精神科医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


この記事では、精神科医の年収について見ていきたいと思います。

主なデータは、2012年9月公表に公表された、独立行政法人労働政策研究・研修機構による「勤務医の就労実態と意識に関する調査」(以下、「勤務医調査」)から引用しています。

この「勤務医調査」のデータを読み解きつつ、実体験に基づく最近の勤務医事情なども交えながら、具体的に紹介していきたいと思います。

精神科医の平均年収は1230万円が相場

「勤務医調査」に基づくと、精神科医の平均年収は1230.2万円との結果でした。

これは、他の診療科と比べても平均的な額です(最高平均額は脳神経外科で1480万円、最低平均額は眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科で1079万円)。

しかし、これはあくまで平均値であり、主たる勤務先がどこなのか、開業しているか否か、勤務時間あたりの給与に換算すると他の診療科と比べてどれぐらい異なるか等、総合的に評価する必要があります。

精神科医の年収・給料の構成要素

精神科医の年収は、「基本給(外勤先を含む)」「当直手当(当直回数)」「ボーナス」「各種手当て」の構成になっている場合が多くあります。

基本給(外勤先を含む)はどうなっているの?

一般的に、精神科に限らず専門科に進んだ医師の給与は、大学病院に勤めるか、その他の総合病院などに勤めるかで、主たる勤務先から支給される給与額が大きく変わります。

大学病院に勤務している場合、その地域にある他の病院で週1回の「外勤」と呼ばれる非常勤業務をしている場合が多いです。

そして、大学からの月給と、週1回×4回の非常勤の給与が、同程度の場合もあります。

筆者は、この働き方に該当しており、これに加えて大学と非常勤先の当直を追加することで平均的な年収を得ています。

一方、大学以外の総合病院や単科精神科病院(いわゆる「精神病院」)ではそのような「外勤」はなく、給与は勤務先からそれなりの額が支給されます。そして多くの場合、外勤を含めた大学勤務で得られる給与よりも高くなる傾向があります。

当直手当てはどれくらい?

当直を行う場合、常勤先で行う当直と非常勤先で行う当直とで金額が異なる場合が多いです。

常勤先の場合、1回あたり2万円〜3万円あたりが相場と考えられます。

一方、非常勤先(すなわち総合病院精神科もしくは単科精神科病院)での当直は、1回あたり4万円〜5万円になる場合もあります(日当直と言われる24時間勤務だと、1回8万円〜10万円程度)。

これは、総合病院精神科や単科精神科病院では常勤医師が少ない場合も多く、外来や当直の人員を確保できないこともあり、やや高額に設定した当直料をもって医師を確保している意味もあります。これは地域差が大きいと考えられますので、医療過疎が深刻な地域であれば、手当てはもっと上がると考えて良いでしょう。

当直回数について

給与に直結するのが当直回数です。「勤務医調査」によれば、精神科は月5回以上当直する医師の割合が20.0%で第4位と、比較的高い割合となっています。一方、当直中にみる患者数は少なく、当直中の平均睡眠時間は全診療科のなかで第1位となっています。

以上の理由で当直回数が多くなっているのは間違いありませんが、当直翌日が通常通りの勤務になっていることも多いです。

夜中に電話相談を受けたり、不穏患者への対応にあたることも稀ではないため、当直翌日の勤務が大変な場合もあります。

それでも、土日や連休を利用して2日~4日間程度連続で勤務をこなす医師もいます。

これは、救急車の対応を絶え間なく行う救急科の医師ではできない働き方です。

賞与(ボーナス)

賞与は支給される病院とそうでない病院があるため、一概には言えません。

もちろん、賞与が支給されない病院では月給が高めに設定されていることもあります。

各種手当はどういったものがある?

措置診察

精神科医としての当直以外の手当てと言えば、「措置診察」が挙げられます。

精神科の入院には、代表的なものとして「任意入院」「医療保護入院」「措置入院」があります。

任意入院は患者本人の同意に基づく入院、医療保護入院は患者以外の親族の同意に基づく入院、措置入院は都道府県知事の命令に基づく入院です。

医療保護入院と措置入院は、精神科経験3年以上を有する医師で、且つ精神保健指定医という資格を取得した医師のみが判断できます。

ただ措置入院の場合は、自傷他害の恐れがある患者であり、精神保健指定医2名が診察をして2名とも入院を要すると判断した場合にのみ患者が入院となります。

この入院の要否を判断する診察が、「措置診察」と呼ばれるものです。

措置入院の需要は常にあり、措置診察をするために地域の精神保健指定医が持ち回りで担当している場合もあります。

筆者の自治医大では1回2万円弱の支給がありますが、当番日に措置診察自体がない場合もあるので、固定した収入ではありません。

看護学校への講義

全ての医師が行うわけではありませんが、ある程度経験年数を積んだ医師であれば、看護学校への講義を依頼されることもあります。

授業を行う場所は看護専門学校が多いですが、授業料は決して高いものではありません。

講義の準備などに費やす時間を考えると正直割が合うものではありませんが、看護師の卵である人たちに伝えたいことを直接伝えられるというのは大変貴重な機会ですし、楽しいものです。

また、このようなプレゼンテーションを積み重ねていくことで、自分のスキルアップに繋がったり、資料が蓄積していくことで新たなプレゼンテーションの準備が楽になったりするので、長く続けられると良いでしょう。

私も複数の看護学校で講義を担当していますが、稼ぎに行くという感覚はなく、授業を楽しみにして行っています。

精神鑑定

特定の医師に依頼が集中する場合が多いかもしれませんが、経験豊富な医師が日常業務と並行して行っている場合があります。

何らかの犯罪行為があり加害者に精神疾患があると想定されるような場合、責任能力を問えるかどうか、精神科医が診察をして鑑定書を作成する必要があります。

鑑定書を作成し終えた後に鑑定料が払い込まれますが、私が経験したあるケースでは40万円程度でした。

ただし、複数の医師あるいは心理師が関与して作成していくため、これを分配することになります。

面会のために何度も拘置所に足を運んだり、心理検査の予定を組んだりしながら、膨大な量の資料をもとにして長文の鑑定書を作成します。

大きな社会的責任を伴う作業でもあるため多大な労力を要する仕事でもありますが、司法精神医学と呼ばれるこの分野を専門とする精神科医も少なくありません。

精神科医の雇用形態別の年収を見る

精神科医に限らずそうですが、勤務医か開業医かによって給与形態や給与額は全く変わってきます。

勤務医の場合の精神科医の年収

先に述べた通り、勤務先が大学病院であるかどうか、当直回数をどの程度こなすか、などによって幅はあります。

ただ、私の経験や周囲の話を聞く限り、大学病院では1000万円〜1500万円程度、総合病院精神科や単科精神科病院では1300万円〜1800万円程度のことが多いと思われます。

もちろん大学病院勤務でも、経験年数が多く他の病院で当直回数をこなして2000万円ちかく給与を得ている医師もいます。

開業医の場合の精神科医の年収

少し古いデータですが、日本医師会総合政策研究機構が2006年のデータをまとめた「診療所開設者の年収に関する調査・分析」によれば精神科開業医の「手取り」年収は1393万円で、眼科に次ぎ第2位となっています。

しかし、この報告書を見ると、「手取り年収の高い一部の客体が平均を押し上げている」と指摘されており、多くの開業医の収入はもう少し低い可能性があります。

おそらくは、精神科領域でも「自由診療」で利益を上げている開業医があるため、その開業医らが平均を押し上げているものと考えられます。

精神科の開業は初期費用が抑えられると言われますが、他の診療科ほど高収入を目指すのは難しいのかもしれません。

それでも、デイケアと言われる通所施設を併設するなど工夫は可能ですので、やはり開業医ごとに収入のバラツキは大きいと言えるでしょう。

精神科医は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

勤務医として働いている限りは、2000万円あたりの収入が一つの壁になると考えられます。

一方開業医では、「診療所開設者の年収に関する調査・分析」の図に基づくと、最高6000万円の手取り収入を得ている診療所もあることが分かります(内科では1億円、眼科では9000万円を超えるところあり)。

診療の内容や経営手法までは分かりませんが、データだけ見れば6000万円までは目指せると言えるでしょう。

精神科医はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

先に述べた通り、大学病院勤務、その他の病院勤務、開業医勤務のどれかによって年収は異なります。

ここでは、それぞれの勤務先で収入を高くする方法について見ていきます。

大学病院で働く場合の年収

大学病院の基本給や当直料は比較的安いため、「外勤」での当直回数をどの程度増やすかによって年収は変わってきます。

例えば月に2回、土曜か日曜に1回あたり10万円が支給される24時間勤務の「日当直」を定期的に行えば、月に20万円、年240万円の収入アップが期待できます。

ただし、この収入は「額面」の金額であり、源泉徴収などがほとんどなされていないこともあるため、累進課税に基づき課税されることを知っておく必要があります。

また、大学では先に述べた看護学校での講義・措置診察・精神鑑定の依頼を受けることが多いため、これらを積極的に行うことも収入を上げることに直結していきます。

総合病院・単科精神科病院で働く場合の年収

多くの場合、勤務先の給与だけで充分な収入が得られる場合が多いと考えられます。

より高収入を目指す人の場合は、同時に他の施設で非常勤として当直を掛け持ちしている場合もあります。

このような勤務形態を続けられれば、2000万円程度を目指すことも可能になってくるでしょう。

開業医で働く場合の年収

「診療所開設者の年収に関する調査・分析」に基づく2006年のデータでは、手取り給与にして1393万円ですが、これも立地や集客力によって大きく異なるでしょう。

デイケアを併設しているクリニックや自由診療を行っているクリニックでは、収入は上がるかもしれません。

ただ、自由診療を行っているクリニックの中には、エビデンスに乏しい治療や検査を提供している場合もあります。

収入を上げることも大事ですが、自由診療においては医師としての良識あるいはモラルが試されるでしょう。

これから精神科医になる人へのアドバイス

ここまで、給与面に関することを中心にお伝えしてきました。

どうしたら高い給与が得られるかを考えることは、生活の質を上げることや、自らのスキルアップのために自己投資(海外学会参加や留学、書籍の購入など)を続けていくためにも必要なことです。

とは言え、日々の臨床業務を真面目にこなしていれば自然と給与はついてきます。

また、「精神科の患者さんと日々接するのは大変そう」というイメージを抱かれがちですが、幻覚妄想状態から抜け出して改善していく人たちや、苦しみながらも長い時間をかけて成長していく姿を側で見ることができるのは、精神科医ならでなの醍醐味でもあります。

また、人の心や脳という未知の領域が多く残されている分野でもあり、学問的にも深みのある世界です。

「勤務医調査」の中にある給与・賃金の満足度は、全診療科の中で第3位に位置しており、こういったやりがいの面も大きいと思われます。

これから精神科医を目指す人たちに伝えたいのは、精神科医は「やりがいと給与のバランスが非常に良い」ということです。

志ある方には、是非精神科医を目指してほしいと思います。

さいごに

精神科医は、当直回数の多さが目立つものの比較的給与水準は高く、医師自身の満足度も高い職種です。

医師としてのやりがいも、給与面においても、バランス良く達成できる可能性を持っています。

この記事を読んで精神科医に興味を持っていただけたら幸いです。

最終更新日:2020年7月15日

関連記事

マーケターの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

就職活動における人気の職業の一つに、マーケターも挙がると思います。商品を売るために、どんなマーケティングをすれば売れるのかをリサーチするのが、マーケターの仕事です。そんなマーケターは花形職業のイメージがあるので、なんだか年収も高そうなイメージを持ちますよね。実際マーケターはどれくらいの年収を得られるのでしょうか?今回はマーケターの年収についてお伝えしたいと思います。マーケターの平均年収は700万円が相場マーケターの平均年収はなんと700万円です。日本の平均年収が400万円程度ですので、もう少しお給料がアップすれば、単純に平均年収の2倍程のお給料を貰えるという計算になりますよね。会社の売り上げを

ボイラー技士の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ボイラーは、様々な建物に設置されています。その管理ができるのがボイラー技士。国家資格を取得する必要のあるボイラー技士の年収はどのくらいなのかを解説していきます。ボイラー技士の平均年収は400万円前後が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査の結果によると、ボイラー技師の平均年収はおおよそ400万円程が相場となります。ボイラー技士は技術職のため、資格の取得だけでなく経験や年齢によっても年収に差が出てきます。ボイラー技士の年収・給料の構成要素ボイラー技士の年収は、「基本給」「能力給」「ボーナス」及び各種手当て(通勤手当、家族手当、社会保険等)の構成になっている場合が多くあります。基本給・能力給などはど

研究者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

研究者は、自分の好きなことを追求する、これまでにないものを開発するなど、夢がある職業の一つです。幼い頃、将来は研究者になりたい!と言っていた人もいるのではないでしょうか。研究者になることを目標に、高校や大学受験を頑張ってきた人もいると思います。研究者と一言で言っても、研究分野や就職先となる大学や研究機関により収入は変わってくるのですが、実際にどのくらいのお給料を貰えるのか、あまり情報が流れていないというのが現状です。そこでこの記事では、研究者の年収について様々な視点から徹底解説します。研究者の平均年収は450万円~500万円が相場研究者は、職位により待遇が異なります。大学院の博士課程を修了した

労働基準監督官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

長時間労働やブラック企業、パワハラやセクハラなど労働環境を巡る問題が最近多く取り上げられています。そんな中、労働者の健康や権利を守り、労働環境を改善していくために働いているのが「労働基準監督官」です。労働Gメンと呼ばれる労働基準監督官の年収を、能力や仕事内容と併せて解説していきたいと思います。労働基準監督官の平均年収は約660万円が相場労働基準監督官の平均年収はどれくらいになるのでしょうか?そもそも、労働基準監督官は国家公務員ですので、その給与や手当に関しては国家公務員の給与を定めた「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で規定されています。それを基に算出すると、労働基準監督官の平均年収は

アパレル店員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

アパレル店員の年収はあまり高くない…というイメージをお持ちの方も多いと思います。そこで今回は、実際のアパレル店員の年収を徹底的に解説します。アパレル店員の給料事情やボーナス、手当、年収UPの特徴などをまとめて紹介していきたいと思います。アパレル店員の平均年収は320万円前後が相場有名転職サイトの各社データを参考にアパレル店員の平均年収を算出すると、おおよそ320万円前後であることが分かりました。一般的なアパレル店員から店長に昇給することで年収が上がることはもちろんですが、性別によっても年収に大きく差があります。またアパレル業界の年収は、地方の店舗よりも都市部が高い傾向にあり、年齢やキャリアだけ

ファイナンシャルプランナーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ファイナンシャルプランナーと言えば、基本的に資格が必要であり年収が高いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。「ファイナンシャルプランナーの年収は高い?」「資格は必要なのか」など、気になる方も多いと思います。今回は、ファイナンシャルプランナーの年収や年収の上げ方について紹介します。ファイナンシャルプランナーの平均年収は300万円~400万円が相場ファイナンシャルプランナーの平均年収は、約300万円〜400万円です。しかし、ファイナンシャルプランナーの年収は雇用形態や勤務地によって大幅に異なります。そのため、年収が300万円以下の人もいれば1000万円を超える人もいます。平均年収は300

建設コンサルタントの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

建設コンサルタントは、国や自治体などが行うインフラ整備事業(道路や鉄道などの交通関連、通信回線や上下水道などのライフライン関連、河川ダムや廃棄物処理など環境関連)の計画や設計をコンサルティングする仕事です(そこから先の実際の施工業務は建設業が担当)。官公庁や企業を顧客と位置づけ、関連する建設業の業務とも連携しながら、インフラ整備事業全般をマネジメントする役割とも言えます。そんな大きな役割を担う建設コンサルタントに興味をお持ちの方もいるでしょう。また、どれくらいの給料が貰えるのか、気になるところですよね。今回は、建設コンサルタントの収入について調査しました。平均年収や雇用形態別の収入の違い、どれ

力士の年収。横綱・大関・関脇・小結・十両・幕下をそれぞれ解説

相撲は日本の国技であり、相撲を好きな方も多いのではないでしょうか?私自身も、祖母や祖父が真剣に、時には声援をあげながら楽しそうに見ていたのを思い出します。それを横目に私は「力士ってどれくらいのお金を貰っているのだろうか?」とよく思っていたものです。力士の年収事情を知りたい方は、沢山いるのではないでしょうか。この記事では、横綱と大関、関脇・小結、そして十両・幕下のそれぞれの年収をご紹介していきたいと思います。力士の平均年収は2350万円が相場まずは、力士っていくらくらい貰える職業なのか?が気になるところなので、年収の平均額について確認していきましょう。相場を調べてみた結果、力士の平均年収は235

刑務官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法務省に属し、法務官管轄の刑事施設(主に刑務所)で働く刑務官。受刑者の刑務作業や私生活を指導し時には監視する業務が主となる刑務官は、受刑者の社会復帰のサポートをするという大きな責任が伴います。また、日常の受刑者の様々な変化などを日誌や報告書にまとめる事務作業も存在します。一般的に刑務所内での業務となるため閉鎖された空間での仕事で、心身共に忍耐が必要な刑務官は、一体どれくらいの給料で働いているのでしょうか。今回は、刑務官の収入について詳しく解説していきます。刑務官の平均年収は600万円が相場刑務官の平均年収は600万円です。月給の平均がおおよそ38万円です。平均年齢は41.4歳です。この平均値に

自衛隊の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんは、自衛隊っていくらぐらい給料を貰っているんだろう?と気になったことはありませんか?この記事では、陸上自衛隊経験のある筆者が、自衛隊員の年収や給料、ボーナスはどのように決まっているのか?を中心にご紹介していきます。少しでも多くの方の参考になれば幸いです。自衛隊の平均年収は640万円が相場自衛隊で自衛官として勤務に従事する場合、雇用形態は全て「特別国家公務員」となります。自衛隊の平均年収は「640万円」が相場となっています。次に、平均年収の構成要素について見ていきましょう。自衛隊の年収・給料の構成要素まずはじめに、自衛隊には大きく分けて「陸上自衛隊」「航空自衛隊」「海上自衛隊」の三つがあり

セラピストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年々需要が拡大しているセラピスト。そんなセラピストに憧れていても、セラピストは稼げるの?年収はどのくらい?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、セラピストの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!セラピストに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。セラピストの平均年収は200万円~300万円が相場セラピストの平均年収は200万円~300万円が相場だと言われています。月収で換算してみると、おおよそ16万円~22万円になります。平均年収や月収だけ見ると、日本全体の平均年収よりもやや低い印象を受けます。しかしセラピストという職業柄からして、スキ

アロマセラピストの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

アロマセラピストとして働いてみたいと考えている方にとって、アロマセラピストの給料はどのぐらいなのか、アロマセラピストとして働く上でどうすれば年収が上がるのか、気になるところですよね。そこで今回は、アロマセラピストの平均年収や、年収の上げ方について紹介します。アロマセラピストの平均年収は250万円~300万円が相場アロマセラピストの平均年収は、250万円〜300万円が相場です。その他の業種と比較すると少し低いと感じる方も多いですが、あなた自身のスキルや経験を身につけることで、年収を上げることも可能です。基本的にはサロン勤務などが多いですが、中にはホテルでの派遣などで働いている方も多いです。しかし

海上保安官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

巡視船艇や航空機等に勤め「海の警察官」と呼ばれる海上保安官は、名前は知っているけど実態はよく分からないというような職業です。海の安全を守り、時には人命を守ることもある海上保安官という仕事は、一体どれくらいの年収なのでしょうか。金銭面が意外と知られていない海上保安官について、今回は解説していきます。この記事を読み海上保安官の収入について知ることで、海上保安官への興味関心が増すでしょう。海上保安官の平均年収は655万円が相場海上保安官の年収の相場の平均は655万円です。海上保安官は比較的業務が忙しく、また時には海難事故の救助など人命に関わる国家公務員のため、サラリーマンや他の業種に比べると年収は高

気象予報士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

気象予報士は、どの程度年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような企業に入社すれば高い年収を貰えるのでしょうか。これから気象予報士を目指そうとしている方や、現在の自分の年収が気象予報士の平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役気象予報士の方は、ぜひ参考にしてみてください。年収・月給・ボーナスについては、独自に計算して算出しています。目安としてご参考にしてください。気象予報士の平均年収は約500万円が相場気象予報士の平均年収は、約500万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、平均よりも多く稼げる仕事と思って良いでしょう。しかしながら、気象予報士になるためには合格率約5%の国

心理カウンセラーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

心理カウンセラーはストレスや悩みを抱えた人の相談を聞くお仕事で、ストレス社会と言われている現代においてとても重要な仕事です。心理カウンセラーと一口に言っても、実は様々な資格や種類があるのをご存知でしょうか。国家資格である公認心理師、教育関係で活躍する臨床心理士、職場で活躍する産業カウンセラーなど様々な種類があります。これらを総称して一般的に心理カウンセラーと呼びますが、心理カウンセラーの年収はどのくらいなのでしょうか。将来、心理カウンセラーになりたい人、お給料アップを目指している人は、ぜひ参考にしてくださいね。心理カウンセラーの平均年収は430万円が相場心理カウンセラーの平均年収は、430万円

お笑い芸人の年収を徹底解説|年収相場や主な4つの収入源

今や「将来就きたい職業」のランキング上位常連となった「お笑い芸人」。活躍の場は劇場公演やお笑いライブに留まらず、テレビでお笑い芸人を見ない日はありません。そんなお笑い芸人の年収はどのくらいなのか、また、どんなことが収入に繋がっているのか、今回はお笑い芸人のお金事情について徹底解説します。 お笑い芸人の平均年収の相場は? お笑い芸人と一口に言っても所属事務所によって年収は大幅に異なるため、ひとくくりで平均年収を挙げることは意外と困難です。というのも、仮に同じ事務所に所属している芸人でも、営業先がテレビやラジオといったメディアなのか、お笑いライブなどのオフラインの場はがメインなのかによって年収は大

カメラマンの年収を徹底解説|年収の構成要素や年収アップさせる方法

スマートフォンの普及やデジタル一眼レフカメラの進化によって、誰もが簡単にキレイな写真を撮ることができる時代になりました。そのため時代と共にプロの需要がゆるやかに減少していますが、それでも写真を売って生活する人、そしてしっかり稼ぐプロカメラマンが多いことも事実です。 それでは実際のところ、プロカメラマンはどのくらい稼いでいるのでしょうか?今回はカメラマンの多様な働き方や、写真の相場を基にした年収について徹底解説します! 多様なカメラマンの雇用形態、平均年収も様々カメラマンの働き方は大きく三つに分類されます。「企業に正社員として所属するカメラマン」「自身のスタジオを持ち撮影活動をする独立系カメラマ

俳優の年収を徹底解説|給料・歩合・賞与(ボーナス)・各種手当

俳優の年収は、事務所や個人の実力、知名度によって大きく異なります。新人俳優、無名俳優の年収は0円から10万円あたりとなるのでアルバイトや別の仕事をしながら俳優活動をしている人がいますが、有名俳優になると1億円以上稼ぐ人もいるなど、年収に大きな差が出やすい職業であることが言えるでしょう。稼いでいる俳優の特徴としては、俳優活動だけではなくアーティスト活動やCM契約、動画配信サービスで稼いでいる人がいます。俳優としての年収を上げるには、マルチに活動をしていく必要性があるでしょう。俳優の平均年収は50万円~150万円が相場バラエティー番組「ナカイの窓」による芸能人100人あたりの統計における平均年収は

フロントエンドエンジニアの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

IT業界への就職を検討している人にとって最も注目度が高いのは、やはり多くの人目につくWeb系のエンジニアでしょう。今回はそんなWeb系のエンジニアの一つ「フロントエンドエンジニア」についてご紹介します。年収はどれくらいなのか、ボーナスは?手当は?などなど…気になりますよね。また、フロントエンドエンジニアになるにあたってのアドバイスも記載しました。就職検討にあたり、ぜひ参考にしてみていただければと思います!フロントエンドエンジニアの平均年収は300万円~1000万円が相場まずは気になる年収からご紹介します。フロントエンドエンジニアの年収は300万円~1000万円。非常に幅が広いですね。これは主に

小説家の年収を徹底解説|収入の構成要素や最高年収・年収が高い人の条件

いきなりですが皆さん、小説家と呼ばれる職業の人がどれくらい稼いでいるのか興味はありませんか?例えば、第153回芥川賞に自身初の長編小説となる『火花』で受賞を果たした、お笑い芸人の又吉直樹氏。そんな『火花』は300万部を越す大ベストセラーとなりました。もはや又吉さんではなく、又吉先生ですね。さて今回は、そんな小説家のお金事情に切り込んでいきたいと思います。小説家の平均年収は200万円~400万円が相場まず、当然ながら売れる本を執筆しなければ高年収は得られません。そして出版社側から売れる見込みがないと判断されると依頼が減ってしまい、最悪契約を打ち切られます。また、印税が大きいとされているのは小説と

表示準備中