあると率先して立ち向かわなければいけない大切な仕事です。一言で警備員と言っても仕事の内容は幅広く、駐車場の警備、イベントの警備、現金輸送警備、SPという風に様々な警備の仕事があります。では、警備員の年収はどの位なのでしょうか。また、雇用体系別や年収を上げる方法など、警備員の給料事情を詳しく解説していきましょう。警備員の平均年収は300万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると警備員の平均年収はおおよそ301万円です。この年収ベースは、一般の業種平均と比較するとあまり高くありません。月収ベースで20万円、賞与は年2回で3ヶ月分の60万円前後とい

caの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前はキャビンアテンダントと言えば、花形の職業だともてはやされていた"CA"。高給取りのイメージで、世の女性の憧れの職業の一つでした。今現在も人気の職業ですが、やはり気になるのは年収や雇用形態ではないでしょうか。そこで今回は、現役CAのリアルな年収・雇用制度に興味を抱いている人、これからCAを目指す人に向けて役立つ情報を徹底解説していきます。CAの平均年収は?大手日系航空会社の平均年収は約600万円。日系LCC(格安航空会社)の平均年収は約300万円。日系航空会社だと、大手フルサービスキャリアの航空会社と格安航空会社の年収には大きな差がありますね。外資系航空会社の平均年収は平均年収約500万

表示準備中