施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?

施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。

工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。

直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。

施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。

では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。

どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。

施工管理の平均年収は455万円が相場

総務省統計局が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、施工管理の全国の平均年収は455万円です。

全職種を見ても約85%が年収400万円~500万円ですので、施工管理の平均年収455万円という数字も高くも低くもない無難な数字といったところではないでしょうか。

施工管理と一口に言っても、様々な業種があります。

例えば、土木、内装、電気、設備です。

もちろん、これらの他にも施工管理が必要な業種はあります。

ですが、全てを見ていくわけにもいかないので、今回はこちらの4業種に絞って、平均年収を見ていきたいと思います。

(これからご紹介するデータは、全て「賃金構造基本統計調査/総務省統計局」を基に作成しております)

土木関係の施工管理

まずは、土木の施工管理です。

20歳以下では平均年収292.1万円と安い部類に入っていますが、30歳~35歳では平均450.9万円、36歳~40歳では平均491.6万円と、年齢や経験を重ねるごとに給料がしっかりと上がるのが特徴です。

50歳以上になると平均年収が571.9万円になるので、全職種の平均年収と比較をしてもさほど大きな差は生じません。

内装関係の施工管理

次に、内装の施工管理についてご紹介します。

こちらは、1級建築施工管理技士や2級建築施工管理技士という資格の有無で給料も変わってきます。

有資格者がいる会社は、2000万円以上にも及ぶ大がかりな工事も請け負えるからです。

よって、1級建築施工管理技士の資格を持っていれば、平均年収で500万円は確実だと言えるでしょう。

また、2級建築施工管理技士の資格しか持っていないという施工管理士は、平均年収が400万円前後に留まってしまっています。

資格を取得するだけで年収が平均で100万円もアップするのですから、資格取得の意味は大いにありそうですよね。

電気関係の施工管理

三つ目には、電気の施工管理が挙げられます。

こちらは、1級電気工事施工管理技士や2級電気工事施工管理技士という資格の有無でも給料が変わってきます。

1級電気工事施工管理技士の資格を持っていれば、30代~40代の平均年収は450万円前後です。

2級電気工事施工管理技士の資格であれば、少し下がって400万円前後であることが分かっています。

もちろん、在籍している会社の規模によっても年収は変わってきます。

30代~40代で1級電気工事施工管理技士の資格を持っている人の中には、年収800万円~1000万円ちかくまで貰っている施工管理もいます。

設備関係の施工管理

最後に、設備の施工管理のご紹介をします。

こちらは、どんな資格を持っているかによって年収が大きく異なります。

設備関係の資格は数多くありますから、年収アップを目指すのであれば、自分がよく就く施工管理の仕事に合った資格を取得してみるのも一つの手でしょう。

資格の有無によっても変動はありますが、資格なしの場合は平均年収400万円前後、何らかの資格を持っているだけで平均年収が500万円~800万円程までにはいくと言われています。

施工管理の年収・給料の構成要素

施工管理の平均年収がお分かり頂けたところで、次に年収や給料の構成要素を見ていきたいと思います。

施工管理の年収は、「基本給」「能力給」「歩合」「ボーナス」の構成になっている場合が多くあります。

では、それらの給料の取り決めは、どうなっているのでしょうか。

基本給・能力給などはどうなっているの?

給料に必ずある基本給と能力給ですが、これはそれぞれの会社によって金額が異なります。

多くの会社では基本給を15万円~30万円に設定していることが多く、その中に残業手当が含まれている場合があります。

残業手当が別途定められている場合は、基本給が比較的低い数値になっているのではないでしょうか。

基本給とは別に5万円~10万円程度の能力給が加算されるのが一般的です。

能力給とは、その人がどれくらいの能力があって、どれくらい大きな現場が任せられるかという能力への評価に対する金額です。

ですので、実績を積んでいくことで徐々に金額が上昇していきます。

更に、自身が手掛けた工事の大きさによって「歩合」として給料が上乗せされるケースもあります。

これもまた、実績を積むことで大きな現場を任されるケースが増え、結果的に年収が上がるということです。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

賞与(ボーナス)は、企業の大きさによって最も変動する部分ではないでしょうか。

大企業の場合は、夏冬合わせて100万円以上もの賞与を貰える場合もあります。

普段の給料が低くても、賞与が他よりも高いというだけでモチベーションアップに繋がりますよね。

反対に中小企業や零細企業の場合は、そもそも賞与がないという会社もあります。

あったとしても、10万円~30万円程度、または寸志程度の会社も少なくはありません。

各種手当はどういったものがある?

施工管理では、施工管理技士の資格を取得すると「資格手当」を支給してくれる会社が多いです。

特に建築関係の施工管理であれば、施工管理技士の資格を持っているだけで手当が付きますし、万が一転職をする際にも有利でしょう。

というのも、建設業法で「建設現場には施工管理技士を1名以上置くこと」という決まりがあるからです。

会社にとって、施工管理技士の有資格者が複数いればいるほど受けられる仕事の幅が広くなるということです。

その分、施工管理技士の有資格者に給料として還元しようというのは真っ当な考えですよね。

更に、役職に就くと「役職手当」が貰えるので、年収はかなり上がるでしょう。

例えば、主任の平均年収が429.0万円なのに対し、課長になると平均年収が705.6万円に急上昇します。

更に部長になると、平均年収は780.0万円にまで達するのです。

役職に就くには経験年数と実績が物を言いますので、若い頃から将来の為に頑張ってみるのも悪くはないでしょう。

「家族手当」や「住宅手当」を支払ってくれる会社もあります。

これらはあくまでも会社が独自に支払っているものですので、絶対に貰えるものではありません。

家族手当や住宅手当の出る会社でさえも、せいぜい月に各1万円~2万円程だと言えるでしょう。

施工管理は、工事がギリギリの進捗状況で納期に間に合わないかもという場合には休日出勤をせざるを得ない日もあるかもしれません。

その場合に「休日手当」を出してくれる良心的な会社もあります。

1日3,000円~5,000円程ではありますが、出ないよりは出たほうがやる気はアップしますよね。

また、出る出ないは企業によりますが、「お茶代」を月に8,000円程度出してくれる会社もあります。

施工管理は、基本的に外で仕事をします。

事務仕事などの場合は事務所で無料のお茶やコーヒーが飲めますが、施工管理はそれができません。

そういう理由で、施工管理のみならず基本事務所外で働く作業員や営業職に対し「お茶代」を出してくれる良心的な会社もあるようです。

施工管理の雇用形態別の年収を見る

施工管理には、他業種と同じように正社員、派遣社員、アルバイト、自営業と、様々な働き方があります。

それぞれの働き方にはメリットとデメリットが存在していますが、年収面ではどのような違いがあるのでしょうか。

大企業正社員の場合の施工管理の年収

大企業の正社員として働いた場合、当たり前ではありますが最も年収が高くなります。

平均年収は高くて1500万円、平均でも600万円~700万円も夢ではないでしょう。

大企業の正社員の場合は、新卒時代の年収も300万円~350万円と比較的高いです。

しかし、それだけ工事数が多く、早くに自立をしなければならないというプレッシャーもあるでしょう。

大企業正社員の給料面での一番のメリットは、夏と冬の年2回、中小企業よりも多額を貰える賞与があるということです。

これが平均年収を押し上げている最もの要因ではないでしょうか。

派遣社員の場合の施工管理の年収

派遣社員として施工管理で働いた場合の平均時給は1,804円です。

例えば、毎日8時間勤務の週休2日制だとしましょう。

1日に稼げる金額は14,432円です。

1ヶ月22日の勤務日があったと仮定すると月収が317,504円になりますので、単純計算で年収は約381万円となります。

ただ、基本的には賞与はないですし、体調不良などで休んだ分は給料が引かれます。

更に、工事が早く終わった等の理由で、1日8時間働かない日も出てくるかもしれません。

派遣社員は正社員に比べて責任感という部分は重要視されません。

そこがメリットとも言えるでしょう。

しかし、正社員に比べて不安定ではあります。

そういうことを考えると、年収381万円に届かない可能性も充分に出てくるのが怖いところではないでしょうか。

アルバイトの場合の施工管理の年収

アルバイトとして施工管理で働いた場合の平均時給は1,002円です。

先ほどと同じ勤務日数や時間で例えてみると、1日に稼げる金額が8,016円、1ヶ月では176,352円、年収に換算すると約211万円です。

派遣社員と同じようなデメリットもありますし、ここから社会保険や年金などを支払わなければならないので、生活は苦しいものになるのではないでしょうか。

自営業の場合の施工管理の年収

自営業の場合は、自分の頑張り次第で、会社員時代の年収を下回りも上回りもします。

例えば、年収が200万円代になってしまう人もいれば、1000万円前後を稼げる自営業主もいるわけです。

自営業の施工管理は、会社員時代に人脈を作っておいて、それを活用して仕事を貰い、どんどん収入を上げていくという方法が一般的です。

ですので、年収を上げるためには自らの人脈と仕事を取ってくるスキルが最も求められているものです。

施工管理不足で困っている会社があれば、そこに営業をかけることで高い報酬を望める可能性もあるでしょう。

友人の会社やお世話になった人の会社に出入りをしていれば、災害時などで工事の状況が芳しくない時でも、真っ先に切られるというケースを回避できるのではないでしょうか。

施工管理は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

施工管理で得られる最高年収は、勤務先の企業の大きさ、経験年数、実績によっても変わってきます。

しかし、全ての条件が揃えば年収1500万円も夢ではありません。

そこまでいかなくとも、大企業に勤務していて役職に就いていれば、年収1000万円越えも夢ではないでしょう。

中小企業の場合は、700万円~800万円が限度ではないでしょうか。

実は、大手の求人広告サイトで年収1000万円以上の施工管理の仕事を検索すると、30件以上もヒットするのです。

もちろん、畑違いの転職スタートでは、いきなりこの数字を出すことは不可能です。

しかし経験者であれば、転職後すぐに年収1000万円の給料を貰うことも夢ではないのです。

施工管理はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

同じ「働く」であれば、せっかくなら給料の良い勤務先で施工管理として働きたいですよね。

では、どのような勤務先であれば、年収が高くなるのでしょうか。

大手ゼネコンで働く場合の年収

施工管理で働こうとした場合、大手ゼネコンや名の知れ渡った企業に在籍するだけで、給料は平均値を割ることはないでしょう。

大手ゼネコンの場合は、新卒であっても最低年収400万円は保証されている会社が多いです。

なので、いくら実績がないという人でも、年収400万円を割ることはほぼほぼないでしょう。

ちなみに、大手ゼネコンで施工管理として働く場合の平均年収は530万円というデータもあります。

小規模企業の場合は初年度の年収が200万円台という会社も珍しくはないので、大手に入社するだけで給料面は潤うといったところでしょう。

都市部や宮城県・福島県で働く場合の年収

施工管理だけに言えることではないですが、都市部に本社や支店を構えている会社の場合、工事も当然都市部になるので、年収が高くなる傾向にあります。

厚生労働省の「都道府県別の平均給与比率」と、国税庁の「都道府県別年収」を参考に見て行きましょう。

例えば、地方と呼ばれている地域で施工管理として働いた場合、平均年収は350万円程です。

しかし、東京都で施工管理として働いた場合は、平均年収が700万円にもなるのです。

もちろん、地方と東京では家賃や食費、娯楽費などの出費に差があるのも事実です。

しかし、高い年収を目指すというだけを見れば、やはり都市部に出てきたほうが実現しやすいということです。

2011年に発生した東日本大震災の被災地・宮城県と福島県でも、施工管理の平均年収が450万円と地方にしては高い傾向にあります。

それは、まだまだ復興が全て完了しているわけではないからです。

未だに瓦礫が置かれている場所、当時は施設があったにも関わらず現在は更地になっている場所が多数あり、工事が追い付いていない状況なのです。

復興支援のために被災地で活躍したいと考える方は、一度被災地での施工管理の求人も調べてみると良いかもしれません。

自営業で働く場合の年収

自営業で働く場合も、年収アップが見込まれます。

自信のスキルと交渉技術が鍵を握りますが、会社員のように他人と関わらなくて済みますし、引き受けたくない仕事はキッパリと断ることもできるのが自営業の強みではないでしょうか。

全ての条件が揃えば、年収1000万円越えも夢ではありません。

賞与や保証がなく、怪我や病気をした時の保険加入は絶対というデメリットはあります。

しかし自分の働きたいように働けるということで、仕事にやりがいが出るのはメリットです。

これから施工管理になる人へのアドバイス

施工管理になるためには、リーダーシップが必要です。

学生時代に学級委員や部長などのリーダー的ポジションを務めたことがある人は、多いに歓迎されるのではないでしょうか。

そうでない人でも、他人とのコミュニケーションがきちんと取れるのであれば大丈夫です。

管理業務とは言え、体力勝負の仕事です。

また、豊富な知識が物を言います。

新卒で施工管理を考えている人も、転職で施工管理になろうと考えている人も、まずはその会社で請け負っている工事が自分の興味のある分野かを今一度確かめてみてください。

というのも、興味のない分野の場合ではなかなか実績が詰めない可能性が高いからです。

施工管理と言っても様々な業種がありますので、自身の興味のある業種の施工管理を目指すようにしてみると良いでしょう。

さいごに

施工管理の平均年収は、455万円だということが分かりました。

しかし、それはあくまでも平均値で、この値より上の人もいれば下の人もいるということです。

平均年収より上の金額を貰えるのか否かは、自身の頑張りによって変わります。

年収を上げたいのであれば、資格取得から始め、様々な現場を受け持ってみましょう。

そうすることで自分に不足していることが何かが見え、更に知識を付けるきっかけにもなり、結果的に年収アップに繋がるのではないでしょうか。

最終更新日:2020年5月26日

関連記事

デザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

デザイナーは、どの程度の年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような人が高い年収を得られるのでしょうか。これからデザイナーを目指そうとしている方・現在の自分の年収がデザイナーの平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役デザイナーの方などは、この記事を参考にしてみてください。※年収や初任給などについては、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」より独自に算出しています。目安としてご参考にしてください。デザイナーの平均年収は約430万円が相場デザイナーの平均年収は、約430万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、おおよそ平均程度は年収が得られる仕事と言って良いでしょう。

幼稚園教諭の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

幼稚園教諭の年収は?待遇は?これから働く人からすると、不安は尽きないことでしょう。本記事では、「幼稚園教諭」の年収や初任給から仕事に必要なスキルなどを詳しく解説しています。これから幼稚園教諭になりたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さいね。幼稚園教諭の平均年収300万円が相場園の運営形態にもよるため、一概にも平均で300万円が年収として決まるというわけでもありません。私立の幼稚園であれば、給料も待遇も園の裁量に任せているため、公立よりも若干の差は生まれます。幼稚園教諭の初任給はどのぐらい?初任給は月22万前後、短大卒で月17万円~18万円です。サラリーマンとさほど変わりがないと言えます。

プロ棋士の年収を徹底解説|給料の構成要素・賞金・目指せる最高年収

藤井聡太七段のタイトル挑戦や、「将棋メシ」でも注目を集める将棋。その「将棋」を指すことを仕事にしているのがプロ棋士と呼ばれる人々です。将棋を極めたプロ棋士が得ることのできる年収を、能力や仕事別に解説していきたいと思います。(棋士の段位やタイトル保持者は2020年6月時点でのものです。)プロ棋士の平均年収は約700万円~800万円が相場プロ棋士の平均年収はいくらぐらいになるのでしょうか?日本将棋連盟にプロ棋士として登録されている人数は約160名で、その年収の平均は約700万円~800万円と推定されます。トップ棋士になれば年収が1億円を超えることもありますが、年収1000万円を超える棋士は上位10

通訳の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

外国語を自在に操る通訳は、英語などの外国語を学んでいる人が将来なりたい職業の一つです。大学や語学の専門学校で通訳の養成課程がある授業を受けることが好ましく、また海外留学の経験もとても役に立ちます。留学を考えている人や現在海外に留学している人なども、毎日現地語で切磋琢磨しないと語彙数を増やせませんし、ネイティブ特有の言い回しを理解できません。では、そんな通訳の年収はどれくらいなのでしょうか。通訳の年収や働き方についてご紹介致します。通訳の平均年収は405万円が相場通訳の年収は働き方によって大きく差がありますが、平均値をとると約405万円程度です。日本全体の平均年収が400万円程度だということを考

不動産営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「不動産営業と聞くと年収が高いイメージがあるけど実際どうなの?」「勤務年数や役職で年収は変わるの?」など、実際に不動産営業をしたことのある人でないと、分からないことも多いと思います。一般的には不動産の営業マンと聞くと年収が高いイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?今回は、不動産営業の平均年収や年収の上げ方について紹介します。不動産営業の平均年収は429万円が相場不動産営業の年収は高いイメージがありますが、実は429万円が相場です。しかし、給与幅として300万円〜900万円ほどであるため、かなりの差があります。なぜここまでの差があるのかというと、雇用形態や勤務先、スキル、経験などによっ

パチプロの年収を徹底解説|年収が高い人のスキルや特徴・年収アップのコツなどを紹介

駅前や郊外のパチンコ店の前で沢山の客が並んでいる姿を見かけたりします。市場規模が20兆円とも言われる巨大な娯楽産業であるパチンコですが、ギャンブル、ストレス発散の遊びなど、様々な目的で客はパチンコ店に出かけているのだと思います。その目的の中で、お金を稼ぐことを目的としてパチンコ店に行き、継続して利益を上げていくのがパチプロです。パチプロの定義というもの特にありません。ざっくりした表現だとパチンコ、パチスロで稼いで生活できる人のことをパチプロと呼びます。さて、パチプロはどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。こちらの記事では、パチプロの年収についてご紹介していきます。パチプロの平均年収は350万

ライターの年収を徹底解説|給料の構成要素や年収を上げる方法

言葉で表現することを仕事にしている人のことを「ライター」と言います。文字を書くことを生業にするという意味では、ライターという職業は平安時代から存在していたとも言えるでしょう。一概にライターと言っても、「シナリオライター」から「コピーライター」に至るまで、文章のジャンルの数だけ様々なライターがいます。インターネットの普及によって、最近では「webライター」という新たな職種も登場しました。今回はそんなライターの年収について徹底解説します! ライターの平均年収の相場とは? 数ある職種の中でもライターは圧倒的にフリーランスの割合が高くなりました。平均月収15万円~20万円、年収にして200万円前後と意

フリーランス(個人事業主)の年収を徹底解説|業種別の年収や年収をアップさせるためにやるべきこと

フリーランスという働き方は、今とても注目されている形態です。場所を問わず、ある程度自分が好きなように働けるので、会社という組織に縛られず自由に働いて稼いでいきたい人は憧れるでしょう。そんなフリーランスですが、年収はどのくらいなのでしょうか。また、どんなスキルがあると収入が増えるのでしょうか。これからフリーランスになりたいという方、またフリーランスで働いているけれども、なかなか収入が上がらないという方はぜひ参考にしてみてください。フリーランス(個人事業主)の平均年収は300万円が相場フリーランスと言っても、ライターからエンジニアまで様々な業種があります。ここでは、全てのフリーランスの方の年収を平

准看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師はなんとなく年収が高いイメージがありますが、果たして准看護師もそうなのでしょうか?この記事では、厚生労働省のデータ(令和元年賃金構造基本統計調査)に基づき、准看護師の年収について解説していきます。准看護師の平均年収は400万円が相場准看護師に平均年収は大体400万円程度と考えておくと良いと思います。平均年齢:50.2歳勤続年数:11.6年労働時間:158時間/月超過労働:3時間/月月額給与:282,400円年間賞与:641,600円平均年収:4,030,400円※平均年収は、「月額給与×12+年間賞与」で計算しています。ちなみに男性と女性で若干の差はあるものの、多職種と比較するとそこまで

SEの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「SE(システムエンジニア)になってみたいな」「SEを目指してみたいな」と思っていても、SEは稼げるのか?年収はどのくらい?新卒や中途でSEになっても大丈夫なの?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、SEの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!SEに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。SEの平均年収は約569万円が相場厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(令和元年)」をもとに、SEの平均年収を算出してみました。システムエンジニア欄の「決まって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」より、平均年収を計算してい

DJの年収を徹底解説|年収の決まり方や最高年収、年収アップさせる方法

クラブやライブハウスなどで活躍する数多くのDJがいます。しかし、DJの活動だけで生計を成り立たせるのはかなり厳しいのが現状です。昼間の仕事や副業と掛け持ちしながら活動を続けるDJが圧倒的に多いです。この記事では、DJの年収について見ていきたいと思います。DJの平均年収は150万円~200万円が相場日本人のDJ(クラブDJ)の平均年収は150万円~200万円ほどです。DJのみでの収入では生計を成り立たせるのは難しいのが現状です。DJの年収・給料の構成要素フリーランスとして活動するDJが圧倒的に多いため、福利厚生はありません。店舗での専属DJとして契約した場合でも、年収100万に届くまではかなりの

パイロットの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年収の高い業種と聞いて真っ先に思いつくのは医者ではないでしょうか。しかし、実はパイロットは、場合によっては医者よりもかなりの高給取りなのです。実際にどのくらい貰っているのか、気になるところだと思います。そこで今回は、これからパイロットを目指している方や憧れを抱いている方などパイロットに興味のある人に向けて、厳しい審査を全てクリアした限られた人のみがなれる業種「パイロット」の年収をはじめ、勤務形態、必要なスキルなどをご紹介していきます。パイロットの平均年収は1000万円~1250万円が相場平均の内訳は、旅客機の操縦士の年齢別の年収と、大手日系航空会社、日系格安航空会社、大手外資系航空会社(国営の

ウェディングプランナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚式のプロデュースをするウエディングプランナーは、主に結婚式に関する事前準備や当日までのサポートを行っています。結婚式を挙げるカップルから依頼を受けると、何度も打ち合わせを重ね、日取りから予算、衣装や招待状に至るまで手配し、多くのカップルたちの助けとなっています。ただ、仕事内容の大変さなどを考えると、果たして見合うだけの年収なのでしょうか?この記事では、ウェディングプランナーの給料や初任給、賞与や各種手当など、年収について詳しく紹介していきましょう。ウェディングプランナーの初任給はどのぐらい?ウエディングプランナーの初任給は、月18万円~20万円程度が相場とされています。もちろん企業によって

鍼灸師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

鍼灸師とは、縫い針や注射針ではない、施術用の鍼(はり)と灸(きゅう)を使って、身体にもともと備わっている自己治癒力を高め、症状を抑えていく資格です。2018年に鍼灸を「伝統医療」としてWHO(世界保健機構)が認定したことにより、世の中の東洋医学に対する印象が変わり、鍼灸の需要が高まってきています。今回は、そんな鍼灸師の気になる給料について紹介していきます。鍼灸師の平均年収は330万円~400万円が相場鍼灸師の平均年収は、おおよそ330万円~400万円と言われています。年収は経験値や技術力、勤務形態、勤務場所などで変わってきますが、年齢による差はあまりありません。特に経験値や技術力は年収に影響し

美容部員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

きれいにメイクをし、化粧品に囲まれながら仕事をする美容部員は、華やかで憧れのお仕事ですよね。今回は、美容部員として働いた経験から、美容部員の仕事内容や年収についてご紹介していきます。美容部員の平均年収は300万円~400万円が相場美容部員の年収は、勤務している会社、特に日系メーカーか外資系メーカーなのかによっても異なります。外資系メーカーは売上に応じた歩合給の部分が日系メーカーに比べて多い場合があり、年収が高い傾向にあります。また、大手ブランドの化粧品販売員の方が、年収が高い場合が多いです。美容部員の初任給はどのぐらい?初任給は、月20万円前後が一般的です。大卒、短大・専門学校卒など最終学歴に

モデルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

雑誌のモデルから世界的に活躍するファッションモデルまで、モデルは女性の憧れの職業の一つでもあります。もちろん男性モデルも存在しますが、一般的にモデルと言えば、華やかな衣装を身にまとった女性モデルをイメージするはずです。今回はそんなモデルの年収を、モデルの種類や仕事別に徹底解説していきたいと思います。モデルの平均年収は200万円~300万円が相場前述したように、モデルというのは上と下では天と地の差があるほど給料差も激しく、世界的に見ればその差も更に広がります。モデルも様々な種類があるので一概にはまとめにくいですが、一般的な平均は200万円~300万円と言われています。ただ、中には副業としてやって

バス運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

これからバスの運転手を目指そうと思った時に気になるのは、平均年収がどのくらいかということです。働く以上は年収が大きなモチベーションに繋がりますし、生活を支えるためにも重要な方法だと言えます。平均年収が分かったところで、次に実践したいのは自分の年収をどうやって上げるのかどうかです。今の年収に甘んじるのではなく、もっと年収を上げるためにできることがあります。それでは、バスの運転手の平均年収などをご説明しましょう。バス運転手の平均年収は450万円が相場バスの運転手と言っても様々な種類がありますが、基本的にバス運転手全体の平均年収は450万円となっています。こちらの平均年収は平成30年に厚生労働省が発

国家一般職の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「公務員の給料は高すぎる」「公務員の給料も民間の水準に合わせるべき」など、公務員の給与についてはよく議論されます。ニュースなどで国税庁長官の年収は2000万円超などと報道され、そのイメージで公務員の給与は高いと思うかもしれません。しかしながら、役所の窓口で働いている一般的な公務員の年収は、実はあまり知らないかもしれません。この記事では、国家一般職の年収や給料の内訳について解説します。ちなみに、一口で国家一般職と言っても、定義によって内訳は変わってしまいます。総理大臣や各大臣と比較して、霞ヶ関の官僚についても一般職と呼ぶ場合と、国家公務員の採用試験である国家一般職に合格した職員を国家一般職と呼ぶ

パラリーガルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

最近耳にする機会が増えた職業の一つにパラリーガルがあります。パラリーガルは弁護士秘書や事務員とは異なり、弁護士資格は持たないものの、弁護士の指示に従って限定的な法律業務を行いサポートする仕事です。法律事務所や企業の法務部に勤務する一般事務員の場合、法律に関する知識は必須ではありません。しかし、パラリーガルの場合はその職務上、法学部出身者や法律に明るいことが条件です。今回は弁護士資格がなくても法律に携わる仕事ができるパラリーガルの気になる年収を徹底解説していきましょう。パラリーガルの平均年収は400万円弱が相場法律事務所や一般企業の法務部など様々な勤務先がパラリーガルにはあり、その勤務先と年齢に

一級建築士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

建築士を目指している方なら憧れの資格の「一級建築士」。非常に難しいですが、その分建築設計という仕事の幅が広がるため、受験希望者は毎年非常に多くいます。建築士の資格は主に木造建築士・二級建築士・一級建築士の三つの資格に分かれますが、建築士の資格の最高峰の一級建築士の給与や年収はどんなものなのでしょうか。今回の記事では、この一級建築士の気になる年収や収入状況について解説していきます。これから一級建築士を目指す皆さんは、是非参考にしてみてください。一級建築士の平均年収は650万円~750万円が相場まず、一級建築士の平均年収は650万円~750万円が相場です。しかし、この年収は経験の浅い建築士から経験

表示準備中