プロレスラーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


プロレスラーの収入がどうなっているのか、気になったことはありませんか?

プロレスラーの収入は非公開です。

プロレスラーは”プロ”として契約するので個別且つ他の選手との兼ね合いもあり非公開になっています。

ただしプロレス雑誌などで分かることは、人気レスラーになると年俸制となり所属団体と交渉する契約更改があったり、グッズ売り上げの一部が収入の一つになっているということです。

また、TV出演・雑誌取材等のメディア関連でのギャラが発生しているケースもあります。

人気が出れば出るほど露出が多くなっていわゆる収入の”柱”が増えるため、中には年収ベースで数千万円から億を越えるレスラーもいると見られています。

では、詳しく見ていきましょう。

プロレスラーの年収は200万円〜400万円が相場

前述のように年収や詳しい給与体系は非公開ですが、最近ではYoutubeなどで往年のスター選手が引退後に告白することで分かったり、暴露本などでも明かされていて、総合してまとめると、プロレスラーとしてコンスタントに試合に出場すれば200万円〜400万円くらいの間が平均年収となっています。

団体の規模の大小、キャリア年数、会社からの”推し”によって一概には言えないので、範囲が広くなってしまいます。

プロレスラーの年収・給料の構成要素

プロレスラーの収入は基本的に所属団体からの「給料」と、報酬として支払われる「ファイトマネー」です。

後はグッズやメディアなどの取材料などが主になります。

一般の会社員とは違い、給与明細に記載されているような手当てなどの項目は非公開になっていますので、不明です。

基本給・能力給などはどうなっているの?

詳しくは後述しますが、プロレスラーは一般の会社員とは給与体系が違います。

しかしキャリアを重ねると一定期間は微増していきますが、あとは人気が出るか、つまり所属団体としては「お客さんを呼べる」レスラーになるか否かで収入は大きく変わります。

人気レスラーになるきっかけは、所属団体の売り出し方やファンの後押しなど選手によって収入は大きく変わってきます。

賞金(ボーナス)はどれくらい?

人気レスラーになればタイトルマッチで勝利するとか大会に優勝するなどで賞金を獲得することができます。

相場は100万円から1000万円くらいと幅広いです。

各種手当はどういったものがある?

手当としては練習生や若手レスラーがスタッフとして興行の運営を手伝うことが日常的で、そこで練習生手当などが支給される団体もあるようです。

あとはグッズの売り上げの何%かを還元される契約を交わしていれば、それも収入源にはなります。

プロレスラーの雇用形態別の年収を見る

プロレスラーには大きく三つ、プロ前の「練習生」、デビューしたプロレスラー、ファンがついている人気レスラーに分かれます。

練習生の場合のプロレスラーの年収

プロレスラーは”プロ”として契約する職業ですが、”プロ”として収入を得るためには練習生として団体に所属します。

そして同時に寮生活になることがほとんどです。

団体の中には練習する道場と併設された寮で生活をします。

寮では調理、洗濯、掃除の家事を行いながら生活をします。

練習生の年収は大体50万円程度と言われています。

この時点ではプロというよりプロとしての”身構え・気構え”を寮生活と練習を通じて自らを鍛え、プロレスラーとしてのデビューをするための準備期間となります。

デビュー後の場合のプロレスラーの年収

デビューすれば本当の意味でのプロレスラーとなり、出場する試合が組まれます。

年収は練習生時代よりも増えます。

増えると言っても、年収では100万円前後から始まり、コンスタントに試合が組まれるくらいの若手選手になれば200万円前後になると言われています。

ファンがついている人気レスラーの場合の年収

人気選手になれば興行で行われる試合にほとんど出場することができ、その分ファイトマネーも増えます。

試合に出て露出も増えるので、固定ファンも徐々につき始め、個人のグッズ売り上げも上がります。

年収は400万円〜500万円以上になります。

派手なリングコスチュームに身をまとい、高いパフォーマンスを見せると、プロレス雑誌の取材や街で貼られる興行のポスターにも大きく取り上げられ更に露出も増える、そして更にファンも増え…という好循環に乗ることになります。

そして人気選手となって所属団体の”顔”になり興行の入場数アップに直結するような選手の一人になれば、更に会社から契約更新後、基本給やファイトマネーの取り分を増額することになり、更に年収が増えることになります。

プロレス業界の顔、世間でも知られるくらいのレスラーの年収

このレベルのレスラーになると、年収1000万円は越えます。

日本の最大の団体でトップの男子レスラーの年収は、一説によると5000万円と言われています。

その要因の一つはメディア露出、CM、バラエティなどのTV出演、映画に出演、中には大河ドラマ出演した現役プロレスラーもいます。

その出演料も収入になり、また一般人の認知度も上がり、それが人気に拍車をかける場合もあります。

プロレスラーは、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

日本のトップは5000万円ということですが、プロレス団体は日本だけではありません。

主にアメリカ、メキシコ、ヨーロッパはプロレスが盛んです。

とりわけ最近プロレス業界を賑わせているのが、世界最大のプロレス団体WWE(アメリカ)への移籍です。

年間総売上は800億円、年間最大の大会で1日8万人を動員する超巨大団体です(ちなみに日本最大の団体である新日本プロレスの年間総売上は40億円、年間最大の大会で1日3万人前後)。

年収は優に億を越えます。

ここ10年くらいのインターネットでの動画配信の普及化により、今や日本のプロレスは世界のプロレスファンからの注目が集まっています。

欧米のプロレスラーはマッチョでハンサムなレスラーが多く画一的である一方、独特の世界観・卓越したレスリング技術を持つ日本人レスラーが欧米のプロレスファンの心を着実に掴んでいます。

そのファンのニーズの高まりが、世界最大の団体WWEへの日本人レスラーの移籍に繋がっています。

現在移籍している日本人レスラーは、日本のプロレス業界での顔になるようないわゆる業界のトップランナーでしたので、レスリング技術はもちろんのことセルフプロデュース能力にも長けているため、他の選手との差別化を図りアメリカの地でも人気を不動のものにしています。

そのためWWEからの億単位の破格の条件での契約を勝ち取り、まさにアメリカンドリームを謳歌していることでしょう。

プロレスラーはどういった勤務先だと年収が高くなるか?

そもそもプロレス団体の主な収入源は興行のチケット代、グッズ代、TV・インターネット配信などの放映権料が大きい柱です。

そのプロレス団体の資本規模によって、選手の収入は当然大きく変わります。

日本で業界最大手と言えば歴史と規模を考えても新日本プロレスであり、いわゆるメジャー団体です。

一方ローカルでの活動範囲で興行をしている団体を含めインディー団体は100以上あると言われ、観客動員数、注目度、興行の数では圧倒的にメジャー団体が多く、団体の収入も桁外れ(ちなみに日本最大の団体である新日本プロレスの年間総売上は40億円、年間最大の大会で1日3万人前後)です。

メジャー団体に所属する場合の年収

キャリアの浅い選手は300万円〜400万円、人気レスラーは500万円以上、団体トップクラスは1000万円以上と言われています。

しかしデメリットもあります。

それは所属選手の数が多い、加えて海外からの招待選手も来て興行に出場できる選手が限られるので、チャンスを掴むまでは下積みが長くライバルも多いことです。

インディー団体で所属する場合の年収

キャリアの浅い選手は100万円〜200万円、人気レスラーは300万円以上、団体トップクラスは500万円以上と言われています。

しかし小さなインディー団体では選手数が少ないので、ファンがつけば一気に注目度を浴びる可能性はあります。

インディー団体の選手が収入アップするためには、メジャー団体への移籍が一番の早道です。

マイナー団体の人気選手はある一定の固定ファンを持っているので、メジャー団体からのスカウト(またはレスラー本人からの売り込み)によって移籍という形でメジャー団体の選手になることがあります。

移籍時の契約で収入アップはほぼ確実ですし、移籍先で新規ファンの獲得すれば更に収入アップを見込めます。

2000年以降はメジャー団体とマイナー団体の垣根は低くなっているので、団体間の移籍も珍しくなくなってきました。

プロレスラーの年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

プロレスラーとして生計を建てられる、一人前になる大きな分岐点が「人気レスラーになる」ことです。

では、人気レスラーになるためにはどうすれば良いのか?これは比較的年収の多いメジャー団体所属のレスラーの例です。

1.学生時代などのスキル・経験がある

大学のアマレスリング部の強豪選手がスカウトされてプロレスラーになるパターンです。

大学生にしてオリンピックの代表選手が記者会見を開き「プロレスに就職します」と言ってプロレスラーになった例もありますし、最近では学生プロレス出身者が今や押しも押されもせぬ団体の看板選手になっている例もあります。

体力に不安がなくスキルもあるので、若手の注目株になりやすいパターンです。

2.他の有名スポーツ選手からの転向

「日本プロレス界の父」と言われる力道山選手は、元々は名前の通り大相撲の力士でした。

ジャイアント馬場選手は元・プロ野球のピッチャーだったように、他のスポーツ選手からの「転向」があります。

ラグビー元日本代表や柔道世界選手権のチャンピオンなどのトップアスリートから転向するレスラーもいます。

プロレスファン以外からの注目もあり、団体としても売り出しやすいパターンです。

3.海外武者修行の経験があること

人気レスラーへの階段として”王道”とされているのが「海外武者修行をして現地でスターになって、日本に凱旋帰国」のパターンです。

資本力のあるメジャー団体が1960年代くらいから現在でも行っている手法です。

誰もが知っているような有名な選手のほとんどが、このパターンで人気レスラーになっていきます。

それは若手レスラーとして技術・体力がついた後、上記の1や2などのバックボーンがなくても素質やビジュアル等で今後売り出したい選手を所属団体が指名して団体に籍を置きながら海外のプロレス団体で活躍、そして凱旋帰国した時点ではもう将来の看板選手の扱いになります。

4.異業種から転向するレアケース

変わり種は、男性では前職が芸能事務所のマネージャー、ベストセラー作家も過去にはいました。

女子レスラーではレースクイーンから、またはアイドルからの転身組もいてビジュアル面でもすぐに話題となり人気レスラーになるパターンもあります。

キャラが確立されているので団体が売り出しやすい、ファン心理として応援したくなるような仕掛けがしやすいこともあります。

プロレスラーの年収査定で大事なのは、特に「素質」「タイミング」「キャラ」。

上記の1〜4の場合であってもライバルは大勢います。

そこで大事なのは、運動神経などの躍動感から垣間見える将来トップレスラーになりそうな予感、つまり「素質」があるかどうか。

あと団体のトップレスラーの引退や怪我で離脱や休養に追い込まれた時に、ちょうど武者修行から帰ってくるタイミングや出場大会で好成績を収めたりしてチャンスに恵まれるタイミングが出世に大きく関わります。

最後に「キャラ」。

人気レスラーはそれぞれ独自のキャラクター、コメントの発信力、立ち位置などセルフプロデュース力を求められます。

キャラが確立されれば固定のファンは離れません。

最近は特にハンサムでスタイルの良いレスラーが多く、「プ女子」と言って女性プロレスファンが急増しています。

これからプロレスラーになる人へのアドバイス

プロレスは団体との契約ですので、契約を交わす間は年齢に関係なくプロレスラーとして活動できます。

体力の衰えも当然あり引退という選択をせざるを得ないケースもありますが、今年引退した人気覆面レスラーは55歳と言われ、比較的長い間現役生活を続けることができます。

引退後は所属団体からレスラーとしてではなく、フロント・経営陣としての契約を結び会社員として再スタートするケースもあります。

そして一般的な認知度があれば引き続きTV出演のオファーがあるため、タレントとして活動します。

例えば引退後、優しいパパと鬼嫁キャラの夫婦の元人気レスラーが有名です。

中には母校の教諭(後に国会議員)になる人もいます。

練習生時代に寮の料理番での経験を活かして起業してラーメン屋や居酒屋経営する元有名レスラーもいます。

しかしこれはほんの一握り。

有名であれ無名であれ、引退した後は就職活動をして会社員になったり体力を活かして運転手やジムのトレーナーになる方も多いです。

プロレスラーは地方巡業が多いため、地方の名士や経営者とのお付き合いが数多くあったりします。

その縁で引退後転職して会社員になる人もいます。

元プロレスラーなら体格も立派で経歴も面白いので、営業職なら取引先にインパクトを与えることもでき、また持ち前の体力も活かして良い成績を残せるかもしれません。

さいごに

プロレスは体力と、いかにセルフプロデュース力・企画力で人気を獲得し一般認知度を上げていくかで、大きく収入が違います。

会社員というより個人事業主に近い職種になります。

引退後もプロレスラーとしての技能を活かせる職種であれば、転職して会社員でも充分活躍できますよ。

以上、プロレスラーの年収についてまとめてみました。

最終更新日:2020年7月28日

関連記事

マーケターの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

就職活動における人気の職業の一つに、マーケターも挙がると思います。商品を売るために、どんなマーケティングをすれば売れるのかをリサーチするのが、マーケターの仕事です。そんなマーケターは花形職業のイメージがあるので、なんだか年収も高そうなイメージを持ちますよね。実際マーケターはどれくらいの年収を得られるのでしょうか?今回はマーケターの年収についてお伝えしたいと思います。マーケターの平均年収は700万円が相場マーケターの平均年収はなんと700万円です。日本の平均年収が400万円程度ですので、もう少しお給料がアップすれば、単純に平均年収の2倍程のお給料を貰えるという計算になりますよね。会社の売り上げを

ボイラー技士の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ボイラーは、様々な建物に設置されています。その管理ができるのがボイラー技士。国家資格を取得する必要のあるボイラー技士の年収はどのくらいなのかを解説していきます。ボイラー技士の平均年収は400万円前後が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査の結果によると、ボイラー技師の平均年収はおおよそ400万円程が相場となります。ボイラー技士は技術職のため、資格の取得だけでなく経験や年齢によっても年収に差が出てきます。ボイラー技士の年収・給料の構成要素ボイラー技士の年収は、「基本給」「能力給」「ボーナス」及び各種手当て(通勤手当、家族手当、社会保険等)の構成になっている場合が多くあります。基本給・能力給などはど

研究者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

研究者は、自分の好きなことを追求する、これまでにないものを開発するなど、夢がある職業の一つです。幼い頃、将来は研究者になりたい!と言っていた人もいるのではないでしょうか。研究者になることを目標に、高校や大学受験を頑張ってきた人もいると思います。研究者と一言で言っても、研究分野や就職先となる大学や研究機関により収入は変わってくるのですが、実際にどのくらいのお給料を貰えるのか、あまり情報が流れていないというのが現状です。そこでこの記事では、研究者の年収について様々な視点から徹底解説します。研究者の平均年収は450万円~500万円が相場研究者は、職位により待遇が異なります。大学院の博士課程を修了した

労働基準監督官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

長時間労働やブラック企業、パワハラやセクハラなど労働環境を巡る問題が最近多く取り上げられています。そんな中、労働者の健康や権利を守り、労働環境を改善していくために働いているのが「労働基準監督官」です。労働Gメンと呼ばれる労働基準監督官の年収を、能力や仕事内容と併せて解説していきたいと思います。労働基準監督官の平均年収は約660万円が相場労働基準監督官の平均年収はどれくらいになるのでしょうか?そもそも、労働基準監督官は国家公務員ですので、その給与や手当に関しては国家公務員の給与を定めた「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で規定されています。それを基に算出すると、労働基準監督官の平均年収は

アパレル店員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

アパレル店員の年収はあまり高くない…というイメージをお持ちの方も多いと思います。そこで今回は、実際のアパレル店員の年収を徹底的に解説します。アパレル店員の給料事情やボーナス、手当、年収UPの特徴などをまとめて紹介していきたいと思います。アパレル店員の平均年収は320万円前後が相場有名転職サイトの各社データを参考にアパレル店員の平均年収を算出すると、おおよそ320万円前後であることが分かりました。一般的なアパレル店員から店長に昇給することで年収が上がることはもちろんですが、性別によっても年収に大きく差があります。またアパレル業界の年収は、地方の店舗よりも都市部が高い傾向にあり、年齢やキャリアだけ

ファイナンシャルプランナーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ファイナンシャルプランナーと言えば、基本的に資格が必要であり年収が高いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。「ファイナンシャルプランナーの年収は高い?」「資格は必要なのか」など、気になる方も多いと思います。今回は、ファイナンシャルプランナーの年収や年収の上げ方について紹介します。ファイナンシャルプランナーの平均年収は300万円~400万円が相場ファイナンシャルプランナーの平均年収は、約300万円〜400万円です。しかし、ファイナンシャルプランナーの年収は雇用形態や勤務地によって大幅に異なります。そのため、年収が300万円以下の人もいれば1000万円を超える人もいます。平均年収は300

建設コンサルタントの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

建設コンサルタントは、国や自治体などが行うインフラ整備事業(道路や鉄道などの交通関連、通信回線や上下水道などのライフライン関連、河川ダムや廃棄物処理など環境関連)の計画や設計をコンサルティングする仕事です(そこから先の実際の施工業務は建設業が担当)。官公庁や企業を顧客と位置づけ、関連する建設業の業務とも連携しながら、インフラ整備事業全般をマネジメントする役割とも言えます。そんな大きな役割を担う建設コンサルタントに興味をお持ちの方もいるでしょう。また、どれくらいの給料が貰えるのか、気になるところですよね。今回は、建設コンサルタントの収入について調査しました。平均年収や雇用形態別の収入の違い、どれ

力士の年収。横綱・大関・関脇・小結・十両・幕下をそれぞれ解説

相撲は日本の国技であり、相撲を好きな方も多いのではないでしょうか?私自身も、祖母や祖父が真剣に、時には声援をあげながら楽しそうに見ていたのを思い出します。それを横目に私は「力士ってどれくらいのお金を貰っているのだろうか?」とよく思っていたものです。力士の年収事情を知りたい方は、沢山いるのではないでしょうか。この記事では、横綱と大関、関脇・小結、そして十両・幕下のそれぞれの年収をご紹介していきたいと思います。力士の平均年収は2350万円が相場まずは、力士っていくらくらい貰える職業なのか?が気になるところなので、年収の平均額について確認していきましょう。相場を調べてみた結果、力士の平均年収は235

刑務官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法務省に属し、法務官管轄の刑事施設(主に刑務所)で働く刑務官。受刑者の刑務作業や私生活を指導し時には監視する業務が主となる刑務官は、受刑者の社会復帰のサポートをするという大きな責任が伴います。また、日常の受刑者の様々な変化などを日誌や報告書にまとめる事務作業も存在します。一般的に刑務所内での業務となるため閉鎖された空間での仕事で、心身共に忍耐が必要な刑務官は、一体どれくらいの給料で働いているのでしょうか。今回は、刑務官の収入について詳しく解説していきます。刑務官の平均年収は600万円が相場刑務官の平均年収は600万円です。月給の平均がおおよそ38万円です。平均年齢は41.4歳です。この平均値に

自衛隊の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんは、自衛隊っていくらぐらい給料を貰っているんだろう?と気になったことはありませんか?この記事では、陸上自衛隊経験のある筆者が、自衛隊員の年収や給料、ボーナスはどのように決まっているのか?を中心にご紹介していきます。少しでも多くの方の参考になれば幸いです。自衛隊の平均年収は640万円が相場自衛隊で自衛官として勤務に従事する場合、雇用形態は全て「特別国家公務員」となります。自衛隊の平均年収は「640万円」が相場となっています。次に、平均年収の構成要素について見ていきましょう。自衛隊の年収・給料の構成要素まずはじめに、自衛隊には大きく分けて「陸上自衛隊」「航空自衛隊」「海上自衛隊」の三つがあり

セラピストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年々需要が拡大しているセラピスト。そんなセラピストに憧れていても、セラピストは稼げるの?年収はどのくらい?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、セラピストの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!セラピストに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。セラピストの平均年収は200万円~300万円が相場セラピストの平均年収は200万円~300万円が相場だと言われています。月収で換算してみると、おおよそ16万円~22万円になります。平均年収や月収だけ見ると、日本全体の平均年収よりもやや低い印象を受けます。しかしセラピストという職業柄からして、スキ

アロマセラピストの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

アロマセラピストとして働いてみたいと考えている方にとって、アロマセラピストの給料はどのぐらいなのか、アロマセラピストとして働く上でどうすれば年収が上がるのか、気になるところですよね。そこで今回は、アロマセラピストの平均年収や、年収の上げ方について紹介します。アロマセラピストの平均年収は250万円~300万円が相場アロマセラピストの平均年収は、250万円〜300万円が相場です。その他の業種と比較すると少し低いと感じる方も多いですが、あなた自身のスキルや経験を身につけることで、年収を上げることも可能です。基本的にはサロン勤務などが多いですが、中にはホテルでの派遣などで働いている方も多いです。しかし

海上保安官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

巡視船艇や航空機等に勤め「海の警察官」と呼ばれる海上保安官は、名前は知っているけど実態はよく分からないというような職業です。海の安全を守り、時には人命を守ることもある海上保安官という仕事は、一体どれくらいの年収なのでしょうか。金銭面が意外と知られていない海上保安官について、今回は解説していきます。この記事を読み海上保安官の収入について知ることで、海上保安官への興味関心が増すでしょう。海上保安官の平均年収は655万円が相場海上保安官の年収の相場の平均は655万円です。海上保安官は比較的業務が忙しく、また時には海難事故の救助など人命に関わる国家公務員のため、サラリーマンや他の業種に比べると年収は高

気象予報士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

気象予報士は、どの程度年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような企業に入社すれば高い年収を貰えるのでしょうか。これから気象予報士を目指そうとしている方や、現在の自分の年収が気象予報士の平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役気象予報士の方は、ぜひ参考にしてみてください。年収・月給・ボーナスについては、独自に計算して算出しています。目安としてご参考にしてください。気象予報士の平均年収は約500万円が相場気象予報士の平均年収は、約500万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、平均よりも多く稼げる仕事と思って良いでしょう。しかしながら、気象予報士になるためには合格率約5%の国

心理カウンセラーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

心理カウンセラーはストレスや悩みを抱えた人の相談を聞くお仕事で、ストレス社会と言われている現代においてとても重要な仕事です。心理カウンセラーと一口に言っても、実は様々な資格や種類があるのをご存知でしょうか。国家資格である公認心理師、教育関係で活躍する臨床心理士、職場で活躍する産業カウンセラーなど様々な種類があります。これらを総称して一般的に心理カウンセラーと呼びますが、心理カウンセラーの年収はどのくらいなのでしょうか。将来、心理カウンセラーになりたい人、お給料アップを目指している人は、ぜひ参考にしてくださいね。心理カウンセラーの平均年収は430万円が相場心理カウンセラーの平均年収は、430万円

お笑い芸人の年収を徹底解説|年収相場や主な4つの収入源

今や「将来就きたい職業」のランキング上位常連となった「お笑い芸人」。活躍の場は劇場公演やお笑いライブに留まらず、テレビでお笑い芸人を見ない日はありません。そんなお笑い芸人の年収はどのくらいなのか、また、どんなことが収入に繋がっているのか、今回はお笑い芸人のお金事情について徹底解説します。 お笑い芸人の平均年収の相場は? お笑い芸人と一口に言っても所属事務所によって年収は大幅に異なるため、ひとくくりで平均年収を挙げることは意外と困難です。というのも、仮に同じ事務所に所属している芸人でも、営業先がテレビやラジオといったメディアなのか、お笑いライブなどのオフラインの場はがメインなのかによって年収は大

カメラマンの年収を徹底解説|年収の構成要素や年収アップさせる方法

スマートフォンの普及やデジタル一眼レフカメラの進化によって、誰もが簡単にキレイな写真を撮ることができる時代になりました。そのため時代と共にプロの需要がゆるやかに減少していますが、それでも写真を売って生活する人、そしてしっかり稼ぐプロカメラマンが多いことも事実です。 それでは実際のところ、プロカメラマンはどのくらい稼いでいるのでしょうか?今回はカメラマンの多様な働き方や、写真の相場を基にした年収について徹底解説します! 多様なカメラマンの雇用形態、平均年収も様々カメラマンの働き方は大きく三つに分類されます。「企業に正社員として所属するカメラマン」「自身のスタジオを持ち撮影活動をする独立系カメラマ

俳優の年収を徹底解説|給料・歩合・賞与(ボーナス)・各種手当

俳優の年収は、事務所や個人の実力、知名度によって大きく異なります。新人俳優、無名俳優の年収は0円から10万円あたりとなるのでアルバイトや別の仕事をしながら俳優活動をしている人がいますが、有名俳優になると1億円以上稼ぐ人もいるなど、年収に大きな差が出やすい職業であることが言えるでしょう。稼いでいる俳優の特徴としては、俳優活動だけではなくアーティスト活動やCM契約、動画配信サービスで稼いでいる人がいます。俳優としての年収を上げるには、マルチに活動をしていく必要性があるでしょう。俳優の平均年収は50万円~150万円が相場バラエティー番組「ナカイの窓」による芸能人100人あたりの統計における平均年収は

フロントエンドエンジニアの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

IT業界への就職を検討している人にとって最も注目度が高いのは、やはり多くの人目につくWeb系のエンジニアでしょう。今回はそんなWeb系のエンジニアの一つ「フロントエンドエンジニア」についてご紹介します。年収はどれくらいなのか、ボーナスは?手当は?などなど…気になりますよね。また、フロントエンドエンジニアになるにあたってのアドバイスも記載しました。就職検討にあたり、ぜひ参考にしてみていただければと思います!フロントエンドエンジニアの平均年収は300万円~1000万円が相場まずは気になる年収からご紹介します。フロントエンドエンジニアの年収は300万円~1000万円。非常に幅が広いですね。これは主に

小説家の年収を徹底解説|収入の構成要素や最高年収・年収が高い人の条件

いきなりですが皆さん、小説家と呼ばれる職業の人がどれくらい稼いでいるのか興味はありませんか?例えば、第153回芥川賞に自身初の長編小説となる『火花』で受賞を果たした、お笑い芸人の又吉直樹氏。そんな『火花』は300万部を越す大ベストセラーとなりました。もはや又吉さんではなく、又吉先生ですね。さて今回は、そんな小説家のお金事情に切り込んでいきたいと思います。小説家の平均年収は200万円~400万円が相場まず、当然ながら売れる本を執筆しなければ高年収は得られません。そして出版社側から売れる見込みがないと判断されると依頼が減ってしまい、最悪契約を打ち切られます。また、印税が大きいとされているのは小説と

表示準備中