MRの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


MRとはMedical Representative(医薬品情報担当者)の略で、医療用医薬品を取扱い、自社製品の効能、効果のほかに副作用などの情報提供を医師や医療従事者へ行うことを主な仕事としています。

営業職として紹介されることの多いMRですが、他の業界の営業職と大きく違うのは価格交渉を直接行わない点です。

営業職でありながら医療に貢献できることで人気のMR。

気になる年収や手当について徹底解説していきたいと思います。

MRの平均年収は600万円から700万円が相場

MR全体の平均年収は600万円~700万円になります。

国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収が441万円なので、平均より150万円~200万円くらい給与相場が高いことになります。

年収だけ見ると高いように感じますが、各種手当込みです。

みなし労働で残業代はないため、高めの設定になっていると考えられます。

また、男女別で見ると、男性の平均年収が約800万円なのに対して女性は約570万円になります。

これは、もともと女性MRが全体の1割~2割であり、給与の高い管理職が少ないこと、産休・育休や時短制度が整っている企業も多いものの全国転勤で拘束時間が長いため結婚、出産を機に辞める方が多く、平均年齢が男性より低いことが考えられます。

MRの年収・給料の構成要素

では、MRの年収、給料の構成はどのようになっているのでしょうか。

MRの年収は基本給、ボーナス、その他各種手当で構成されていることが多いです。

それぞれ項目別に見ていきましょう。

基本給・能力給はどれくらい?

基本給は新卒で月22万円~24万円のところが多いです。

大卒だと月22万円、修士以上だと月24万円くらいになります。

新卒以降は大手で1年で3,000円くらいの定期昇給があり、成績や評価により基本給が変わります。

昇給は会社の業績が悪いとないこともあります。

年収の平均は20代で400万円~500万円、30代で450万円~600万円、40代で550万円~780万円、50代で700万円~800万円、60代で450万円~800万円になります。

30代以降は昇進などもあり、個人差が大きくなります。

50代以降は役職定年を取り入れている企業もあり、管理職からプレイヤーに戻るため、役職手当等が減り年収も減る場合があります。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

基本給の2ヶ月~3ヶ月分くらいが平均です。

実績により変動があり、実績が良ければボーナスもアップします。

また、相対評価もあるので、0.5ヶ月~6ヶ月分と、人によって大きく差があります。

年に2回支給する企業が多く、外資系などでは3回支給するところもあります。

そのほか、ボーナスとは別にインセンティブが支給されることがあります。

社内対抗企画で良い成績を収めた場合や、全国で3位以内など非常に成績が良い場合に支給されることあります。

現金ではなく、インセンティブトリップの海外旅行費用(50万円位)の場合や、チームや営業所で食事に行く費用の補助(数万円)のこともあります。

特に外資系はインセンティブによる支給が多いです。

各種手当てはどういったものがある?

MRの手当は他の業界に比べるとかなり手厚いです。

まず全国勤務なので、家賃手当があります。

会社によって違いますが、賃貸の場合、家賃の半分から8割くらいが支給されます。

家を購入した場合は、住宅ローンの補助が出る場合もあります。

また、自家用車を仕事でも使用する場合、駐車場代や保険料も一部負担してくれる場合もあります。

豪雪地帯に配属になった場合は、その分の手当が出ることもあります。

他に営業手当が月に3万円~5万円、講演会などで休日出勤になれば休日出勤手当が1回1万円程度出ます。

担当エリアが広く、島などへ出張を伴う営業活動をする場合は出張手当が出ることもあります。

製薬業界独特ですが、給与とは別に日当が出ます。

こちらも会社により違いますが一日2,000~5,000円支給され、給与とは別振込で非課税になります。

そのほか、福利厚生で結婚、出産、子供の進学のお祝い金が出るところもあります。

MRの中には薬剤師の資格を持っている人も多くいますが、業務で使用しないため薬剤師手当は支給されません。

MRの年収を雇用形態別に見る

MRの雇用形態には、製薬メーカーの正社員として勤務するほかに、コントラクトMRとしてCSO(Contract Sales Organization)から製薬メーカーに派遣される形態があります。

また、メーカーの正社員でも食品などの兼業メーカーのMRですと製薬の専業メーカーと比べて給与が少し低い傾向にあります。

ここでは、それぞれの場合においての年収の違いを見ていきます。

製薬メーカーMRの場合の年収

30代で700万円くらいになります。

40代で850万円~1000万円くらいになります。

30代、40代になると管理職になる人も増えてくるので、結果的に給与は高くなる傾向にあります。

ただし製薬メーカーのMRでも、家庭の事情等で転勤を伴わない地方限定の制度を使うと月給ベースで月2万円~3万円、年収で50万円くらい全国勤務のMRより給与が低くなることがあります。

また、産後に時短MRとして復帰する場合は産前の6割~8割くらいの年収になり、企業によってはサポートとして実績を持たないMRとして勤務することもあり、その分ボーナスも減ります。

兼業メーカーMRの場合の年収

30代で600万円~650万円になります。

製薬メーカーと比べるとやや低い傾向にあります。

新卒の基本給も他の部門とのバランスをとるため、5,000~10,000円程度製薬メーカーと比べて低めに設定されていることが多いです。

ただし、グループ全体で見ると製薬メーカーより大規模で、福利厚生等が充実している場合があります。

コントラクトMRの場合の年収

コントラクトMRは派遣型MRと言われることもあり、勘違いされやすいのですが、CSOの正社員として派遣されるMRのことです。

コントラクトMRの場合は未経験者か経験者かで給与が違います。

未経験者の場合400万円~500万円になり、製薬メーカーの新卒や20代と同じくらいになります。

経験者の場合は、経験年数やキャリアにより異なりますが、大体500万円~800万円になります。

製薬メーカーのMRよりやや給与が低めの印象があるかも知れませんが、実績によっては派遣先の企業の正社員登用になったり、CSOで管理職になることで1000万円超を目指すことができます。

MRは、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

管理職であれば、1000万円を超えることが可能です。

そのほか、売上実績などによりボーナスやインセンティブで年収がアップすることがあります。

特に外資系では顕著で、基本給やポジションが前年度と全く同じでも年収で100万円~200万円の違いが出ることがあり、変動が大きいです。

更に昇進して支店長クラスになると、3000万円くらいになる場合もあります。

MRはどういった勤務先だと年収が高くなるか?

一般的には大手製薬メーカーが一番年収が高くなる傾向があります。

また、内資系と外資系では外資系のほうが実績の給与への反映が大きく、単年で比較すると外資系のほうが給与が高くなる場合があります。

ただし、内資系は手当や福利厚生が充実している傾向が高く、一概に比較するの難しいです。

後発品(ジェネリック)メーカーや食品などの兼業メーカーは、大手の先発薬メーカーに比べると給与が低い傾向にあります。

内資系大手製薬メーカーで働く場合の年収

アステラス製薬、第一三共、武田薬品工業、エーザイ、大塚製薬など内資系大手製薬メーカーは平均年収が800万円~1000万円になります。

最近は実力主義を取り入れている会社も多くありますが、年功序列、終身雇用の名残で各種手当、福利厚生も手厚いのが特徴です。

若い内は実績の割に外資系と比べて給与が低く感じられることもありますが、安定して昇給していきます。

外資系製薬メーカーで働く場合の年収

ベンチャーでも高い年収の場合があり、一概に大手だから給与が高いとも言い切れません。

内資系よりもポジションによる給与水準が明らかで、Senior Specialistで700万円~1000万円、Managerで900万円~1400万円と言われております。

給与水準はオーファンドラッグ(希少疾患用医薬品)を取り扱うメーカーが高い傾向にあります。

成果主義、実力主義を採用しているところが多いため、基本給よりもインセンティブやボーナスが年収に与える影響が大きいのが特徴です。

昇給や昇格も厳しく、年収700万円~900万円で終わるケースも少なくありません。

また、住宅手当をはじめとする各種手当も内資系と比較して少ない傾向にあります。

内資系中小製薬メーカーで働く場合の年収

内資系中小製薬メーカーのMRの平均年収は590万円~900万円くらいです。

大手と比較すると給与は若干低い傾向にあります。

各種手当や福利厚生に関しては、大手と遜色ない場合もあります。

同族企業も多く、年功序列、終身雇用の傾向が大手より色濃く残っていることも少なくありません。

実力があっても、派閥争いや、社内の立ち回りに失敗すると昇格が上手くいかず年収が伸び悩むことがあります。

ジェネリック(後発品)メーカーで働く場合の年収

特許切れの医薬品(後発品)を主に取り扱うジェネリックメーカーのMRの平均年収は、日医工、日本ケミファ、富士製薬工業、東和薬品、沢井製薬の大手5社で630万円です。

日本のサラリーマンの平均年収よりは高いですが、先発メーカーと比較すると、取り扱う製品の単価も安くなるため年収も低い傾向にあります。

CSOで働く場合の年収

CSOでプロジェクトごとに派遣型MRとして働く場合の年収は、未経験の場合は400万円~500万円、経験者の場合は直近の給与を参考に年収が決まります。

大手CSOであれば、係長クラスで700万円~800万円、管理職MRで800万円~900万円、プロジェクトマネージャーで900万円~1000万円くらいになります。

手当はCSOの規定になります。

そのため、製薬メーカーほど手厚い福利厚生や住宅手当などがない場合もあります。

オンコロジー領域、希少疾患領域、中枢神経領域など専門領域の知識や経験がある場合は、製薬メーカーからのニーズも高いため、給与が高くなる場合があります。

CSOでWEBを通じて医師等へ情報提供を行うリモートMRの場合は、派遣型MRよりやや低めの300万円~600万円の年収になります。

アポイントを取って情報提供を行うので、フレックスタイムが使えたり、残業が少なくなるというメリットがあります。

MRの年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

では、雇用形態や就業先以外ではどんなことが年収アップの条件になるのでしょうか。

一般的には下記の傾向があります。

1.オンコロジー領域、希少疾病領域、中枢神経領域などのスキル・経験がある

専門性の高い領域の知識や経験がある場合、ニーズも高く年収も高くなります。

特にオンコロジー領域は各社開発に力を入れていることもあり、今まで中途採用を行っていなかったメーカーへの転職も可能になることがあります。

ただし、オンコロジー領域は1製剤あたりの価格も高価ですが、領域の特徴として継続して処方されることが難しいため、ノルマが厳しい領域でもあります。

2.英語ができる

新薬や適応追加の場合すでに海外で発売や追加がされている場合も多く、国内の臨床試験データ以外に海外文献やデータについても医師に情報提供できるMRは重宝されます。

また、企業によっては昇格の条件としてTOEEIC〇〇点以上などが挙げられている場合があります。

これからMRになる人へのアドバイス

MRの最大の魅力は医療資格がなくても医療に貢献できるところです。

高い給与はもちろん魅力的ですが、その分専門知識や責任、医師や医療従事者との円滑なコミュニケーション能力も求められます。

営業職なので、継続して結果を出していくには日々知識のアッブデートするべく勉強が欠かせません。

高い給与の裏には、拘束時間が長い、勤務地が選べない、ノルマが厳しい、医師や医療従事者に振り回されるなどデメリットもあります。

華やかな面もありますが、基本的には地味でコツコツとした努力が結果になります。

非常にやりがいのある仕事なので、医療に興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

給与水準が他の業界よりも高く、一般的には手当や福利厚生も充実している製薬業界ですが、一口にMRと言っても、働き方や就業先によって年収が大きく違います。

自身の働き方の優先順位を明確にして、就業先をよく調べて選ぶと良いでしょう。

最終更新日:2020年3月11日

関連記事

webデザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

Webデザイナーの仕事をしたいけど、年収がどれくらい貰えるのか分からない…と悩んでいらっしゃる方もいると思います。普通の正社員と比べるとどれくらいの収入を得られるのか、気になるところでよね。今回は、Webデザイナーの年収について詳しく解説していきます。webデザイナーの平均年収は340万円が相場 各転職サイトの平均年収ランキングで調査したところ、1年間の正社員としての平均年収だと、Web デザイナーは344万円となっております。1ヶ月計算ですと月収は月々28万円ぐらいになります。日本人の会社員の平均年収は約420万円程度なので、平均よりは少し低い収益になっています。しかし年収額は仕事内容や雇用

受付の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

受付の主な仕事は、来訪者を出迎えて案内することです。そのため、企業や病院などの顔としての役割を持ち、ホスピタリティやイレギュラーな状況でも動じない対応力が求められます。この記事では、そんな接客のプロフェッショナルである受付の気になる年収を見ていきましょう。受付の平均年収は約320万円が相場勤続年数と年代によって開きはありますが、受付の平均年収は約320万円で、平均月収は約22万円です。平成30年度の日本人の平均年収は約441万円なので、受付の年収は日本の平均年収よりも100万円以上低いことになります。しかし受付はほぼ女性のみの職種で、同年度の女性の平均年収は約293万円ですから、女性の年収とし

郵便局員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんの中に郵便局を利用したことがないという人は恐らくいないのではないでしょうか?これから就職を考えている人の中には、そんな郵便局で働いてみたいという人もいらっしゃるかと思います。郵便局員と聞くと当然郵便業務の印象が強いとは思いますが、実際の仕事内容はもっと幅広いです。郵便物に関する業務はもちろん金融サービスの提供、生命保険の販売、営業なども全て郵便局員の仕事です。「郵便局で働きたいけど給料ってどれくらいなの?」「郵便局員としてできる限り稼ぐにはどうすれば良いの?」あなたのそんな疑問をこの記事が解決します。ここでは郵便局員の年収について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。この記

スポーツインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

最近では好きなことを仕事にする流れができつつあり、今まで熱心に取り組んできたスポーツのインストラクターになりたい人や、デスクワークばかりではなく体を動かす業種に転職をする人が増えてきています。しかし、これからスポーツインストラクターになろうとしても、「収入はどれくらいなのか」「稼げない業種なのではないか」といった不安を持っている人が沢山います。この記事ではそういった方に向けて、スポーツインストラクターの収入や給料の相場、どうすればスポーツインストラクターで稼げるようになるのかなどを中心に紹介していきます今回紹介するスポーツインストラクターは、スポーツジムやフィットネスクラブに勤めているトレーナ

デザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

デザイナーは、どの程度の年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような人が高い年収を得られるのでしょうか。これからデザイナーを目指そうとしている方・現在の自分の年収がデザイナーの平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役デザイナーの方などは、この記事を参考にしてみてください。※年収や初任給などについては、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」より独自に算出しています。目安としてご参考にしてください。デザイナーの平均年収は約430万円が相場デザイナーの平均年収は、約430万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、おおよそ平均程度は年収が得られる仕事と言って良いでしょう。

幼稚園教諭の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

幼稚園教諭の年収は?待遇は?これから働く人からすると、不安は尽きないことでしょう。本記事では、「幼稚園教諭」の年収や初任給から仕事に必要なスキルなどを詳しく解説しています。これから幼稚園教諭になりたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さいね。幼稚園教諭の平均年収300万円が相場園の運営形態にもよるため、一概にも平均で300万円が年収として決まるというわけでもありません。私立の幼稚園であれば、給料も待遇も園の裁量に任せているため、公立よりも若干の差は生まれます。幼稚園教諭の初任給はどのぐらい?初任給は月22万前後、短大卒で月17万円~18万円です。サラリーマンとさほど変わりがないと言えます。

プロ棋士の年収を徹底解説|給料の構成要素・賞金・目指せる最高年収

藤井聡太七段のタイトル挑戦や、「将棋メシ」でも注目を集める将棋。その「将棋」を指すことを仕事にしているのがプロ棋士と呼ばれる人々です。将棋を極めたプロ棋士が得ることのできる年収を、能力や仕事別に解説していきたいと思います。(棋士の段位やタイトル保持者は2020年6月時点でのものです。)プロ棋士の平均年収は約700万円~800万円が相場プロ棋士の平均年収はいくらぐらいになるのでしょうか?日本将棋連盟にプロ棋士として登録されている人数は約160名で、その年収の平均は約700万円~800万円と推定されます。トップ棋士になれば年収が1億円を超えることもありますが、年収1000万円を超える棋士は上位10

通訳の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

外国語を自在に操る通訳は、英語などの外国語を学んでいる人が将来なりたい職業の一つです。大学や語学の専門学校で通訳の養成課程がある授業を受けることが好ましく、また海外留学の経験もとても役に立ちます。留学を考えている人や現在海外に留学している人なども、毎日現地語で切磋琢磨しないと語彙数を増やせませんし、ネイティブ特有の言い回しを理解できません。では、そんな通訳の年収はどれくらいなのでしょうか。通訳の年収や働き方についてご紹介致します。通訳の平均年収は405万円が相場通訳の年収は働き方によって大きく差がありますが、平均値をとると約405万円程度です。日本全体の平均年収が400万円程度だということを考

不動産営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「不動産営業と聞くと年収が高いイメージがあるけど実際どうなの?」「勤務年数や役職で年収は変わるの?」など、実際に不動産営業をしたことのある人でないと、分からないことも多いと思います。一般的には不動産の営業マンと聞くと年収が高いイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?今回は、不動産営業の平均年収や年収の上げ方について紹介します。不動産営業の平均年収は429万円が相場不動産営業の年収は高いイメージがありますが、実は429万円が相場です。しかし、給与幅として300万円〜900万円ほどであるため、かなりの差があります。なぜここまでの差があるのかというと、雇用形態や勤務先、スキル、経験などによっ

パチプロの年収を徹底解説|年収が高い人のスキルや特徴・年収アップのコツなどを紹介

駅前や郊外のパチンコ店の前で沢山の客が並んでいる姿を見かけたりします。市場規模が20兆円とも言われる巨大な娯楽産業であるパチンコですが、ギャンブル、ストレス発散の遊びなど、様々な目的で客はパチンコ店に出かけているのだと思います。その目的の中で、お金を稼ぐことを目的としてパチンコ店に行き、継続して利益を上げていくのがパチプロです。パチプロの定義というもの特にありません。ざっくりした表現だとパチンコ、パチスロで稼いで生活できる人のことをパチプロと呼びます。さて、パチプロはどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。こちらの記事では、パチプロの年収についてご紹介していきます。パチプロの平均年収は350万

ライターの年収を徹底解説|給料の構成要素や年収を上げる方法

言葉で表現することを仕事にしている人のことを「ライター」と言います。文字を書くことを生業にするという意味では、ライターという職業は平安時代から存在していたとも言えるでしょう。一概にライターと言っても、「シナリオライター」から「コピーライター」に至るまで、文章のジャンルの数だけ様々なライターがいます。インターネットの普及によって、最近では「webライター」という新たな職種も登場しました。今回はそんなライターの年収について徹底解説します! ライターの平均年収の相場とは? 数ある職種の中でもライターは圧倒的にフリーランスの割合が高くなりました。平均月収15万円~20万円、年収にして200万円前後と意

フリーランス(個人事業主)の年収を徹底解説|業種別の年収や年収をアップさせるためにやるべきこと

フリーランスという働き方は、今とても注目されている形態です。場所を問わず、ある程度自分が好きなように働けるので、会社という組織に縛られず自由に働いて稼いでいきたい人は憧れるでしょう。そんなフリーランスですが、年収はどのくらいなのでしょうか。また、どんなスキルがあると収入が増えるのでしょうか。これからフリーランスになりたいという方、またフリーランスで働いているけれども、なかなか収入が上がらないという方はぜひ参考にしてみてください。フリーランス(個人事業主)の平均年収は300万円が相場フリーランスと言っても、ライターからエンジニアまで様々な業種があります。ここでは、全てのフリーランスの方の年収を平

准看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師はなんとなく年収が高いイメージがありますが、果たして准看護師もそうなのでしょうか?この記事では、厚生労働省のデータ(令和元年賃金構造基本統計調査)に基づき、准看護師の年収について解説していきます。准看護師の平均年収は400万円が相場准看護師に平均年収は大体400万円程度と考えておくと良いと思います。平均年齢:50.2歳勤続年数:11.6年労働時間:158時間/月超過労働:3時間/月月額給与:282,400円年間賞与:641,600円平均年収:4,030,400円※平均年収は、「月額給与×12+年間賞与」で計算しています。ちなみに男性と女性で若干の差はあるものの、多職種と比較するとそこまで

SEの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「SE(システムエンジニア)になってみたいな」「SEを目指してみたいな」と思っていても、SEは稼げるのか?年収はどのくらい?新卒や中途でSEになっても大丈夫なの?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、SEの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!SEに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。SEの平均年収は約569万円が相場厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(令和元年)」をもとに、SEの平均年収を算出してみました。システムエンジニア欄の「決まって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」より、平均年収を計算してい

DJの年収を徹底解説|年収の決まり方や最高年収、年収アップさせる方法

クラブやライブハウスなどで活躍する数多くのDJがいます。しかし、DJの活動だけで生計を成り立たせるのはかなり厳しいのが現状です。昼間の仕事や副業と掛け持ちしながら活動を続けるDJが圧倒的に多いです。この記事では、DJの年収について見ていきたいと思います。DJの平均年収は150万円~200万円が相場日本人のDJ(クラブDJ)の平均年収は150万円~200万円ほどです。DJのみでの収入では生計を成り立たせるのは難しいのが現状です。DJの年収・給料の構成要素フリーランスとして活動するDJが圧倒的に多いため、福利厚生はありません。店舗での専属DJとして契約した場合でも、年収100万に届くまではかなりの

パイロットの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年収の高い業種と聞いて真っ先に思いつくのは医者ではないでしょうか。しかし、実はパイロットは、場合によっては医者よりもかなりの高給取りなのです。実際にどのくらい貰っているのか、気になるところだと思います。そこで今回は、これからパイロットを目指している方や憧れを抱いている方などパイロットに興味のある人に向けて、厳しい審査を全てクリアした限られた人のみがなれる業種「パイロット」の年収をはじめ、勤務形態、必要なスキルなどをご紹介していきます。パイロットの平均年収は1000万円~1250万円が相場平均の内訳は、旅客機の操縦士の年齢別の年収と、大手日系航空会社、日系格安航空会社、大手外資系航空会社(国営の

ウェディングプランナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚式のプロデュースをするウエディングプランナーは、主に結婚式に関する事前準備や当日までのサポートを行っています。結婚式を挙げるカップルから依頼を受けると、何度も打ち合わせを重ね、日取りから予算、衣装や招待状に至るまで手配し、多くのカップルたちの助けとなっています。ただ、仕事内容の大変さなどを考えると、果たして見合うだけの年収なのでしょうか?この記事では、ウェディングプランナーの給料や初任給、賞与や各種手当など、年収について詳しく紹介していきましょう。ウェディングプランナーの初任給はどのぐらい?ウエディングプランナーの初任給は、月18万円~20万円程度が相場とされています。もちろん企業によって

鍼灸師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

鍼灸師とは、縫い針や注射針ではない、施術用の鍼(はり)と灸(きゅう)を使って、身体にもともと備わっている自己治癒力を高め、症状を抑えていく資格です。2018年に鍼灸を「伝統医療」としてWHO(世界保健機構)が認定したことにより、世の中の東洋医学に対する印象が変わり、鍼灸の需要が高まってきています。今回は、そんな鍼灸師の気になる給料について紹介していきます。鍼灸師の平均年収は330万円~400万円が相場鍼灸師の平均年収は、おおよそ330万円~400万円と言われています。年収は経験値や技術力、勤務形態、勤務場所などで変わってきますが、年齢による差はあまりありません。特に経験値や技術力は年収に影響し

美容部員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

きれいにメイクをし、化粧品に囲まれながら仕事をする美容部員は、華やかで憧れのお仕事ですよね。今回は、美容部員として働いた経験から、美容部員の仕事内容や年収についてご紹介していきます。美容部員の平均年収は300万円~400万円が相場美容部員の年収は、勤務している会社、特に日系メーカーか外資系メーカーなのかによっても異なります。外資系メーカーは売上に応じた歩合給の部分が日系メーカーに比べて多い場合があり、年収が高い傾向にあります。また、大手ブランドの化粧品販売員の方が、年収が高い場合が多いです。美容部員の初任給はどのぐらい?初任給は、月20万円前後が一般的です。大卒、短大・専門学校卒など最終学歴に

モデルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

雑誌のモデルから世界的に活躍するファッションモデルまで、モデルは女性の憧れの職業の一つでもあります。もちろん男性モデルも存在しますが、一般的にモデルと言えば、華やかな衣装を身にまとった女性モデルをイメージするはずです。今回はそんなモデルの年収を、モデルの種類や仕事別に徹底解説していきたいと思います。モデルの平均年収は200万円~300万円が相場前述したように、モデルというのは上と下では天と地の差があるほど給料差も激しく、世界的に見ればその差も更に広がります。モデルも様々な種類があるので一概にはまとめにくいですが、一般的な平均は200万円~300万円と言われています。ただ、中には副業としてやって

表示準備中