消防士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


この記事では、以前消防士として働いていた筆者が、その経験をもとに消防士の年収や待遇、仕事内容などを内部的視点でお伝えさせていただきます。

消防士というのは「地方公務員」であり、その身分には大きく分けて二つに分かれます。

消防士の年収や待遇は各市町村が定める給与条例等に基づいており、市町村により差があるということが前提となります。

概ね、大都市の職員の給与ほど高い傾向にあります。

二つの身分というのは「公安職」か「行政職」かです。

公安職とは、一般の人が思い浮かべる消防士の仕事…火事を消したり、救急車に乗っていたり、それに加えて火災予防の指導をしたり…こうした「いわゆる消防士」としての業務だけをする消防士の採用区分のことを言います。

行政職とは身分的には市役所、区役所などにいる職員さんと同じ「行政」を行う公務員職員としての採用区分となり、いわゆる消防士の現場の仕事と行政マンとしての消防行政施策の企画立案や実施、人事や経理などの総務的な仕事をすることもある採用区分となります。

消防士の年収や待遇

消防士の平均年収は約700万円。

これまでにお話した通り、消防士の給与は各市町村の条例「〇〇市職員給与条例」等に基づき、その給料表に定められた給与が支給されます。

そもそも公務員の給与や待遇は(賛否ありますが)民間の大企業に準じるとされていますので、概ね好待遇と言えます。

公安職として採用している消防局、消防本部(政令指定都市や中核市規模の消防組織は消防局、それより小さな市町村は消防本部と呼称されています)の場合「公安職給料表」に基づき、行政職として採用している消防局では「行政職給料表」に基づき給与が支給されます。

一般的に「公安職=危険な仕事に従事」ということから行政職給料表に比べて高く設定されているようですが、最終的に到達できる階級、ポストなどを考慮してみると、どちらが高給であるかは一概には言えないようです。

消防士になるには

消防士になるには各市町村の実施する職員採用試験を受験し、合格しなければいけません。

このとき注意しなければいけないのは受験に年齢制限があることです。

大卒の場合でだいたい20代後半までのところが多いようです。

消防士の採用区分としては、大学卒のⅠ類や上級と高校卒のⅢ類や中級という区分に分けられます。

社会的使命の高さやイメージの良さ、待遇の良さなどから人気の職業となっており、受験倍率は高くなっていて狭き門です。

消防士の初任給は

前段でも書きました通り消防士の給与は条例の給料表に定められており、大卒のⅠ類か高卒のⅢ類かによって、そのスタートラインが変わります。

年齢や前職経験の有無などが加味されることもあります。

例えば高卒の消防士の初任給は給料表1級8号からスタート。のように定められていて、給料表によると1級8号は142,000円となっています(あくまで一例です)。

これが大卒の場合、2級からスタートで2級8号からスタートとすると194,500円となります。

このように高卒と大卒では初任給で約5万円の差がありますが、私の体感的な経験上、消防士という経験と実力がものを言う世界で4年早く消防士となり同じ年の大卒採用組より4年多く経験を積んでいることと、その間4年分給料を受け取ってることを考えると、必ずしも大卒で消防士となったほうが良いとは限らないと感じていました。

芸人の世界ではないですが、体育会のテイストが強い消防士の世界においては採用年次が先輩後輩を決定するので、23歳の大卒新人より20歳高卒2年目の消防士が先輩になります。

Ⅰ類とⅢ類では昇任試験を受けられるまでに要する期間には差があり、Ⅰ類で2年で受験できるところがⅢ類だと4年必要だったりします。

しかし、高卒で採用され4年経った時点で最初の昇進試験が受けられるので、最短で同じ年の大卒消防士が採用される年には一つ階級を上げられるチャンスがあることになります。

また、転任試験といってⅢ類からⅠ類へ転級できるシステムもあるので、高卒で採用され大卒に比べて4年分多い経験と給与を手にしながら大卒と同じカテゴリーにランクアップさせることも可能です。

上記のような点は目指す消防局に問い合わせてみて、それぞれの実情に合わせて高卒が有利か大卒が有利か判断することとなり、一概にどちらが有利かは言えません。

消防士採用後

消防士として採用されると、まず最初の半年から1年は各都道府県もしくは政令指定都市に置かれた消防学校に入校し、訓練や必要な知識の習得に励むことになります。

学校とは名付けられていますが、民間企業の研修所だと思っていただいて結構です。

ですので学費を納めるのではなく、消防学校にいる期間もしっかりと給料が貰えます。

したがって、現場の消防署に配属されるより前の消防学校在校中にいただく最初のお給料が初任給となります。

消防学校は基本的に寮生活で、慣れない共同生活と、学生生活で緩みきった精神と肉体を日々の訓練で極限まで追いつめられる中でいただいた初任給の重さは一入であったと記憶しております。

消防学校修了後

消防学校を修了しますと、晴れて一人前の消防士です(実際には現場経験ゼロでまだまだ半人前以下ですが)。

消防学校修了後は通常全員が消防署の消防隊に配属されます。

女性の場合には救急隊や日勤の予防課に配属されることもあります(女性消防士が消防隊になれるところは増えつつありますが、まだ一部の消防局のみです)。

「消防士」=「火を消す人」というイメージですが、消防士の仕事はそれだけではありません。

レスキューやオレンジと呼ばれることもある救助隊も消防士ですし、救急隊員も消防士です。

消防隊、救助隊、救急隊の仕事がいわゆる消防の現場の仕事です。

現場以外の仕事ってあるの?と思われるかもしれませんが、消防の大事な仕事の一つに「予防業務」というものがあります。

消防にとって一番大切なことは「火事を起こさないこと」。

そのための業務をしているのが予防課となります。

予防課の中には「予防係」「危険物係」「建築係」などがあります。

各係の業務内容の詳細は省きますが、予防課のお仕事も消防士の仕事の一つで、消防署内で制服を着て勤務しています。

また、「行政職」の消防士採用の場合、人事や経理を担当する総務系の仕事や消防行政施策を企画立案、実施する本部の企画課的業務に就くこともあります。

消防学校の教官も一つのポストです。

それ以外にも現場ではないものの交代制勤務となる119番通報を受信する通信課(指令センター)の業務など様々な業務から成り立っており、その業務によって年収も変わってきます。

消防士の給料の構成

さて、上記の通り、消防士と一口に言っても様々な仕事やポストがあり、それによって給料も変わります。

消防士の給料は「基本給」「時間外手当(残業代)」「ボーナス」が基本としてあり、それに加えて現場の仕事の場合には様々な手当てが付くこととなります(但し、これら手当は各消防局(本部)によって違いが大きいと思われます)。

現場の消防士の勤務体系は交代制というものです。

それぞれの消防局によって違いますが2交代制か3交代制となっており、一回の勤務が24時間勤務となります。

この体制で勤務している手当として「隔日勤務手当」があります。

また、この24時間勤務の内、実際の勤務時間とされているのは16時間のみで(普通の仕事の2日分働いていることとなります)、勤務時間外とされる深夜帯に出動などの業務が発生した場合には、その時間に対し時間外手当が出ます(深夜割増あり)。

火災や救急の出動があった場合には「出動手当」も出ます。

出動手当は1回につき300円~600円程度です(時間に応じて)。

これが高いか安いかは何とも言えないところですが、消防隊が月に数回から10回程度の出動なのに対し、救急隊は多いところだと毎日10回前後出動します。

そうすると月に10回の勤務(1回の勤務で2日分の勤務なので)で月100回出動×300円でひと月30,000円の出動手当となり、なかなか馬鹿にできない額となります。

上記以外に各隊員ごとの「資格による手当」もつきます。

例えば、消防車や救急車を運転する資格を持つ隊員が消防車や救急車の運転を担当した日には「運転員手当(機関員手当)」が、救急救命士の資格を持つ救急隊員が救急業務についた日には「救命士手当」が付きます。

また、一番大きな手当となっているのが「休日勤務手当」です。

前述の通り、現場の業務にあたる消防士の勤務は交代制勤務となっており、その勤務日数は単純に完全週休二日制を基に割り当てられています。

したがって、そのサイクルには祝祭日の分の休日が反映されないため、祝祭日及び年末年始(12月29日~1月3日)に勤務があたった際には手当による費用弁済として補填するという考えに基づき支給されます。

1回の勤務(2日分)で祝祭日該当が1日の場合、8時間分の休日勤務手当が支給されます。

計算としては基本給を基に算定された各職員の時間給に休日割り増し0.35倍を加した額、例えば時間給2,000円の職員一日当たりの休日勤務手当は2,000円×1.35×8時間=21,600円となります。

ゴールデンウィークや年末年始など祝祭日が連続する日は1回の勤務で2日分の休日勤務手当が付き、その場合、上記の例だと1回の勤務で43,200円の手当が支給されます。

これが、現場に恥じ臆されている消防士にとって大きな収入源になります。

民間でも中小零細企業では完全週休二日制でなかったり祝祭日が休みでない会社も多い中、「民間大手に準ずる」というところで、この点も手厚いと感じます。

一番手当が多く支給されるのは

出動回数が多く、夜間の出動で時間外手当も多く発生する救急隊が手当の上積み分は大きいです。

救急救命士の場合には、更に救命士手当も支給されます。

ただ、1日10件出動というのは感覚的にはほとんど出動しているようなものであり、夜もほとんど仮眠もとれずに出動しているのを見ると、命を削って働いている代償としては安いくらいとも感じます。

ボーナスについて

消防士は地方公務員として年2回のボーナスの支給があります。

一般的にはボーナスと呼ばれる賞与ですが、公務員の場合は「期末手当」なるものと「勤勉手当」なるものが合わさったものです。

勤勉手当の中には「成績・能力を反映する」という趣旨がありますが、実際には著しい欠格事項がない限り反映されません。

公務員ですから業績が反映されることもなく、ここでも民間大手に準ずるという基準になり、1回の賞与につき、おおよそ基本給の2.2ヶ月分くらいが相場です。

今の時代、どんな大手企業でも業績が急落してボーナス大幅カットということもありうる中で、ほぼ決まった額のボーナスが必ず支給されるというのは大きなことですね。

また、上記の手当に加えて、家族がいる場合の扶養手当、賃貸住宅に住んでいる場合の住居手当、通勤手当等も支給されます。

昇給と最高年収

昇給は一年に一度の定期昇給と、昇任(一般的には昇進と呼ばれていますが、公務員の世界では昇任と言います)することに伴う昇給があります。

定期昇給の場合には給料表の号だけが一つづつ上がるだけなので、数千円の増額に留まります。

一方、昇任した場合には級が上がりますので、数万円の増額となります。

ですので、年収を増やすためには昇任することが必要と言えます。

消防士が昇任するために、最初の二つの階級は試験に合格する必要があります。

「消防士」というのは職業の名前であると共に階級の一つの名称でもあります。

階級は消防士からスタートし、消防士長、消防司令補、消防司令…と続いていきます。

この内の消防士長と消防司令補に昇任する際に試験があるのです。

試験は1次の筆記試験と2次の実技試験と面接があります。

早ければ大卒なら2年で消防士長試験を、それに合格するとその2年後に消防司令補試験が受けられますので、最短で5年目には消防司令補になれるのです。

ちなみに行政職の消防司令補は「主任」という行政職の肩書もつきます。

それより先の階級は人事評価によって査定され昇任していきます。

また、行政職の場合、そうして順調に昇任していけば最終的に消防局のトップになることも可能です。

消防局長の年収も条例の給料表に基づくので、仮に給料表の一番最後の号級までいったとすると、基本給は約月57万円となっておりますが、管理職手当や賞与など含めると年収では約1500万円程度だと考えられます。

まとめ

私の経験もふまえて総合しますと、消防士としてのやりがいと年収アップを同時に目指すなら、まず救急隊に配属してもらい、充分な救急現場の経験を得て国家試験の「救急救命士試験」を合格し(各組織で養成期間があります)、救急救命士になること。

採用から10年目くらいに消防司令補となって、救急隊長となり、できるだけ現場配属でいられるよう努め(努力のしようがないことが多いですが)、最終的に消防司令長(課長級)での定年退職を目指すのが理想形の一つのような気がします。

ここまで何度も述べてきました通り、消防組織というのは各市町村によって組織形態から待遇から何から何まで全く違うこともあります。

何せ、約1万8千人の職員を有する東京消防庁から100人前後の職員からなる町村消防まであるわけですから。

ですので、ここまで述べてきたことはあくまで、とある都市の消防士を一つのモデルとした一例とご理解いただき、もし消防士を目指す方が読まれたなら、自分が行きたい消防はどうなのか…当該市町村の条例等を見てみたり、現役の消防士に話を聞きに行ったりすることをおすすめします。

最終更新日:2020年1月13日

関連記事

ボートレーサー(競艇選手)の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・最高年収・各種手当

ボートレーサーは、様々なレースに出場して勝利をあげたり、優勝をして賞金を稼ぐプロスポーツ選手です。年収も高く、選手としての寿命も長くて、大変やりがいのあるプロアスリートになります。現在ボートレーサーの人数は1,600人ほどで、その中でも220人が女性レーサーです。※(2020年4月1日時点)ほかのプロスポーツ選手と比べると、圧倒的に女性の数が多いのもボートレーサーの特徴です。プロスポーツは男女を分けて行う競技が多いですが、ボートレースは同じレースに男女が一緒に出場します。女子レーサーが男子レーサーと対等にレースを行ったり、結婚、出産を経てママさんレーサーとして活躍しているレーサーも沢山います。

ホストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当

ホストとは夜の街で活躍する男性のことで、主にホストクラブへと足を運ぶ女性客を接待してもてなす男性スタッフをホストと呼びます。NO.1と呼ばれる大物ホストから新米ホストまで年収の幅も様々ですが、今回はそんなホストの年収を紹介していきます。ホストの平均年収は500万円が相場夜の華やかな世界で働いているホストは年収が高い、というイメージが今でも強く根付いています。しかしホストの年収は上から下まで異常に幅が広いのが特徴的で、高級外車を乗りまわすホストから月給がマイナスという人まで様々です。ホストの平均年収は約500万円程度で、中堅ホストと呼ばれる一般的なホストの年収は約200万円~800万円程度になり

競輪選手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

競輪は、競輪場のコースを自転車で走って、1番強い選手は誰なのかを競う競技です。その中で競輪選手は、レースを戦って賞金を稼いでいくプロのアスリートです。競輪は日本が発祥の自転車競技で、今ではオリンピックの競技にも採用されている世界的にも有名なスポーツになります。競輪は完全実力主義の世界ですが、チームを組んでレースに望む場合もあり、師匠、先輩、後輩、友人などとも結びつきがとても大きなスポーツでもあります。日本の公営競技の中ではイチバン「道」というコトバが似合うかもしれません。現在競輪選手は男子が2,190人、女子が135人、合計で2,325人います。※(2019年12月31日時点)一時は行っていな

事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

仕事を円滑に遂行するためには欠かせない職種の一つに事務があります。事務と一言に言っても様々な種類の仕事が存在し、企業によっては多様な事務作業や職種があるでしょう。例えば、一般事務、営業事務、貿易事務、医療事務のように事務という名がつく職種もあれば、少し特殊な能力が必要とされる翻訳や通訳、秘書なども事務にあたります。今回はこのような事務の年収について、構成要素や職種別の違い、業界での差などに触れつつ徹底解説していきます。事務の平均年収は332万円が相場2020年現在、事務の平均年収は約332万円となっています。これは事務一般事務や営業事務といったように全職種の平均年収となっており、職種別に見てい

グランドスタッフの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

全国各地の玄関口と言っても過言ではない、空港で接客サービスを行うグランドスタッフ。お客様を空港から安全且つ安心して旅立ってもらえるよう、地上での業務を行っています。その業務は多岐にわたり、チケットの発券やチェックイン、搭乗案内や到着業務まで多くの仕事を担っています。みなさんも何かしらお世話になった経験があるのではないでしょうか?ここでは、グランドスタッフの年収、気になるボーナスや各種手当など徹底解説していきます。グランドスタッフの平均年収は?グランドスタッフは、空港で主に出発や到着などの接客を伴うお仕事をしている方々です。日系大手のJALとANA、2社のグランドスタッフの平均年収は350万円で

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

表示準備中