小学校教師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


学校の先生と聞くと年収が高いと思う人もいるかと思います。

子ども達に囲まれて過ごすやりがいのある小学校教師の年収はどのくらいなのでしょうか。

この記事では、「小学校教師の年収相場」「基本給以外の年収・給料の構成要素や昇給」「年収が高い小学校教師の特徴」などについて紹介していきます。

(この記事を執筆した筆者の紹介は、文末に書いてあります。)

小学校教師の仕事の年収の相場はどのくらい?

小学校教師の年収は、雇用形態によって大きく異なります。

雇用形態は、正規採用・常勤講師・非常勤講師の3種類に分けられます。

それぞれの年収について見ていきましょう。

公立での正規採用の場合の年収

正規採用とは、公立学校においてはその地方自治体教育委員会が主催している教員採用試験に合格した教員のことを指します。

新卒であっても、1年目から担任の先生を任されることが多いです。

この正規採用の全年代の公立学校の小学校教員の平均年収は、650万円程度と言われています(平均年齢約42歳の場合)。

公立学校では定年間近まで働く先生が多く、そういった先生たちが平均を押し上げています。

20~30代のうちは昇給幅が少なく、年収もあまり高くはありません。

新卒は月給22万円程度、年収300万円程度からのスタートとなります。

私立の小学校教師の場合の年収

数は少ないですが、私立学校の教師を目指すという手もあります。

私立学校は独自の採用や年収の決定を行っているため、一概には言えませんが、公立学校よりも高いところが多いようです。

特に、優秀で経験豊富な教師を中途採用で雇用する場合が多く、高い年収を提示するケースが見られます。

また、年俸制を採用しているところもあります。

新卒者の年収は、公立学校と大きく変わらないようです。

常勤講師の場合の年収

常勤講師とは、臨時的任用講師とも呼ばれ、正規採用の先生と同じ勤務時間で働きます。

ほとんどの自治体において、雇用契約は半年から一年となっており、次の年も続けて雇用されるかという保証はありません。

仕事内容は、担任を持たされることもありますし、特別支援学級や少人数指導、専科(音楽や図工などの芸術科目や理科や体育などの準備が大変な科目を専門に請け負う)の教員として働くこともあります。

給与は月給制で、賞与も支給されます。

初年度は22万円程度からのスタートとなり、新卒の正規採用とほとんど変わりません。

賞与もおよそ年2回、4月分貰うことができます。

もし他の自治体での常勤講師経験がある場合には、さらに高い給与からのスタートとなります。

しかし、昇給は少なく、数年単位で比較すると正規採用の先生とは開きができてしまうので、多くの常勤講師の先生は採用試験を合格し正規採用になることを目指しています。

非常勤講師の場合の年収

非常勤講師とは、契約した時間のみ、その学校の直接担当授業だけ、決められた時間に勤務する講師のことを指します。

多くの場合は、担任などは持たず、低学年学級の支援や学習サポーター、特別支援の介助員といった形で働きます。

午前中のみ、8:00-16:00までなど、雇用形態は自治体教育委員会によって様々です。

多くの場合が時給制で、仕事内容にもよりますが1500円~2000円程度が相場です。

賞与や手当などは支給されません。

小学校教師の基本給以外の「年収・給料の構成要素」や昇給について

小学校教師の基本給以外の収入について紹介します。

賞与(ボーナス)

公立学校であれば、年2回、だいたい4月分程度の賞与が支給されます。

私立学校は学校によって異なり、賞与があるところもあれば、年俸制のため賞与は設けていないところもあります。

各種手当

教員にも、いくつか手当てが用意されています。

住居手当

まず、賃貸住宅に住んでいる場合には住居手当が支給されます。

金額は自治体によって様々で、9000円~27000円程度です。

マイホームを購入した場合には、住宅手当はもらえなくなります。

へき地手当

続いて、へき地勤務手当です。

自治体によっては、離島や雪深い山の中の学校へ赴任する場合もあります。

そういった場合に、へき地勤務手当が支給されることがあります。

通勤手当

これは、距離や移動交通手段によって支給額が異なります。

特殊勤務手当

「特殊勤務手当」という教職員ならではの手当ても存在します。

この特殊勤務手当は、さらに様々な種類があります。

例えば、複式学級を担任した際に支給される「多学年学級担任手当」、生徒指導主任や教務主任、学年主任といった連絡調整を密に行うべき役職について場合に支給される「教育業務連絡指導手当」、特別支援学級の担当になった場合に支給される「特別支援教育手当」、宿泊学習の引率に行くと支給される「修学旅行等引率手当」、部活動の顧問に支給される「部活動指導手当」などです。それぞれ日額や月額が定められています。

昇給

公立学校であれば、年1回の昇給があります。

とてもありがたいことに、基本的には公立学校に勤務していれば、基本的に毎年昇給があります。

昇給額は給料表の号数によって様々ですが、1万円程度~上がっていきます。

他にも、所有免許がグレードアップしたときに昇給があります。また、様々な手当てによって年収が上がることが期待できます。

小学校教師の年収の決まり方や、年収が高い人の特徴

学歴や所有免許

短大卒者と4大卒者、大学院卒者では、初任給が異なります。

自治体によりますが、それぞれ2万円ほどの差が生じています。

また、卒業時に授与される免許も異なります。

短大卒者に授与される2種免許状でも採用試験を受け、教員として働くことは可能ですが、採用後に1種免許状に書き換える努力義務が生じます。

つまり、働きながら免許の変更のために、スクーリングなどを受けなくてはならないということです。

早くから働き始められるというメリットはありますが、長く勤務することを考えたら短大よりも4年制大学を目指した方が良いでしょう。

役職

特殊勤務手当がもらえるため、「学年主任」「教務主任」「生徒指導主任」といった主任職につくと年収が高くなります。

しかし、安全主任や清掃主任、給食主任といった担当もありますが、こちらは「主任」とついていても手当がもらえないため、注意が必要です。

詳しくは、働きたい自治体教育委員会名と特殊勤務手当で検索すると調べることができます。

また、教頭や校長といった管理職になると、管理職手当がもらえるため、年収があがります。

地域によって差があるので一概には言えませんが、校長で概ね5~10万円、教頭でおよそ3~8万円の管理職手当が毎月支給されます。

勤続年数

公立学校であれば、毎年昇給が望めます。

そのため、勤続年数が長くなるほど、年収が高くなる傾向にあります。

私立学校は、年功序列式に年収が上がるとは限りません。

年俸制のところもあるため、自分の働きが稼ぎや次年度の継続雇用に直結します。

地域

公立学校であれば、地域手当によって多少の年収額の差が生じます。

これは、その地域の地価や物価などを反映させているものだそうです。

最も高額なのは東京都で基本給の18%が毎月支給されます。

基本給が22万円だとしたら、39000円が手当として支給されます。

他の地域が5~9%程度だと考えると、これは大きな差になりますね。

小学校教師で年収をあげるためにやるべきこと   

今の勤務先でできること

免許をグレードアップさせる

私の経験ですが、就職後に夜間大学院に通い専修免許を取得したところ、年度の途中でしたが昇給しました。(普通昇給は年度が替わるときにしか行われません。)

月々1万円程度の差ですが、苦労が報われたようでとても嬉しく感じました。

2種から1種免許への切り替えでは昇給しない場合が多いそうですが、1種から専修免許への切り替えは昇給が見込めます。

特別支援学級の担任を引きうける

先述の通り、特別支援学級の担任を引き受けると、手当がつくため年収が上がります。

小学校の特別支援学級の担任は、特別支援学校の教員免許を取得していなくても受け持つことができます。

教員になる勉強をするうえで、特別支援の内容は必修なので、ある程度の知識があると見込まれてのことなのでしょう。

主任などを引きうける

主任を引き受けることで、特殊勤務手当がつくため、年収が上がります。

しかし、学年主任や生徒指導主任はとても責任が重い仕事なので、管理職が教職員一人一人の適性をよく見極めて任命します。

こちらが立候補したからと言って、なれるものではありません。

一方、「忙しくなるから」「学級担任の仕事に集中したいから」と言って、主任業務を断る先生も中にはいます。

管理職としては、だれも引き受けてくれる人がいないと大変困ります。

日頃から、「生徒指導に関心があります。」「主任業務を任命されれば精一杯やらせていただきます。」とアピールしていてもいいですね。

ただし、仕事が忙しくなってしまうことは覚悟の上です。

思い切って、小学校教師以外の職へ転職する

教師をしていても、昇給はある程度までしか望めません。特に公立学校では20~30代のうちは昇給が緩やかなので、「もっとしっかり稼ぎたい!」ともどかしく感じる人もいるかもしれません。そんな時には、思い切って転職してしまうのも手でしょう。

転職先の候補1:塾講師

子ども達に勉強を教えてきた経験を生かして、塾講師に転職する方もいます。小学校の免許しかない場合でも、得意な科目があれば中学生や高校生を指導することもできます。塾では必ずしも教員免許の取得を義務付けていないからです。

塾も今や様々な形態があるため一概には言えませんが、学校の勉強の補完をするような成績底上げ系の塾よりも、中学校受験を目指しているような進学系の塾の方が年収が多い傾向にあります。

すぐに正社員として雇用される場合もありますし、半年程度の試用期間を経る場合もあります。

また、年俸制を取っている場合もあります。一般的には25~30万円程度の月収が相場のようです。人気講師となれば、年収が上がる可能性があります。

いずれにしても、エントリー段階でよく雇用条件などを確認することが大切ですね。

塾講師に転職する際に、注意が必要なことがあります。それは、学校の先生をしていた時とは生活時間帯が大きく変わるということです。

塾は学校の終わった夕方から夜、もしくは土日に授業が開講されるため、生活は夜型になりますし、休日はシフト制になるでしょう。

転職先の候補2:通信教育や教材会社

大手の通信教育教材の会社では、中途採用でも多くの人材を雇用しています。

中には、小学校教師の経験を経て、企業に転職する人もいます。転職での年収は応相談となっており、交渉によって変わることも。

自分ができることを最大限アピールできるといいですね。

また、教材会社もたくさん存在します。

教材と言っても、算数セットなどの勉強に使うものから図工のキットまで様々な種類があります。

学校では、色々な会社のカタログを見ながら注文する商品を決めるのです。仕事内容は商品の開発や営業などです。学校現場を知っているからこそ、具体的な提案ができそうですね。

転職先の候補3:経験をアピールできたらどんな仕事でも

小学校教師だからといって、教育関係の転職しかできないわけではありません。大卒資格があれば、あとは自分の経験のアピール次第です。

小学校教師の経験で身に着けたものは何でしょうか。例えば、生活科や総合的な学習の指導をする際に、地域の方の協力を得て体験学習を企画したことがあるとしましょう。

計画書を作成したり、様々な相手との連絡調整を行ったりする中で、きっと企画力・実行力・計画力・コミュニケーション力などが培われたことと思います。

そういった経験を、希望する転職先での仕事とうまく結びつけられれば、よいアピールにつながるでしょう。

まとめ

小学校の先生の年収事情についてまとめました。これからの就職活動や転職活動の参考になれば幸いです。

筆者の紹介

私は小学校教師をしていました。

新卒のころは、非常勤講師として700人規模の大規模校の学習支援サポーターをしていました。

担任の先生とは違い、様々な学級を回り学習に遅れがあったり集団行動を苦手としていたりするお子さんに付き添って、サポートをする仕事です。

その後、250人規模の小規模校で学級担任をしていた経験があります。

学級担任は、3,4年生の中学年を任されることが多かったです。

こういった講師と正規採用の両方を経験してきた経緯などから、小学校教師の年収事情を紹介させていただきました。

最終更新日:2019年6月26日

関連記事

注文住宅営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

注文住宅の営業の仕事は、土地を持っている人や土地のみを購入予定の人、一戸建てに住んでいるけど古くなって建て替えを検討している人などに新しい家を建てる提案をすることです。つまり建築前の「まだ形に見えない家」を売っているのであり、お客様に夢を与えることができる仕事ですが、たくさんの知識が必要でもあります。また、家というのは人生でそう何回も買ったり建てたりするものではないので、それだけお客様を見つけるのが大変です。何千万という大きな買い物でもあるので、営業が一件の契約を取ることがとても大変です。そのため注文住宅の営業は、契約数や受注額などの成果によって給料が増減する歩合給の会社が多く、それだけ給料に

社会福祉士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国家資格である社会福祉士は、現在の社会で大きな役割を果たしています。高齢化、児童の虐待、貧困などの問題が取り沙汰される今、その需要は高まるばかり。社会福祉士国家資格合格率は30%未満と難関、仕事では深刻な問題と向き合わなくてはなりません。そんな社会福祉士の年収を詳しくご紹介します。社会福祉士の平均年収は400万円が相場社会福祉士の資格を取得している方は、多くの分野で仕事をしています。主に、病院老人福祉施設児童福祉施設社会福祉協議会行政機関障害者支援施設NPO団体など、就職先が多いため、年収も一概には言えません。病院や社会福祉協議会、行政機関では年収は高く、平均して500万円から600万円ほど。

ケアマネージャーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・高年収な人の特徴

現代日本では高齢者人口が増加しており、それに伴って介護サービスを利用する高齢者も増加しています。介護サービスを利用するためにはサービス計画書、通称「ケアプラン」と呼ばれるものが必要となります。他者のケアプランを立案するためには介護支援専門員という資格が必要であり、その資格を持って仕事をする人をケアマネージャーと呼びます。今回はケアマネージャーの年収について詳しくご紹介していきたいと思います。ケアマネージャーの平均年収は350~400万円が相場まず初めに、ケアマネージャーの平均年収について述べていきます。立場や経験年数、雇用形態によって格差は生じますが、平均すると年収350万~400万程度が相場

パソコンインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・手当・年収アップのポイント

PC(パーソナルコンピューター)の使い方を指導したり教えたりする「パソコンインストラクター」の年収の相場はどのくらいなのでしょうか。現代社会においてパソコンは、仕事だけでなくプライベートでも無くてはならないものの一つとなっています。高齢者がパソコンを使う機会も増え、パソコンインストラクターの需要も高まるばかりです。この記事では、そんなパソコンインストラクターの「年収相場」「年収の決まり方」「年収アップの為の秘訣」などについてご紹介していきます。パソコンインストラクターの年収の相場はどのくらい?パソコンインストラクターと一口に言っても、正社員かアルバイトかなどによっても、その年収や待遇は異なって

DTPオペレーターの年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップを狙う方法

DTPオペレーターは特別な資格は必要としませんが、比較的専門的な知識を必要とする専門職です。それでは、DTPオペレーターの年収の相場はいくらくらいになるのでしょうか。この記事では、独立する際の必要資金や独立後の平均年収などと併せて、その年収事情をご紹介します。DTPオペレーターの年収の相場はどのくらい? DTPオペレーターは専門的な知識や技術が必要になるので、「手に職をつけられる専門職」と言えます。一般的にDTPオペレーターの年収の相場は300万円~350万円と言われてはいますが、地域や会社によって幅があり、この限りではありません。それでは、それぞれの入社状況・雇用形態から年収の相場を見ていき

新聞配達の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

私たちに毎日世の中の情報を届けてくれる「新聞配達」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。夜も明けない内から働き、情報社会の一端を支えている「新聞配達」という職業は身近な仕事の一つでありながら、その年収事情について詳しく知る人は実は多くありません。今回は、「新聞配達」の年収相場やその決まり方、年収アップの方法について詳しく解説していきます。新聞配達の年収相場はどのくらい?新聞配達と一口に言っても、雇用形態によって年収相場は異なります。ここでは、雇用形態別に見た新聞配達の年収相場をご紹介します。正社員で新卒入社した新聞配達の年収相場300万円~400万円程度の年収を提示している販売店が多いようです

総務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の条件

総務の仕事は、会社全体を管理する部署でありながら比較的残業は少ないですが、やりがいのある仕事です。しかし、ほとんどの人は、総務の仕事は知っているけど年収事情は知らないのではないでしょうか。総務の年収事情に興味がある人も多いと思いますので、今回は「総務の年収相場」や「年収の決まり方」などについてまとめてみました。※総務の仕事内容について最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧下さい。総務の年収の相場はどのくらい?総務で多い雇用形態は、正社員、派遣・契約社員、パート・アルバイトです。総務の年収は、雇用形態によって異なりますので、もう少し詳しくご紹介していきます。正社員で転職した場合の

管理栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

皆さん、「管理栄養士」という職業は知っていても、その年収はご存知でしょうか。「管理栄養士」は厚生労働大臣から認定された国家資格で、専門的な知識・技術で栄養指導や栄養管理を行う仕事です。国家資格であるために年収相場は高いのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、知られているようで知らない人が多い管理栄養士の年収事情を徹底的に解説していきたいと思います。管理栄養士の平均年収は350万円前後が相場管理栄養士の年収は職種により大きく幅があります。一般的な会社員と同じく、働いている年数によって定期的に給与がアップします。20代では年収250万円前後、30代では年収が300万円を超

営業事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収が高い人の特徴や年収アップのコツ

営業事務として働く際、まずは年収相場や待遇が気になるかと思います。この記事では、営業事務の年収事情について、営業事務として働いていた筆者が徹底解説します。どのようなことを勉強し心掛けたら、楽しく働けて年収も上がるのかに関してもご紹介しますので、営業事務を目指す時だけでなく、働き始めてから数年後にも是非読んでいただきたいです。営業事務の平均年収は350万円が相場営業事務の平均年収は、350万円前後です。まず毎月の収入として、基本給と様々な手当の合計が25万円程です。25万円で12ヶ月働くと、300万円になります。そこへ更にボーナスなどを含め、大体年収は350万円前後となります。それでは、以下の項

新聞記者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

早朝から深夜まで激務なイメージの「新聞記者」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。日々私たちに新しい情報を詳細に届けてくれる新聞記者の仕事ですが、それに見合うだけの年収を得られるのでしょうか?この記事では、実際に新聞記者として働いた経験のある筆者が、その年収事情について詳しく解説していきます。新聞記者の年収は600万円~800万円が相場新聞記者の年収は、年代や所属部署、夜勤の有無などによってかなり幅があるので、一概には言えません。しかし全国紙や、県をまたがって新聞を発行する「ブロック紙」の新聞社に勤務すると、生活には困らず人並み以上の生活ができると言えます。とは言え、最近は出版業界と同様、

型枠大工の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップのコツ

あまり耳馴染みのない職業の「型枠大工」、その年収相場についてもなかなか想像が難しいのではないかと思います。肉体労働である「型枠大工」の職人さんは、どのような条件の下で、どのくらいの年収を得ているのでしょうか。この記事では、「型枠大工」の年収相場やその決まり方、年収アップの為の秘訣についてご紹介します。最後に「型枠大工」の仕事内容に関しても解説していますので、気になる方はそちらも合わせてご覧ください。型枠大工の年収・給与の相場はどのくらい? 型枠大工全体の平均年収は350万円~400万円程と言われています。型枠大工の場合、雇用形態によってかなりの差が出てきます。ここでは、正社員とパート・アルバイ

中学校教師の年収を徹底解説|給料・初任給手取りや年収の決まり方

都道府県など公立中学校教師は公務員です。「公務員」というキーワードに付随するイメージが強いためか、教師の年収については「高い」と見られることも多い様に思います。しかし、残業や休日出勤は当たり前で、未来を担う子供たちの大切な学校教育を導く教師としての労働の対価としては「当然」「まだ低い方だ」と言った言葉も関係者からは聞かれます。では、その実態はどのようになっているのでしょうか。中学校教師の年収について詳しくご紹介します。中学校教師の年収の内訳とその実態は??中学校教師と一口に言っても、公立中学校と市立中学校とでは、平均年収も異なります。ここでは、内訳の分かりやすい「公立の中学校教師」の実際の年収

医療機器営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収アップを図る際の注目点

「医療業界」というワードを聞くと、「年収が高い」というイメージが真っ先に来ませんか?このイメージというものは、あながち間違っておらず、数多く存在している業種のなかでも、医療業界でのお仕事の特徴として給与水準が高いというものがあり、そのメリットを求めて多くの人が、この業界での就職・転職を目指しています。そこで今回は、そんな医療業界のお仕事の中でも、ポピュラーな仕事の一つである「医療機器営業」にスポットを当てて、その年収相場や、様々な情報に関する解説をしていきたいと思います。今後、医療機器営業としての就職や転職を考えている人にとって、参考となる記事になれば幸いです!医療機器営業の年収の相場はどのく

一般事務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の特徴や年収アップのポイント

一般事務の仕事で就職を考えている人もいるのではないかと思いますが、では、就職するときに考える条件とは何でしょうか。仕事内容、通勤時間、勤務時間、勤務環境などでしょうか。その中でも条件として大きい部分を占めるのは、年収額ですよね。やはり働く以上は、年収の高いところが理想です。そこで、一般事務の年収はどのくらいが相場なのか、また一般事務として年収をアップさせる方法についてもご紹介していきたいと思います。一般事務の年収の相場はどのくらい?一般事務の仕事は様々なパターンでの雇用が多いです。仕事の内容が軽度の作業もあれば、一般事務といいながら比較的専門性の高い事務作業もあり、一般事務と一口に言ってもその

大学助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

この記事では、大学教授のアシストをする大学助手の「年収相場や待遇」や「年収の決まり方」「年収アップの方法」に加え、「仕事内容」や「大学助手になる方法」について詳しくご紹介していきます。大学助手の年収の相場はどのくらい?待遇は?大学助手の年収は大学によりけりでしょうが、「大学助手」は教授・助教授のような正式な「教員」ではありません。立場としては事務員に近いと思われます。教職の給与は一般的に見て高めですが、大学助手はどのくらいなのでしょうか?基本給は?基本給は月収にして18万円~が相場と言われています。賞与も含めた年収に換算すると250万円~300万円程といったところでしょうか。地域や学校によって

貿易事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

貿易事務という仕事をしていると言うだけで、「専門的な仕事だから給与をたくさんもらっていそう」とか「どんどん年収が上がっていきそう」というイメージを持たれることがあります。果たして、実際のところはどうなのでしょうか?また、貿易事務の仕事をしていて昇給は期待できるのでしょうか?できるとしたら、その為にはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、現在貿易事務の仕事をされてる方、またこれから貿易事務の仕事を目指して勉強される方も気になる「貿易事務の年収相場」「貿易事務の年収アップ方法」について詳しく探っていきます。※貿易事務の仕事内容に関しても、最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧く

医療秘書の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

医療事務や看護助手というのはよく耳にすると思いますが、「医療秘書」という職業はご存知でしょうか?小さなクリニックは医療秘書がいることはほぼないので、ご存知の方は少ないと思います。そこそこ大きな病院にしか所属せず耳馴染みの少ない「医療秘書」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。また、「医療秘書」として年収を上げるためには、どのようなことに取り組めば良いのでしょうか。この記事では、医療秘書の経験がある筆者が、その年収事情を紐解いていきます。医療事務と混合しがちな医療秘書の仕事内容についても最後にご紹介しているので、気になる方はそちらもご覧ください。医療秘書の年収相場はどのくらい?医療秘書の年収相場

日本語教師の年収を徹底解説|給料・手当・年収が高い人の違いや年収アップのコツ

日本語教師の仕事に興味を持ったけど、どうやってなったらいいのか分からない、最近需要の高い日本語教師は年収をどれくらいもらえるのか気になる、などの日本語教師に対する疑問を持つ方も少なくないかもしれません。中でも一番多いのは日本語教師で生計が立てれるのかどうかではないでしょうか?今回は、日本語教師の年収事情についてご紹介していきます。日本語教師の年収の相場はどのくらい?日本語教師の仕事は、メディアなどで取り上げられたこともあり、認知度は高まっていますし、外国人を相手に自分の母国語である日本語を教えることに興味のある人も多いことでしょう。ただ、日本語教師の年収事情は意外と知らない人が多く、日本語教師

テニスコーチの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

世界で活躍するテニスプレイヤーの増加に伴い注目を浴びる機会も増えてきたテニスコーチ、その年収事情に関してはあまりよく知られていません。仕事をする目的は人それぞれですが、「お金を稼ぐため」という人もやはり少なくないと思います。しかし、テニスコーチを仕事に選ぶ人は、「お金」よりも「テニスができる=自分の好きなことを仕事にできる」ということに魅力を感じているのではないでしょうか。とは言っても、やはり年収は高ければ高い程嬉しいのもまた事実です。それでは、なかなか推測し難い「テニスコーチ」の年収相場はどれくらいなのでしょうか。テニスコーチとして働きつつ年収をアップさせるための方法と併せてご紹介していきた

脚本家の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収が高い人の特徴

耳慣れた職業でありながら謎の多い「脚本家」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。週刊誌やネットの情報からは、巨額の収入を得ているとイメージされる芸能界ではありますが、実際のところはどうなのでしょう。この記事では「脚本家の年収の決まり方(決められ方)」「脚本家の年収アップの方法」「プロの脚本家として収入を得て生活をする方法」を中心に、脚本家経験のある筆者が、脚本家の収入(ギャラ)についてご説明します。脚本家の年収の相場はどのくらい?脚本家の平均年収は480万円~560万円と言われていますが、これはあくまで「平均」であることに他なりません。というのも、脚本家という職業は個人によってその収入に大

表示準備中