役員秘書の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップのポイント


役員のパートナーとして、様々な面から会社を支える「役員秘書」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。

役員秘書は細やかな気遣いが必要であり、複数の業務を同時に進行したり調整する業務が多い職種です。

その業務内容は非常に多岐に渡ります。

今回は、役員秘書が年収を上げるために必要なことや知っておいた方が良いことなど、秘書の年収事情についてご紹介いたします。

役員秘書の年収相場はどのくらい?

役員秘書の年収はどのくらいが相場なのでしょうか。

ここでは、新人秘書とベテラン秘書に分けて、その相場を見ていきましょう。

新人秘書の年収相場

新人の役員秘書の場合、年収のボリュームゾーンは280万円~350万円ほどになります。

ただ、新人秘書といっても様々なパターンがあります。

職場や規模によって違いがあり、英会話や業種独自の専門的なスキルなど特別なスキルが要求される場合もありますが、役員秘書の場合は、部署の中で昇進や報酬のアップというのはなかなかありません。

担当人数そのものが少ないうえ、独立した業務体系の場合が多く、社内での昇給は厳しいと言えるでしょう。

ベテラン秘書の年収相場

経験やスキルが相応に積み重ねられていきベテランの役員秘書という立場になれば、部内でのチーフやリーダーというポジションに昇格する可能性もあります。

それに伴い、年収にも何らかの形で反映されることでしょう。

年収が450万円~500万円程の役員秘書も少なくありません。

また、役員秘書固有の臨機応変さがより迅速かつ正確な場合には、更に需要が見込まれる可能性が高いため、求められる仕事の精度が上がるほど、年収に反映することもあり得ます。

役員秘書の年収の決まり方

役員秘書の年収はどのように決定されるのでしょうか。

ここでは、役員秘書の年収の決まり方について解説いたします。

社内の事務職からの引き抜きされた場合

新卒で役員秘書に選任されるというケースはまずありません。

役員秘書は上司である役員に就いて仕事をこなしていくため、社内独自のルールや仕組み、社会人としての一般常識や基礎知識など、いろいろなスキルや経験が必要です。

そのため、他部署で様々な経験や勉強をした後で、気配りや有事の際の咄嗟の対応能力など秘書に向いていると判断された人が抜擢されて役員秘書へと異動することが多いのです。

役員秘書として配属された場合の年収は、所属する会社によって異なりますが、普通の従業員と同じ程度であると言えるでしょう。

役員秘書経験者が転職する場合

キャリアやスキルによって異なりますが、年収400万円程度~の募集となっている会社が多いようです。

経験者の場合即戦力を求められるので、転職するまでにどういう経験やスキルを身につけるか、がカギとなります。

役員秘書の年収を上げるためにやりたいこと

役員秘書としてベースアップするためにやっておきたいことには、どのようなものがあるのでしょうか。

役員秘書の年収を上げるために、身につけておくべき必要なことを幾つか挙げてみます。

経験・実績を積む

役員の仕事が円滑に進むように陰でサポートするのが役員秘書の主な業務なので、パソコンスキルや一般常識、社会人としての基本マナーだけではなく、柔らかな物腰や丁寧な言葉遣い、また細かな気配りが、一般事務や営業事務と異なる秘書独自の仕事です。

それらは一朝一夕で身につくものではなく、また上司となる役員によっても業務バランスが左右される細かくて繊細な業務のため、様々な経験や実績を積むことが年収を上げるための第一歩となります。

ハイレベルの語学を身につける

役員秘書として更なるベースアップを図りたいと考えている場合には、外資系企業がおすすめです。

そのためには、外国語能力はマストアイテムといえるでしょう。

外国語での文書作成や電話や来客対応はもちろんのこと、依頼された時には即座に通訳や翻訳が問題なくできる能力を持っているようであれば、より年収が上がります。

専門分野の知識を身につける

役員秘書は、他企業の重要なポジションにいる人や上級役員と接する機会も非常に多い、いわば会社の顔とでもいえる存在です。

上司である役員の仕事を裏から支えるだけではなく、自身が所属している会社についてもきちんと把握しておく必要があります。

営業職や企画広報担当と同等の能力までは求められませんが、その会社が開発販売している商品の利点やアピールポイント、売れ筋路線の把握、業界内におけるその会社の位置づけやストリームラインなども把握して、自然と話すことができるようにしておく必要があります。

役員が言葉に詰まってしまったり忘れてしまって困惑している際に、後ろからそっとサポートできる体制を常に整えておくことは、最終的に自分のポジションや価値を上げると同時に、年収にも反映される可能性を秘めています。

転職する

転職するにあたり、役員秘書の年収を決定づける要因は大まかに二つあります。

一つ目は、経験レベルです。

転職する場合は、前職の会社の規模や経験、キャリアの深さ、今回転職を希望している会社と同業性があるかどうかなどから判断されます。

そしてもう一つの要因は、ヒューマンスキルです。

役員秘書は、社内の他部署の人々だけではなく、社外の重役たちとも接する機会が多いです。

その対外的な顔となる仕事の特性から、明るさや機敏さ、物腰の柔らかさなどがあるかどうか、画一的な判断に終始することなく柔軟な考え方ができるかどうか、対応が冷静で的確かどうかを客観的に判断されます。

これは、役員秘書という仕事の特性ゆえに、実務能力とは別に求められる能力となります。

大企業への転職

役員秘書としてのステップアップの一つに、大企業への転職があります。

前職よりも規模が大きい企業への転職は、必然的に年収面のアップにもつながります。

通常であれば、役員秘書の年収の相場は、その企業の一般職の社員と同程度と考えられます。

しかし中には、年収が1000万円以上の秘書も存在します。

注意点

役員秘書としての給料が年収1000万円以上となる場合も、あるにはあります。

しかし、役員秘書の年収が1000万円以上となると、その上司である役員の年収は当然、1千万円を超えています。

役員の年収が数千万円から億単位となるような大企業は、かなり限られます。

そのため、役員秘書という職種に限定して言うと、募集だけでも滅多に出てこないといえるでしょう。

外資系企業への転職

外資系企業の役員秘書は、日本企業と比較すると年収が高い傾向があります。

外資系に限らず、グローバル企業の役員秘書は通訳や翻訳も兼務することが多いです。

また逆のパターンもあり、通訳のポジションの人が秘書を兼務する場合もあります。

注意点

日本企業と外資系企業の役員秘書の業務は、異なる場合が多いです。

多くの日本企業の役員秘書は、役員のスケジュール管理をメインとして出張の手続きや社内外の取引先との会食セッティング、手土産などの用意もする必要があります。

しかし外資系企業の役員秘書、特に役員が外国人だったり取引先が外国人だった場合、メインは通訳となることが多いです。

また外資系企業の役員ははっきりと自身の意思を伝えてくるタイプが多く、それが時には役員秘書にとっては無理難題に聞こえることもあります。

難しいと感じることがあっても、前向きに問題を解決する能力が必要となるでしょう。

専門性を重視する企業への転職

専門性を重要視する企業へ役員秘書として転職する場合には、役員秘書のスキルはもちろんですが、それ以上に専門的なスキルが必要となる場合があります。

その分、年収は他企業と比較すると高めの設定となっているところが多いです。

注意点

役員秘書としての転職が前提となるため前職までのキャリアやスキルが十分かを判断されるのは当然ですが、専門性が高い企業の場合はそれだけではありません。

特に法律事務所など専門性の高い分野への役員秘書としての転職は、法律的な知識も求められます。

それを踏まえた上で採用・不採用が判断されるので、ベースアップは約束されますが、求められるスキルも相応に高いものとなるのは覚悟してください。

秘書グループが存在する企業への転職

企業によっては、役員1人につき専属秘書1人がつく場合もありますが、複数の役員を秘書グループとして全体でサポートしていく企業も数多くあります。

企業によっての形態の違いのため、自身で選択できる自由はありません。

そのため面接などで質問をして、事前に形態を把握しておく必要があるでしょう。

注意点

グループセクレタリーを置いている企業の場合、それぞれの役員の仕事をサポートすることだけが役員秘書の業務ではありません。

グループ全体や担当組織が効率的に機能できるように、他の役員秘書の人々と情報を共有したり洞察力や想像力を常に磨くなど、上司である役員だけではなく他の役員秘書たちをアシストする役割も同時に担っていることを忘れないように心がけましょう。

様々なことに興味を持つ

役員秘書は、ルーチンワークをこなすだけが仕事ではありません。

突発的なハプニングや問題が発生した時にも冷静に対処し、最善の方策を選択することを迫られます。

また、社外の役員や重要なポジションにいる人々と話す機会も多いです。

そのため、常にアンテナを張り巡らせ、新しいことや時事ネタなどに興味を持つようにしておきましょう。

役員同士の接待のレストランの予約を任せられた時には、相応の格式の場所やセッティング、会食メニューなどにも気を配らなければなりません。

また、手土産を事前に用意しなければならない場合には、相手方の人数や背景に合わせて手土産の量や数も上手く調整して、相応しいものを準備しておく必要もあります。

必要となった時に慌てないように常日頃からイメージトレーニングをして、いざ依頼された時に即座に相応のものを手配できるような知識や情報のストックを持っておくようにしましょう。

資格を得る

役員秘書になるための資格というのは、基本的には必要ありません。

しかし、「秘書検定」や「パソコン検定」などの資格は、基礎知識の取得として自分なりに受けておいた方がビジネスマナーや基本的な知識などで足りていなかった部分を補完することができスキルアップに繋がる、という意味で軽視はできません。

資格を取るのが目的ではなく、自身のステップアップや現在のポジションを知る目的として非常に重要となりますのでおすすめです。

また語学などのスキルの場合は資格取得が一種の客観的な基準値にもなり得るので、企業によっては重要視される場合もあります。

役員秘書の「お金」について、他にも知っておきたいこと

役員秘書の「お金」にまつわる事柄について、他にも知っておくべきことはあるでしょうか。。

役員秘書のランチについて

企業にもよりますが、女性の役員秘書に限定してランチ事情を考慮すると、自宅からお弁当を持参する役員秘書が、全体の3分の1の割合を占めます。

他にはコンビニやスーパー、デパ地下などでランチを購入する人の割合も4分の1ほど居ます。

多忙な役員につく役員秘書という立場からなのか、なかなか席を外せないという状況が反映されているのか、外食派は他の職種に比べて少なく、あまりゆっくりしたランチタイムがとれない秘書が多いのかもしれません。

雇用形態について

未経験で役員秘書に抜擢されるという状況は少ないと思います。

正社員ならば他部署での経験やキャリアを経た後に役員秘書となることが圧倒的に多いですが、転職を考慮しても、秘書経験があるかどうかは重要な判断材料となります。

秘書経験がない状態で、それでも秘書になりたいと考えている場合は、まずは雇用形態にこだわらずに経験値を稼ぐ、という発想の転換が必要かもしれません。

派遣社員や契約社員であれば、秘書経験がない人でも門戸が開いている可能性があります。

すぐに年収アップに繋がるわけではありませんが、少なくとも派遣社員や契約社員で秘書として働いた経験はキャリアアップになるので、次のステップアップやベースアップのためと割り切って、まずは経験値を重要視することも視野に入れる必要があるでしょう。

地域性について

役員秘書の年収は働く地域によっても変わってきます。

首都圏がオフィス拠点の場合には、地方の企業よりも年収ベースは高い場合が多いです。

また企業によっては、役員について早朝出勤や残業が発生することもあります。

残業代がつくと結果的に年収アップにはなりますが、通勤時間がかかる場合には日々の生活や健康に支障が生じる可能性もあるので、自分が通える範囲で地域性を考慮して企業を選ぶことも必要となるでしょう。

まとめ

今回は、役員秘書の年収事情について詳しくご紹介いたしました。

役員秘書に限らず、どの職種にもいえることですが、経験やスキル、知識があってこそのベースアップです。

日々努力を重ね、勉強をしてスキルを上げることが年収を上げる最短の方法と心得て、頑張ってくださいね。

最終更新日:2019年8月21日

関連記事

広報の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

会社の顔とも言える「広報」、その平均年収をご存知でしょうか。「広報」という職種自体は知っている人が多いかもしれませんが、広報の年収事情や年収を上げるための方法などについて知っている人は少ないかもしれません。広報の仕事は、外部に対して情報を発信したり、新商品や新サービスのPR活動をしたり、関わる人は社内外で多岐に渡ります。仕事を介して色々な人脈を築きたい人や、情報発信の元となって会社の発展を支えていきたい人などには、広報の仕事は魅力的なものであると言えます。今回は、そんな「広報」の年収相場や、年収を上げるためにやるべきアクション・考えるべき手段について紹介していきます。広報の仕事内容に関しても最

保健師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

昨今の日本では、自身の健康に気を使う人が増加しています。人の健康を守る仕事としては、病気等の「治療」を主とする医師や看護師の知名度が高く、人気の職種でもあります。それと似た職種であり、病気等を「予防」することで人々の健康を守れる資格として「保健師」という資格が存在します。今回はそんな健康増進のスペシャリストである保健師の年収について徹底解説したいと思います。保健師の平均年収は約530万円が相場厚生労働省の調査によると、正規職員として働く保健師の平均年収は約528.9万円とされています。保健師の活躍する分野は様々なため、所属組織や雇用されている企業の規模等によって年収は異なります。地方よりも大都

特別養護老人ホームの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

現代日本は高齢化社会であり、高齢者の人口は年を追うごとに増加しています。それに伴い、日常生活において誰かの支援が必要となる人も増えています。日本では住み慣れた地域・自宅で生活する事を推奨していますが、全ての人が自宅で最期まで生活できるわけではありません。自宅で生活することが困難な方は、施設に入居することになりますが、昨今は施設の種類もたくさんあります。その中でも比較的重度な方が入居し生活する施設に「特別養護老人ホーム」があります。今回は入居施設の中でも比較的安価で入居希望者が多い「特別養護老人ホーム」で働く人達の年収についてご紹介させて頂きます。特別養護老人ホームの平均年収は400万円が相場特

DTPデザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

日常で生活している中で意識をして周囲を見渡すと、様々な印刷物に取り囲まれていることに気がつきます。「DTPデザイナー」は主に印刷物に関わる仕事をしています。一からデザインを創造し、印刷するための前段階のデザインデータ制作するまでが仕事になります。現在DTPデザイナーを取り巻く環境は良いとは言えない状況にあります。以前は印刷会社や広告会社に依頼をして行っていた業務についても、自社で簡単に制作できるソフトやサービスが生まれていたり、低価格でフリーランスのデザイナーに依頼をすることができる仕組みが生まれているために、仕事の単価が下がっていることが要因です。DTPデザイナーの平均年収は350万円前後が

地方銀行の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが職を決めるとき何を基準に選びますか?自分の好きな仕事をしたいと思うのは当然ですが、それに加えて、給料はどのくらい貰えるのか、というのは職を決める時の重要なポイントになりますよね。今回は、筆者の経験を活かして、地方銀行の年収事情などを紹介していきたいと思います。これを参考に地方銀行のことを皆さんに知ってもらえたら嬉しいです。地方銀行の平均年収は500万円~700万円が相場地方銀行と一括りになっていますが、地方銀行にも2種類あります。それは第一地方銀行と第二地方銀行です。どちらに属しているかでも年収は変わってきます。主な違いとしては、所属している協会が違うことです。第一地方銀行は全国地方銀

看護助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

医療系の仕事はどの時代でも必要とされています。その中でも「看護助手」という仕事は国家資格がなくても就けるため、女性に人気の職業の一つです。この記事では、看護助手の年収に関して詳しく見ていきましょう。看護助手の平均年収は250万円~300万円が相場看護師の平均年収は、病院やクリニックなど職場によって大きく異なります。筆者は昔耳鼻咽喉科のクリニックで看護助手をしていました。その時の年収が大体250万円~300万円ほどです。手取りの給料は月17万円前後でしたが、ボーナスが30万円以上ありました。これが病院となると、手取りの給料が月13万円~15万円くらいでボーナスは15万円前後と、差が見られます。絶

歯科助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年々増加しており、コンビニの数よりも多いと言われている歯科医院。それに伴い、現在、歯科助手の募集はとても多いです。では、歯科助手の年収は果たして幾らぐらいなのでしょうか?徹底的に解説していきましょう。歯科助手の平均年収は250万円~300万円が相場歯科助手の平均的な年収は250万円~300万円くらいだと思ってください。平均的な月収に関してが、月16万円~20万円くらいが相場となります。歯科助手はよく医療事務と混合されることがあるのですが、どちらも年収的にはそこまで変わりません。歯科助手の年収・給料の構成要素歯科助手の年収・給料は、「基本給」「賞与」「各種手当」で構成されています。国家資格など必

添乗員の給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「添乗員」とは、国内や海外のツアーや団体旅行に同行する人のことです。「添乗員」はツアーコンダクターやツアーリーダーと呼ばれることもありますが、正式には「旅程管理主任者」といいます。旅行に同行し、旅行計画に沿ってツアーが安全且つ予定通り進むように旅程管理をしています。また、お客様に旅行を楽しんでいただくため、様々なサービスをする添乗員もいます。それでは、添乗員の給料はどのくらいなのでしょうか?この記事では、添乗員の給料やボーナス、各種手当について解説いたします。添乗員の平均年収は、全体では200万円~350万円が相場添乗員の年収はどのくらいなのでしょうか?実は、添乗員の形態によって年収も変わって

パティシェの給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

誕生日、記念日などお祝い事の際にテーブルを彩ってくれるケーキ。甘くて綺麗で美味しいケーキは、見ているだけでも幸せな気分になりますよね。そんなケーキを作る職業が「パティシエ」です。子供たちにも大人気、ドラマや漫画の題材に選ばれることも多いパティシエですが、華やかなイメージとは裏腹に厳しく地味な仕事でもあります。大好きなケーキを作って日々を過ごせたら・・・そんな気持ちでパティシエの道を選んだにも関わらず、3年以内の離職率は80%を超えているとも言われています。離職の理由に挙げられることが多いのがそのお給料事情。パティシエの道に進むのなら、まずはお給料についてある種の「覚悟」が必要です。今回はパティ

カフェ店長年収の給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

素敵なインテリアに囲まれて、美味しい料理を味わえるカフェ。チェーン店からこだわりの詰まった個人店までその業態も様々ですが、どのお店も一人でも入りやすく、しっかり食事を取る際にも、ちょっとお茶をしたい時にも使えて便利ですよね。おしゃれなカフェで働く素敵な店員に憧れている方、もしくは将来はこんなカフェを開きたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。おしゃれで素敵な仕事であることは間違いありませんが、気になるのはそのお財布事情。カフェ店員さん、特に店長ともなるとどのくらいのお給料を貰っているのでしょうか。今回はカフェ店長のお給料に迫ってみましょう。カフェ店長の平均年収は270万円が相場カフェ店

パチンコホールの給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

パチンコホールで働く場合の給料を徹底解説してみたいと思います。駅前や商店街、市街地に立地しているパチンコホール。そこで働く人たちは、どの程度の給料を貰っていて、その給与の形態はどうなっているのでしょうか。一般的に、職業自体の格付けで言うと低位に位置する風潮があり、職業分類上も「その他のサービス業」に属するパチンコホール事業者では、あまり稼げないと思っている人も少なくないようです。しかし一方では、一般民間のサービス業でこれほどの売上金額を上げて利益も多額という業種はありません。そこで、パチンコホールで働く人々の給与の内実を徹底解剖してみましょう。パチンコホールの平均年収は533万円前後が相場パチ

栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

人間の3大欲求とはよく言われますが、その中でも食欲は生きていく上で欠かせない要素です。1日3食バランスよく食事を摂ることで私たちの健康は維持されています。食事を摂るということは、栄養を摂ると同意義ですね。この栄養のスペシャリストが栄養士になります。私たちの生活に欠かせない食事のスペシャリストである栄養士は、なくてはならない存在となります。何気なく食べている食事と一緒で栄養士のことをどれくらい知っていますか?今回は、意外と知らない栄養士事情について紹介します。栄養士の平均年収は300万円が相場食べていくにはお金が必要ですね。では、栄養士の給料ってどれくらいなのでしょうか?食事に関わる栄養士は働け

生活相談員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

生活相談員は介護の業界では結構人気のある仕事になります。介護士として現場経験を積んだ方が目指されるのはたいてい相談員関連の仕事の場合が多いからです。仕事内容もそうですが、気になるのは生活相談員の年収に関しても関心事の一つだと思います。ここでは生活相談員の年収事情に関して掘り下げていきます。生活相談員を目指される方にとって、少しでも参考になれれば幸いです。生活相談員の平均年収は350万円が相場働く施設により多少の前後はありますが、生活相談員の平均年収に関しては350万前後になる場合が多いでしょう。生活相談員の年収・給料の構成要素生活相談員の年収は、「基本給」「資格手当」「役職手当」「ボーナス」等

注文住宅営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

注文住宅の営業の仕事は、土地を持っている人や土地のみを購入予定の人、一戸建てに住んでいるけど古くなって建て替えを検討している人などに新しい家を建てる提案をすることです。つまり建築前の「まだ形に見えない家」を売っているのであり、お客様に夢を与えることができる仕事ですが、たくさんの知識が必要でもあります。また、家というのは人生でそう何回も買ったり建てたりするものではないので、それだけお客様を見つけるのが大変です。何千万という大きな買い物でもあるので、営業が一件の契約を取ることがとても大変です。そのため注文住宅の営業は、契約数や受注額などの成果によって給料が増減する歩合給の会社が多く、それだけ給料に

社会福祉士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国家資格である社会福祉士は、現在の社会で大きな役割を果たしています。高齢化、児童の虐待、貧困などの問題が取り沙汰される今、その需要は高まるばかり。社会福祉士国家資格合格率は30%未満と難関、仕事では深刻な問題と向き合わなくてはなりません。そんな社会福祉士の年収を詳しくご紹介します。社会福祉士の平均年収は400万円が相場社会福祉士の資格を取得している方は、多くの分野で仕事をしています。主に、病院老人福祉施設児童福祉施設社会福祉協議会行政機関障害者支援施設NPO団体など、就職先が多いため、年収も一概には言えません。病院や社会福祉協議会、行政機関では年収は高く、平均して500万円から600万円ほど。

ケアマネージャーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・高年収な人の特徴

現代日本では高齢者人口が増加しており、それに伴って介護サービスを利用する高齢者も増加しています。介護サービスを利用するためにはサービス計画書、通称「ケアプラン」と呼ばれるものが必要となります。他者のケアプランを立案するためには介護支援専門員という資格が必要であり、その資格を持って仕事をする人をケアマネージャーと呼びます。今回はケアマネージャーの年収について詳しくご紹介していきたいと思います。ケアマネージャーの平均年収は350~400万円が相場まず初めに、ケアマネージャーの平均年収について述べていきます。立場や経験年数、雇用形態によって格差は生じますが、平均すると年収350万~400万程度が相場

パソコンインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・手当・年収アップのポイント

PC(パーソナルコンピューター)の使い方を指導したり教えたりする「パソコンインストラクター」の年収の相場はどのくらいなのでしょうか。現代社会においてパソコンは、仕事だけでなくプライベートでも無くてはならないものの一つとなっています。高齢者がパソコンを使う機会も増え、パソコンインストラクターの需要も高まるばかりです。この記事では、そんなパソコンインストラクターの「年収相場」「年収の決まり方」「年収アップの為の秘訣」などについてご紹介していきます。パソコンインストラクターの年収の相場はどのくらい?パソコンインストラクターと一口に言っても、正社員かアルバイトかなどによっても、その年収や待遇は異なって

DTPオペレーターの年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップを狙う方法

DTPオペレーターは特別な資格は必要としませんが、比較的専門的な知識を必要とする専門職です。それでは、DTPオペレーターの年収の相場はいくらくらいになるのでしょうか。この記事では、独立する際の必要資金や独立後の平均年収などと併せて、その年収事情をご紹介します。DTPオペレーターの年収の相場はどのくらい? DTPオペレーターは専門的な知識や技術が必要になるので、「手に職をつけられる専門職」と言えます。一般的にDTPオペレーターの年収の相場は300万円~350万円と言われてはいますが、地域や会社によって幅があり、この限りではありません。それでは、それぞれの入社状況・雇用形態から年収の相場を見ていき

新聞配達の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

私たちに毎日世の中の情報を届けてくれる「新聞配達」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。夜も明けない内から働き、情報社会の一端を支えている「新聞配達」という職業は身近な仕事の一つでありながら、その年収事情について詳しく知る人は実は多くありません。今回は、「新聞配達」の年収相場やその決まり方、年収アップの方法について詳しく解説していきます。新聞配達の年収相場はどのくらい?新聞配達と一口に言っても、雇用形態によって年収相場は異なります。ここでは、雇用形態別に見た新聞配達の年収相場をご紹介します。正社員で新卒入社した新聞配達の年収相場300万円~400万円程度の年収を提示している販売店が多いようです

総務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の条件

総務の仕事は、会社全体を管理する部署でありながら比較的残業は少ないですが、やりがいのある仕事です。しかし、ほとんどの人は、総務の仕事は知っているけど年収事情は知らないのではないでしょうか。総務の年収事情に興味がある人も多いと思いますので、今回は「総務の年収相場」や「年収の決まり方」などについてまとめてみました。※総務の仕事内容について最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧下さい。総務の年収の相場はどのくらい?総務で多い雇用形態は、正社員、派遣・契約社員、パート・アルバイトです。総務の年収は、雇用形態によって異なりますので、もう少し詳しくご紹介していきます。正社員で転職した場合の

表示準備中