パティシェの給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


誕生日、記念日などお祝い事の際にテーブルを彩ってくれるケーキ。

甘くて綺麗で美味しいケーキは、見ているだけでも幸せな気分になりますよね。

そんなケーキを作る職業が「パティシエ」です。

子供たちにも大人気、ドラマや漫画の題材に選ばれることも多いパティシエですが、華やかなイメージとは裏腹に厳しく地味な仕事でもあります。

大好きなケーキを作って日々を過ごせたら・・・そんな気持ちでパティシエの道を選んだにも関わらず、3年以内の離職率は80%を超えているとも言われています。

離職の理由に挙げられることが多いのがそのお給料事情。

パティシエの道に進むのなら、まずはお給料についてある種の「覚悟」が必要です。

今回はパティシエのお給料について徹底解説していきましょう。

パティシェの年収は300万円が相場

パティシエという仕事は、メディアで取り上げられているような華やかな世界にいる人はほんの一握りです。

ほとんどのパティシエは毎日同じ職場で、同じ作業を繰り返しています。

ケーキを作る仕事は毎日同じクオリティで同じものを作り出さなければいけない仕事ですので、一番必要なのは「忍耐力」です。

お給料面についても最初は忍耐が必要。

パティシエの平均年収は約300万円ほどと言われています。

しかしこの中には腕を評価されて一般的なサラリーマンより稼いでいるパティシエも含まれていれば、月給15万円ほどの見習いパティシエも含まれています。

お給料の幅がとても広いのがパティシエの世界です。

パティシェの年収・給料の構成要素

次にパティシエの給料を構成する要素を見ていきましょう。

パティシエの年収は「基本給」「残業代」「役職手当」「ボーナス」で構成されている場合が多いです。

基本給・残業代・役職手当はどれくらい?

まず知っておきたいのが、残業代や役職手当は出ないお店もかなりあると言うことです。

パティシエと言う仕事は生の食品を扱うことから労働時間が長くなりがち。

朝の6時から出社して、仕事が終わるのは夜の9時10時というのはよくある話です。

私はパティシエとして働き始めて15年の中堅ですが、一般の仕事のように労働時間が8時間と言うパティシエに出会ったことはありません。

では、その超過して働いた時間分の残業代が支給されるのか?と言われると必ずしも残業代が出るお店ばかりではありません。

どれだけ長い時間働いても基本給のみというお店もまだまだ多いですし、最初から「見込み残業」として、超過分を時間給として計算するのではなく決まった額だけ上乗せされる場合も。

残業代を全く払わず、従業員の労働時間を管理しないお店は正直少なくありません。

それでもそのお店の味が好き、そのお店でケーキ作りを学びたいという新人パティシエたちがいるのです。

新人の場合のお給料は15万円~18万円の間が相場です。

店長などお店を任されるようになり、役職手当がつくようになれば1万円前後の金額が上乗せされるでしょう。

基本給はもちろんお店によってまちまちですが、基本給=支給総額というところも少なくないのが現状です。

パティシエの世界で安定してしっかり稼ぎたいと思うのなら、お店選びはとても重要。

しっかりと従業員の生活を守ってくれる職場を選ぶことが大切です。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

賞与は支給される会社と支給されない会社があります。

一般的には正社員であれば賞与が支給されるのが当然ですが、パティシエの世界ではないことの方が多いです。

母体が大きな会社であれば賞与をもらえることもありますが、個人店ではあまり期待できません。

支給される額もお店によってまちまちです。

しっかりと基本給の何ヶ月分をいただけるところもあれば、10万円以下というお店や寸志である場合も。

僅かなボーナスであっても無いよりはマシ、と言うのがパティシエの世界での共通認識です。

各種手当はどういったものがある?

私は個人経営のケーキ店で働いてきたので、役職手当以外の手当は見たことがありません。

おそらく大きな会社が経営するケーキ店・洋菓子専門店であれば、住宅手当や交通費がしっかりと支給されるところもあるでしょう。

ケーキ店に勤めながら、各種手当も貰いたいのなら、会社の大きさで選ぶようにしましょう。

パティシェの年収を新卒や雇用形態別に見る

続いてパティシエの年収を経験や雇用形態別にご紹介していきましょう。

パティシエの雇用形態も近年変化を見せており、派遣社員や時短社員なども増えています。

新卒の場合のパティシエの年収

まずは新卒の場合の年収です。

おそらく、製菓の専門学校を卒業してケーキ店へ入社するという方が多いでしょう。

新卒の場合は月給15万円~18万円の間である場合がほとんどです。

個人店の場合は賞与が支給されるところが多くないので、年収は200万円に満たないこともあるでしょう。

18万円の月給で賞与が貰えたとしても2、30万円あれば良い方だと思います。

高校を卒業後専門学校を経由せずに入社した場合と、専門学校を出て入社した場合とでは殆ど差はありません。

知識や経験はもちろん大切ですが、それよりもやる気と忍耐力が重視される世界です。

社会人が転職する場合のパティシエの年収(正社員)

続いて正社員で転職する場合の年収です。

同業種からの転職の場合は前職での役職やお給料面である程度保証してくれるところもあります。

が、前職の給与は全く考慮してもらえないこともあるので転職は慎重に行うべきです。

技術・経験が充分にある人でも、最初は月給22万円前後からのスタートとなるでしょう。

全くの他業種から転職する場合は、年齢が何歳であっても新卒と同じお給料からのスタートです。

働きぶりによって昇給のスピードがアップすることはありますが、スタートラインは同じと考えておきましょう。

パート・アルバイトの場合のパティシエの年収

パート・アルバイトでパティシエとして働く場合、ほとんどがフルーツをカットしたり洗い物などの簡単な作業になるでしょう。

時給は900円程度のことが多いですね。

パティシエのアルバイトだけで生活していくのは厳しいですが、洋菓子に少し関わりたいと言う方や、ダブルワークでと言う方にはおすすめです。

お給料は働いた分だけになるので、年収がいくらになるかは一概には言えません。

しかし、あまり高い年収はやはり期待できませんね。

派遣社員の場合のパティシエの年収

一昔前では考えられませんでしたが、パティシエの世界も、近年は派遣社員として働く方がいます。

派遣社員ですので時給制で、働いた分だけお給料が貰える仕組みです。

時給は1,300円前後のところが多いですね。

派遣社員に賞与はありませんので、年収は270万円前後となるでしょう。

決して高い金額ではありませんが、派遣社員は派遣会社が間に入るので、サービス残業などはありません。

自分の時間を守りながらパティシエとして働きたい方、働いた分はしっかりとお給料をいただくという権利を守りたい方にはおすすめの働き方です。

パティシェでは、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

パティシエは完全に自分の腕の世界です。

腕が良ければ独立をし、自分のお店を持つことで、一般的なサラリーマンを超える年収を稼ぐこともできる夢のある仕事です。

お店を流行らせることができる手腕がある人で年収3,000万円、5,000万円のパティシエもいます。

一方、独立を目指すのではなく会社に所属して出世を目指す方なら、店長として稼げる年収は400万円前後が最高金額と言えるでしょう。

お店の売上や会社への貢献度にも左右されますが、雇われている会社員としての立場であれば、あまり稼ぎは良くありません。

パティシェではどういった勤務先だと年収が高くなるか?

パティシエとして年収を上げるためには、働き口の選び方がとても大切です。

どのような働き先であれば年収が高くなるのでしょうか。

ご紹介していきましょう。

個人のケーキ店で働く場合の年収

パティシエとして最も多い就職先が個人のケーキ店です。

個人のケーキ店での年収は、パティシエの働き先の中では最も低いと思って間違いありません。

新人の頃は200万円前後、その後じわじわと昇給していくかたちが多いでしょう。

個人のケーキ店は給料は低いのですが、オーナーから直接技術を学べるというとても大きなメリットがあります。

個人店で腕を磨いてから他の会社へと移っていく方も多いです。

チェーンのケーキ店で働く場合の年収

チェーン展開しているケーキ店で働く場合は、個人店よりも給与は高くなります。

新人の月給も16万円〜18万円くらいからのところが多く、賞与も貰えることが多いでしょう。

新人時代の年収は230万円~260万円ほど。

店長クラスになると、月給40万円以上というお店も少なくないでしょう。

個人店で月給40万円以上というのはかなりレアなケースになるので、出世を目指してしっかりと稼ぎたいのならチェーン店がおすすめです。

カフェで働く場合の年収

近年はカフェにも専門のパティシエがいる場合が多くなっています。

カフェのパティシエは出世を目指すということが難しくなるので、年収の上昇はあまり見込めません。

とは言え、新人の頃から生活に困るほどのお給料ではないと言えるでしょう。

20万円前後からのスタートになり、最高でも25万円ほどの月収になることが多いです。

レストランで働く場合の年収

レストランの中にも専属のパティシエがいる場合があります。

実はここは狙い目です。

専属のパティシエをおくレストランは高級志向なので客単価が高く、比例して従業員の年収も上がります。

コース料理の最後の「デセール」と呼ばれる皿盛りのスイーツを作る技術が必要な職種です。

月給はこちらも20万円ほどからのスタートとなるでしょう。

賞与も支給される場合が多いので、年収は300万円前後となるでしょう。

ホテルで働く場合の年収

パティシエの働き口にはホテルも挙げられます。

ホテルのパティスリーではケーキ店よりも多くのパティシエが働いており、ショーケースに並ぶケーキはもちろん、コース料理の最後を彩るケーキを制作しています。

将来的にしっかりと稼ぎたい方にはホテルもおすすめの職場です。

新人の頃は月給17万円くらいと個人店との差はありませんが、上を目指していけるという点で異っています。

こちらも現場責任者クラスになれば月給40万円、賞与も貰えて年収は500万円を超えることもあるでしょう。

結婚式場で働く場合の年収

パティシエは結婚式場でも欠かせない存在です。

結婚式場のパティシエは、通常のケーキ店とは少し違う技術を求められます。

マジパン細工やアメ細工など更に細やかで華やかな技術を求められることが多く、新郎新婦との打ち合わせに出席をしたりとケーキ作り以外の仕事も増えます。

仕事内容が増える分、年収もパティシエ業界の中では高い傾向にあります。

新人の頃でも20万円前後からのスタートとなり、賞与も貰える場合が多いです。

年収は280万円〜といったところでしょうか。

こちらも現場責任者やパティシエたちを束ねるシェフ・パティシエなどになれば、年収500万円に届くことも少なくありません。

これからパティシエになる人へのアドバイス

パティシエのお給料事情はとても厳しいものと噂されていますよね。

それは本当のことで、パティシエたちのお給料は決して多いとは言えません。

その代わり、一生失うことのない技術を身につけることができるのもパティシエの魅力です。

お金は生きていく上でとても大切なものですから、たくさん稼ぎたい!という方はまずケーキ作りの腕を磨く期間を設けなければいけません。

それが新人時代です。

新人の時代に給与が低くても腐らず、オーナーや先輩パティシエの技術を盗む心がけが必要です。

お店の経営術や営業のノウハウを学ぶことも大切です。

お給料が低い代わりに、そのような貴重なことを学べる時間だと思ってくださいね。

最後に

今回はパティシエの世界のお給料事情についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

ケーキ店での仕事は決して高給取りとは言えませんが、自分で作ったケーキを売る経験や新しいものを作り出す喜びに溢れた魅力的な仕事です。

しっかりと良い職場を選べば、給与は低くとも充実した毎日を送れるはずです。

そしてそこで学んだ技術や経験が、将来必ず役に立つはず。

ぜひパティシエとしての一歩を進んでみましょう。

最終更新日:2019年7月30日

関連記事

林業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

働くことを検討する上で、月々の給与や年収はとても気になる部分だと思います。特に林業は業界関係者や実際に就業している人と関わる機会も少なく、イメージの湧き難い産業だと思います。インターネットの口コミサイトなどでは「林業は年収が少ない」「稼げない」という意見がある一方で、「林業はすごく稼げる」といったものも見受けられます。実際のところどうなのかよく分からない林業の給与や年収について、林業業界で就業経験のある著者が解説をしていきます。林業の平均年収は350万円が相場林業の平均年収は、林業会社や森林組合、第3セクターなどの林業全体で350万円前後だと言われています。しかし、林業の年収は地域や働く事業体

調剤薬局事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚・出産後も働きやすく、全国どこでも求人があることから女性に人気の職業が調剤薬局事務です。調剤薬局事務の仕事に興味があるものの、実際の年収については知らない方が多いのではないでしょうか。本記事では、調剤薬局事務の平均年収や給与体系などについて解説します。調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円が相場調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円程度と、全体的に見ても決して高くはない給与水準です。この背景には、調剤薬局事務が無資格・未経験でも働ける職種であることが大きく関係しています。調剤薬局事務は専門知識が必要な職業ではありますが、仕事に就くための資格は必要なく未経験でも働けることから

臨床心理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

人の心と向き合う仕事、臨床心理士。臨床心理士はどのくらい稼げる仕事なのか興味がありませんか?割と非常勤が多いとは聞くけど、生活は不自由なくできるのか、大学院まで行くからにはそれ相応に貰えるのか、など、気になりますよね。今回は臨床心理士の年収などお給料事情について紹介いたします!臨床心理士の平均年収は300万円~400万円が相場臨床心理士の平均年収は300万円~400万円くらいが相場であると言われています。ただし、臨床心理士の年収は、個人によって非常に幅があります。というのも、非常勤が多く、結婚後は週に2日~3日程度働いているという臨床心理士が割と多いことが一つの理由として挙げられます。臨床心理

社労士(社会保険労務士)の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

社労士(社会保険労務士)は「人」のエキスパートであり、様々な形で会社を助ける頼もしい存在で、人気のある資格になります。しかし、その社労士になるためには、まずは数多くの法律を勉強し難関の試験を突破しなければなりません。また、試験に合格した後も、登録講習や定期的な勉強会など様々な手続きや勉学に励む必要があります。それでは、このような努力を重ねて実際に社労士になった場合、どのくらいの収入が見込めるのでしょうか。今回は、そんな社労士の気になる給与事情について紹介していきましょう。社労士(社会保険労務士)の平均年収は500万円が相場社労士の平均月収の相場は、おおよそ500万円と言われています。500万円

大学職員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

大学職員の仕事に興味があるけれど、実際のところ大学でのお給料ってどのくらいなの?と不安になる方も多いかと思います。非常に高給であるとか、いやいや年収が低すぎる…など、あちらこちらで話を聞くこともありますよね。大げさでも過小評価でもない職員の年収事情について、少し詳しく紹介していきましょう。大学職員の平均年収は約700万円が相場大学職員と一口に言っても、国公立大学と私立大学とでは大幅に待遇などが変わってきます。ここで言う平均年収とは大学職員全体のものですので、ここでは四年制大学卒業の新卒職員を例に、簡単に紹介していきます。国公立大学職員の平均年収新卒職員の年収は、約300万円~400万円で、全体

歯科医師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんの家の近くには歯科医院はありますか?意識して歩いてみると、至るところに歯科医院があるでしょう。その数だけ歯科医師という職業の人もいるのです。歯科医師とは主に口の中の健康を守るため、虫歯の予防や治療、他にも口の中全体のトラブルに関しての治療や相談を受け付けて治していく仕事をしています。歯科医師は歯科医師免許を持ち、人の口の中に器具を入れて仕事をするので、専門的で高い技術ももちろん必要です。そしてとても責任がある仕事です。そのような仕事をしている歯科医師ですが、実際歯科医師として働いている人はどのくらいのお給料を貰って働いているのでしょうか。歯科医師の年収、気になりませんか?今回は歯科医師の

登録販売者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

実際に登録販売者として仕事をする場合、どのくらいのお給料が貰えるか気になるところです。登録販売者とは、2009年に誕生した『風邪薬や鎮痛剤など一般用医薬品(第2類・第3類などに限る)販売を行うための専門資格』であり、薬剤師やMRなどに次ぐ、薬のスペシャリストです。この記事ではそんな登録販売者の給与を、社員やパート・アルバイトなど雇用形態別にに分けてそれぞれご紹介していきます。また、登録販売者として働く上でのポイントもいくつかご紹介していきます。登録販売者の年収は290万円~360万円が相場登録販売者として勤務するということは医薬品を取り扱うお店の中で、医薬品のプロとして働くことに値します。医薬

図書館司書の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

図書館というと、地域の公立図書館を思い浮かべる方も多いと思います。そこで働いている図書館司書は、公務員なのだから安定して高収入の職業と思われるかもしれません。落ち着いて知的なイメージのある図書館司書ですが、実際の年収はどれくらいになるのでしょうか?図書館司書として働くには、勤務先も公立図書館だけでなく、民間が運営する図書館や学校の図書室、企業の図書室など多岐にわたり、雇用形態にもあらゆる形があるため、年収もその形態に応じて様々です。図書館司書の平均年収は300万円前後が相場図書館司書は、雇用形態に応じて年収にも大きな差が出てくるため、平均年収200万円~400万円程度と幅があります。正規職員の

役員秘書の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップのポイント

役員のパートナーとして、様々な面から会社を支える「役員秘書」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。役員秘書は細やかな気遣いが必要であり、複数の業務を同時に進行したり調整する業務が多い職種です。その業務内容は非常に多岐に渡ります。今回は、役員秘書が年収を上げるために必要なことや知っておいた方が良いことなど、秘書の年収事情についてご紹介いたします。役員秘書の年収相場はどのくらい?役員秘書の年収はどのくらいが相場なのでしょうか。ここでは、新人秘書とベテラン秘書に分けて、その相場を見ていきましょう。新人秘書の年収相場新人の役員秘書の場合、年収のボリュームゾーンは280万円~350万円ほどになります

広報の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

会社の顔とも言える「広報」、その平均年収をご存知でしょうか。「広報」という職種自体は知っている人が多いかもしれませんが、広報の年収事情や年収を上げるための方法などについて知っている人は少ないかもしれません。広報の仕事は、外部に対して情報を発信したり、新商品や新サービスのPR活動をしたり、関わる人は社内外で多岐に渡ります。仕事を介して色々な人脈を築きたい人や、情報発信の元となって会社の発展を支えていきたい人などには、広報の仕事は魅力的なものであると言えます。今回は、そんな「広報」の年収相場や、年収を上げるためにやるべきアクション・考えるべき手段について紹介していきます。広報の仕事内容に関しても最

保健師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

昨今の日本では、自身の健康に気を使う人が増加しています。人の健康を守る仕事としては、病気等の「治療」を主とする医師や看護師の知名度が高く、人気の職種でもあります。それと似た職種であり、病気等を「予防」することで人々の健康を守れる資格として「保健師」という資格が存在します。今回はそんな健康増進のスペシャリストである保健師の年収について徹底解説したいと思います。保健師の平均年収は約530万円が相場厚生労働省の調査によると、正規職員として働く保健師の平均年収は約528.9万円とされています。保健師の活躍する分野は様々なため、所属組織や雇用されている企業の規模等によって年収は異なります。地方よりも大都

特別養護老人ホームの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

現代日本は高齢化社会であり、高齢者の人口は年を追うごとに増加しています。それに伴い、日常生活において誰かの支援が必要となる人も増えています。日本では住み慣れた地域・自宅で生活する事を推奨していますが、全ての人が自宅で最期まで生活できるわけではありません。自宅で生活することが困難な方は、施設に入居することになりますが、昨今は施設の種類もたくさんあります。その中でも比較的重度な方が入居し生活する施設に「特別養護老人ホーム」があります。今回は入居施設の中でも比較的安価で入居希望者が多い「特別養護老人ホーム」で働く人達の年収についてご紹介させて頂きます。特別養護老人ホームの平均年収は400万円が相場特

DTPデザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

日常で生活している中で意識をして周囲を見渡すと、様々な印刷物に取り囲まれていることに気がつきます。「DTPデザイナー」は主に印刷物に関わる仕事をしています。一からデザインを創造し、印刷するための前段階のデザインデータ制作するまでが仕事になります。現在DTPデザイナーを取り巻く環境は良いとは言えない状況にあります。以前は印刷会社や広告会社に依頼をして行っていた業務についても、自社で簡単に制作できるソフトやサービスが生まれていたり、低価格でフリーランスのデザイナーに依頼をすることができる仕組みが生まれているために、仕事の単価が下がっていることが要因です。DTPデザイナーの平均年収は350万円前後が

地方銀行の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが職を決めるとき何を基準に選びますか?自分の好きな仕事をしたいと思うのは当然ですが、それに加えて、給料はどのくらい貰えるのか、というのは職を決める時の重要なポイントになりますよね。今回は、筆者の経験を活かして、地方銀行の年収事情などを紹介していきたいと思います。これを参考に地方銀行のことを皆さんに知ってもらえたら嬉しいです。地方銀行の平均年収は500万円~700万円が相場地方銀行と一括りになっていますが、地方銀行にも2種類あります。それは第一地方銀行と第二地方銀行です。どちらに属しているかでも年収は変わってきます。主な違いとしては、所属している協会が違うことです。第一地方銀行は全国地方銀

看護助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

医療系の仕事はどの時代でも必要とされています。その中でも「看護助手」という仕事は国家資格がなくても就けるため、女性に人気の職業の一つです。この記事では、看護助手の年収に関して詳しく見ていきましょう。看護助手の平均年収は250万円~300万円が相場看護師の平均年収は、病院やクリニックなど職場によって大きく異なります。筆者は昔耳鼻咽喉科のクリニックで看護助手をしていました。その時の年収が大体250万円~300万円ほどです。手取りの給料は月17万円前後でしたが、ボーナスが30万円以上ありました。これが病院となると、手取りの給料が月13万円~15万円くらいでボーナスは15万円前後と、差が見られます。絶

歯科助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年々増加しており、コンビニの数よりも多いと言われている歯科医院。それに伴い、現在、歯科助手の募集はとても多いです。では、歯科助手の年収は果たして幾らぐらいなのでしょうか?徹底的に解説していきましょう。歯科助手の平均年収は250万円~300万円が相場歯科助手の平均的な年収は250万円~300万円くらいだと思ってください。平均的な月収に関してが、月16万円~20万円くらいが相場となります。歯科助手はよく医療事務と混合されることがあるのですが、どちらも年収的にはそこまで変わりません。歯科助手の年収・給料の構成要素歯科助手の年収・給料は、「基本給」「賞与」「各種手当」で構成されています。国家資格など必

添乗員の給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「添乗員」とは、国内や海外のツアーや団体旅行に同行する人のことです。「添乗員」はツアーコンダクターやツアーリーダーと呼ばれることもありますが、正式には「旅程管理主任者」といいます。旅行に同行し、旅行計画に沿ってツアーが安全且つ予定通り進むように旅程管理をしています。また、お客様に旅行を楽しんでいただくため、様々なサービスをする添乗員もいます。それでは、添乗員の給料はどのくらいなのでしょうか?この記事では、添乗員の給料やボーナス、各種手当について解説いたします。添乗員の平均年収は、全体では200万円~350万円が相場添乗員の年収はどのくらいなのでしょうか?実は、添乗員の形態によって年収も変わって

カフェ店長年収の給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

素敵なインテリアに囲まれて、美味しい料理を味わえるカフェ。チェーン店からこだわりの詰まった個人店までその業態も様々ですが、どのお店も一人でも入りやすく、しっかり食事を取る際にも、ちょっとお茶をしたい時にも使えて便利ですよね。おしゃれなカフェで働く素敵な店員に憧れている方、もしくは将来はこんなカフェを開きたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。おしゃれで素敵な仕事であることは間違いありませんが、気になるのはそのお財布事情。カフェ店員さん、特に店長ともなるとどのくらいのお給料を貰っているのでしょうか。今回はカフェ店長のお給料に迫ってみましょう。カフェ店長の平均年収は270万円が相場カフェ店

パチンコホールの給料を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

パチンコホールで働く場合の給料を徹底解説してみたいと思います。駅前や商店街、市街地に立地しているパチンコホール。そこで働く人たちは、どの程度の給料を貰っていて、その給与の形態はどうなっているのでしょうか。一般的に、職業自体の格付けで言うと低位に位置する風潮があり、職業分類上も「その他のサービス業」に属するパチンコホール事業者では、あまり稼げないと思っている人も少なくないようです。しかし一方では、一般民間のサービス業でこれほどの売上金額を上げて利益も多額という業種はありません。そこで、パチンコホールで働く人々の給与の内実を徹底解剖してみましょう。パチンコホールの平均年収は533万円前後が相場パチ

栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

人間の3大欲求とはよく言われますが、その中でも食欲は生きていく上で欠かせない要素です。1日3食バランスよく食事を摂ることで私たちの健康は維持されています。食事を摂るということは、栄養を摂ると同意義ですね。この栄養のスペシャリストが栄養士になります。私たちの生活に欠かせない食事のスペシャリストである栄養士は、なくてはならない存在となります。何気なく食べている食事と一緒で栄養士のことをどれくらい知っていますか?今回は、意外と知らない栄養士事情について紹介します。栄養士の平均年収は300万円が相場食べていくにはお金が必要ですね。では、栄養士の給料ってどれくらいなのでしょうか?食事に関わる栄養士は働け

表示準備中