ネイリストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・年収アップのポイント


いわば「技術職」であるネイリストの年収相場はどのようになっているのでしょうか。

爪を美しく飾るネイルアート。

その繊細なネイルアートを施す職業が「ネイリスト」です。

ネイリストとして、年収アップを目指すためにはどうしたらいいか体験談を含めつつご紹介していきます。

※ネイリストの主な仕事内容も最後に記載したので、気になる方はそちらもご覧ください。

ネイリストの年収相場はどのくらい?

ネイリストの平均年収は、全世代を通して300万円前後と言われています。

とは言えこれは、勤めるネイルサロンにより異なります。

大手チェーン店や個人経営のサロンでは、顧客数や単価も違うからです。

他には、地方と首都圏など地域によって年収の差があり、一概には言えません。

また雇用形態によっても異なります。

ここでは、雇用形態による違いを見ていきましょう。

正社員の場合のネイリストの年収相場

初任給は月収にして18万円~20万円というのが多いようです。

正社員で働くネイリストの平均年収は280万円~300万円です。

店長クラスになると、月収が40万円~50万円になる人もいます。

実力や経験により年収が上がる可能性ももちろんあります。

またサロン勤めを辞め、独立開業する人もいます。

しかし一般的には、年収の相場は他の業界と比べ、低いと言えます。

パート・アルバイトの場合のネイリストの年収相場

アルバイトやパートは時給制となっており、平均時給は800円~1,200円です。

時間に融通がききやすい働き方なので、育児中のネイリストに人気です。

ネイルサロンによっては、シフトに入っている時間でも、予想以上にお客様が少ない場合など、早上がりさせるケースもあります。

年収を重要視する場合には、あまりおすすめはできません。

ネイリストの年収の決まり方

ネイリストの年収の決まり方は、正社員の場合は月給制、アルバイトの場合は時給制が多くとられています。

月々の給与の他に、賞与や昇給などはどのようになっているのでしょうか。

賞与

ネイリストの賞与に関しては、企業によって支給される場合とそうでない場合があり、事情が異なります。

そのため、一概には言えません。

昇給

正社員とアルバイトのどちらも、経験や勤続年数により幅はあるものの、昇給していくサロンが多いです。

歩合制

一部のサロン(特に地方)では完全歩合制を導入しているサロンも多くあります。

完全歩合制は基本給というものがなく、自分が施術したお客様の売上や指名料がそのまま年収に反映されるシステムです。

昔は多かった完全歩合制ですが、安定感にかけるとして、最近では一部歩合制が主流となっています。

一部歩合制の場合は、基本給に上乗せして歩合給が付きます。

働く側からすれば、基本給部分で安定性は担保される上、自分のやる気や頑張りが歩合として反映されるのが魅力ですね。

歩合率や歩合の決め方はサロンによって異なるため、勤務するサロンが歩合制を導入している場合は必ずチェックしましょう。

ネイリストの年収を上げるためにやりたい6個のこと

ネイリストとして年収を上げるためには、以下の6個に取り組みましょう。

大手サロンへの就職を目指す

ネイルサロンの年収は、勤務するサロンにより違ってきます。

一概には言えませんが、大手サロンのほうが昇給システムがしっかり定められています。

新人で就職しても、経験を積み技術を磨くことで昇給していくことも可能です。

また社会保険や住宅手当などの待遇も、一般的には大手のほうが恵まれています。

昇給するためには技術、集客などのポイントがあります。

技術であれば、実技試験を実施され、サロン側が要求する水準に達しているかを見られます。

集客というのは、お客様からの人気です。

リピーター客はそのネイリストを気に入ってくれたとして、人気度をはかるバロメーターになります。

今いるサロンの昇給基準が曖昧、昇給額が少ないなどの不満があれば、昇給制度が整備されたところへ転職するのも良いのではないでしょうか。

また正社員であれば気になるのが、賞与だと思います。

賞与がないサロンもありますが、大手サロンを中心に賞与完備のところもあります。

資格を取得する

資格取得により昇給が決まったり、資格手当が支給されるサロンもあります。

資格保持者には数千円~1万円程度が支給されるなど、資格取得のメリットは大きいです。

特にネイリスト検定1級を取得し、認定講師資格を取得することは高い技術の証明となり、年収アップが見込まれます。

他には、ジェルネイル検定上級資格、JNA認定講師資格などがあります。

JNA認定講師資格は、ネイリスト検定1級を所有し、所定のカリキュラムをおさめる必要があります。

合格率は20%程度と簡単ではない資格ですが、これを取得すれば、よりよい環境のサロンへの転職にも有利になります。

年収アップを目指す人は、取得しておいて損はないでしょう。

店長を目指す

他の業種でも課長、部長、専務・・・と役職が上がると、それに伴って年収も上がります。

ネイリストも同様で、お店の運営を任せられる店長クラスになると、当然年収は上がります。

大手サロンの店長ともなれば、月収にして40万円程度になります。

店自体の成績や目標達成率が良ければ、月に50万円を稼ぐ店長もいます。

独立開業を除けば、最も稼げるネイリストのポジションと言えるでしょう。

勿論、店長クラスともなれば、通常の施術以外に、営業推進や人材育成、クレーム対応など、運営に関する業務も増えます。

苦労は多いですが、安定性も抜群です。

将来的に独立開業を検討している人であれば、経営手腕を学ぶ意味でも一度はトライしたいですね。

店長になるには、勤続年数と実力が評価対象となります。

ネイリストは年収の低さから離職したり、結婚や育児で非正規社員に変換したりすることも多く、店長のポジションは意外と空きやすいです。

大手サロンであれば、新規出店のお店を任せられることもあります。

大体5年前後で店長資格を得る人が多いのです。

筆者が働いていたサロンでは、技術も人気も高かった故に新人スタートから3年で店長に上り詰めた人もいます。

ネイル講師になる

ネイリストの中でも、ネイル講師を目指す人は少なくありません。

ネイル講師になれば、月収にして35万円~40万円と高給が見込まれます。

また、年収の高さだけでなく、ノルマや顧客との会話が必要ないことからも人気です。

勿論、ネイリストの卵を教えるため、高い技術と経験は必要です。

多くは店長クラス経験者です。

また、講師になるには、資格も必要です。

上記に述べたネイリスト検定1級、ジェルネイル検定上級資格、JNA認定講師資格が必要となります。

歩合で稼ぐ

自分の腕に自信がある場合、歩合給を取り入れているサロンに転職してみるのも手です。

歩合率は店舗により異なります。

20%~、多いところでは50%の歩合率を設定するサロンもあります。

また歩合の評価も様々で、主要なものは以下の3つです。

指名歩合

お客様の指名の多さや、指名料金に対して歩合が発生します。

個人売上歩合

ネイリスト個人の売上に対して、歩合が発生します。

この場合の売上は新規客ではなく、リピーター客に対して設定されることが多いです。

新規客はネイリスト個人の腕というより、店舗の雰囲気や価格やネームバリューで来店している場合も多いのに対し、リピーター客はネイリスト個人が評価され再来店に繋がったと判断されるためです。

店販売上

サロンによっては、爪のオイルやネイルグッズを販売していることがあります。

これらを施術中、施術後にお客様に進め、購入してもらうことで売上が生じ、その売上に対して歩合が発生します。

イメージとしては、美容院などでシャンプーやトリートメントをおすすめし、販売するのと同じです。

歩合給により、年収が上がるだけでなく、自分のやる気にも繋がります。

一方で、歩合給が充実しているところでは、基本給が低く、昇給割合が低いなどの特徴を持つところもあります。

能力や経験により年収が左右されるため、必ずしもアップするとは言えませんが、挑戦してみる価値はあるでしょう。

独立開業する

雇用主に雇われ、給与を貰うという働き方とがらりと変わりますが、年収を上げるためには独立開業も手です。

独立開業することで、中には1,000万円を稼ぐネイリストも存在します。

個人が独立して経営するサロンでは、営業時間とお客様の回転率から、年収600万円程度が成功の目安とされています。

勿論、自分が雇用主となりネイリストを雇う、2店舗目をオープンするなどすれば、さらに年収がアップすることもあります。

また働き方にも融通がききやすく、独立開業を目指すネイリストも多いです。

しかし、サロン勤務のネイリストと違い、顧客収集から経費精算、店舗の雰囲気づくりまで全責任を負います。

いくらネイリストとしての経験や技術があっても、経営者としての手腕がなければ、売上がたたず、廃業することも多いため、ハイリスクハイリターンと言えます。

私はこれで年収が上がりました!年収アップの体験談。

資格手当

ネイリスト検定の取得により、毎月5,000円の資格手当がつきました。

賞与制度があるサロンに転職

賞与制度があるサロンに転職し、年に20万円程度ですが賞与が支給され、総じて年収がアップしました。

また社会保険に関しても、それまでのサロンは交通費は上限ありの支給のため手出しもありましたが、転職後は交通費に上限なしだったので、実質的な年収アップに繋がりました。

ネイリストのおおまかな仕事内容

ネイリストはお客様の手を美しくするのがお仕事です。

施術には主に以下があります。

ネイルケア

爪の形を整え、磨き、キューティクルという甘皮を処理します。

ここが後のカラーやデザインの出来栄えを左右するため、一番重要といっても過言ではありません。

ネイルサロンに通うというと、女性のイメージかもしれませんが、最近では、男性の間でもネイルケアが流行っています。

ネイルサロンによっては、メンズネイルメニューを提供していたり、専門店をオープンさせたり、新しい顧客層の開拓に力を入れているところも少なくありません。

カラーリングやジェルネイル

カラーリングとは、マニュキアを塗ることです。

昔はカラーリングが主流でしたが、最近では剥がれにくく、持ちも良く、艶感が魅力のジェルネイルが人気です。

多くのサロンがジェルメニューを導入しており、ネイリストにも必須の技術です。

ネイルアート

ラメやアートなどの、デザインを爪の上に施すものです。

セルフネイルをする人は多くなったとは言え、難しく細やかなアートはネイルサロンでこそ可能なもので、ネイリストの腕のみせどころとなります。

最近では3Dアートなど技術が必要なものも人気です。

また技術だけでなく、ネイリストの美術感性なども評価されるポイントです。

雑誌の切り抜きやサロンのサンプルからアートを決めるお客様がいる一方、「クリスマスっぽく」「このストーンとこの色で上品に」など漠然とした施術リクエストもあります。

ネイリストは、お客様の雰囲気やニーズ、職場の雰囲気を考慮しながら、お客様好みのアートを提供する必要があります。

リペア

爪の補修や修復を行います。

修復の方法は爪の亀裂など状態によるのですが、ネイルグレーやシルクラップなどを用いて、リペアを行います。

他にもアクリル素材を使うリペアもあります。

ネイルアートを楽しみたい女性にとって、爪の状態は悩みの種です。

そのため、リペアが上手なネイリストは、リピーターがつきやすい傾向にあるといわれています。

上記の施術はネイリストのメイン業務です。

ネイリストはこの他にもサロン運営に必要な業務も任せられます。

例えば、店舗の清掃、サンプルアートの制作、顧客管理、予約管理、後輩の育成などがあります。

まとめ

ネイルアート自体が広く認知されたのは1990年代後半でした。

そのころは、まだネイリストやネイルサロンも少なく、価格も高価で、一部の人のみが利用できるものでした。

ジェルネイルが巷で人気となりだした2004年あたりから、ネイリストを志す人が増え、ネイルサロンも増加してきました。

すると、価格競争が進み、それによって今まで高価格だったネイルが、安くなってきました。

筆者の働いていたサロンでも2005年あたりは、客単価が1万円を超えることも多かったのに対し、最近では5,000円をきることも珍しくありません。

価格競争が進むと、ネイリストの年収も据え置き、もしくは削減されてしまうこともあります。

それでも若い女性のなかには依然として、ネイリストは人気の職業です。

自分でセルフネイルを行う人も増加している一方、ネイルサロンでゆっくり施術してもらうほうがいいという人も未だ多いです。

ネイルサロンは都市部や繁華街に多く、サロン同士の競争も激しくなっています。

競争に負け、撤退するサロンも少なくありません。

一方で新しく参入してくるサロンも多く、業界全体の店舗数は緩やかに増加しています。

それに伴い、生き残りをかけた価格競争も激しくなっています。

サロンによっては難しいラインストーンなどのアートも、「盛り放題」「アート内容自由」など、低価格を売りにしています。

お客様側もより安くの心理から、リピーターにならず、新規来店で新しいネイルサロンを渡り歩く人もいます。

勿論、価格が安いことも大切です。

しかし、価格が安いだけでは、他に安いサロンが登場すればお客様はそちらに行ってしまいます。

今後、ネイリストが生き残るためには、確かな技術力が必要でしょう。

またお客様が楽しくて通いたくなるようなコミュニケーション能力も求められます。

ネイルサロン勤めにしろ、独立開業にしろ、この能力が高いネイリストのもとにお客様は通いたくなります。

そうすれば、自然と年収も上がっていくはずです。

この記事の内容が、ネイリストを目指す人や、ネイリストとしてステップアップしたい人の参考になれば幸いです。

最終更新日:2019年6月25日

関連記事

事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

仕事を円滑に遂行するためには欠かせない職種の一つに事務があります。事務と一言に言っても様々な種類の仕事が存在し、企業によっては多様な事務作業や職種があるでしょう。例えば、一般事務、営業事務、貿易事務、医療事務のように事務という名がつく職種もあれば、少し特殊な能力が必要とされる翻訳や通訳、秘書なども事務にあたります。今回はこのような事務の年収について、構成要素や職種別の違い、業界での差などに触れつつ徹底解説していきます。事務の平均年収は332万円が相場2020年現在、事務の平均年収は約332万円となっています。これは事務一般事務や営業事務といったように全職種の平均年収となっており、職種別に見てい

グランドスタッフの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

全国各地の玄関口と言っても過言ではない、空港で接客サービスを行うグランドスタッフ。お客様を空港から安全且つ安心して旅立ってもらえるよう、地上での業務を行っています。その業務は多岐にわたり、チケットの発券やチェックイン、搭乗案内や到着業務まで多くの仕事を担っています。みなさんも何かしらお世話になった経験があるのではないでしょうか?ここでは、グランドスタッフの年収、気になるボーナスや各種手当など徹底解説していきます。グランドスタッフの平均年収は?グランドスタッフは、空港で主に出発や到着などの接客を伴うお仕事をしている方々です。日系大手のJALとANA、2社のグランドスタッフの平均年収は350万円で

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

銀行員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では高給取りのイメージがある銀行員。かつてはエリートの象徴とも言われた銀行員ですが、長引く超低金利時代やIT技術の進歩によって、業界全体を取り巻く環境は大きく変わってきています。地方銀行では活発に再編が進んでおり、単独での生き残りを不安視した動きも出てきました。そんな厳しい環境に立たされた銀行員の年収実態は、どうなっているのでしょう。雇用形態や、銀行規模の違いに応じた年収について解説していきます。銀行員の平均年収は600万円が相場東京商工リサーチによると、2019年3月期の国内銀行平均年収は609万円5千円という結果が出ております。メガバンクから第二地銀まで含めての平均値となりますが、日本

警備員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

警備員の仕事は人々の安全を守り、危険なことがあると率先して立ち向かわなければいけない大切な仕事です。一言で警備員と言っても仕事の内容は幅広く、駐車場の警備、イベントの警備、現金輸送警備、SPという風に様々な警備の仕事があります。では、警備員の年収はどの位なのでしょうか。また、雇用体系別や年収を上げる方法など、警備員の給料事情を詳しく解説していきましょう。警備員の平均年収は300万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると警備員の平均年収はおおよそ301万円です。この年収ベースは、一般の業種平均と比較するとあまり高くありません。月収ベースで20万円、賞与は年2回で3ヶ月分の60万円前後とい

caの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前はキャビンアテンダントと言えば、花形の職業だともてはやされていた"CA"。高給取りのイメージで、世の女性の憧れの職業の一つでした。今現在も人気の職業ですが、やはり気になるのは年収や雇用形態ではないでしょうか。そこで今回は、現役CAのリアルな年収・雇用制度に興味を抱いている人、これからCAを目指す人に向けて役立つ情報を徹底解説していきます。CAの平均年収は?大手日系航空会社の平均年収は約600万円。日系LCC(格安航空会社)の平均年収は約300万円。日系航空会社だと、大手フルサービスキャリアの航空会社と格安航空会社の年収には大きな差がありますね。外資系航空会社の平均年収は平均年収約500万

表示準備中