テニスコーチの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術


世界で活躍するテニスプレイヤーの増加に伴い注目を浴びる機会も増えてきたテニスコーチ、その年収事情に関してはあまりよく知られていません。

仕事をする目的は人それぞれですが、「お金を稼ぐため」という人もやはり少なくないと思います。

しかし、テニスコーチを仕事に選ぶ人は、「お金」よりも「テニスができる=自分の好きなことを仕事にできる」ということに魅力を感じているのではないでしょうか。

とは言っても、やはり年収は高ければ高い程嬉しいのもまた事実です。

それでは、なかなか推測し難い「テニスコーチ」の年収相場はどれくらいなのでしょうか。

テニスコーチとして働きつつ年収をアップさせるための方法と併せてご紹介していきたいと思います。

テニスコーチの年収相場はどのくらい?

テニスコーチの給与の支給方法は雇用形態によって異なり、アルバイトや契約社員などはワンレッスン毎の単価制、正社員は月給制のことが多いです。

アルバイトや契約社員は、受け持つレッスン数によって年収に大きな差が出てきます。

テニススクールで教えるような一般的な正社員のテニスコーチの場合は、他の職業に比べて決して年収が高いとは言えません。

平均して年収250万円~300万円と言われています。

年齢別や雇用形態別の年収はこの後説明していきます。

また、テニスコーチは体が資本で体力を必要とする仕事です。

加齢や怪我で仕事ができなくなる恐れもあるので、ある程度働いたら別業種に転職する人も少なくありません。

テニススクールで働き続けるとしても、「定年までバリバリの現役テニスコーチ」ではなく、ある程度の年齢になってくるとスクールの運営などにシフトしていくことになるでしょう。

ここまではアマチュア対象のテニスコーチの話ですが、一部例外があります。

プロのテニスプレイヤーと契約するようなテニスコーチの場合は、年収1,000万円を超えるような人や、契約したプロ選手が試合に勝つごとに報酬を得るような人もいます。

しかしプロと契約できるようなテニスコーチは、自身もプロで活躍した人だとか、かなり名の通ったコーチなど、ほんの一握りの人しかいません。

新卒採用のテニスコーチの年収相場

テニスコーチになる道は、学生時にいわゆる「就職活動」をして新卒採用として働く、という企業に多く見られる就職パターンとは異なることが多いです。

アルバイトなどでアシスタントコーチとして始め、経験を積んでから正社員として採用されたり、契約社員でいくつかのテニススクールを掛け持ちするような雇用形態が多くなっています。

ですので、「新卒採用」という括りで項目分けするのは少し難しいのですが、アルバイト含め新卒と同じくらいの年代(20年代前半)でテニスコーチをしている人の年収はだいたい150万円~300万円、契約社員で年収200万円~250万円くらいです。

月給制の正社員の場合、初任給はだいたい月収にして18万円くらいからということになりますので、初任給に限って言うと一般企業並みかもしれません。

しかしその後の年代別でみると、20代で月収22万円、30代で月収24万円、40代で月収28万円というのがテニスコーチの給与相場で、年収にすると320万円~560万円ほどです。

同世代の年収と比べると、決して高いとは言えないのが実状です。

中途採用のテニスコーチの年収相場

アルバイトや契約社員で働いていたのが正社員として採用となったり、他のテニススクールに転職したりという形は「中途採用」ということになりますが、テニスコーチの場合はキャリアアップや年収アップのために違うテニススクールに転職するというのはレアケースかもしれません。

スポーツ用品店やスポーツジムで働いていたところ、テニスコーチをやりたくなって転職するというケースなどは考えられます。

この場合も、年収に魅力を感じてテニスコーチに転職するという人はあまり多くはありません。

したがって、「転職する理由になるほどの高い年収をもらえる仕事とは言えない」ということになるでしょう。

アルバイトのテニスコーチの年収相場

先に述べたように、テニスコーチはアルバイトから始めることが少なくありません。

アルバイトの場合は、レッスン毎の単価で支給され、その額は企業によっても違いますが、1週間に4レッスンを行ったとして、月額は3万円~5万円ほどにしかなりません。

しかし、考えようによっては、自分の頑張り次第でどんどん年収を上げることも可能となります。

テニスコーチの年収の決まり方

テニスコーチはアルバイトが多く、ワンレッスンあたりの単価はアシスタントコーチ→メインコーチ→ヘッドコーチとなるごとに上がっていきます。

特にアシスタントコーチはほぼアルバイトがやるので、正社員はメインコーチか、そのコーチたちをまとめるヘッドコーチの役割が与えられます。

その役割と、働いているテニススクールでの経験年数やテニスの技術レベルに応じて年収が変わってきます。

また、コーチとしてテニスを教える業務だけでなく、テニススクールの運営やイベントの企画などにも携わるようになると、その分年収も上がっていきます。

賞与や昇給

アルバイトには基本的に賞与は出ません。

正社員は他業種と同様、企業によるところが大きいのですが、僅かながらも支給されるところは少なくありません。

ただ、賞与支給には「企業にどれほどの成果をもたらしたか」というのが重視されるので、まずはテニスコーチとしての腕を磨き、生徒さんを増やす、というのが条件となります。

昇給に関しても、コーチとしてのレベルが上がらなければ望めないため、スキルアップを図ることが何よりの近道となるでしょう。

各種手当

残業手当など気になるところですが、これも企業によって異なります。

ただし、何度も述べているように、レッスン毎で単価が決まっているアルバイトのテニスコーチに関しては、どれだけ前準備や後片づけに時間をかけようと得られる収入は

変わらないため、残業手当は皆無と言えます。

安定性を求めるならば、やはり正社員をおすすめします。

テニスコーチの年収を上げるためにやりたい7個のこと

それでは、テニスコーチの年収を上げるためにはどんなことをすればいいのでしょうか。

アルバイトや正社員などの雇用形態によって違ってきますが、具体的にどのような方法があるのかを見ていきましょう。

たくさんレッスンに入る

アルバイトや契約社員の場合は、給与はワンレッスン毎に出るので、単純にたくさんのレッスンを受け持つことができれば、その分収入を得られることになります。

しかしテニスコーチは体力があってこその仕事であり、夏の猛暑の日でも、冬の寒い日でも同じように動き回らなければなりません。

「疲れた」というのを理由にして手を抜くことはできないので、たくさんレッスンを受け持つと言っても限度があります。

ある程度時間や体力に余裕を持ちながらレッスンを組まなければならないということを覚えておきましょう。

アルバイトや契約社員なら、いくつかのテニススクールをかけもちする

一つのテニススクールで自分の希望するだけレッスンを受け持たせてくれるほど余裕のある(生徒数が多い、コート数が多くてレッスン数が多いなど)というテニススクールはそう多くはありません。

そのため、収入をたくさん得るためにはテニススクールをかけもちして、レッスンに入る量を増やすことで総年収額をアップさせる方法が近道です。

正社員の場合はかけもちをするということ自体できないので、この方法は使えません。

テニスの技術レベルを上げ、ヘッドコーチや上級者クラスなどを受け持ってワンレッスンあたりの単価を上げる

アシスタントコーチではなくメインコーチ、さらにはヘッドコーチ、とランクが上がっていけば、それに伴ってワンレッスンあたりの単価も上がっていくので、そうすることで年収を増やすことができます。

そのためにはまずテニスの技術レベルを上げなければなりません。

テニスだけうまくなればいいというわけでもなく、レッスンを盛り上げたり練習メニューを円滑に効率よく進められるような、教える立場としての経験なども必要となってきます。

正社員になる

アルバイトや契約社員は、レッスン間の休憩時間、準備や片づけ、自主練習など、レッスン外の時間の給与は出ません。

つまり、拘束時間が長くてもその分全てに給与が発生するとは限らないのです。

正社員となることでこの問題はなくなり、ワンレッスンの単価ではなく、月給制となり安定に繋がります。

また、残業代や賞与などが支給されるようになる企業も少なくありません。

テニススクールの企画や運営にも携わる

先ほども少しご説明しましたが、テニスコーチとしてレッスンで教えるだけでなく、所属するテニススクールの運営、イベントの企画、集客(会員やスクール生)を増やすための戦略の立案などにも携わるようになると、年収がアップしていきます。

しかしそうなるとテニスをする時間は自ずと減ってしまうので、テニスがしたくてテニスコーチの仕事をしているという人にとっては、そこで働く意義や目的とは少し違ってきてしまうかもしれません。

大まかに「テニスと関わる」という括りではテニスに関する仕事と言えますが、この仕事にも興味ややりがいを見いだせるかは個人によって違ってきます。

年収アップを望んでいる人は、そのあたりも踏まえて考えてみるといいでしょう。

専属コーチになる

プロではなく、アマチュアの選手または趣味でテニスをしている人でも、契約を結んで専属コーチになることができます。

もちろん、コーチとしての経験や実績が問われたり、結果を出せるかにもよりますが、テニススクールに所属するよりも高い報酬を得ることができる可能性が高くなります。

また、テニススクールで契約社員として働きながらでも可能であったり、何人かかけもちしたりすることもできるので、手元に入る収入はアップするでしょう。

最終手段、プロまたは個人のテニスプレイヤーと専属契約

これまではアマチュア対象のテニスコーチの年収の上げ方をご紹介しましたが、こちらは最終手段とも言える方法です。

プロまたは個人のテニスプレイヤーと専属契約を結ぶことができれば、年収は一気に上がります。

しかし、そのためにはテニスの技術はかなりのものでなければいけませんし、テニス以外の知識(スポーツ科学やフィジカルに関係する知識など)も必要になってきます。

場合によっては日本体育協会の公認スポーツ指導員などの資格が必要なこともあります。

大幅な年収アップを望むなら、大きな努力や苦労も伴う、というのは他業種とも通じるでしょう。

私はこれで年収が上がりました。年収アップの体験談。

例えば営業で契約をたくさん取るとか、販売店で売り上げをアップさせるといった目に見える成果が出る仕事とは違うので、テニスコーチで年収をアップさせるのはなかなか難しいことと言えるかもしれません。

それでも中には年収がアップしたという人もいるので、その体験談をご紹介します。

アルバイトから正社員へ

上記にもある通り、アルバイトはレッスン毎の単価は他の仕事に比べても高いかもしれませんが、実際はレッスンの30分前には到着して準備をし、終わってからも片づけをしたり、レッスン間の休憩中だったりという時間は給与は発生しないので、拘束時間を支給される額で割って時給計算すると、かなり低くなってしまいます。

学生のアルバイトとしてやっている間はテニスが好きで趣味の延長としてやっていたため不満はありませんでしたが、それをライスワークとして捉えると、やっていける自信がありませんでした。

アルバイトをしていたテニススクールより以前から打診があったこともあり、大学を卒業したら改めて正社員として採用してもらえるようお願いしたところ、了承を得られました。

正社員になるとやらなければいけない仕事も増え、責任感も必要となりましたが、決して多いとは言えないものの、安定した給与に賞与、福利厚生ができたことで安心して働けるようになりました。

今は自分の好きなことを仕事にすることができているので満足しています。

予約が取れないくらいの人気コーチになって賞与アップ

テニススクールのレッスンは、練習内容はもちろんのこと、雰囲気は担当するコーチによって違ってきます。

「教えるのが上手」「いつも練習が楽しい」というコーチは当然人気も高く、そのコーチが担当するレッスンは定員いっぱいだったり、予約が取れないこともあります。

そういうコーチがテニススクールにいると生徒数や会員数が増えたりすることもあり、その貢献度が賞与として反映されることもあります。

なので、人気コーチになると月収自体は変わらなくても賞与がが増え、結果として年収がアップすることがあります。

ありふれた練習メニューで毎レッスンを無難に教えるのは確かに慣れてしまえば楽です。

ですが、人気コーチとなるために、「すべてのレッスンで気合を入れ全力でボールを追いかける」「どうしたら上手く教えることができるのか研究する」「レッスン以外でも積極的に会員さんに話しかける」など、自分のコーチとしてのスキルを上げていって、少しずつ自分のファンを増やしていきました。

その努力が実って、今では受け持つレッスンがほとんど定員いっぱいになり、その評価を賞与という形で支給してもらうことができました。

セレブが通うテニススクールや都心で働く

どの仕事でも言えることですが、やはり都内のテニススクールの方ががワンレッスンあたりの単価や基本給が高い傾向があります。

偶然、セレブな人が通うようなテニススクールでテニスコーチの募集があり、そこで採用してもらうことができました。

基本給が上がったので、手取りの給与は以前のテニススクールで働いていたときよりもアップしました。

勤務地などの条件によって給与が上がることもあるので、今のテニススクールの居心地がいいからと居座るのではなく、年収アップを望むならこまめに求人情報をチェックすることも必要だと思います。

まとめ

テニスコーチの仕事は目に見えて分かりやすい成果が出るわけではないので、仕事の結果や努力、情熱がそのまま年収に反映されるわけではありません。

それでもやはり意識やモチベーションを高く持って仕事に臨むことで、それが年収という形で評価されることもあります。

テニスコーチをしている人は、もともと仕事に対する意識やモチベーションは高い人が多いので、周りに負けないように仕事に打ち込む姿勢を見せることが年収アップに繋がるのではないでしょうか。

この記事がその指標の一つとなれば嬉しいです。

最終更新日:2019年6月25日

関連記事

事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

仕事を円滑に遂行するためには欠かせない職種の一つに事務があります。事務と一言に言っても様々な種類の仕事が存在し、企業によっては多様な事務作業や職種があるでしょう。例えば、一般事務、営業事務、貿易事務、医療事務のように事務という名がつく職種もあれば、少し特殊な能力が必要とされる翻訳や通訳、秘書なども事務にあたります。今回はこのような事務の年収について、構成要素や職種別の違い、業界での差などに触れつつ徹底解説していきます。事務の平均年収は332万円が相場2020年現在、事務の平均年収は約332万円となっています。これは事務一般事務や営業事務といったように全職種の平均年収となっており、職種別に見てい

グランドスタッフの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

全国各地の玄関口と言っても過言ではない、空港で接客サービスを行うグランドスタッフ。お客様を空港から安全且つ安心して旅立ってもらえるよう、地上での業務を行っています。その業務は多岐にわたり、チケットの発券やチェックイン、搭乗案内や到着業務まで多くの仕事を担っています。みなさんも何かしらお世話になった経験があるのではないでしょうか?ここでは、グランドスタッフの年収、気になるボーナスや各種手当など徹底解説していきます。グランドスタッフの平均年収は?グランドスタッフは、空港で主に出発や到着などの接客を伴うお仕事をしている方々です。日系大手のJALとANA、2社のグランドスタッフの平均年収は350万円で

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

銀行員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では高給取りのイメージがある銀行員。かつてはエリートの象徴とも言われた銀行員ですが、長引く超低金利時代やIT技術の進歩によって、業界全体を取り巻く環境は大きく変わってきています。地方銀行では活発に再編が進んでおり、単独での生き残りを不安視した動きも出てきました。そんな厳しい環境に立たされた銀行員の年収実態は、どうなっているのでしょう。雇用形態や、銀行規模の違いに応じた年収について解説していきます。銀行員の平均年収は600万円が相場東京商工リサーチによると、2019年3月期の国内銀行平均年収は609万円5千円という結果が出ております。メガバンクから第二地銀まで含めての平均値となりますが、日本

警備員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

警備員の仕事は人々の安全を守り、危険なことがあると率先して立ち向かわなければいけない大切な仕事です。一言で警備員と言っても仕事の内容は幅広く、駐車場の警備、イベントの警備、現金輸送警備、SPという風に様々な警備の仕事があります。では、警備員の年収はどの位なのでしょうか。また、雇用体系別や年収を上げる方法など、警備員の給料事情を詳しく解説していきましょう。警備員の平均年収は300万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると警備員の平均年収はおおよそ301万円です。この年収ベースは、一般の業種平均と比較するとあまり高くありません。月収ベースで20万円、賞与は年2回で3ヶ月分の60万円前後とい

caの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前はキャビンアテンダントと言えば、花形の職業だともてはやされていた"CA"。高給取りのイメージで、世の女性の憧れの職業の一つでした。今現在も人気の職業ですが、やはり気になるのは年収や雇用形態ではないでしょうか。そこで今回は、現役CAのリアルな年収・雇用制度に興味を抱いている人、これからCAを目指す人に向けて役立つ情報を徹底解説していきます。CAの平均年収は?大手日系航空会社の平均年収は約600万円。日系LCC(格安航空会社)の平均年収は約300万円。日系航空会社だと、大手フルサービスキャリアの航空会社と格安航空会社の年収には大きな差がありますね。外資系航空会社の平均年収は平均年収約500万

表示準備中