ネイリストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・年収アップのポイント


いわば「技術職」であるネイリストの年収相場はどのようになっているのでしょうか。

爪を美しく飾るネイルアート。

その繊細なネイルアートを施す職業が「ネイリスト」です。

ネイリストとして、年収アップを目指すためにはどうしたらいいか体験談を含めつつご紹介していきます。

※ネイリストの主な仕事内容も最後に記載したので、気になる方はそちらもご覧ください。

ネイリストの年収相場はどのくらい?

ネイリストの平均年収は、全世代を通して300万円前後と言われています。

とは言えこれは、勤めるネイルサロンにより異なります。

大手チェーン店や個人経営のサロンでは、顧客数や単価も違うからです。

他には、地方と首都圏など地域によって年収の差があり、一概には言えません。

また雇用形態によっても異なります。

ここでは、雇用形態による違いを見ていきましょう。

正社員の場合のネイリストの年収相場

初任給は月収にして18万円~20万円というのが多いようです。

正社員で働くネイリストの平均年収は280万円~300万円です。

店長クラスになると、月収が40万円~50万円になる人もいます。

実力や経験により年収が上がる可能性ももちろんあります。

またサロン勤めを辞め、独立開業する人もいます。

しかし一般的には、年収の相場は他の業界と比べ、低いと言えます。

パート・アルバイトの場合のネイリストの年収相場

アルバイトやパートは時給制となっており、平均時給は800円~1,200円です。

時間に融通がききやすい働き方なので、育児中のネイリストに人気です。

ネイルサロンによっては、シフトに入っている時間でも、予想以上にお客様が少ない場合など、早上がりさせるケースもあります。

年収を重要視する場合には、あまりおすすめはできません。

ネイリストの年収の決まり方

ネイリストの年収の決まり方は、正社員の場合は月給制、アルバイトの場合は時給制が多くとられています。

月々の給与の他に、賞与や昇給などはどのようになっているのでしょうか。

賞与

ネイリストの賞与に関しては、企業によって支給される場合とそうでない場合があり、事情が異なります。

そのため、一概には言えません。

昇給

正社員とアルバイトのどちらも、経験や勤続年数により幅はあるものの、昇給していくサロンが多いです。

歩合制

一部のサロン(特に地方)では完全歩合制を導入しているサロンも多くあります。

完全歩合制は基本給というものがなく、自分が施術したお客様の売上や指名料がそのまま年収に反映されるシステムです。

昔は多かった完全歩合制ですが、安定感にかけるとして、最近では一部歩合制が主流となっています。

一部歩合制の場合は、基本給に上乗せして歩合給が付きます。

働く側からすれば、基本給部分で安定性は担保される上、自分のやる気や頑張りが歩合として反映されるのが魅力ですね。

歩合率や歩合の決め方はサロンによって異なるため、勤務するサロンが歩合制を導入している場合は必ずチェックしましょう。

ネイリストの年収を上げるためにやりたい6個のこと

ネイリストとして年収を上げるためには、以下の6個に取り組みましょう。

大手サロンへの就職を目指す

ネイルサロンの年収は、勤務するサロンにより違ってきます。

一概には言えませんが、大手サロンのほうが昇給システムがしっかり定められています。

新人で就職しても、経験を積み技術を磨くことで昇給していくことも可能です。

また社会保険や住宅手当などの待遇も、一般的には大手のほうが恵まれています。

昇給するためには技術、集客などのポイントがあります。

技術であれば、実技試験を実施され、サロン側が要求する水準に達しているかを見られます。

集客というのは、お客様からの人気です。

リピーター客はそのネイリストを気に入ってくれたとして、人気度をはかるバロメーターになります。

今いるサロンの昇給基準が曖昧、昇給額が少ないなどの不満があれば、昇給制度が整備されたところへ転職するのも良いのではないでしょうか。

また正社員であれば気になるのが、賞与だと思います。

賞与がないサロンもありますが、大手サロンを中心に賞与完備のところもあります。

資格を取得する

資格取得により昇給が決まったり、資格手当が支給されるサロンもあります。

資格保持者には数千円~1万円程度が支給されるなど、資格取得のメリットは大きいです。

特にネイリスト検定1級を取得し、認定講師資格を取得することは高い技術の証明となり、年収アップが見込まれます。

他には、ジェルネイル検定上級資格、JNA認定講師資格などがあります。

JNA認定講師資格は、ネイリスト検定1級を所有し、所定のカリキュラムをおさめる必要があります。

合格率は20%程度と簡単ではない資格ですが、これを取得すれば、よりよい環境のサロンへの転職にも有利になります。

年収アップを目指す人は、取得しておいて損はないでしょう。

店長を目指す

他の業種でも課長、部長、専務・・・と役職が上がると、それに伴って年収も上がります。

ネイリストも同様で、お店の運営を任せられる店長クラスになると、当然年収は上がります。

大手サロンの店長ともなれば、月収にして40万円程度になります。

店自体の成績や目標達成率が良ければ、月に50万円を稼ぐ店長もいます。

独立開業を除けば、最も稼げるネイリストのポジションと言えるでしょう。

勿論、店長クラスともなれば、通常の施術以外に、営業推進や人材育成、クレーム対応など、運営に関する業務も増えます。

苦労は多いですが、安定性も抜群です。

将来的に独立開業を検討している人であれば、経営手腕を学ぶ意味でも一度はトライしたいですね。

店長になるには、勤続年数と実力が評価対象となります。

ネイリストは年収の低さから離職したり、結婚や育児で非正規社員に変換したりすることも多く、店長のポジションは意外と空きやすいです。

大手サロンであれば、新規出店のお店を任せられることもあります。

大体5年前後で店長資格を得る人が多いのです。

筆者が働いていたサロンでは、技術も人気も高かった故に新人スタートから3年で店長に上り詰めた人もいます。

ネイル講師になる

ネイリストの中でも、ネイル講師を目指す人は少なくありません。

ネイル講師になれば、月収にして35万円~40万円と高給が見込まれます。

また、年収の高さだけでなく、ノルマや顧客との会話が必要ないことからも人気です。

勿論、ネイリストの卵を教えるため、高い技術と経験は必要です。

多くは店長クラス経験者です。

また、講師になるには、資格も必要です。

上記に述べたネイリスト検定1級、ジェルネイル検定上級資格、JNA認定講師資格が必要となります。

歩合で稼ぐ

自分の腕に自信がある場合、歩合給を取り入れているサロンに転職してみるのも手です。

歩合率は店舗により異なります。

20%~、多いところでは50%の歩合率を設定するサロンもあります。

また歩合の評価も様々で、主要なものは以下の3つです。

指名歩合

お客様の指名の多さや、指名料金に対して歩合が発生します。

個人売上歩合

ネイリスト個人の売上に対して、歩合が発生します。

この場合の売上は新規客ではなく、リピーター客に対して設定されることが多いです。

新規客はネイリスト個人の腕というより、店舗の雰囲気や価格やネームバリューで来店している場合も多いのに対し、リピーター客はネイリスト個人が評価され再来店に繋がったと判断されるためです。

店販売上

サロンによっては、爪のオイルやネイルグッズを販売していることがあります。

これらを施術中、施術後にお客様に進め、購入してもらうことで売上が生じ、その売上に対して歩合が発生します。

イメージとしては、美容院などでシャンプーやトリートメントをおすすめし、販売するのと同じです。

歩合給により、年収が上がるだけでなく、自分のやる気にも繋がります。

一方で、歩合給が充実しているところでは、基本給が低く、昇給割合が低いなどの特徴を持つところもあります。

能力や経験により年収が左右されるため、必ずしもアップするとは言えませんが、挑戦してみる価値はあるでしょう。

独立開業する

雇用主に雇われ、給与を貰うという働き方とがらりと変わりますが、年収を上げるためには独立開業も手です。

独立開業することで、中には1,000万円を稼ぐネイリストも存在します。

個人が独立して経営するサロンでは、営業時間とお客様の回転率から、年収600万円程度が成功の目安とされています。

勿論、自分が雇用主となりネイリストを雇う、2店舗目をオープンするなどすれば、さらに年収がアップすることもあります。

また働き方にも融通がききやすく、独立開業を目指すネイリストも多いです。

しかし、サロン勤務のネイリストと違い、顧客収集から経費精算、店舗の雰囲気づくりまで全責任を負います。

いくらネイリストとしての経験や技術があっても、経営者としての手腕がなければ、売上がたたず、廃業することも多いため、ハイリスクハイリターンと言えます。

私はこれで年収が上がりました!年収アップの体験談。

資格手当

ネイリスト検定の取得により、毎月5,000円の資格手当がつきました。

賞与制度があるサロンに転職

賞与制度があるサロンに転職し、年に20万円程度ですが賞与が支給され、総じて年収がアップしました。

また社会保険に関しても、それまでのサロンは交通費は上限ありの支給のため手出しもありましたが、転職後は交通費に上限なしだったので、実質的な年収アップに繋がりました。

ネイリストのおおまかな仕事内容

ネイリストはお客様の手を美しくするのがお仕事です。

施術には主に以下があります。

ネイルケア

爪の形を整え、磨き、キューティクルという甘皮を処理します。

ここが後のカラーやデザインの出来栄えを左右するため、一番重要といっても過言ではありません。

ネイルサロンに通うというと、女性のイメージかもしれませんが、最近では、男性の間でもネイルケアが流行っています。

ネイルサロンによっては、メンズネイルメニューを提供していたり、専門店をオープンさせたり、新しい顧客層の開拓に力を入れているところも少なくありません。

カラーリングやジェルネイル

カラーリングとは、マニュキアを塗ることです。

昔はカラーリングが主流でしたが、最近では剥がれにくく、持ちも良く、艶感が魅力のジェルネイルが人気です。

多くのサロンがジェルメニューを導入しており、ネイリストにも必須の技術です。

ネイルアート

ラメやアートなどの、デザインを爪の上に施すものです。

セルフネイルをする人は多くなったとは言え、難しく細やかなアートはネイルサロンでこそ可能なもので、ネイリストの腕のみせどころとなります。

最近では3Dアートなど技術が必要なものも人気です。

また技術だけでなく、ネイリストの美術感性なども評価されるポイントです。

雑誌の切り抜きやサロンのサンプルからアートを決めるお客様がいる一方、「クリスマスっぽく」「このストーンとこの色で上品に」など漠然とした施術リクエストもあります。

ネイリストは、お客様の雰囲気やニーズ、職場の雰囲気を考慮しながら、お客様好みのアートを提供する必要があります。

リペア

爪の補修や修復を行います。

修復の方法は爪の亀裂など状態によるのですが、ネイルグレーやシルクラップなどを用いて、リペアを行います。

他にもアクリル素材を使うリペアもあります。

ネイルアートを楽しみたい女性にとって、爪の状態は悩みの種です。

そのため、リペアが上手なネイリストは、リピーターがつきやすい傾向にあるといわれています。

上記の施術はネイリストのメイン業務です。

ネイリストはこの他にもサロン運営に必要な業務も任せられます。

例えば、店舗の清掃、サンプルアートの制作、顧客管理、予約管理、後輩の育成などがあります。

まとめ

ネイルアート自体が広く認知されたのは1990年代後半でした。

そのころは、まだネイリストやネイルサロンも少なく、価格も高価で、一部の人のみが利用できるものでした。

ジェルネイルが巷で人気となりだした2004年あたりから、ネイリストを志す人が増え、ネイルサロンも増加してきました。

すると、価格競争が進み、それによって今まで高価格だったネイルが、安くなってきました。

筆者の働いていたサロンでも2005年あたりは、客単価が1万円を超えることも多かったのに対し、最近では5,000円をきることも珍しくありません。

価格競争が進むと、ネイリストの年収も据え置き、もしくは削減されてしまうこともあります。

それでも若い女性のなかには依然として、ネイリストは人気の職業です。

自分でセルフネイルを行う人も増加している一方、ネイルサロンでゆっくり施術してもらうほうがいいという人も未だ多いです。

ネイルサロンは都市部や繁華街に多く、サロン同士の競争も激しくなっています。

競争に負け、撤退するサロンも少なくありません。

一方で新しく参入してくるサロンも多く、業界全体の店舗数は緩やかに増加しています。

それに伴い、生き残りをかけた価格競争も激しくなっています。

サロンによっては難しいラインストーンなどのアートも、「盛り放題」「アート内容自由」など、低価格を売りにしています。

お客様側もより安くの心理から、リピーターにならず、新規来店で新しいネイルサロンを渡り歩く人もいます。

勿論、価格が安いことも大切です。

しかし、価格が安いだけでは、他に安いサロンが登場すればお客様はそちらに行ってしまいます。

今後、ネイリストが生き残るためには、確かな技術力が必要でしょう。

またお客様が楽しくて通いたくなるようなコミュニケーション能力も求められます。

ネイルサロン勤めにしろ、独立開業にしろ、この能力が高いネイリストのもとにお客様は通いたくなります。

そうすれば、自然と年収も上がっていくはずです。

この記事の内容が、ネイリストを目指す人や、ネイリストとしてステップアップしたい人の参考になれば幸いです。

最終更新日:2019年6月25日

関連記事

注文住宅営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

注文住宅の営業の仕事は、土地を持っている人や土地のみを購入予定の人、一戸建てに住んでいるけど古くなって建て替えを検討している人などに新しい家を建てる提案をすることです。つまり建築前の「まだ形に見えない家」を売っているのであり、お客様に夢を与えることができる仕事ですが、たくさんの知識が必要でもあります。また、家というのは人生でそう何回も買ったり建てたりするものではないので、それだけお客様を見つけるのが大変です。何千万という大きな買い物でもあるので、営業が一件の契約を取ることがとても大変です。そのため注文住宅の営業は、契約数や受注額などの成果によって給料が増減する歩合給の会社が多く、それだけ給料に

社会福祉士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国家資格である社会福祉士は、現在の社会で大きな役割を果たしています。高齢化、児童の虐待、貧困などの問題が取り沙汰される今、その需要は高まるばかり。社会福祉士国家資格合格率は30%未満と難関、仕事では深刻な問題と向き合わなくてはなりません。そんな社会福祉士の年収を詳しくご紹介します。社会福祉士の平均年収は400万円が相場社会福祉士の資格を取得している方は、多くの分野で仕事をしています。主に、病院老人福祉施設児童福祉施設社会福祉協議会行政機関障害者支援施設NPO団体など、就職先が多いため、年収も一概には言えません。病院や社会福祉協議会、行政機関では年収は高く、平均して500万円から600万円ほど。

ケアマネージャーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・高年収な人の特徴

現代日本では高齢者人口が増加しており、それに伴って介護サービスを利用する高齢者も増加しています。介護サービスを利用するためにはサービス計画書、通称「ケアプラン」と呼ばれるものが必要となります。他者のケアプランを立案するためには介護支援専門員という資格が必要であり、その資格を持って仕事をする人をケアマネージャーと呼びます。今回はケアマネージャーの年収について詳しくご紹介していきたいと思います。ケアマネージャーの平均年収は350~400万円が相場まず初めに、ケアマネージャーの平均年収について述べていきます。立場や経験年数、雇用形態によって格差は生じますが、平均すると年収350万~400万程度が相場

パソコンインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・手当・年収アップのポイント

PC(パーソナルコンピューター)の使い方を指導したり教えたりする「パソコンインストラクター」の年収の相場はどのくらいなのでしょうか。現代社会においてパソコンは、仕事だけでなくプライベートでも無くてはならないものの一つとなっています。高齢者がパソコンを使う機会も増え、パソコンインストラクターの需要も高まるばかりです。この記事では、そんなパソコンインストラクターの「年収相場」「年収の決まり方」「年収アップの為の秘訣」などについてご紹介していきます。パソコンインストラクターの年収の相場はどのくらい?パソコンインストラクターと一口に言っても、正社員かアルバイトかなどによっても、その年収や待遇は異なって

DTPオペレーターの年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップを狙う方法

DTPオペレーターは特別な資格は必要としませんが、比較的専門的な知識を必要とする専門職です。それでは、DTPオペレーターの年収の相場はいくらくらいになるのでしょうか。この記事では、独立する際の必要資金や独立後の平均年収などと併せて、その年収事情をご紹介します。DTPオペレーターの年収の相場はどのくらい? DTPオペレーターは専門的な知識や技術が必要になるので、「手に職をつけられる専門職」と言えます。一般的にDTPオペレーターの年収の相場は300万円~350万円と言われてはいますが、地域や会社によって幅があり、この限りではありません。それでは、それぞれの入社状況・雇用形態から年収の相場を見ていき

新聞配達の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

私たちに毎日世の中の情報を届けてくれる「新聞配達」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。夜も明けない内から働き、情報社会の一端を支えている「新聞配達」という職業は身近な仕事の一つでありながら、その年収事情について詳しく知る人は実は多くありません。今回は、「新聞配達」の年収相場やその決まり方、年収アップの方法について詳しく解説していきます。新聞配達の年収相場はどのくらい?新聞配達と一口に言っても、雇用形態によって年収相場は異なります。ここでは、雇用形態別に見た新聞配達の年収相場をご紹介します。正社員で新卒入社した新聞配達の年収相場300万円~400万円程度の年収を提示している販売店が多いようです

総務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の条件

総務の仕事は、会社全体を管理する部署でありながら比較的残業は少ないですが、やりがいのある仕事です。しかし、ほとんどの人は、総務の仕事は知っているけど年収事情は知らないのではないでしょうか。総務の年収事情に興味がある人も多いと思いますので、今回は「総務の年収相場」や「年収の決まり方」などについてまとめてみました。※総務の仕事内容について最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧下さい。総務の年収の相場はどのくらい?総務で多い雇用形態は、正社員、派遣・契約社員、パート・アルバイトです。総務の年収は、雇用形態によって異なりますので、もう少し詳しくご紹介していきます。正社員で転職した場合の

管理栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

皆さん、「管理栄養士」という職業は知っていても、その年収はご存知でしょうか。「管理栄養士」は厚生労働大臣から認定された国家資格で、専門的な知識・技術で栄養指導や栄養管理を行う仕事です。国家資格であるために年収相場は高いのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、知られているようで知らない人が多い管理栄養士の年収事情を徹底的に解説していきたいと思います。管理栄養士の平均年収は350万円前後が相場管理栄養士の年収は職種により大きく幅があります。一般的な会社員と同じく、働いている年数によって定期的に給与がアップします。20代では年収250万円前後、30代では年収が300万円を超

営業事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収が高い人の特徴や年収アップのコツ

営業事務として働く際、まずは年収相場や待遇が気になるかと思います。この記事では、営業事務の年収事情について、営業事務として働いていた筆者が徹底解説します。どのようなことを勉強し心掛けたら、楽しく働けて年収も上がるのかに関してもご紹介しますので、営業事務を目指す時だけでなく、働き始めてから数年後にも是非読んでいただきたいです。営業事務の平均年収は350万円が相場営業事務の平均年収は、350万円前後です。まず毎月の収入として、基本給と様々な手当の合計が25万円程です。25万円で12ヶ月働くと、300万円になります。そこへ更にボーナスなどを含め、大体年収は350万円前後となります。それでは、以下の項

新聞記者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

早朝から深夜まで激務なイメージの「新聞記者」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。日々私たちに新しい情報を詳細に届けてくれる新聞記者の仕事ですが、それに見合うだけの年収を得られるのでしょうか?この記事では、実際に新聞記者として働いた経験のある筆者が、その年収事情について詳しく解説していきます。新聞記者の年収は600万円~800万円が相場新聞記者の年収は、年代や所属部署、夜勤の有無などによってかなり幅があるので、一概には言えません。しかし全国紙や、県をまたがって新聞を発行する「ブロック紙」の新聞社に勤務すると、生活には困らず人並み以上の生活ができると言えます。とは言え、最近は出版業界と同様、

型枠大工の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップのコツ

あまり耳馴染みのない職業の「型枠大工」、その年収相場についてもなかなか想像が難しいのではないかと思います。肉体労働である「型枠大工」の職人さんは、どのような条件の下で、どのくらいの年収を得ているのでしょうか。この記事では、「型枠大工」の年収相場やその決まり方、年収アップの為の秘訣についてご紹介します。最後に「型枠大工」の仕事内容に関しても解説していますので、気になる方はそちらも合わせてご覧ください。型枠大工の年収・給与の相場はどのくらい? 型枠大工全体の平均年収は350万円~400万円程と言われています。型枠大工の場合、雇用形態によってかなりの差が出てきます。ここでは、正社員とパート・アルバイ

中学校教師の年収を徹底解説|給料・初任給手取りや年収の決まり方

都道府県など公立中学校教師は公務員です。「公務員」というキーワードに付随するイメージが強いためか、教師の年収については「高い」と見られることも多い様に思います。しかし、残業や休日出勤は当たり前で、未来を担う子供たちの大切な学校教育を導く教師としての労働の対価としては「当然」「まだ低い方だ」と言った言葉も関係者からは聞かれます。では、その実態はどのようになっているのでしょうか。中学校教師の年収について詳しくご紹介します。中学校教師の年収の内訳とその実態は??中学校教師と一口に言っても、公立中学校と市立中学校とでは、平均年収も異なります。ここでは、内訳の分かりやすい「公立の中学校教師」の実際の年収

医療機器営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収アップを図る際の注目点

「医療業界」というワードを聞くと、「年収が高い」というイメージが真っ先に来ませんか?このイメージというものは、あながち間違っておらず、数多く存在している業種のなかでも、医療業界でのお仕事の特徴として給与水準が高いというものがあり、そのメリットを求めて多くの人が、この業界での就職・転職を目指しています。そこで今回は、そんな医療業界のお仕事の中でも、ポピュラーな仕事の一つである「医療機器営業」にスポットを当てて、その年収相場や、様々な情報に関する解説をしていきたいと思います。今後、医療機器営業としての就職や転職を考えている人にとって、参考となる記事になれば幸いです!医療機器営業の年収の相場はどのく

一般事務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の特徴や年収アップのポイント

一般事務の仕事で就職を考えている人もいるのではないかと思いますが、では、就職するときに考える条件とは何でしょうか。仕事内容、通勤時間、勤務時間、勤務環境などでしょうか。その中でも条件として大きい部分を占めるのは、年収額ですよね。やはり働く以上は、年収の高いところが理想です。そこで、一般事務の年収はどのくらいが相場なのか、また一般事務として年収をアップさせる方法についてもご紹介していきたいと思います。一般事務の年収の相場はどのくらい?一般事務の仕事は様々なパターンでの雇用が多いです。仕事の内容が軽度の作業もあれば、一般事務といいながら比較的専門性の高い事務作業もあり、一般事務と一口に言ってもその

大学助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

この記事では、大学教授のアシストをする大学助手の「年収相場や待遇」や「年収の決まり方」「年収アップの方法」に加え、「仕事内容」や「大学助手になる方法」について詳しくご紹介していきます。大学助手の年収の相場はどのくらい?待遇は?大学助手の年収は大学によりけりでしょうが、「大学助手」は教授・助教授のような正式な「教員」ではありません。立場としては事務員に近いと思われます。教職の給与は一般的に見て高めですが、大学助手はどのくらいなのでしょうか?基本給は?基本給は月収にして18万円~が相場と言われています。賞与も含めた年収に換算すると250万円~300万円程といったところでしょうか。地域や学校によって

貿易事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

貿易事務という仕事をしていると言うだけで、「専門的な仕事だから給与をたくさんもらっていそう」とか「どんどん年収が上がっていきそう」というイメージを持たれることがあります。果たして、実際のところはどうなのでしょうか?また、貿易事務の仕事をしていて昇給は期待できるのでしょうか?できるとしたら、その為にはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、現在貿易事務の仕事をされてる方、またこれから貿易事務の仕事を目指して勉強される方も気になる「貿易事務の年収相場」「貿易事務の年収アップ方法」について詳しく探っていきます。※貿易事務の仕事内容に関しても、最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧く

医療秘書の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

医療事務や看護助手というのはよく耳にすると思いますが、「医療秘書」という職業はご存知でしょうか?小さなクリニックは医療秘書がいることはほぼないので、ご存知の方は少ないと思います。そこそこ大きな病院にしか所属せず耳馴染みの少ない「医療秘書」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。また、「医療秘書」として年収を上げるためには、どのようなことに取り組めば良いのでしょうか。この記事では、医療秘書の経験がある筆者が、その年収事情を紐解いていきます。医療事務と混合しがちな医療秘書の仕事内容についても最後にご紹介しているので、気になる方はそちらもご覧ください。医療秘書の年収相場はどのくらい?医療秘書の年収相場

日本語教師の年収を徹底解説|給料・手当・年収が高い人の違いや年収アップのコツ

日本語教師の仕事に興味を持ったけど、どうやってなったらいいのか分からない、最近需要の高い日本語教師は年収をどれくらいもらえるのか気になる、などの日本語教師に対する疑問を持つ方も少なくないかもしれません。中でも一番多いのは日本語教師で生計が立てれるのかどうかではないでしょうか?今回は、日本語教師の年収事情についてご紹介していきます。日本語教師の年収の相場はどのくらい?日本語教師の仕事は、メディアなどで取り上げられたこともあり、認知度は高まっていますし、外国人を相手に自分の母国語である日本語を教えることに興味のある人も多いことでしょう。ただ、日本語教師の年収事情は意外と知らない人が多く、日本語教師

テニスコーチの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

世界で活躍するテニスプレイヤーの増加に伴い注目を浴びる機会も増えてきたテニスコーチ、その年収事情に関してはあまりよく知られていません。仕事をする目的は人それぞれですが、「お金を稼ぐため」という人もやはり少なくないと思います。しかし、テニスコーチを仕事に選ぶ人は、「お金」よりも「テニスができる=自分の好きなことを仕事にできる」ということに魅力を感じているのではないでしょうか。とは言っても、やはり年収は高ければ高い程嬉しいのもまた事実です。それでは、なかなか推測し難い「テニスコーチ」の年収相場はどれくらいなのでしょうか。テニスコーチとして働きつつ年収をアップさせるための方法と併せてご紹介していきた

脚本家の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収が高い人の特徴

耳慣れた職業でありながら謎の多い「脚本家」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。週刊誌やネットの情報からは、巨額の収入を得ているとイメージされる芸能界ではありますが、実際のところはどうなのでしょう。この記事では「脚本家の年収の決まり方(決められ方)」「脚本家の年収アップの方法」「プロの脚本家として収入を得て生活をする方法」を中心に、脚本家経験のある筆者が、脚本家の収入(ギャラ)についてご説明します。脚本家の年収の相場はどのくらい?脚本家の平均年収は480万円~560万円と言われていますが、これはあくまで「平均」であることに他なりません。というのも、脚本家という職業は個人によってその収入に大

表示準備中