管理栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当


皆さん、「管理栄養士」という職業は知っていても、その年収はご存知でしょうか。

「管理栄養士」は厚生労働大臣から認定された国家資格で、専門的な知識・技術で栄養指導や栄養管理を行う仕事です。

国家資格であるために年収相場は高いのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、知られているようで知らない人が多い管理栄養士の年収事情を徹底的に解説していきたいと思います。

目次

閉じる
  1. 管理栄養士の平均年収は350万円前後が相場
  2. 管理栄養士の年収の構成要素
  3. 基本給・能力給・資格手当はどれくらい?
  4. 賞与(ボーナス)はどれくらい?
  5. 各種手当はどのようなものがある?
  6. 管理栄養士の年収を新卒や雇用形態別に見る
  7. 新卒の管理栄養士の年収
  8. 社会人が転職する場合の管理栄養士の年収(正社員)
  9. パート・アルバイトの管理栄養士の年収
  10. 管理栄養士では、最高でどれくらいの年収まで目指せるの?
  11. 管理栄養士ではどのような勤務先だと年収が高くなるの?
  12. 病院で働く管理栄養士の年収
  13. 企業で働く管理栄養士の年収
  14. 公務員として働く管理栄養士の年収
  15. フリーランスで働く管理栄養士の年収
  16. 管理栄養士の年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?
  17. 献立作成や衛生管理などのスキル・経験がある
  18. 専門分野で3年以上働いた経験がある
  19. 栄養指導の経験がある
  20. 人をまとめる能力がある
  21. 管理栄養士の年収査定で特に大事なのは、「経験年数」と「仕事内容」
  22. 管理栄養士として年収をアップさせたい人にやって欲しい4個のこと
  23. 研修会等には積極的に参加をする
  24. 専門分野の資格取得
  25. コミュニケーション能力を上げる
  26. 今の職場で成果を出す
  27. 転職を検討する
  28. これから管理栄養士になる人へのアドバイス
  29. 最後に

管理栄養士の平均年収は350万円前後が相場

管理栄養士の年収は職種により大きく幅があります。

一般的な会社員と同じく、働いている年数によって定期的に給与がアップします。

20代では年収250万円前後、30代では年収が300万円を超えることが多いです。

40代では年収400万円前後、50代では年収が500万円前後、と年収のピークを迎えます。

管理栄養士の年収の構成要素

管理栄養士の年収は、「基本給」「能力給」「資格手当」「ボーナス」の構成になっている場合が多く見られます。

では、それぞれの項目を詳しく見てみましょう。

基本給・能力給・資格手当はどれくらい?

「基本給」は新卒管理栄養士として働く際、月に約17万円くらいからスタートするところが多いです。

そこから勤続年数と共に増えていきます。

「能力給」は試用期間中は支給されず、管理栄養士として一人前に働けるようになってから支給されることが多いです。

中途採用の場合は前職での経験が加味され、「能力給」が加算されます。

「資格手当」は5千円~3万円と、働く場所により大きく差が見られます。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

ボーナスは働き先によって支給額が大きく異なります。

年間2回10万円を支給するところもあれば、毎月の給与の数倍額を年2回に分けて支給するところもあります。

毎月の給与額も重要ですが、賞与額が年収を大きく左右することも少なくありません。

各種手当はどのようなものがある?

各種手当の内容や金額などは働き先や雇用形態等によって異なりますが、会社規定の交通費支給は、多数の会社で設けられている手当です。

その他、「家賃補助手当」や「扶養手当」、「子ども手当」などが毎月支給される会社もあります。

管理栄養士の年収を新卒や雇用形態別に見る

ここでは、管理栄養士の年収を新卒の場合と中途の場合、また雇用形態別などに分けて見ていきます。

新卒の管理栄養士の年収

新卒の管理栄養士の年収は240万円~300万円程の年収である場合が多いです。

自分自身と照らし合わせてみると、新卒時代の年収が約260万円であったため妥当な額であったと感じています。

社会人が転職する場合の管理栄養士の年収(正社員)

管理栄養士が正社員として転職する場合、年齢や経験などを加味し、できるだけ前職の年収に近い額を出してもらえることが多いです。

また、転職先で管理栄養士として更なる飛躍が期待される場合は前職以上の年収を期待することもできます。

パート・アルバイトの管理栄養士の年収

パートやアルバイトなどとして扶養内で働く管理栄養士は、出勤日数で調整を行い年収の調整をすることが多いです。

扶養内で働きたいのか扶養外で働きたいのかによって年収は違ってきます。

扶養外で働きたいパートに関しては年収200万円前後である場合が多いようです。

管理栄養士では、最高でどれくらいの年収まで目指せるの?

管理栄養士として雇われて働く場合は、職種にもよりますが年収650万円程度が限度であると感じます。

しかし、形にとらわれずフリーランスの管理栄養士として講演を行ったり栄養相談を行うなど、個人で活動する場合は年収1000万円以上も夢ではありません。

管理栄養士ではどのような勤務先だと年収が高くなるの?

では、どのような場所で働く管理栄養士が高い水準の年収を得られるのでしょうか。

以下に、勤務先別に分けた管理栄養士の年収相場をご紹介します。

病院で働く管理栄養士の年収

保育所や施設で働く管理栄養士よりも、病院で働く管理栄養士の方が年収が高いことが多いです。

更に、病院の中でも、小さな個人病院よりも大きな総合病院の方が年収が高い傾向に有ります。

大きな病院で専門性に特化した管理栄養士として働く場合、新卒であっても年収は350万円程からスタートするところもあります。

病院ではたらく管理栄養士の平均年収は440万円程と言われており、やや高めであると感じます。

企業で働く管理栄養士の年収

企業で働く場合も大手食品会社であればあるほど年収はやや高い傾向にあります。

平均年収は460万円程度と言われており、これも一般的な管理栄養士と比べると高い相場となっています。

ただし企業で働く場合は、献立作成等の食事に関わる仕事は少ないです。

公務員として働く管理栄養士の年収

保健所や役所などの管理栄養士は給与形態が公務員と同等であるため、年収は高いです。

平均年収は470万円程度と言われています。

もともと管理栄養士は高い年収が見込める職種ではないため、管理栄養士としての年収では比較的高い年収です。

フリーランスで働く管理栄養士の年収

フリーランスで働く場合の年収は個人の頑張り次第であると感じています。

講演に回ったり栄養相談を行うなど、いずれにしても知識や経験が必要となることが多いので、新卒でフリーランスとして働くことはおすすめできません。

しかしながら、フリーランスとして活動することで年収1000万円を超えることも夢ではないのです。

管理栄養士の年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

では管理栄養士の年収はどのように決まるのでしょうか。

また、年収が高い人に条件やスキル、特徴はあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

献立作成や衛生管理などのスキル・経験がある

まず、管理栄養士の仕事内容は職場によって様々です。

管理栄養士として働いていても献立作成をしない場合や、調理現場に全く携わらない場合などもあります。

年収が高い人の条件の一つに、管理栄養士としての仕事内容を一通り経験していることが挙げられます。

仕事内容を一通り経験している人は、例え転勤がある職場であっても調理現場の運営方法が変わっても対応ができるために重宝されます。

また年収アップを目指すために転職をする場合も、一通り管理栄養士としての仕事経験があった方が採用されやすいことは言うまでもありません。

管理栄養士の収入と経験内容は比例している場合が多いです。

専門分野で3年以上働いた経験がある

例えば、病院へ転職をする際に病院での実務経験が数年必要である場合があります。

求人情報を見ると、病院の採用試験を受けるには「3年以上病院での管理栄養士経験が必要である」と記してある求人が多いように感じます。

それは病院と施設や給食施設などでは仕事内容が全く違うからです。

それに加えて、新人に一から仕事を教える手間を省く目的も考えられます。

管理栄養士は3年程の実務経験を経てやっと一人前の仕事を任せられるような職業です。

早いうちに専門分野を定め経験年数を積むことが高収入へ繋がる条件です。

栄養指導の経験がある

病院や施設などで働く際、栄養指導業務があることが殆どです。

栄養指導業務の経験がある程度あれば、採用されやすい傾向にあります。

特に病院は、3年以上の実務経験がないと個別栄養指導業務をさせてもらえないところも少なくありません。

入職する時点で栄養指導の経験がある人は優遇されること間違いなしです。

人をまとめる能力がある

管理栄養士1人体制で仕事をする場合も、管理栄養士複数人体制で仕事をする場合も、人をまとめる能力がある人の方が出世しやすい傾向にあります。

1人体制の場合も、調理職員をまとめ指示を通さなくてはなりません。

調理職員の統制がとれる管理栄養士ほど重宝され、年収のベースアップも見込めます。

また複数人体制で仕事をする場合は、管理栄養士同士が役割分担をして円滑に仕事を進めていく必要があります。

円滑に仕事を進める中で、人をまとめる能力のある人が管理職に抜擢されることも少なくありません。

管理栄養士の年収査定で特に大事なのは、「経験年数」と「仕事内容」

管理栄養士は、一会社員であることが多いです。

やはり年収査定で重視されるところは、「経験年数」と「仕事内容」です。

転職する際は、それまでに経験してきた仕事内容が重視されて年収が決まることが多い為、様々な職種の経験があるに越したことはありません。

しかし管理栄養士は会社員であるため、入社する会社を見極めて一つの会社で経験を積むことで毎年年収は確実にアップしていきますし、定年を迎える頃には年収500万円~600万円を超えることも少なくありません。

また就業年数が増えるほど定年時の退職金も増えるため、一つの会社で長く働くことが高収入に繋がる近道であることもあります。

年収をアップさせるためには、転職することと一つの職場で定年まで勤めることのどちらが自分にとって最善であるか試算をして、一度きちんと考えてみても良いかもしれません。

管理栄養士として年収をアップさせたい人にやって欲しい4個のこと

管理栄養士として年収をアップさせたい人にやってほしい事を以下にまとめています。

参考になれば幸いです。

研修会等には積極的に参加をする

管理栄養士は自分自身で情報を得なければなりません。

日々新しい情報を得るためにも、研修会や講演会などはこまめにチェックし、積極的に参加しましょう。

新卒のまま情報が更新されていない管理栄養士は必要とされません。

年収アップを望むのであれば、管理栄養士としての自分を磨く努力を怠らないようにしましょう。

専門分野の資格取得

「公益社団法人栄養士会」を知っていますか?

4年制管理栄養士養成学校や2年制栄養士養成学校を卒業する際、学校から入会を勧められた経験がある方も多いかと思います。

栄養士会では高度な専門性を身に付けたい管理栄養士のために各分野のスペシャリスト認定を行っています。

その他の民間資格にも管理栄養士がスキルアップできるようなものもあります。

このように、管理栄養士免許を取得した後も専門分野の知識を身に着け認定してもらうことで、職場から認められ年収アップが見込める場合があります。

コミュニケーション能力を上げる

いくら仕事をコツコツと一生懸命こなしても、周囲に認めてもらえなければ年収アップは見込めません。

周囲と上手くコミュニケーションを取り、人に伝える力や人をまとめる力があってこそ年収アップに繋がるのです。

コミュニケーションを取ることが苦手な方も、まずは少しずつ周囲と上手く関わる努力をしてみませんか?

今の職場で成果を出す

年収アップを目指すためには今の職場で与えられている仕事をきちんとこなし、現状に満足せず日々問題点を改善していくことも必要です。

現在の仕事を満足にこなせなければ、スキルアップや年収アップは望めません。

まずは、今の職場で成果を出すことを目標としましょう。

転職を検討する

先程も少しお話ししましたが、管理栄養士は一会社員であることが多いです。

あまりにも年収が低かったり数年勤めていても年収が変わらなかったりする場合は、自分自身ではなく会社の体制や財政に問題があることがあります。

一度、管理職に収入について相談してみて、変わりようがなければ転職をおすすめします。

管理栄養士として年収アップの点から転職を行う場合は、自身の経験したことのある仕事内容であると交渉がしやすく年収アップが見込めると思います。

そもそも管理栄養士の年収自体が低いと感じる人は、他の職種にジョブチェンジも検討すると良いでしょう。

これから管理栄養士になる人へのアドバイス

管理栄養士は決して楽な職業ではありません。

新卒の頃は、仕事量は多いのに年収と割に合わないなと感じる方も多いと思います。

しかし経験を重ねるに連れ、仕事に対するやりがいや楽しさなどが増してゆくことも管理栄養士の魅力の一つです。

また、一会社員であることが多い為、比較的収入が安定しており、年収は確実にアップしていくというところも管理栄養士の良さであると言えます。

現に、新卒から就職した職場で定年を迎える管理栄養士も多いです。

管理栄養士になったばかりで辛い時期があったとしても、それは一瞬のことです。

物事を点で捉えず線で捉えて、長い目で管理栄養士という職業を選んで頂けたら、同じ管理栄養士として嬉しいです。

もし管理栄養士になったのなら、管理栄養士として共に頑張りましょう!

最後に

今回は管理栄養士の年収を徹底解説しました。

管理栄養士の年収の実情について、たくさんの方に興味を持って頂けると幸いです。

最後まで読んで頂き、有難うございました。

最終更新日:2019年7月3日

関連記事

司法書士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

日本司法書士会連合会が発行している司法書士白書に司法書士へのアンケート結果が載っているのですが、それによると、司法書士への志望動機で最も多いのが「専門性の高い仕事ができるため」だそうです。一方、「経済的に恵まれるため」を志望動機とした司法書士は全体の半分以下に過ぎず、お金は二の次という結果になっています。しかし、司法書士を目指している人にとって、司法書士になるとどれぐらい稼げるのかはやはり重要な問題でしょう。この点についてインターネット上には様々な情報があふれていますが、今回は、実際はどうなのかというリアルなところをお話していきます。司法書士の平均年収は500万円以下が相場司法書士全体の平均年

作業療法士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

作業療法士は、病院や福祉施設、または地域包括支援センターや市役所の行政等で勤務することができるため、世の中の景気に大きく左右されることなく常に安定した収入を得ることが可能な仕事です。また、作業療法士になるためには専門学校や大学へ最低3年は学校に通い、実際の病院や施設で臨床実習を経て国家試験を合格する必要があり、作業療法士資格取得のハードルも高いため、給料が高いというイメージがあるかもしれません。そこで今回は現役の作業療法士が、作業療法士の年収や手当等についてデータ(厚生労働省統計データ参照)と共に皆様にお伝えしていきたいと思います。作業療法士の平均年収は約400万円が相場結論から言いますと、2

宅地建物取引士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

不動産業界で仕事をしようと考えるときに、持っておきたい資格の中でも特に重要だと言われているのが宅地建物取引士の資格です。宅地建物取引士は、資格を持っていないとできない仕事もあるし、そもそも不動産会社に5人に1人はいなければ営業ができない等、とても重要な資格者です。国家資格でもあり、受験生の17%から20%前後しか合格しないので、簡単に取れる資格でもないので、宅地建物取引士はとても貴重な人材とみなされます。不動産業界になくてはならない宅地建物取引士ですが、給与は他の業種や同じ不動産会社の営業などと比較して高額なのでしょうか。手当や賞与なども含めた年収面はどの程度差があるのでしょうか。宅地建物取引

通関士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

弁護士や税理士など法律を扱う職種は「士業」と呼ばれ、一般的にはその職業に就くことが難しい分年収も高いイメージがあります。輸出入の手続きを行う「通関士」も実はその士業の内の一つです。通関士として働く場合も、弁護士などと同様に「通関士資格」という国家資格に合格する必要があります。その試験は毎年合格率10%前後の難易度が高いものです。しかし弁護士など他の士業と異なる点は、個人での独立が難しく企業に所属することがほとんどの為平均年収は特別高くはないという点でsy。またその金額も、年齢や所属する企業によって異なります。ここでは、通関士の一般的な年収について詳しくご紹介していきます。通関士の平均年収は40

消防士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、以前消防士として働いていた筆者が、その経験をもとに消防士の年収や待遇、仕事内容などを内部的視点でお伝えさせていただきます。消防士というのは「地方公務員」であり、その身分には大きく分けて二つに分かれます。消防士の年収や待遇は各市町村が定める給与条例等に基づいており、市町村により差があるということが前提となります。概ね、大都市の職員の給与ほど高い傾向にあります。二つの身分というのは「公安職」か「行政職」かです。公安職とは、一般の人が思い浮かべる消防士の仕事…火事を消したり、救急車に乗っていたり、それに加えて火災予防の指導をしたり…こうした「いわゆる消防士」としての業務だけをする消防士

公認会計士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、公認会計士の平均年収や給与の構成要素及びケース別での給与についてご紹介いたします。まず、公認会計士とは難関国家資格の一つに位置づけられており、監査業務を独占業務として、その他税務、コンサル等多岐にわたり業務を行うことができます。大手・中堅監査法人によってそこまで大差は有りませんが、下記では一般的な年収水準のご説明をさせていただきます。公認会計士の平均年収は約1000万円が相場まず、公認会計士としての平均年収は約1000万円位となります。公認会計士の有資格者の勤務形態としては、多くは監査法人で勤務される方が多いですが、税理法人・コンサルティング会社等で専門家として働く方、個人で独立

ネットワークエンジニアの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、ネットワークエンジニアの年収について、あらゆる角度からご紹介します。ネットワークエンジニアとは、IT関連の業種の中で、ネットワークの設計や構築、運用を担当するエンジニアです。IT関連の業種の中でも、アプリケーションエンジニアやサーバーエンジニアと比べて人数が少ない一方で需要は一定数存在するため、ネットワークエンジニアの年収は比較的に高い部類に入ります。また、自分でスキルを身につければ、その分年収がグングンと上がっていきます。では、ネットワークエンジニアの年収について早速詳しく見ていきましょう。ネットワークエンジニアの平均年収は400万円~900万円が相場ネットワークエンジニアの平

国家公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・各種手当について

就職や転職を目指す人は、景気が良い時は民間企業、悪くなると公務員を選択する傾向にあります。公務員は身分が安定していて経済状況にあまり左右されない、という認識を持つ人が多いようです。そこで公務員の給与・初任給・賞与(期末手当)・各種手当などについて徹底解説しますので、参考にして就職・転職活動に役立ててください。なお、公務員には地方公務員も含まれますが、ここでは国家公務員についてのみ取り上げます。従って、以下に記述する公務員は内閣総理大臣・国会議員・裁判官等法令で定める特別公務員を除く全ての国家公務員です。地方公務員は国家公務員に準じているのが原則ですが、県・大都市・各市町村等組織や人員がそれぞれ

言語聴覚士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

医療や介護の現場で働く「言語聴覚士」という仕事があります。言語聴覚士は理学療法士や作業療法士と並ぶリハビリを行うセラピストです。言語聴覚士は1997年に国家資格として制定されたばかりの比較的新しい資格ですが、超高齢社会の日本においてその需要は高まっています。今回は病院や介護施設などの職場による収入の違いやキャリアアップについて、言語聴覚士の給料や賞与を詳しくご紹介します。言語聴覚士の平均年収は350万円が相場就職して1年目は賞与が全額支給されないため、350万円より低くなります。また、地域によって金額が変わることはあるでしょう。言語聴覚士の年収は決して高くありません。ただしそれは、言語聴覚士は

不動産鑑定士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

不動産鑑定士は国家資格の中でも難関と言われる資格で、実務修習が必要なこともあり、資格取得までには多額の費用と多くの時間を要します。資格取得が大変であるだけに、これから不動産鑑定士を目指す方には不動産鑑定士の年収が気になるのは当然だと思います。また、既に不動産鑑定士の方であれば、転職によってどれだけ年収アップするのかも気になることでしょう。今回は不動産鑑定士の年収について解説していきます。不動産鑑定士の平均年収は650万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、平成30年における企業規模が10人以上の会社における不動産鑑定士の収入は、年齢45.8歳、勤続年数3.9年で、決まって支給する現

動物看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

動物看護師は、動物病院で獣医師のサポートをメインとする職業です。動物医療における専門性の高さから、令和元年6月愛玩動物看護師法が公布のもと、愛玩動物看護師という名で国家資格化も決定しました(試験方法や試験開始時期などは検討中のため現状は未定です)。この記事では、そんな動物看護師の初任給の手取り給料や年収、その他の待遇面に関して、私の経験も踏まえてお話していこうと思います。動物看護師の平均年収は300万円以下が相場動物看護師の年収の平均的な相場は、200万円台から多く見積もっても300万円程度といったところです。専門職と言っても、思っていたより年収は高くないなと思われた方も多いかと思います。動物

電気工事士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

電気工事士になると、手に職がつくから給与的にも安心というイメージがありますよね。とは言え、実際はどれくらいのお給料が貰えるのかも知っておきたいところ。そこで今回は、電気工事士の年収や給料、ボーナスなど、気になるお金のことについて解説いたします。電気工事士の平均年収は400万円~500万円が相場電気工事士の平均年収は400万円~500万円となっています。もちろんこれは一例で、会社の規模や仕事内容によっても様々。例えば、エアコン取付工事を専門にしている会社もあれば、新築マンションや工場など大掛かりな配線工事を専門にしている会社もあります。他にも、会社から独立して個人事業主になると、実力によっては平

美容師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

美容師は、一見華やかな仕事に見えて、実は「お給料が少ない」「福利厚生がしっかりしていない」「残業手当がない」「休みが少ない」「労働時間が長い」など、傍から見たらブラック企業みたいなもの。それだけ、大変な仕事と言えるでしょう。それでも、仕事が楽しいからこそ続けていられるという人も沢山います。一般企業のように、上下関係がなくみんなが仲良いサロンも多くありますから。美容師は、アシスタントの時に4割が離職すると言われています。ただ、これから美容師を目指している人には、しっかりと現実を知ってから美容師の世界に飛び込んでもらいたいと思いますので、この記事で美容師のお給料について詳しくご紹介します。美容師の

中小企業診断士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

中小企業診断士の資格取得に興味のあるビジネスパーソンは多いと思います。中小企業診断士は、主に中小企業を対象に経営コンサルティングを行い、企業の成長を促し経営課題を解決する専門家です。経営コンサルティング業務自体は、ビジネスの知識や経験を備えた方であれば、中小企業診断士ではなくても行うことはできます。実際に資格がなくとも経営コンサルティングを行っている個人や会社も沢山ありますが、特に中小企業支援法に基づき、国が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。また、この資格は経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格でもあります。では、中小企業診断士の年収はどのぐらいになるのでしょうか?

林業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

働くことを検討する上で、月々の給与や年収はとても気になる部分だと思います。特に林業は業界関係者や実際に就業している人と関わる機会も少なく、イメージの湧き難い産業だと思います。インターネットの口コミサイトなどでは「林業は年収が少ない」「稼げない」という意見がある一方で、「林業はすごく稼げる」といったものも見受けられます。実際のところどうなのかよく分からない林業の給与や年収について、林業業界で就業経験のある著者が解説をしていきます。林業の平均年収は350万円が相場林業の平均年収は、林業会社や森林組合、第3セクターなどの林業全体で350万円前後だと言われています。しかし、林業の年収は地域や働く事業体

調剤薬局事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚・出産後も働きやすく、全国どこでも求人があることから女性に人気の職業が調剤薬局事務です。調剤薬局事務の仕事に興味があるものの、実際の年収については知らない方が多いのではないでしょうか。本記事では、調剤薬局事務の平均年収や給与体系などについて解説します。調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円が相場調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円程度と、全体的に見ても決して高くはない給与水準です。この背景には、調剤薬局事務が無資格・未経験でも働ける職種であることが大きく関係しています。調剤薬局事務は専門知識が必要な職業ではありますが、仕事に就くための資格は必要なく未経験でも働けることから

臨床心理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

人の心と向き合う仕事、臨床心理士。臨床心理士はどのくらい稼げる仕事なのか興味がありませんか?割と非常勤が多いとは聞くけど、生活は不自由なくできるのか、大学院まで行くからにはそれ相応に貰えるのか、など、気になりますよね。今回は臨床心理士の年収などお給料事情について紹介いたします!臨床心理士の平均年収は300万円~400万円が相場臨床心理士の平均年収は300万円~400万円くらいが相場であると言われています。ただし、臨床心理士の年収は、個人によって非常に幅があります。というのも、非常勤が多く、結婚後は週に2日~3日程度働いているという臨床心理士が割と多いことが一つの理由として挙げられます。臨床心理

社労士(社会保険労務士)の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

社労士(社会保険労務士)は「人」のエキスパートであり、様々な形で会社を助ける頼もしい存在で、人気のある資格になります。しかし、その社労士になるためには、まずは数多くの法律を勉強し難関の試験を突破しなければなりません。また、試験に合格した後も、登録講習や定期的な勉強会など様々な手続きや勉学に励む必要があります。それでは、このような努力を重ねて実際に社労士になった場合、どのくらいの収入が見込めるのでしょうか。今回は、そんな社労士の気になる給与事情について紹介していきましょう。社労士(社会保険労務士)の平均年収は500万円が相場社労士の平均月収の相場は、おおよそ500万円と言われています。500万円

大学職員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

大学職員の仕事に興味があるけれど、実際のところ大学でのお給料ってどのくらいなの?と不安になる方も多いかと思います。非常に高給であるとか、いやいや年収が低すぎる…など、あちらこちらで話を聞くこともありますよね。大げさでも過小評価でもない職員の年収事情について、少し詳しく紹介していきましょう。大学職員の平均年収は約700万円が相場大学職員と一口に言っても、国公立大学と私立大学とでは大幅に待遇などが変わってきます。ここで言う平均年収とは大学職員全体のものですので、ここでは四年制大学卒業の新卒職員を例に、簡単に紹介していきます。国公立大学職員の平均年収新卒職員の年収は、約300万円~400万円で、全体

歯科医師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんの家の近くには歯科医院はありますか?意識して歩いてみると、至るところに歯科医院があるでしょう。その数だけ歯科医師という職業の人もいるのです。歯科医師とは主に口の中の健康を守るため、虫歯の予防や治療、他にも口の中全体のトラブルに関しての治療や相談を受け付けて治していく仕事をしています。歯科医師は歯科医師免許を持ち、人の口の中に器具を入れて仕事をするので、専門的で高い技術ももちろん必要です。そしてとても責任がある仕事です。そのような仕事をしている歯科医師ですが、実際歯科医師として働いている人はどのくらいのお給料を貰って働いているのでしょうか。歯科医師の年収、気になりませんか?今回は歯科医師の

表示準備中