宅地建物取引士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


不動産業界で仕事をしようと考えるときに、持っておきたい資格の中でも特に重要だと言われているのが宅地建物取引士の資格です。

宅地建物取引士は、資格を持っていないとできない仕事もあるし、そもそも不動産会社に5人に1人はいなければ営業ができない等、とても重要な資格者です。

国家資格でもあり、受験生の17%から20%前後しか合格しないので、簡単に取れる資格でもないので、宅地建物取引士はとても貴重な人材とみなされます。

不動産業界になくてはならない宅地建物取引士ですが、給与は他の業種や同じ不動産会社の営業などと比較して高額なのでしょうか。

手当や賞与なども含めた年収面はどの程度差があるのでしょうか。

宅地建物取引士の年収面について、この記事では詳しく解説していきます。

宅地建物取引士の平均年収は400万円~が相場

一般的に不動産会社に勤める営業マンの年収と宅地建物取引士の年収を比較してみましょう。

不動産会社の営業社員の年収は418万円と言われています。

日本の平均年収が420万円程度ですので、ほぼ平均年収並みだということが言えるでしょう。

しかし、不動産の営業社員は、他の業種に比べると年収に大きなばらつきがあることでも知られています。

これはなぜかというと、不動産の営業は歩合給の方も多く成績に応じて年収面で大きな差が出ることが原因なのです。

成績が良ければ20代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。

しかし、全く成績が振るわなければ低い年収になることも多く、平均すると418万円程度なのです。

次に宅地建物取引士の平均年収を見てみましょう。

宅地建物取引士のみの年収データ統計はありませんが、各会社の求人情報などを基に算出しますと、宅地建物取引士の平均年収は一般的な不動産営業と比較して50万円前後高い470万円前後が平均年収だと言われています。

宅地建物取引士でなければできない業務などがあるので、宅地建物取引士は不動産営業よりも年収が高いケースが多いようです。

多くは手当という形で支給されていますが、構成については次で詳しく解説していきましょう。

宅地建物取引士の年収・給料の構成要素

不動産営業の年収構成比は、「基本給」「能力給」「歩合」「ボーナス」で構成されています。

宅地建物取引士も一般的には営業職ですので同じような構成比で年収は決定されますが、宅地建物取引士の免許を持っていると「資格手当」として支給しているケースが最も多く見られます。

宅地建物取引士の資格手当は、少ない会社では月1万円程度、多い所では月5万円程度とばらつきがありますが、多くは3万円~4万円といった会社が多く一般的な不動産営業よりも50万円程度年収が多いようです。

基本給・能力給・歩合はどれくらい?

宅地建物取引士を持っている不動産営業の基本給は、雇用体系別でも少し異なります。

雇用体系別の年収構比については後程詳しく解説しますので、ここでは平均的な基本給を見てみましょう。

宅地建物取引士の基本給ベースは他の業種や営業職に比べると低い傾向です。

不動産営業の一番のメリットは「歩合給」にあると言われています。

「歩合給」に比重を置いているため基本給ベースは低いといった会社が多いのです。

成績を挙げると、稼いできた売り上げに対して何パーセントかの歩合給が付きます。

売り上げを上げれば上げるほどに年収は上がるので、20代でも1,000万円超の年収を得ることができるのです。

しかし、逆に売り上げを上げることができなければ年収は他の業種よりも基本給が低い分低くなってしまい、200万円台ということも珍しくありません。

次に能力給を見てみましょう。

能力が高いと会社から評価されると、地位が上がります。

係長→課長→部長と地位が上がるごとに能力給も上がります。

概算ではありますが、係長クラスで年収450万円前後、課長で570万円前後、部長だと850万円程度だと言われています。

最後に歩合給ですが、不動産会社の方針によって大きく異なります。

あまり歩合給に重きを置いていない会社であれば、成約1件につき1万円とか2万円とか件数に応じて歩合をつけるところもあります。

売上の何パーセントかの歩合を付けている会社も多く、例えば売り上げ1000万円を超えると20%の歩合が付くなど会社独自の歩合給設定を行っています。

不動産売買だと億単位の売買になることも珍しくはなく、得ることができる売り上げも一回の取引で何百万円となることも頻繁にあります。

そのため、億単位の売買が重なると年収は大幅に増えますので、成績を上げてお金を稼ぎたい人には、不動産営業はとてもおすすめできる職種です。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

宅地建物取引士の賞与(ボーナス)について述べていきましょう。

多くの会社は年2回合わせて4ヶ月程度だという賞与ベースが一般的です。

基本給が低く設定されているために、賞与はあまり高くない傾向にあるようです。

しかし、成績を上げて歩合給で大きな年収を得ている宅地建物取引士だと賞与に歩合給から一定のベースが上乗せされていることも多く、成績を上げていると多くの賞与を得ることができます。

各種手当はどういったものがある?

各種手当で一番宅地建物取引士が得られるものは資格手当です。

年間で約50万円程度、一般の営業職と差がつきます。

他には、交通手当や家族手当、時間外手当などが主に挙げられる項目です。

他の業種と大きな差はないのですが、やはり宅地建物取引士の資格手当は大きく、他の資格手当よりも比重が大きいと言えるでしょう。

宅地建物取引士の年収を新卒や雇用形態別に見る

ここまでは、宅地建物取引士の平均的な年収や、年収構成、手当などについて解説してきました。

ここからは、宅地建物取引士の年収を新卒や雇用体系別に見ていきましょう。

新卒の場合の宅地建物取引士の年収

最近では、学生時代に宅地建物取引士の資格を取得し、新卒時点で宅地建物取引士として就職する人も数多く見ることができます。

新卒でも一定の講習を受けることで宅地建物取引士の登録を受けることが可能ですので、他の宅地建物取引士と変わらない手当を受けることができます。

年収は新卒の場合だと300万円程度からスタートするのが多いようです。

当初はあまり経験がないということもあり、年収もそう高くないかもしれません。

しかし前述しましたように、宅地建物取引士の資格保有者は、不動産会社にとってもとても大切な人材です。

宅地建物取引士の資格を持っていない新卒の不動産営業と比較すると、資格手当の分で差がある点と、今後の昇給も見込めますので、大きな差が出てきます。

社会人が転職する場合の宅地建物取引士の年収(正社員)

不動産会社に転職しようと考えるときに、宅地建物取引士の資格を持っているかいないかでは転職の有利さが大きく異なります。

圧倒的に宅地建物取引士の方が有利です。

年収も資格を持っていない状態で転職するよりも50万円前後は高い年収が見込めます。

更に求人情報などを見てみると、宅地建物取引士の求人で、とても優遇している会社もあります。

前述しましたが、不動産業を行う場合、一定数の宅地建物取引士が必要です。

ぎりぎりの人数しかいなかったり宅地建物取引士が退職して人数が足りなくなったりしていると早く宅地建物取引士が必要になるため、条件を大きく優遇して採用している会社も存在します。

パート・アルバイトの場合の宅地建物取引士の年収

パート・アルバイトでの年収について考えてみましょう。

不動産会社に勤務する場合の一般的なパート・アルバイトの時給は1,000円~1,200円程と言われています。

年収にすると200万円~240万円といったところでしょう。

宅地建物取引士の資格を持っているパート・アルバイトでも大きな変化はないのですが、1,200円に近い時給からスタートできますので、240万円前後の年収になるようです。

しかし、先ほど転職における年収で触れましたが、早急に宅地建物取引士が欲しい会社であれば厚遇な募集を行っている所もあるので、思った以上の年収を得られる可能性もあります。

宅地建物取引士は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

宅地建物取引士は最高でどのくらいの年収を得ることができるのでしょうか。

不動産営業は歩合のケースが多く、売り上げ件数や売上金額に応じて歩合給が付くようになります。

しかし、契約に欠かせないのが宅地建物取引士でしかできない重要事項の説明などです。

自分が資格を持っていると、自分の都合に合わせて効率的に業務を行うことができます。

しかし、資格を持っていないと宅地建物取引士にお願いしなければならず、時間の調整やお客様の都合などでなかなか効率的に契約まで進めることができません。

自分で宅地建物取引士の仕事ができるのであれば業務の効率化が図れるので、年収アップが期待できます。

年収1000万円以上も決して珍しいことではありません。

普通のサラリーマンでは得ることができないような高額な年収を目指せるのが不動産の大きなメリットですが、宅地建物取引士になることでより現実化すると言えます。

宅地建物取引士はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

不動産営業と一口に言ってもいくつかの種類があり、大きくは賃貸営業、売買営業、管理営業へと大別されます。

宅地建物取引士の年収もそれぞれの内容によって異なるところがありますので、ここからは営業形態ごとの年収について考えてみましょう。

賃貸営業で働く場合の年収

不動産会社の中でも一番会社数が多いのは賃貸仲介の会社でしょう。

お部屋を借りたいお客様に部屋を紹介して契約が決まると、仲介手数料という売り上げを上げることができます。

おおよそ家賃の1ヶ月分程度が貰える金額です。

繁忙期と言われる1月から3月になると多くの部屋探しを行わなければいけませんので、季節に左右される業種の一つです。

契約を決めたときの金額が売買仲介よりは少ないために、いかに成約件数を増やしていくのかが年収アップの大切なポイントです。

成約件数が上がると売り上げも上がり、歩合もアップします。

賃貸仲介の平均年収は400万円程度とされています。

しかし、契約件数を上げるだけ年収も上がりますので、件数をこなすには素早く効率的な対応が求められます。

売買営業で働く場合の年収

売買営業は主に不動産の売買において仲介する業務を行います。

不動産の売買は一度の売買金額で、大きな売り上げを上げることも可能です。

売買金額が何千万、何億円となることも珍しくはなく、例えば1億円の不動産の売買仲介ができると300万円超の仲介手数料を上げることができます。

売買件数を増やすことも年収アップに繋がりますが、1件あたりの売買金額が多い物件をなるべく仲介できると大幅な年収アップが期待できます。

平均年収は400万円~450万円程度ですが、大きな売買を仲介できると年収を一気に上げることも可能です。

1000万円~3000万円の年収をコンスタントに上げている営業マンも存在しています。

年収の変化が非常に激しいのが特徴ではありますが、上手くいくと一般のサラリーマンでは考えられない程の年収を得ることも可能です。

管理営業で働く場合の年収

管理営業とは簡単に言うとマンションの管理人さんのような業務です。

賃貸マンションなどの空室の管理や入居者のトラブル対応などが主な業務としてあります。

空室を決めるために賃貸仲介のような仕事も行わなければいけないので、宅地建物取引士の存在はとても大きな役割を果たします。

賃貸仲介や売買仲介と比べると歩合給がありませんので大幅な年収アップは見込みにくいのも特徴ですが、一番安定しているのは管理営業でもあります。

これから宅地建物取引士になる人へのアドバイス

不動産業界における宅地建物取引士の存在はとても大きく、求められる責任も大きいのですが、その分資格を持っていない不動産営業よりも待遇が良く貴重な人材として取り扱われます。

国家試験でもあり、毎年の合格率は17%程度と決して簡単になれるものではありません。

しかし、宅地建物取引士を持っていると不動産の仕事への理解度も深くなり、仕事が面白くなるというメリットもあるようです。

宅地建物取引士が発する言葉は無資格者よりもお客様の反応も深くなりますので、お客様への対応なども責任を持ってあたる必要があるでしょう。

契約前の重要な事項への説明や契約書の記入押印など契約にあたる大切な部分を受け持ちますので、日々勉強して自己研鑽に励むことでスキルアップや年収アップへと繋がります。

さいごに

不動産業界は、頑張れば頑張って成績を上げることで大幅な年収アップや他の業種では考えられない年収を得ることも可能である、とても魅力的な業界です。

大きなお金が動く分知識や経験も大事ですが、知識や経験を資格として表せるのが宅地建物取引士でしょう。

宅地建物取引士の資格は一般のお客様も知っていることが多く、営業における武器の一つともなります。

不動産業界で働きたい人にはマストな資格で、持っているととても有利な資格でもあるので、宅地建物取引士の資格を取って年収のアップに役立てましょう。

最終更新日:2020年1月15日

関連記事

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

銀行員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では高給取りのイメージがある銀行員。かつてはエリートの象徴とも言われた銀行員ですが、長引く超低金利時代やIT技術の進歩によって、業界全体を取り巻く環境は大きく変わってきています。地方銀行では活発に再編が進んでおり、単独での生き残りを不安視した動きも出てきました。そんな厳しい環境に立たされた銀行員の年収実態は、どうなっているのでしょう。雇用形態や、銀行規模の違いに応じた年収について解説していきます。銀行員の平均年収は600万円が相場東京商工リサーチによると、2019年3月期の国内銀行平均年収は609万円5千円という結果が出ております。メガバンクから第二地銀まで含めての平均値となりますが、日本

警備員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

警備員の仕事は人々の安全を守り、危険なことがあると率先して立ち向かわなければいけない大切な仕事です。一言で警備員と言っても仕事の内容は幅広く、駐車場の警備、イベントの警備、現金輸送警備、SPという風に様々な警備の仕事があります。では、警備員の年収はどの位なのでしょうか。また、雇用体系別や年収を上げる方法など、警備員の給料事情を詳しく解説していきましょう。警備員の平均年収は300万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると警備員の平均年収はおおよそ301万円です。この年収ベースは、一般の業種平均と比較するとあまり高くありません。月収ベースで20万円、賞与は年2回で3ヶ月分の60万円前後とい

caの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前はキャビンアテンダントと言えば、花形の職業だともてはやされていた"CA"。高給取りのイメージで、世の女性の憧れの職業の一つでした。今現在も人気の職業ですが、やはり気になるのは年収や雇用形態ではないでしょうか。そこで今回は、現役CAのリアルな年収・雇用制度に興味を抱いている人、これからCAを目指す人に向けて役立つ情報を徹底解説していきます。CAの平均年収は?大手日系航空会社の平均年収は約600万円。日系LCC(格安航空会社)の平均年収は約300万円。日系航空会社だと、大手フルサービスキャリアの航空会社と格安航空会社の年収には大きな差がありますね。外資系航空会社の平均年収は平均年収約500万

ビルメンテナンスの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

鉄筋コンクリートのマンションや戸建てのような木造の建物など様々な種類の建物がありますが、どの建物にも必要なのがメンテナンスです。特にビルと言われる鉄筋コンクリートのマンションにおいては、ビルのメンテナンスによって建物の運用年数が大きく変わると言われています。ビルメンテナンスの主な仕事内容というと清掃業務が一番に挙げられます。毎月一定の清掃業務を行い、ビルの維持管理に努めます。他には、空調管理やボイラーの管理といった設備管理。防災設備の保守管理や警備員といったビルの安全管理などの仕事も挙げられます。では、ビルのメンテナンスに関わる人たちの年収はどの程度なのでしょうか?構成要素や雇用形態別の年収や

介護福祉士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

介護の仕事と言えば、3Kという言葉があるほど給料が安いイメージが昔からあります。しかし現在の日本では、超高齢化社会に突入して以降需要は増加傾向にあり、人材を確保するために待遇を良くしようと日々考えられています。私自身介護業界で働いて11年になりますが、年収は飛躍的に向上していると実感しています。ここでは、具体的にどれくらいの年収があるのか基本給以外にどのような手当てが出るのかなど詳しくご紹介したいと思います。介護福祉士の平均年収は270万円~400万円が相場介護の仕事と言っても様々なサービス形態があるので差はありますが、概ね270万円~400万円が相場です。施設の人員配置や運営母体、夜勤の有無

表示準備中