テニスコーチの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術


世界で活躍するテニスプレイヤーの増加に伴い注目を浴びる機会も増えてきたテニスコーチ、その年収事情に関してはあまりよく知られていません。

仕事をする目的は人それぞれですが、「お金を稼ぐため」という人もやはり少なくないと思います。

しかし、テニスコーチを仕事に選ぶ人は、「お金」よりも「テニスができる=自分の好きなことを仕事にできる」ということに魅力を感じているのではないでしょうか。

とは言っても、やはり年収は高ければ高い程嬉しいのもまた事実です。

それでは、なかなか推測し難い「テニスコーチ」の年収相場はどれくらいなのでしょうか。

テニスコーチとして働きつつ年収をアップさせるための方法と併せてご紹介していきたいと思います。

テニスコーチの年収相場はどのくらい?

テニスコーチの給与の支給方法は雇用形態によって異なり、アルバイトや契約社員などはワンレッスン毎の単価制、正社員は月給制のことが多いです。

アルバイトや契約社員は、受け持つレッスン数によって年収に大きな差が出てきます。

テニススクールで教えるような一般的な正社員のテニスコーチの場合は、他の職業に比べて決して年収が高いとは言えません。

平均して年収250万円~300万円と言われています。

年齢別や雇用形態別の年収はこの後説明していきます。

また、テニスコーチは体が資本で体力を必要とする仕事です。

加齢や怪我で仕事ができなくなる恐れもあるので、ある程度働いたら別業種に転職する人も少なくありません。

テニススクールで働き続けるとしても、「定年までバリバリの現役テニスコーチ」ではなく、ある程度の年齢になってくるとスクールの運営などにシフトしていくことになるでしょう。

ここまではアマチュア対象のテニスコーチの話ですが、一部例外があります。

プロのテニスプレイヤーと契約するようなテニスコーチの場合は、年収1,000万円を超えるような人や、契約したプロ選手が試合に勝つごとに報酬を得るような人もいます。

しかしプロと契約できるようなテニスコーチは、自身もプロで活躍した人だとか、かなり名の通ったコーチなど、ほんの一握りの人しかいません。

新卒採用のテニスコーチの年収相場

テニスコーチになる道は、学生時にいわゆる「就職活動」をして新卒採用として働く、という企業に多く見られる就職パターンとは異なることが多いです。

アルバイトなどでアシスタントコーチとして始め、経験を積んでから正社員として採用されたり、契約社員でいくつかのテニススクールを掛け持ちするような雇用形態が多くなっています。

ですので、「新卒採用」という括りで項目分けするのは少し難しいのですが、アルバイト含め新卒と同じくらいの年代(20年代前半)でテニスコーチをしている人の年収はだいたい150万円~300万円、契約社員で年収200万円~250万円くらいです。

月給制の正社員の場合、初任給はだいたい月収にして18万円くらいからということになりますので、初任給に限って言うと一般企業並みかもしれません。

しかしその後の年代別でみると、20代で月収22万円、30代で月収24万円、40代で月収28万円というのがテニスコーチの給与相場で、年収にすると320万円~560万円ほどです。

同世代の年収と比べると、決して高いとは言えないのが実状です。

中途採用のテニスコーチの年収相場

アルバイトや契約社員で働いていたのが正社員として採用となったり、他のテニススクールに転職したりという形は「中途採用」ということになりますが、テニスコーチの場合はキャリアアップや年収アップのために違うテニススクールに転職するというのはレアケースかもしれません。

スポーツ用品店やスポーツジムで働いていたところ、テニスコーチをやりたくなって転職するというケースなどは考えられます。

この場合も、年収に魅力を感じてテニスコーチに転職するという人はあまり多くはありません。

したがって、「転職する理由になるほどの高い年収をもらえる仕事とは言えない」ということになるでしょう。

アルバイトのテニスコーチの年収相場

先に述べたように、テニスコーチはアルバイトから始めることが少なくありません。

アルバイトの場合は、レッスン毎の単価で支給され、その額は企業によっても違いますが、1週間に4レッスンを行ったとして、月額は3万円~5万円ほどにしかなりません。

しかし、考えようによっては、自分の頑張り次第でどんどん年収を上げることも可能となります。

テニスコーチの年収の決まり方

テニスコーチはアルバイトが多く、ワンレッスンあたりの単価はアシスタントコーチ→メインコーチ→ヘッドコーチとなるごとに上がっていきます。

特にアシスタントコーチはほぼアルバイトがやるので、正社員はメインコーチか、そのコーチたちをまとめるヘッドコーチの役割が与えられます。

その役割と、働いているテニススクールでの経験年数やテニスの技術レベルに応じて年収が変わってきます。

また、コーチとしてテニスを教える業務だけでなく、テニススクールの運営やイベントの企画などにも携わるようになると、その分年収も上がっていきます。

賞与や昇給

アルバイトには基本的に賞与は出ません。

正社員は他業種と同様、企業によるところが大きいのですが、僅かながらも支給されるところは少なくありません。

ただ、賞与支給には「企業にどれほどの成果をもたらしたか」というのが重視されるので、まずはテニスコーチとしての腕を磨き、生徒さんを増やす、というのが条件となります。

昇給に関しても、コーチとしてのレベルが上がらなければ望めないため、スキルアップを図ることが何よりの近道となるでしょう。

各種手当

残業手当など気になるところですが、これも企業によって異なります。

ただし、何度も述べているように、レッスン毎で単価が決まっているアルバイトのテニスコーチに関しては、どれだけ前準備や後片づけに時間をかけようと得られる収入は

変わらないため、残業手当は皆無と言えます。

安定性を求めるならば、やはり正社員をおすすめします。

テニスコーチの年収を上げるためにやりたい7個のこと

それでは、テニスコーチの年収を上げるためにはどんなことをすればいいのでしょうか。

アルバイトや正社員などの雇用形態によって違ってきますが、具体的にどのような方法があるのかを見ていきましょう。

たくさんレッスンに入る

アルバイトや契約社員の場合は、給与はワンレッスン毎に出るので、単純にたくさんのレッスンを受け持つことができれば、その分収入を得られることになります。

しかしテニスコーチは体力があってこその仕事であり、夏の猛暑の日でも、冬の寒い日でも同じように動き回らなければなりません。

「疲れた」というのを理由にして手を抜くことはできないので、たくさんレッスンを受け持つと言っても限度があります。

ある程度時間や体力に余裕を持ちながらレッスンを組まなければならないということを覚えておきましょう。

アルバイトや契約社員なら、いくつかのテニススクールをかけもちする

一つのテニススクールで自分の希望するだけレッスンを受け持たせてくれるほど余裕のある(生徒数が多い、コート数が多くてレッスン数が多いなど)というテニススクールはそう多くはありません。

そのため、収入をたくさん得るためにはテニススクールをかけもちして、レッスンに入る量を増やすことで総年収額をアップさせる方法が近道です。

正社員の場合はかけもちをするということ自体できないので、この方法は使えません。

テニスの技術レベルを上げ、ヘッドコーチや上級者クラスなどを受け持ってワンレッスンあたりの単価を上げる

アシスタントコーチではなくメインコーチ、さらにはヘッドコーチ、とランクが上がっていけば、それに伴ってワンレッスンあたりの単価も上がっていくので、そうすることで年収を増やすことができます。

そのためにはまずテニスの技術レベルを上げなければなりません。

テニスだけうまくなればいいというわけでもなく、レッスンを盛り上げたり練習メニューを円滑に効率よく進められるような、教える立場としての経験なども必要となってきます。

正社員になる

アルバイトや契約社員は、レッスン間の休憩時間、準備や片づけ、自主練習など、レッスン外の時間の給与は出ません。

つまり、拘束時間が長くてもその分全てに給与が発生するとは限らないのです。

正社員となることでこの問題はなくなり、ワンレッスンの単価ではなく、月給制となり安定に繋がります。

また、残業代や賞与などが支給されるようになる企業も少なくありません。

テニススクールの企画や運営にも携わる

先ほども少しご説明しましたが、テニスコーチとしてレッスンで教えるだけでなく、所属するテニススクールの運営、イベントの企画、集客(会員やスクール生)を増やすための戦略の立案などにも携わるようになると、年収がアップしていきます。

しかしそうなるとテニスをする時間は自ずと減ってしまうので、テニスがしたくてテニスコーチの仕事をしているという人にとっては、そこで働く意義や目的とは少し違ってきてしまうかもしれません。

大まかに「テニスと関わる」という括りではテニスに関する仕事と言えますが、この仕事にも興味ややりがいを見いだせるかは個人によって違ってきます。

年収アップを望んでいる人は、そのあたりも踏まえて考えてみるといいでしょう。

専属コーチになる

プロではなく、アマチュアの選手または趣味でテニスをしている人でも、契約を結んで専属コーチになることができます。

もちろん、コーチとしての経験や実績が問われたり、結果を出せるかにもよりますが、テニススクールに所属するよりも高い報酬を得ることができる可能性が高くなります。

また、テニススクールで契約社員として働きながらでも可能であったり、何人かかけもちしたりすることもできるので、手元に入る収入はアップするでしょう。

最終手段、プロまたは個人のテニスプレイヤーと専属契約

これまではアマチュア対象のテニスコーチの年収の上げ方をご紹介しましたが、こちらは最終手段とも言える方法です。

プロまたは個人のテニスプレイヤーと専属契約を結ぶことができれば、年収は一気に上がります。

しかし、そのためにはテニスの技術はかなりのものでなければいけませんし、テニス以外の知識(スポーツ科学やフィジカルに関係する知識など)も必要になってきます。

場合によっては日本体育協会の公認スポーツ指導員などの資格が必要なこともあります。

大幅な年収アップを望むなら、大きな努力や苦労も伴う、というのは他業種とも通じるでしょう。

私はこれで年収が上がりました。年収アップの体験談。

例えば営業で契約をたくさん取るとか、販売店で売り上げをアップさせるといった目に見える成果が出る仕事とは違うので、テニスコーチで年収をアップさせるのはなかなか難しいことと言えるかもしれません。

それでも中には年収がアップしたという人もいるので、その体験談をご紹介します。

アルバイトから正社員へ

上記にもある通り、アルバイトはレッスン毎の単価は他の仕事に比べても高いかもしれませんが、実際はレッスンの30分前には到着して準備をし、終わってからも片づけをしたり、レッスン間の休憩中だったりという時間は給与は発生しないので、拘束時間を支給される額で割って時給計算すると、かなり低くなってしまいます。

学生のアルバイトとしてやっている間はテニスが好きで趣味の延長としてやっていたため不満はありませんでしたが、それをライスワークとして捉えると、やっていける自信がありませんでした。

アルバイトをしていたテニススクールより以前から打診があったこともあり、大学を卒業したら改めて正社員として採用してもらえるようお願いしたところ、了承を得られました。

正社員になるとやらなければいけない仕事も増え、責任感も必要となりましたが、決して多いとは言えないものの、安定した給与に賞与、福利厚生ができたことで安心して働けるようになりました。

今は自分の好きなことを仕事にすることができているので満足しています。

予約が取れないくらいの人気コーチになって賞与アップ

テニススクールのレッスンは、練習内容はもちろんのこと、雰囲気は担当するコーチによって違ってきます。

「教えるのが上手」「いつも練習が楽しい」というコーチは当然人気も高く、そのコーチが担当するレッスンは定員いっぱいだったり、予約が取れないこともあります。

そういうコーチがテニススクールにいると生徒数や会員数が増えたりすることもあり、その貢献度が賞与として反映されることもあります。

なので、人気コーチになると月収自体は変わらなくても賞与がが増え、結果として年収がアップすることがあります。

ありふれた練習メニューで毎レッスンを無難に教えるのは確かに慣れてしまえば楽です。

ですが、人気コーチとなるために、「すべてのレッスンで気合を入れ全力でボールを追いかける」「どうしたら上手く教えることができるのか研究する」「レッスン以外でも積極的に会員さんに話しかける」など、自分のコーチとしてのスキルを上げていって、少しずつ自分のファンを増やしていきました。

その努力が実って、今では受け持つレッスンがほとんど定員いっぱいになり、その評価を賞与という形で支給してもらうことができました。

セレブが通うテニススクールや都心で働く

どの仕事でも言えることですが、やはり都内のテニススクールの方ががワンレッスンあたりの単価や基本給が高い傾向があります。

偶然、セレブな人が通うようなテニススクールでテニスコーチの募集があり、そこで採用してもらうことができました。

基本給が上がったので、手取りの給与は以前のテニススクールで働いていたときよりもアップしました。

勤務地などの条件によって給与が上がることもあるので、今のテニススクールの居心地がいいからと居座るのではなく、年収アップを望むならこまめに求人情報をチェックすることも必要だと思います。

まとめ

テニスコーチの仕事は目に見えて分かりやすい成果が出るわけではないので、仕事の結果や努力、情熱がそのまま年収に反映されるわけではありません。

それでもやはり意識やモチベーションを高く持って仕事に臨むことで、それが年収という形で評価されることもあります。

テニスコーチをしている人は、もともと仕事に対する意識やモチベーションは高い人が多いので、周りに負けないように仕事に打ち込む姿勢を見せることが年収アップに繋がるのではないでしょうか。

この記事がその指標の一つとなれば嬉しいです。

最終更新日:2019年6月25日

関連記事

注文住宅営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

注文住宅の営業の仕事は、土地を持っている人や土地のみを購入予定の人、一戸建てに住んでいるけど古くなって建て替えを検討している人などに新しい家を建てる提案をすることです。つまり建築前の「まだ形に見えない家」を売っているのであり、お客様に夢を与えることができる仕事ですが、たくさんの知識が必要でもあります。また、家というのは人生でそう何回も買ったり建てたりするものではないので、それだけお客様を見つけるのが大変です。何千万という大きな買い物でもあるので、営業が一件の契約を取ることがとても大変です。そのため注文住宅の営業は、契約数や受注額などの成果によって給料が増減する歩合給の会社が多く、それだけ給料に

社会福祉士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国家資格である社会福祉士は、現在の社会で大きな役割を果たしています。高齢化、児童の虐待、貧困などの問題が取り沙汰される今、その需要は高まるばかり。社会福祉士国家資格合格率は30%未満と難関、仕事では深刻な問題と向き合わなくてはなりません。そんな社会福祉士の年収を詳しくご紹介します。社会福祉士の平均年収は400万円が相場社会福祉士の資格を取得している方は、多くの分野で仕事をしています。主に、病院老人福祉施設児童福祉施設社会福祉協議会行政機関障害者支援施設NPO団体など、就職先が多いため、年収も一概には言えません。病院や社会福祉協議会、行政機関では年収は高く、平均して500万円から600万円ほど。

ケアマネージャーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・高年収な人の特徴

現代日本では高齢者人口が増加しており、それに伴って介護サービスを利用する高齢者も増加しています。介護サービスを利用するためにはサービス計画書、通称「ケアプラン」と呼ばれるものが必要となります。他者のケアプランを立案するためには介護支援専門員という資格が必要であり、その資格を持って仕事をする人をケアマネージャーと呼びます。今回はケアマネージャーの年収について詳しくご紹介していきたいと思います。ケアマネージャーの平均年収は350~400万円が相場まず初めに、ケアマネージャーの平均年収について述べていきます。立場や経験年数、雇用形態によって格差は生じますが、平均すると年収350万~400万程度が相場

パソコンインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・手当・年収アップのポイント

PC(パーソナルコンピューター)の使い方を指導したり教えたりする「パソコンインストラクター」の年収の相場はどのくらいなのでしょうか。現代社会においてパソコンは、仕事だけでなくプライベートでも無くてはならないものの一つとなっています。高齢者がパソコンを使う機会も増え、パソコンインストラクターの需要も高まるばかりです。この記事では、そんなパソコンインストラクターの「年収相場」「年収の決まり方」「年収アップの為の秘訣」などについてご紹介していきます。パソコンインストラクターの年収の相場はどのくらい?パソコンインストラクターと一口に言っても、正社員かアルバイトかなどによっても、その年収や待遇は異なって

DTPオペレーターの年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップを狙う方法

DTPオペレーターは特別な資格は必要としませんが、比較的専門的な知識を必要とする専門職です。それでは、DTPオペレーターの年収の相場はいくらくらいになるのでしょうか。この記事では、独立する際の必要資金や独立後の平均年収などと併せて、その年収事情をご紹介します。DTPオペレーターの年収の相場はどのくらい? DTPオペレーターは専門的な知識や技術が必要になるので、「手に職をつけられる専門職」と言えます。一般的にDTPオペレーターの年収の相場は300万円~350万円と言われてはいますが、地域や会社によって幅があり、この限りではありません。それでは、それぞれの入社状況・雇用形態から年収の相場を見ていき

新聞配達の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

私たちに毎日世の中の情報を届けてくれる「新聞配達」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。夜も明けない内から働き、情報社会の一端を支えている「新聞配達」という職業は身近な仕事の一つでありながら、その年収事情について詳しく知る人は実は多くありません。今回は、「新聞配達」の年収相場やその決まり方、年収アップの方法について詳しく解説していきます。新聞配達の年収相場はどのくらい?新聞配達と一口に言っても、雇用形態によって年収相場は異なります。ここでは、雇用形態別に見た新聞配達の年収相場をご紹介します。正社員で新卒入社した新聞配達の年収相場300万円~400万円程度の年収を提示している販売店が多いようです

総務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の条件

総務の仕事は、会社全体を管理する部署でありながら比較的残業は少ないですが、やりがいのある仕事です。しかし、ほとんどの人は、総務の仕事は知っているけど年収事情は知らないのではないでしょうか。総務の年収事情に興味がある人も多いと思いますので、今回は「総務の年収相場」や「年収の決まり方」などについてまとめてみました。※総務の仕事内容について最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧下さい。総務の年収の相場はどのくらい?総務で多い雇用形態は、正社員、派遣・契約社員、パート・アルバイトです。総務の年収は、雇用形態によって異なりますので、もう少し詳しくご紹介していきます。正社員で転職した場合の

管理栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

皆さん、「管理栄養士」という職業は知っていても、その年収はご存知でしょうか。「管理栄養士」は厚生労働大臣から認定された国家資格で、専門的な知識・技術で栄養指導や栄養管理を行う仕事です。国家資格であるために年収相場は高いのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、知られているようで知らない人が多い管理栄養士の年収事情を徹底的に解説していきたいと思います。管理栄養士の平均年収は350万円前後が相場管理栄養士の年収は職種により大きく幅があります。一般的な会社員と同じく、働いている年数によって定期的に給与がアップします。20代では年収250万円前後、30代では年収が300万円を超

営業事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収が高い人の特徴や年収アップのコツ

営業事務として働く際、まずは年収相場や待遇が気になるかと思います。この記事では、営業事務の年収事情について、営業事務として働いていた筆者が徹底解説します。どのようなことを勉強し心掛けたら、楽しく働けて年収も上がるのかに関してもご紹介しますので、営業事務を目指す時だけでなく、働き始めてから数年後にも是非読んでいただきたいです。営業事務の平均年収は350万円が相場営業事務の平均年収は、350万円前後です。まず毎月の収入として、基本給と様々な手当の合計が25万円程です。25万円で12ヶ月働くと、300万円になります。そこへ更にボーナスなどを含め、大体年収は350万円前後となります。それでは、以下の項

新聞記者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

早朝から深夜まで激務なイメージの「新聞記者」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。日々私たちに新しい情報を詳細に届けてくれる新聞記者の仕事ですが、それに見合うだけの年収を得られるのでしょうか?この記事では、実際に新聞記者として働いた経験のある筆者が、その年収事情について詳しく解説していきます。新聞記者の年収は600万円~800万円が相場新聞記者の年収は、年代や所属部署、夜勤の有無などによってかなり幅があるので、一概には言えません。しかし全国紙や、県をまたがって新聞を発行する「ブロック紙」の新聞社に勤務すると、生活には困らず人並み以上の生活ができると言えます。とは言え、最近は出版業界と同様、

型枠大工の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップのコツ

あまり耳馴染みのない職業の「型枠大工」、その年収相場についてもなかなか想像が難しいのではないかと思います。肉体労働である「型枠大工」の職人さんは、どのような条件の下で、どのくらいの年収を得ているのでしょうか。この記事では、「型枠大工」の年収相場やその決まり方、年収アップの為の秘訣についてご紹介します。最後に「型枠大工」の仕事内容に関しても解説していますので、気になる方はそちらも合わせてご覧ください。型枠大工の年収・給与の相場はどのくらい? 型枠大工全体の平均年収は350万円~400万円程と言われています。型枠大工の場合、雇用形態によってかなりの差が出てきます。ここでは、正社員とパート・アルバイ

中学校教師の年収を徹底解説|給料・初任給手取りや年収の決まり方

都道府県など公立中学校教師は公務員です。「公務員」というキーワードに付随するイメージが強いためか、教師の年収については「高い」と見られることも多い様に思います。しかし、残業や休日出勤は当たり前で、未来を担う子供たちの大切な学校教育を導く教師としての労働の対価としては「当然」「まだ低い方だ」と言った言葉も関係者からは聞かれます。では、その実態はどのようになっているのでしょうか。中学校教師の年収について詳しくご紹介します。中学校教師の年収の内訳とその実態は??中学校教師と一口に言っても、公立中学校と市立中学校とでは、平均年収も異なります。ここでは、内訳の分かりやすい「公立の中学校教師」の実際の年収

医療機器営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収アップを図る際の注目点

「医療業界」というワードを聞くと、「年収が高い」というイメージが真っ先に来ませんか?このイメージというものは、あながち間違っておらず、数多く存在している業種のなかでも、医療業界でのお仕事の特徴として給与水準が高いというものがあり、そのメリットを求めて多くの人が、この業界での就職・転職を目指しています。そこで今回は、そんな医療業界のお仕事の中でも、ポピュラーな仕事の一つである「医療機器営業」にスポットを当てて、その年収相場や、様々な情報に関する解説をしていきたいと思います。今後、医療機器営業としての就職や転職を考えている人にとって、参考となる記事になれば幸いです!医療機器営業の年収の相場はどのく

一般事務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の特徴や年収アップのポイント

一般事務の仕事で就職を考えている人もいるのではないかと思いますが、では、就職するときに考える条件とは何でしょうか。仕事内容、通勤時間、勤務時間、勤務環境などでしょうか。その中でも条件として大きい部分を占めるのは、年収額ですよね。やはり働く以上は、年収の高いところが理想です。そこで、一般事務の年収はどのくらいが相場なのか、また一般事務として年収をアップさせる方法についてもご紹介していきたいと思います。一般事務の年収の相場はどのくらい?一般事務の仕事は様々なパターンでの雇用が多いです。仕事の内容が軽度の作業もあれば、一般事務といいながら比較的専門性の高い事務作業もあり、一般事務と一口に言ってもその

大学助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

この記事では、大学教授のアシストをする大学助手の「年収相場や待遇」や「年収の決まり方」「年収アップの方法」に加え、「仕事内容」や「大学助手になる方法」について詳しくご紹介していきます。大学助手の年収の相場はどのくらい?待遇は?大学助手の年収は大学によりけりでしょうが、「大学助手」は教授・助教授のような正式な「教員」ではありません。立場としては事務員に近いと思われます。教職の給与は一般的に見て高めですが、大学助手はどのくらいなのでしょうか?基本給は?基本給は月収にして18万円~が相場と言われています。賞与も含めた年収に換算すると250万円~300万円程といったところでしょうか。地域や学校によって

貿易事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

貿易事務という仕事をしていると言うだけで、「専門的な仕事だから給与をたくさんもらっていそう」とか「どんどん年収が上がっていきそう」というイメージを持たれることがあります。果たして、実際のところはどうなのでしょうか?また、貿易事務の仕事をしていて昇給は期待できるのでしょうか?できるとしたら、その為にはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、現在貿易事務の仕事をされてる方、またこれから貿易事務の仕事を目指して勉強される方も気になる「貿易事務の年収相場」「貿易事務の年収アップ方法」について詳しく探っていきます。※貿易事務の仕事内容に関しても、最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧く

医療秘書の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

医療事務や看護助手というのはよく耳にすると思いますが、「医療秘書」という職業はご存知でしょうか?小さなクリニックは医療秘書がいることはほぼないので、ご存知の方は少ないと思います。そこそこ大きな病院にしか所属せず耳馴染みの少ない「医療秘書」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。また、「医療秘書」として年収を上げるためには、どのようなことに取り組めば良いのでしょうか。この記事では、医療秘書の経験がある筆者が、その年収事情を紐解いていきます。医療事務と混合しがちな医療秘書の仕事内容についても最後にご紹介しているので、気になる方はそちらもご覧ください。医療秘書の年収相場はどのくらい?医療秘書の年収相場

日本語教師の年収を徹底解説|給料・手当・年収が高い人の違いや年収アップのコツ

日本語教師の仕事に興味を持ったけど、どうやってなったらいいのか分からない、最近需要の高い日本語教師は年収をどれくらいもらえるのか気になる、などの日本語教師に対する疑問を持つ方も少なくないかもしれません。中でも一番多いのは日本語教師で生計が立てれるのかどうかではないでしょうか?今回は、日本語教師の年収事情についてご紹介していきます。日本語教師の年収の相場はどのくらい?日本語教師の仕事は、メディアなどで取り上げられたこともあり、認知度は高まっていますし、外国人を相手に自分の母国語である日本語を教えることに興味のある人も多いことでしょう。ただ、日本語教師の年収事情は意外と知らない人が多く、日本語教師

脚本家の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収が高い人の特徴

耳慣れた職業でありながら謎の多い「脚本家」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。週刊誌やネットの情報からは、巨額の収入を得ているとイメージされる芸能界ではありますが、実際のところはどうなのでしょう。この記事では「脚本家の年収の決まり方(決められ方)」「脚本家の年収アップの方法」「プロの脚本家として収入を得て生活をする方法」を中心に、脚本家経験のある筆者が、脚本家の収入(ギャラ)についてご説明します。脚本家の年収の相場はどのくらい?脚本家の平均年収は480万円~560万円と言われていますが、これはあくまで「平均」であることに他なりません。というのも、脚本家という職業は個人によってその収入に大

大学講師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

職業としては知っていても、実際にどのような仕事をして、どのくらいの年収をもらっているのか、馴染みの薄い職業の一つが「大学講師」ではないでしょうか。誰でもなれる職業ではない分、年収が高いイメージを持たれている方も多いかと思います。しかし、「大学講師」も他の職業と同じく、働き方や職位などによって、給与体系は様々です。また、大学の主な収入源は学生の授業料ですので、生徒が少ない大学であればその収益は少なくなり、自ずと大学講師の年収にも影響します。そのため、大学講師の年収は大学によっても大きく異なりますし、「公立大学」か「私立大学」かによってもその違いは生じます。この記事では、実際に大学講師として働いて

表示準備中