歯科医師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


皆さんの家の近くには歯科医院はありますか?

意識して歩いてみると、至るところに歯科医院があるでしょう。

その数だけ歯科医師という職業の人もいるのです。

歯科医師とは主に口の中の健康を守るため、虫歯の予防や治療、他にも口の中全体のトラブルに関しての治療や相談を受け付けて治していく仕事をしています。

歯科医師は歯科医師免許を持ち、人の口の中に器具を入れて仕事をするので、専門的で高い技術ももちろん必要です。

そしてとても責任がある仕事です。

そのような仕事をしている歯科医師ですが、実際歯科医師として働いている人はどのくらいのお給料を貰って働いているのでしょうか。

歯科医師の年収、気になりませんか?

今回は歯科医師の年収について詳しく解説していきます。

歯科医師の平均年収は700万円が相場

早速ですが、歯科医師の年収はどのくらいなのでしょうか。

一般的に歯科医師というと年収が高い、お金持ちというイメージがありますか?

それとも昨今の歯科医院がコンビニと同じほどあるイメージから、そんなに年収は高くないのでは?と考えますか?

答えはどちらのイメージも正解です。

歯科医師の年収はとても幅広く、相場はだいたい400万円~1000万円で、平均では700万円程と言われています。

その理由はいくつかありますが、まず勤務医か開業医かというところで分かれます。

勤務医の場合、研修医や新卒などまだ知識や技術が充分ではなく勉強をしながら働くような状態ですと、月給及び年収は低くなります。

そこから年数を重ねて技術が向上することや、専門スキルを身につけることで、年収はどんどん上がっていきます。

開業医の場合ですと、開業してすぐの時期は初期費用や経費も莫大にかかりますし患者さんもすぐに来るとは限らないので、まず収入は少なかったり赤字のこともあるでしょう。

また歯科医師過剰問題の影響でなかなか売上げが出ず、年収200万円~300万円ということもあります。

しかし歯科医院経営が軌道に乗れば、年収が1000万円以上にもなるという開業医も少なくありません。

保険診療以外の専門分野を持つ歯科医師はもっと上を目指せるでしょう。

いつも安定してお給料を得たいという場合は勤務医をおすすめします。

歯科医師の年収・給料の構成要素

歯科医師の年収は、「基本給」「能力給」「歩合」「ボーナス」「各種手当」の構成になっている場合が多くあります。

この点は多くの業界と大きく変わりはないでしょう。

医療系ならば、なおさら同じ構成が多いと思います。

それぞれを詳しく解説していきます。

基本給・能力給・歩合はどれくらい?

基本給

勤務医の場合歯科医師の基本給は平均では月にだいたい40万円~50万円で、初任給となると月20万円~30万円のところが多いようです。

研修医の場合はもっと低く月に10万円~20万円ですが、口腔外科での研修や国立の大学病院は基本給が高くなることが多いでしょう。

そして開業医の場合ですが、こちらは平均で月120万円くらいです。

とは言え、こちらは歯科医院によって院長自身が設定することが多いためそれぞれの歯科医院によって幅広く、50万円~300万円ほどとも言われています。

本人が設定するという理由だけではなく、歯科医院経営状況にも左右されやすいところです。

能力給

能力給は、歯科医師としての資格手当や認定医、専門医を持っているということで設定している歯科医院があります。

歯科医師の資格、更にその中でも専門を極めたことで貰える認定医や専門医の資格全て、沢山の知識や技術を必要とし、それらを持ち合わせていると認められたものです。

その能力給の設定は主に3万円~10万円と設定の幅は広いようです。

歩合給

歯科医師の歩合給とは、歯科治療の中で保険診療、自費診療を行った場合、勤務医がその料金の何パーセントかを貰うというものです。

歩合給に関しても歯科医院ごととに設定が違いますが、20%~25%と設定されていることが多いようです。

矯正医の場合はまた変わってきます。

専門性の高い歯科医師は、この歩合給でどんどん月収を上げていきます。

歯科診療は保険内の診療も多くありますが、より良い治療を行おうと思うと、どうしても保険診療の範囲を超えて治療を行っていく必要があります。

そうすると保険で賄えないということはもちろんですが、材料も良いものを使いレベルの高い技術を必要とされる治療が多く、自費診療の値段は高額になるのです。

その分を歩合給として貰うので、数をこなしていくと自ずと給料も高くなっていきます。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

ボーナスに関しては、ある歯科医院もあればボーナスがない歯科医院もあります。

ボーナスがある歯科医院で年間100万円~200万円ほど貰えるようです。

歯科医院によっては現金支給ではないボーナスを用意していたり、売り上げ目標を掲げる医院であればそれを達成した際に貰えるなど、条件や特色が各歯科医院によって設定されている場合も多くあります。

各種手当てはどういったものがある?

時間外手当

こちらは一般的に他の職業と同じく残業手当が該当します。

歯科医院では基本予約制なので、大幅に残業することは少ないです。

しかし、突然の急患対応や治療時間が延びる、またその他の残務により、稀に残業が発生します。

その時の手当として支給されます。

通勤手当

こちらもほとんどの歯科医院で支給されているかと思います。

通勤にかかる費用を出してもらえます。

歯科医院ごとに上限を設定していることが多いでしょう。

住宅手当

地方などでは歯科医師不足から住宅手当を出して歯科医師の求人を促すように設定されているところが見られます。

半額補助、または全額補助という気前の良い歯科医院も稀にあります。

セミナー参加補助

歯科医療の進化は目まぐるしく、日々研鑽も必要となります。

参加することで、歯科医師自身にも歯科医院にもメリットがあるとされれば、参加補助をしてくれる歯科医院もあります。

院長の方から誘ってくれる場合や、自分から興味があるものは参加したいと提案することが可能な医院も。

休日出勤手当

休みの日に仕事が発生した場合に支給されることがあります。

歯科医師の年収を新卒や雇用形態別に見る

ここでは、歯科医師のの年収を新卒や雇用形態別に見ていきます。

新卒の場合の歯科医師の年収

まず歯科医師は歯科大学入学して6年間通い卒業後、歯科医師国家試験に合格して歯科医師免許を取得することで仕事が始めることができます。

ここで言う新卒とは、更に臨床研修医として1年終了した後のことを言います。

ですので、一番若くて25歳、歯科医師の場合歯学部入学時点での浪人や国家試験の難易度が上がっていることから国家試験浪人などストレートではない人も少なくないので、25歳以上で新卒というのも珍しいことではありません。

新卒の場合の年収は、平均で400万円くらいのようです。

幅としては年収250万円~500万円くらいです。

新卒の内はまだ任される仕事が少なく技術を磨いている期間ですので、低く設定されています。

歯科医師が転職する場合の歯科医師の年収(正社員)

歯科医師となってから他の歯科医院に転職というのは珍しいことではありません。

理由は様々で、もっと自分で興味のある専門分野を伸ばせる医院に転職する場合や、お給料を上げたいので転職する場合などがあります。

また歯科医院は少人数のところも多いので、その中での人間関係に疲れてしまうという理由も少なくないです。

地域にもよりますが、歯科医師の求人は沢山あるので就職先に困ることもなく転職は可能です。

だいたい転職が多くなるのは歯科医師として3年目~5年目のことが多く、転職した場合の年収はだいたい600万円~800万円が相場のようです。

この年収幅の理由には、年収が下がってでも勉強ができるから転職するという場合や、歩合が良いところに転職して年収が高くなった場合、などの差が挙げられます。

パート・アルバイト(非常勤)の場合の歯科医師の年収

歯科医師はパート・アルバイトとしての求人も多くあります。

主に女性歯科医師を狙った求人です。

歯科医院では、いくら他の職種の人が沢山いても歯科医師がいないと仕事が回らないことが多いので、短時間や週に何回かでも歯科医師の数が多いと助かります。

また歯科医院のほとんどが予約制なので、歯科医師の数が多い日には予約を増やすなど調整がしやすいのも一つの理由です。

近年は高齢化社会の問題から訪問診療のパート・アルバイト求人も多くあります。

具体的な日給は3万円~5万円、時給は4,000円~6,000円が相場です。

パート・アルバイトでも歩合給で上乗せされる場合もあります。

年収は働く日数に左右されますが、150万円~450万円くらいになるでしょう。

また口腔外科や歯科矯正の専門医でパート・アルバイトを掛け持ちしている人は日給や歩合給も高いので、年収が1000万円を超えている場合もあります。

歯科医師は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

歯科医師として年収を高くしたいのならば、開業して成功することです。

歯科医院の中には歯科医院としての売り上げで億を出すところもあります。

その場合院長の収入が5000万円~6000万円ということもあるようです。

とても夢のある話ですね。

技術を身につけていたり経営手腕があるなど様々な努力はもちろん必要ですが、歯科医師は誰でも目指すことが可能ということです。

歯科医師はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

沢山ある歯科医院の中でもどのような歯科医院で働くと年収が上がるのでしょうか。

また他に年収を上げる方法はあるのでしょうか。

ご紹介します。

給料の高い歯科医院で働く場合の年収

勤務医として働く場合勤続年数が長くなるごとに収入が上がることが多いです。

また歩合給が高いところで働くと、収入が上がり総じて年収も上がります。

こちらは具体的には800万円~と設定されていたり、このような年収を最低保証としている歯科医院もあります。

しかし給料が高い分担当患者の人数が多かったり、土日出勤などの条件がある場合もあります。

その点はしっかり見極めて勤務先を決めましょう。

自費診療専門の歯科医院で働く場合の年収

歯科矯正やインプラントなど専門に特化した医院での求人は、年収が高く設定されています。

また研修などを多く設定している歯科医院も、早く成長させて戦力として働いてもらおうという意図からか、年収を1000万円~と高く設定しているところも見受けられます。

分院長として働く場合の年収

いくつかの歯科医院を経営しているグループの求人には、分院長としての役職手当もつけて年収を高く設定している求人があります。

このような勤務先に勤めた場合、院長としての仕事もあり責任もあります。

しかし年収は高く、1000万円以上ということもあります。

将来開業を考えている場合、このような経験をしておくと自分が開業したときの為になる知識を得られることも多いでしょう。

歯科医師の年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

歯科医師の年収はどのようにして決まるのでしょうか。

またどんどん年収を上げていくことは可能なのでしょうか。

歯科医師として年収を上げていく方法や条件などを詳しく解説します。

1.専門医・認定医などの資格がある

まず、口腔外科や歯科矯正などの専門医・認定医を持っている人は年収が高くなります。

資格取得をすることでより難易度の高い治療が可能になるので、様々な医院で重宝されます。

また数件の医院をバイトで掛け持ちしているという働き方の人も多いです。

他にも歯科には沢山の専門医・認定医があります。

2.経営上手

歯科医師として開業する人は多くいますが、その中でも歯科医院経営を上手くできる人は収益を上手く出して自分の年収を上げることができます。

歯科治療の技術以外でも経営能力が高く、数件の歯科医院を経営したり、更に他の業種の経営に乗り出す人もいます。

3.人に教えるのが上手

特別な技術があるのが前提となりますが、人に何かを教えるのが上手な人は自分の持っている技術を教えるセミナーを開催しています。

主に歯科医院の休みの日に歯科医師や歯科医療従事者を集めてセミナー料を貰って開催するので、歯科医院から以外の収入が増えて年収が上がります。

4.コミュニケーション上手な人

人と話したりコミュニケーションが上手な人は信頼され、口コミなどで患者さんが増えます。

更に以前からの患者さんも「この先生なら」と高額な治療も任せてくれるようになります。

歯科医師として人に信頼してもらうことは何より大事です。

歯科医師の年収査定で大事なのは、特に「技術」「勤勉さ」「真面目さ」

歯科医師としての年収査定に影響するのはまずは「技術」です。

治療の技術はもちろんですが、コミュニケーションや歯科医院内での流れを把握しながら患者さんを回していくという点も影響するでしょう。

あとはどの職種にも共通すると思いますが「勤勉さ」も大事です。

いつも学ぼうとする姿勢は必ず評価されますし、患者さんも歯科医院側にも喜ばれます。

「真面目さ」というのは仕事に対して、また普段の行いに対して真面目であるということです。

基本的な報連相がちゃんとできること、嘘をついたりしない、そのような普通のことですが、職場内でこれができていないと和を乱します。

中にはそういう人もいますので、ちゃんとできる真面目な人は評価されるでしょう。

歯科医師として年収をアップさせたい人にやってほしい5個のこと

仕事をしているとなかなかモチベーションが上がらないスランプのような時期が誰でもやってきます。

そんな時、年収をアップさせるというのはやる気を出す一つの方法としてとても有効です。

では、歯科医師が年収をアップさせるにはどのようなことをすると良いでしょうか。

ぜひ試してみてほしい方法をいくつか紹介いたします。

歯科医師で年収が高い人にアドバイスを貰う

年収の話というのはなかなか切り出しにくいかも知れませんが、成功している歯科医師仲間や先輩など話しやすい人にアドバイスを貰うと良いでしょう。

またズバリ聞きにくい場合も、話している内に働き方や特殊な技術があることなどヒントが得られる場合があります。

そして「類は友を呼ぶ」ということわざもあるので、年収が高い人と行動を共にしたり話す機会を増やすと自然と方法が身につき、少しずつ年収が上がるかもしれません。

資格取得(資格が必要な職種の場合)

歯科医師には様々な科で認定医や専門医制度があります。

その資格を取得することで給料が上がったりバイトとして呼ばれることも増えたり、開業している場合は信頼度が上がることで患者が増えたり、ということで更に年収を上がる可能性があります。

分かりやすい科目で具体的には口腔外科、歯科麻酔、矯正歯科、小児歯科などがありますが、それ以外にも歯科の専門は実は沢山あるので、得意分野を伸ばすと良いでしょう。

転職を検討する

歯科医師の年収が低いと感じる人は、他の職種にジョブチェンジも検討すると良いでしょう。

歯科医師の資格を取ったのに?と思う人には向いていない方法かと思います。

しかし世の中にはダブルライセンスや副業をしている歯科医師の人も実際にいます。

思い切って、違う業種や更なる歯科医師以外の資格取得、企業なども視野に入れることで年収アップが見込める可能性は高くなります。

やっぱり医師になりたいとダブルライセンスを目指し編入試験を受けいる人も中にはいますし、自分の得意分野を生かして起業する人もいます。

今の職場で成果を出す

現在の職場の環境は良くて、職場を変えたくはないけど年収は上げたい。

そんな場合は今の職場で成果を出すことで年収アップさせる、ということも考えてみましょう。

具体的には、自費治療の数を増やすことや患者さんからの人気など、医院に何かしら貢献できていることをアピールすると良いでしょう。

患者さんからの人気だけでなくスタッフからも好感があれば周りからの評判が上司に届き、良いアピールになるなんてこともあるかもしれません。

上司に直談判

ここでの上司は主に歯科医院の院長や理事長となります。

何もなしに直談判しても説得力がないので、勤続年数や持っている資格、更に歯科医院への貢献度など、説得力のある材料を準備して行うと良いでしょう。

同僚の先生などと相談してみたり、周りにも直談判に成功した人がいればコツを聞いてみると良いかもしれません。

これから歯科医師になる人へのアドバイス

歯科医師という職業に興味を持ったきっかけはなんでしょうか。

それぞれ様々な理由があると思います。

患者さんに喜ばれる仕事である、歯科医師にお世話になったことがある。そんな模範的な理由以外の人もいるでしょう。

なんとなく大学に入れそうだった、親に進められた、など自分の意思ではなかった場合もあるでしょう。

しかしどんな人でも歯科医師国家試験に向けて努力をしなくては歯科医師にはなれません。

その勉強過程で興味のある分野を見つけたり、尊敬する先生に出会い歯科医師へなりたいという思いが強くなってくることでしょう。

そのような出会いがなくても、歯科医師になれば難関試験を突破して得た資格に誇りを持って仕事ができるようになります。

歯科医師の仕事をしているほとんどの人は患者さんを相手に歯の治療を行っています。

直接関わらない場合でも、歯科医療をより良くするため、患者さんたちにより良い治療を提供するための仕事であり、世の中から必要とされる素敵な仕事です。

歯科医療技術以外にも、コミュニケーション能力や思いやりなど、人間形成にもとても良い仕事です。

開業すれば必要に駆られ経営能力も身につきます。

医療のみならずマルチに才能を開花させられる職業です。

もし歯科医療に魅力を感じない人でも、視野を広げることで仕事の幅も広がります。

また、この職業の魅力はこちらで解説してきた通り、働き方次第で高い年収を得ることができるところです。

しっかりとキャリアを積み、どんどん年収を上げていくこともできます。

そして、女性歯科医師の場合結婚妊娠出産を経て復帰した場合でも、ママさん歯科医師を歓迎する求人も多く、更に安定したお給料を貰うことができます。

ちょっとパートに、という場合も高い時給で雇ってもらえます。

ワークライフバランスを考えていきたい場合にも安心できる職業と言えるででしょう。

さいごに

いかがでしたか。

歯科医師という仕事の詳しい年収を知ることができましたでしょうか。

実際の年収について知ることで、将来歯科医師を目指す場合も人生設計がしやすくなりますね。

歯科医師という職業は自分の努力次第でどんどん年収を上げることができるのです。

歯の治療以外にも経営の勉強も必要になってくることもありますが、広がりがある点も楽しみの多い職業です。

男性のみではなく女性も活躍できるというのも近年の特徴です。

数ある歯科大学の中には、半数以上女子学生というところも存在するのです。

今まで興味がなかった人も、歯科医療の未来のために歯科医師として働き、自分の希望するお給料を稼いでみませんか。

人に感謝される素敵な職業です。

最終更新日:2019年10月8日

関連記事

インテリアコーディネーターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「インテリアコーディネーターになりたい!」と思う方はとても多いと思います。しかし、その一方で「儲かるの?」「どんな企業に入れば年収は高くなるの?」と金銭面を気にされている方も多くいらっしゃることでしょう。そこで、気になるインテリアコーディネーターの年収について解説していきたいと思います。インテリアコーディネーターの平均年収は、300万円〜450万円が相場インテリアコーディネーターの平均年収は300万円〜450万円です。通常のサラリーマンと同じくらいと思っていただければ良いかと思います。しかし、これはあくまで平均年収です。それぞれの企業によって異なりますし、経験を積んで独立・開業まですると年収1

司法書士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

日本司法書士会連合会が発行している司法書士白書に司法書士へのアンケート結果が載っているのですが、それによると、司法書士への志望動機で最も多いのが「専門性の高い仕事ができるため」だそうです。一方、「経済的に恵まれるため」を志望動機とした司法書士は全体の半分以下に過ぎず、お金は二の次という結果になっています。しかし、司法書士を目指している人にとって、司法書士になるとどれぐらい稼げるのかはやはり重要な問題でしょう。この点についてインターネット上には様々な情報があふれていますが、今回は、実際はどうなのかというリアルなところをお話していきます。司法書士の平均年収は500万円以下が相場司法書士全体の平均年

作業療法士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

作業療法士は、病院や福祉施設、または地域包括支援センターや市役所の行政等で勤務することができるため、世の中の景気に大きく左右されることなく常に安定した収入を得ることが可能な仕事です。また、作業療法士になるためには専門学校や大学へ最低3年は学校に通い、実際の病院や施設で臨床実習を経て国家試験を合格する必要があり、作業療法士資格取得のハードルも高いため、給料が高いというイメージがあるかもしれません。そこで今回は現役の作業療法士が、作業療法士の年収や手当等についてデータ(厚生労働省統計データ参照)と共に皆様にお伝えしていきたいと思います。作業療法士の平均年収は約400万円が相場結論から言いますと、2

宅地建物取引士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

不動産業界で仕事をしようと考えるときに、持っておきたい資格の中でも特に重要だと言われているのが宅地建物取引士の資格です。宅地建物取引士は、資格を持っていないとできない仕事もあるし、そもそも不動産会社に5人に1人はいなければ営業ができない等、とても重要な資格者です。国家資格でもあり、受験生の17%から20%前後しか合格しないので、簡単に取れる資格でもないので、宅地建物取引士はとても貴重な人材とみなされます。不動産業界になくてはならない宅地建物取引士ですが、給与は他の業種や同じ不動産会社の営業などと比較して高額なのでしょうか。手当や賞与なども含めた年収面はどの程度差があるのでしょうか。宅地建物取引

通関士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

弁護士や税理士など法律を扱う職種は「士業」と呼ばれ、一般的にはその職業に就くことが難しい分年収も高いイメージがあります。輸出入の手続きを行う「通関士」も実はその士業の内の一つです。通関士として働く場合も、弁護士などと同様に「通関士資格」という国家資格に合格する必要があります。その試験は毎年合格率10%前後の難易度が高いものです。しかし弁護士など他の士業と異なる点は、個人での独立が難しく企業に所属することがほとんどの為平均年収は特別高くはないという点でsy。またその金額も、年齢や所属する企業によって異なります。ここでは、通関士の一般的な年収について詳しくご紹介していきます。通関士の平均年収は40

消防士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、以前消防士として働いていた筆者が、その経験をもとに消防士の年収や待遇、仕事内容などを内部的視点でお伝えさせていただきます。消防士というのは「地方公務員」であり、その身分には大きく分けて二つに分かれます。消防士の年収や待遇は各市町村が定める給与条例等に基づいており、市町村により差があるということが前提となります。概ね、大都市の職員の給与ほど高い傾向にあります。二つの身分というのは「公安職」か「行政職」かです。公安職とは、一般の人が思い浮かべる消防士の仕事…火事を消したり、救急車に乗っていたり、それに加えて火災予防の指導をしたり…こうした「いわゆる消防士」としての業務だけをする消防士

公認会計士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、公認会計士の平均年収や給与の構成要素及びケース別での給与についてご紹介いたします。まず、公認会計士とは難関国家資格の一つに位置づけられており、監査業務を独占業務として、その他税務、コンサル等多岐にわたり業務を行うことができます。大手・中堅監査法人によってそこまで大差は有りませんが、下記では一般的な年収水準のご説明をさせていただきます。公認会計士の平均年収は約1000万円が相場まず、公認会計士としての平均年収は約1000万円位となります。公認会計士の有資格者の勤務形態としては、多くは監査法人で勤務される方が多いですが、税理法人・コンサルティング会社等で専門家として働く方、個人で独立

ネットワークエンジニアの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、ネットワークエンジニアの年収について、あらゆる角度からご紹介します。ネットワークエンジニアとは、IT関連の業種の中で、ネットワークの設計や構築、運用を担当するエンジニアです。IT関連の業種の中でも、アプリケーションエンジニアやサーバーエンジニアと比べて人数が少ない一方で需要は一定数存在するため、ネットワークエンジニアの年収は比較的に高い部類に入ります。また、自分でスキルを身につければ、その分年収がグングンと上がっていきます。では、ネットワークエンジニアの年収について早速詳しく見ていきましょう。ネットワークエンジニアの平均年収は400万円~900万円が相場ネットワークエンジニアの平

国家公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・各種手当について

就職や転職を目指す人は、景気が良い時は民間企業、悪くなると公務員を選択する傾向にあります。公務員は身分が安定していて経済状況にあまり左右されない、という認識を持つ人が多いようです。そこで公務員の給与・初任給・賞与(期末手当)・各種手当などについて徹底解説しますので、参考にして就職・転職活動に役立ててください。なお、公務員には地方公務員も含まれますが、ここでは国家公務員についてのみ取り上げます。従って、以下に記述する公務員は内閣総理大臣・国会議員・裁判官等法令で定める特別公務員を除く全ての国家公務員です。地方公務員は国家公務員に準じているのが原則ですが、県・大都市・各市町村等組織や人員がそれぞれ

言語聴覚士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

医療や介護の現場で働く「言語聴覚士」という仕事があります。言語聴覚士は理学療法士や作業療法士と並ぶリハビリを行うセラピストです。言語聴覚士は1997年に国家資格として制定されたばかりの比較的新しい資格ですが、超高齢社会の日本においてその需要は高まっています。今回は病院や介護施設などの職場による収入の違いやキャリアアップについて、言語聴覚士の給料や賞与を詳しくご紹介します。言語聴覚士の平均年収は350万円が相場就職して1年目は賞与が全額支給されないため、350万円より低くなります。また、地域によって金額が変わることはあるでしょう。言語聴覚士の年収は決して高くありません。ただしそれは、言語聴覚士は

不動産鑑定士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

不動産鑑定士は国家資格の中でも難関と言われる資格で、実務修習が必要なこともあり、資格取得までには多額の費用と多くの時間を要します。資格取得が大変であるだけに、これから不動産鑑定士を目指す方には不動産鑑定士の年収が気になるのは当然だと思います。また、既に不動産鑑定士の方であれば、転職によってどれだけ年収アップするのかも気になることでしょう。今回は不動産鑑定士の年収について解説していきます。不動産鑑定士の平均年収は650万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、平成30年における企業規模が10人以上の会社における不動産鑑定士の収入は、年齢45.8歳、勤続年数3.9年で、決まって支給する現

動物看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

動物看護師は、動物病院で獣医師のサポートをメインとする職業です。動物医療における専門性の高さから、令和元年6月愛玩動物看護師法が公布のもと、愛玩動物看護師という名で国家資格化も決定しました(試験方法や試験開始時期などは検討中のため現状は未定です)。この記事では、そんな動物看護師の初任給の手取り給料や年収、その他の待遇面に関して、私の経験も踏まえてお話していこうと思います。動物看護師の平均年収は300万円以下が相場動物看護師の年収の平均的な相場は、200万円台から多く見積もっても300万円程度といったところです。専門職と言っても、思っていたより年収は高くないなと思われた方も多いかと思います。動物

電気工事士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

電気工事士になると、手に職がつくから給与的にも安心というイメージがありますよね。とは言え、実際はどれくらいのお給料が貰えるのかも知っておきたいところ。そこで今回は、電気工事士の年収や給料、ボーナスなど、気になるお金のことについて解説いたします。電気工事士の平均年収は400万円~500万円が相場電気工事士の平均年収は400万円~500万円となっています。もちろんこれは一例で、会社の規模や仕事内容によっても様々。例えば、エアコン取付工事を専門にしている会社もあれば、新築マンションや工場など大掛かりな配線工事を専門にしている会社もあります。他にも、会社から独立して個人事業主になると、実力によっては平

美容師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

美容師は、一見華やかな仕事に見えて、実は「お給料が少ない」「福利厚生がしっかりしていない」「残業手当がない」「休みが少ない」「労働時間が長い」など、傍から見たらブラック企業みたいなもの。それだけ、大変な仕事と言えるでしょう。それでも、仕事が楽しいからこそ続けていられるという人も沢山います。一般企業のように、上下関係がなくみんなが仲良いサロンも多くありますから。美容師は、アシスタントの時に4割が離職すると言われています。ただ、これから美容師を目指している人には、しっかりと現実を知ってから美容師の世界に飛び込んでもらいたいと思いますので、この記事で美容師のお給料について詳しくご紹介します。美容師の

中小企業診断士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

中小企業診断士の資格取得に興味のあるビジネスパーソンは多いと思います。中小企業診断士は、主に中小企業を対象に経営コンサルティングを行い、企業の成長を促し経営課題を解決する専門家です。経営コンサルティング業務自体は、ビジネスの知識や経験を備えた方であれば、中小企業診断士ではなくても行うことはできます。実際に資格がなくとも経営コンサルティングを行っている個人や会社も沢山ありますが、特に中小企業支援法に基づき、国が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。また、この資格は経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格でもあります。では、中小企業診断士の年収はどのぐらいになるのでしょうか?

林業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

働くことを検討する上で、月々の給与や年収はとても気になる部分だと思います。特に林業は業界関係者や実際に就業している人と関わる機会も少なく、イメージの湧き難い産業だと思います。インターネットの口コミサイトなどでは「林業は年収が少ない」「稼げない」という意見がある一方で、「林業はすごく稼げる」といったものも見受けられます。実際のところどうなのかよく分からない林業の給与や年収について、林業業界で就業経験のある著者が解説をしていきます。林業の平均年収は350万円が相場林業の平均年収は、林業会社や森林組合、第3セクターなどの林業全体で350万円前後だと言われています。しかし、林業の年収は地域や働く事業体

調剤薬局事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚・出産後も働きやすく、全国どこでも求人があることから女性に人気の職業が調剤薬局事務です。調剤薬局事務の仕事に興味があるものの、実際の年収については知らない方が多いのではないでしょうか。本記事では、調剤薬局事務の平均年収や給与体系などについて解説します。調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円が相場調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円程度と、全体的に見ても決して高くはない給与水準です。この背景には、調剤薬局事務が無資格・未経験でも働ける職種であることが大きく関係しています。調剤薬局事務は専門知識が必要な職業ではありますが、仕事に就くための資格は必要なく未経験でも働けることから

臨床心理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

人の心と向き合う仕事、臨床心理士。臨床心理士はどのくらい稼げる仕事なのか興味がありませんか?割と非常勤が多いとは聞くけど、生活は不自由なくできるのか、大学院まで行くからにはそれ相応に貰えるのか、など、気になりますよね。今回は臨床心理士の年収などお給料事情について紹介いたします!臨床心理士の平均年収は300万円~400万円が相場臨床心理士の平均年収は300万円~400万円くらいが相場であると言われています。ただし、臨床心理士の年収は、個人によって非常に幅があります。というのも、非常勤が多く、結婚後は週に2日~3日程度働いているという臨床心理士が割と多いことが一つの理由として挙げられます。臨床心理

社労士(社会保険労務士)の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

社労士(社会保険労務士)は「人」のエキスパートであり、様々な形で会社を助ける頼もしい存在で、人気のある資格になります。しかし、その社労士になるためには、まずは数多くの法律を勉強し難関の試験を突破しなければなりません。また、試験に合格した後も、登録講習や定期的な勉強会など様々な手続きや勉学に励む必要があります。それでは、このような努力を重ねて実際に社労士になった場合、どのくらいの収入が見込めるのでしょうか。今回は、そんな社労士の気になる給与事情について紹介していきましょう。社労士(社会保険労務士)の平均年収は500万円が相場社労士の平均月収の相場は、おおよそ500万円と言われています。500万円

大学職員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

大学職員の仕事に興味があるけれど、実際のところ大学でのお給料ってどのくらいなの?と不安になる方も多いかと思います。非常に高給であるとか、いやいや年収が低すぎる…など、あちらこちらで話を聞くこともありますよね。大げさでも過小評価でもない職員の年収事情について、少し詳しく紹介していきましょう。大学職員の平均年収は約700万円が相場大学職員と一口に言っても、国公立大学と私立大学とでは大幅に待遇などが変わってきます。ここで言う平均年収とは大学職員全体のものですので、ここでは四年制大学卒業の新卒職員を例に、簡単に紹介していきます。国公立大学職員の平均年収新卒職員の年収は、約300万円~400万円で、全体

表示準備中