一般事務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の特徴や年収アップのポイント


一般事務の仕事で就職を考えている人もいるのではないかと思いますが、では、就職するときに考える条件とは何でしょうか。

仕事内容、通勤時間、勤務時間、勤務環境などでしょうか。

その中でも条件として大きい部分を占めるのは、年収額ですよね。

やはり働く以上は、年収の高いところが理想です。

そこで、一般事務の年収はどのくらいが相場なのか、また一般事務として年収をアップさせる方法についてもご紹介していきたいと思います。

一般事務の年収の相場はどのくらい?

一般事務の仕事は様々なパターンでの雇用が多いです。

仕事の内容が軽度の作業もあれば、一般事務といいながら比較的専門性の高い事務作業もあり、一般事務と一口に言ってもその業種と職務内容は多岐に渡っていることが理由として挙げられます。

基本的には、正社員となると固定された金額が支払われるので、安定した収入が望めます。

一方で非正規雇用だと、時間給×働いた時間なので、自分の働いた時間の分がそのまま給与として支給されます。

長時間働けば金額は上がりますが、時間が短いと当然手元に入る収入も少なくなります。

また賞与に関しては、正規雇用と非正規雇用では差が出やすいです。

そこで、ここでは雇用別による年収の相場について見ていきましょう。

また、年収以外におけるメリット・デメリットについても触れてみたいと思います。

正社員の一般事務の年収相場

正社員ということは、月給制であることが多いので安定しやすく、生活面や資金面で金額の目処を立てやすいメリットがあります。

平均的な月収は15万から18万円くらいで推移していて、平均年収となると約250万円です。

会社の規模や営業利益などによって左右されますので、大きな違いが出てくる可能性はあります。

正社員の場合、社会保険や手当など会社で規定のあるものは、すべて適応されることが多いです。

福利厚生が保証されていることは働く上で安心できる制度です。

ただし身分保障されている分、繁盛期、残業、交代勤務等しなくてはいけないこともあるので、緊急な出勤要請があっても断れないことがあります。

人数の少ない中小企業であればその傾向は強い可能性があります。

契約社員の一般事務の年収相場

契約社員として働く場合、正社員と同等の条件で雇用される場合もあれば、あくまで契約社員という立場上、賞与などで差が生じる場合もあります。

個々の契約によって条件がずいぶん違うようです。

ただし、あくまで契約社員なので正社員よりは身分保障がない、というのは共通しています。

契約更新時期には、更新するかどうか判断が必要です。

パート・アルバイトの一般事務の年収相場

一般事務の中でもすぐにでもできる業務もありますので、そうなるとあまり高額の給与は期待できません。

中には最低賃金というところもあります。

基本的には時給計算となり、各求人サイトを比較してみると800円台から1000円ほどが相場のようです。

仕事内容や、勤務地、勤務先でも大きく異なってきます。

パート・アルバイトは、自身の都合や予定に合わせて働く時間も調整できますし、会社の直接雇用となるので、雇用時間の規定時間数に達していれば、福利厚生が適応されていることもあり、法令で有給休暇も保障されています。

一方で身分保障は契約社員よりも更に無いと考えた方が良いでしょう。

派遣社員の一般事務の年収相場

派遣社員となると、派遣会社との契約になるわけですが、時給はアルバイトよりは高いです。

ほぼどこの派遣会社も1200円~1300円台と公表しているところが多いですが、あくまで平均ですので、参考までにしてください。

これは派遣という雇用形態によるものです。

基本的に交通費の支給がなく、支給額は時給分だけとなるので、通常のアルバイト等よりは時給が高く設定されています。

ただし、個人の能力や技術など高時給となりうる基準があればこの限りではなく、2000円以上の時給の人もいるでしょう。

派遣会社を通じて働きますが、休日や勤務時間数など自身の予定や条件に合った派遣場所があれば、条件としては良いと言えます。

一方で、派遣先の会社の福利厚生は適応されない、派遣期間が終われば仕事も終了というデメリットもあります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与というのは業績に左右される部分が大きいため、場合によっては賞与が出ないということも想定できます。

全業種の賞与平均は2017年冬で91万円余り、2018年夏で82万円余りとなっていますが、これはあくまで上場企業といわれる会社の平均で、年齢や勤続年数は加味されていません。

一方、一般事務という職種の賞与額は30万円くらいから50万円くらいが平均と言われています。

契約社員でも年単位契約の場合など、同等条件で雇用してもらえる場合もあります。

事前に確認するか、交渉してみることも必要でしょう。

派遣社員は条件にもよりますが、賞与という対応はないのが原則です。

また年俸制社員はこの限りではありません。

昇給

一般事務は仕事内容的に昇給がしにくい職種と言われています。

営業職などは数字に特化しているので業績が分かりやすく評価もされやすいのですが、一般事務は数字的な評価がしにくいことが原因と考えられます。

あるデータによると、中小企業の昇給は平均1.5%程度とされています。

具体的には15万円の基本給であれば、15万円×1.5%=2250円ということです。

感じ方は個人個人で違うでしょうが、いかがでしょうか。

一般事務でも、キャリアを積んでいくことで、専門性の高い事務手続きを要するような資格を取得するなど、個人の努力によって高い昇給を確保できる場合もあります。

各種手当

手当というのは、それぞれ会社規定があります。

代表的な手当として、通勤手当・交通費、皆勤手当もしくは勤勉手当があります。

ほかにも住居手当、育児手当、職業によってはそれに見合った特別手当、役職手当などもあります。

一般事務の場合、会社員全員がもらう基本的な手当はありますが、特別手当や役職手当などは付帯しないことが多数派です。(事務部門の役職となれば手当がある職種も中にはあります)

ですから、経験を積んで資格取得や、周囲からの信頼度の向上などで高査定評価を目指し、手当や給与に反映させていく努力は必要でしょう。

また、派遣社員にはこれらの手当は基本的にはありません。

年収が高い人は何が違うの?

一般事務の中でも年収が高い人とはどんな人なのでしょうか。

一般事務といっても、業務が多岐に渡ることは冒頭で述べました。

この業務の中でも専門分野に特化している場合は、当然年収が高くなってきます。

スキルが高い

一般事務の仕事として必須とされるスキルは、ExcelやWordの操作です。

募集要項などに「基本的操作」とあると、初歩的な操作はできるレベルと言われており、データの打ち込みなど末端操作が主体となるようです。

「操作に慣れている方」「操作ができる方」と募集要項に書かれていたら、相当のパソコンスキルを求められています。

AccessやPowerPointが出来るとより採用率が上がりやすく、少しでも条件の良いところへ採用となる確率が高まります。

また業種によっても求められている必須スキルが違います。

海外との取引が多い企業なら英会話が必須だったり、不動産会社の様な専門性のある会社ならば宅建資格があると採用になったり、病院なら医療事務関連の資格を活用できたりします。

興味のある業界や経験上必要な資格はできる限り取得し、自身のスキルアップももちろんですが、他者から見た時に基準となる資格スキルがあれば、採用時の参考や評価にも繋がります。

役職に就いている

一般事務という仕事内容から、役職者としての採用や募集枠自体、ほとんど見かけることはありません。

ただし他職からの転換や転任、中途採用のような場合は別のケースとして考えるほうが良いでしょう。

事務部門の責任者という立場なら、役職付きでの採用も考えられます。

その場合、現場集約や現場作業の効率化など、目的があっての採用や転任というケースがほとんどですので、一般的な事務作業は当たり前に出来ること前提での採用になります。

勤続年数が長い

勤続年数は、中途採用の場合には大いに関係があるでしょう。

未経験者で一般事務員として採用になったとしても、以前勤めていた会社の給与を基準に考えてくれるところもあるので、充分にアピールしたほうが良いでしょう。

地域

都市部と地方ではやはり賃金格差は歴然としています。

特に派遣社員の給与基準が高いのは東京23区で、群を抜いています。

資料にもよりますが、平均時給が1500円以上で計算されています。

他の地域では、時給1000円~1300円ほどです。

その中でも政令都市やその周辺に位置している大きな都市では賃金が高めに設定されていますが、。その他の地方では給与が安い傾向があり、格差は否定できません。

月収平均は18万円から20万円前後ですが、これは都市圏の給与が高水準のために出ている数字だと考えられます。

地方では月15万円くらいからの求人が多いようです。

東京23区は特に給与水準が高く、中には月30万円以上を提示している会社もあります。

一般事務の年収の決まり方

会社の規模

新卒者の大量採用を基準としているような大企業であれば、学歴による給与基準に差があります。

基本的には大卒者が高給ですが、専門学校卒などであっても、高度な資格や技術を有している条件下では高給を期待できる場合もあります。

中小企業であればこの限りではないこともあり、学歴が関係ない場合もあれば、未経験でも可能というところもあるので、チャレンジする価値はあります。

業績

業績が良いところであれば高給での雇用もありますので、「希望している業界と違う」「経験がないからできない」と考えるのではなく自分の視野やルールを広げることで、良い条件で就職できることがあります。

また、中小企業といっても、業界内では超有名企業、独占特許を持っているような優良企業ということもありますので、企業情報を知る努力は必要になります。

雇用はタイミング

企業が求める求人は、最初からある程度、どんな人材が欲しいのか決まっていますが、未経験でも良いという条件に出会えるか否かや、タイミングもあります。

つまり求職者と求人側のマッチングが合えば、好条件での採用もあり得ます。

タイミングよく見つけるということは、細やかに根気よく探すということがポイントになります。

一般事務で年収を上げるためにやるべき3個のこと

一般事務の仕事で年収を上げるためには、具体的に何をすればよいのでしょうか。

今の勤務先でできること

年収アップの交渉をしてみる

業績が良いのに給与が上がらない、努力しているのに上がらない、となるとやはりモチベーションは下がります。

中小企業であれば上司が経営者という場合もありますので、直に話す機会もあり、直接給与アップの交渉ができるタイミングを見て聞いてみても良いでしょう。

直接的に言いにくいのであれば、「普段の自分の仕事ぶりはどのように評価されているのか」という風に、フランクな席で間接的に聞いてみるのも一つの方法です。

スキルアップを図る

自分でできる給与アップの具体策では、これが最も有効でしょう。

勤務業界によっても求められる資格や免許が違うことはありますが、基本的には一般事務の仕事に関係ある資格や認定証を取りましょう。

簿記やパソコン関係の資格等を取得することをおすすめします。

資格によっては支援制度が用意されている企業もありますので、聞いてみるのも良いでしょう。

仕事に対する姿勢を見せる

真摯な姿勢とともに、素早く正確に仕事ができる、というのは見ていて気持ちの良いものです。

誰でも当たり前に出来ることではありません。

誰も見ていないと思うところこそ手抜きをしがちですが、いつ誰が見ているか分かりません。

何事にも言えることですが、努力する姿勢は必要です。

思い切って転職する

どんなに頑張っても評価されにくい、会社の方針や環境が合わない、ということはあるものです。

時には勇気をもって転職も視野に入れましょう。

ここからは、転職するために必要なポイントを見ていきます。

転職先の選び方1:条件による違いをチェックする

企業によって求める人材は異なります。

例えば、未経験でも可能という募集について考えてみましょう。

基本的に企業側は、若年層の人を育成しながら仕事をしてもらいたいと考えているか、本当に人手不足のために緊急で募集しているか、などが考えられます。

その際に注意したいのが、求人条件です。

前者の条件で企業が求人を探している場合、比較的好条件での募集が考えられます。

後者の条件で緊急性がある場合、雇用条件が悪くなる可能性もあります。

具体的には、パートやアルバイト・契約社員といった雇用形態に関する条件や、時給が安い等の事案が考えられます。

例外として、後者の条件で厚遇条件であった場合は、表面上は未経験で募集をかけて幅広く目につきやすくし、その実は即戦力を求めていることも考えられます。

転職先の選び方2:人材紹介や派遣会社に登録する

自分で探すことはもちろん就職活動としては当然のことですが、人材紹介会社を利用することは有効です。

ハローワークにない募集情報や、自身が応募したいけど募集がないといったことにも対応してくれます。

未経験なら尚更、自分のPRポイントの整理の仕方なども人材紹介会社なら教えてくれますし、会社情報も含めて多数の情報がありますので、実際に登録し活用してみると非常に有益であることが分かります。

転職は初めてで勇気がないという人であれば、派遣会社に登録してみることもおすすめです。

派遣会社によっては、スキルアップのために訓練を実施している会社もありますし、未経験者ならではのアドバイスももらえます。

一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

年収をアップさせるための求人の選び方

年収をアップさせるためには、求人選びという点も重要です。

そこで、どういう点に注意して求人を探すのか、より詳しく探っていきましょう。

年収相場が今よりも高いところを探そう

仕事を探すとき、給与額というのは大切なポイントです。

もしかしたら現在いる会社は、最低賃金で採用されているだけということも考えられます。

知人などからも情報を教えてもらう、求人誌を見て相場を知る、などである程度までは相場を知ることができます。

また相場を把握した上で、業務内容から考えて、金額が低い、納得できる額でないと考えるなら、転職を検討するポイントになるでしょう。

賞与や昇給制度をチェックする

賞与

給与の構成は、基本給と手当に大きく分かれます。

この基本給に注意しましょう。

基本給という考え方も会社によって違いがあります。

例えば基本給の中でもも、「基本給1」と「基本給2」などと分かれていることがあります。

また、基本給は固定給だと思いがちですが、実はそうではありません。

例として「基本給1」は変動しないけど、「基本給2」は実力や経験で変動するなど、個人の評価によって金額が変わることがあります。

また「基本給1」と「基本給2」を合わせて基本給としている場合、賞与は「基本給1」の部分のみに対して支給という会社もあります。

雇用先によって規定が違いますので確認しましょう。

昇給

昇給は、基本給に決まった定率を乗じる、一定額の昇給額を加算などの方法があり、業績によっても異なります。

会社の規定などもありますので賞与と同様、確認が必要です。

残業代はきちんと出るのかをチェックする

正社員の場合、残業代については「〇時間分が込みの給与です」「正当な残業でないと残業代は出ません」という企業もあるのは確かです。

契約以上の業務に従事したときの残業代はどうなるのかなど、課題があるのが実情です。

昨今は働き方改革と言われ、国策として残業を減らしたい方向性にあるので、残業はいけないとする会社もあります。

確認は必要ではありますが、聞きにくいのであれば、人材紹介会社や派遣会社を活用する、ハローワークの担当者に聞いてもらう、など工夫は必要でしょう。

各種手当や交通費、福利厚生をチェックする

会社の規模や事情や規定によって、その内容は千差万別です。

全く手当がつかないような会社もあれば、きめ細やかな支援制度を用意している会社まで本当に様々です。

求人情報には一部しか記載のないところもあるので、自身で確認することが大切です。

また、最低限自分がどの手当や福利厚生が必要かなどの条件を整理することも必要です。

手当は少なくても有給が取りやすい、休みが充実していなくても手当が充実しているほうが良いなど、個人によって様々な考え方があります。

経験者が教える、実際に年収がアップしたのはこんなとき

まじめに取り組んだことを評価された

未経験で一般事務の仕事に就いた時、分からないことは正直に質問し実際に経験することで、仕事を覚えるよう努めました。

メモはもちろんですが、自分で理解するまで繰り返しシミュレーションをして翌日に備えました。

これを3カ月も繰り返すと、一般事務の基本的な仕事はこなせるようになり、その後、通常入社から1年は昇給しないのですが、人事考課をしていただき、わずかな額ではあるものの手当を上げてもらったことがありました。

「日ごろから真面目に取り組んでいるので」ということで評価をいただき、未経験でも真面目に取り組めばきちんと評価してもらえることがあると実感した瞬間でした。

資格を取得した

一般事務とはいえ業務は多岐にわたり、続ける内に世間でいう社会生活というものが身についていきました。

出先での対応、接客のマナー、事務仕事に関わる常識など、日常生活でも役立つことも多々ありましたが、それ以上にそれらに関わる資格を取ることで、資格手当や昇給率が上がって、仕事に充実感がありました。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

正社員となると仕事には代替要員がいません。

特に担当や占有の業務ができると、他の人では業務内容自体が分からない、という可能性があり、責任感が重要視されます。

また給与や社会保障の面は安定しているので、仕事で充実したい、安心して働きたいと考える人にはおすすめです。

契約社員

働いている間は正社員並みに保障が欲しいけど、まずは短期間で様子を見たい、家庭の都合などで期間限定でないと働けないな、どの条件が外せないという人には、おすすめの働き方です。

パート・アルバイト

パート・アルバイト勤務は、時間や曜日が選べるということが何よりの利点です。

そして企業の直接雇用という点で、一定時間数の制約はあるものの、有給休暇や社会保険など適応しているところもあるので、安定感や安心感という点でメリットがあります。

働く時間が制約されている、という人におすすめです。

派遣

限定的な期間だけ働きたいという人や、様々な企業で働きたい、キャリアを積みたいという人におすすめです。

滅多に募集がない大手企業で働くチャンスもあります。

社会保険や福利厚生という社会保障部分に不安がありますが、派遣会社によっては様々な訓練をしている会社や、講習を受けることができるところもあります。

また派遣会社によって、独自の福利厚生が組まれている派遣会社もあるので、問い合わせてみる価値はあるでしょう。

まとめ

一般事務の年収や待遇について説明してきました。

一般事務といっても、簡単な事務手続きから専門性の高い仕事まで多岐にわたり、内容によって年収差があるのは分かっていただけたでしょうか。

未経験から事務職を目指す人にとって、一般事務はスタートとして良い職種だと思います。

そして、自身の目標の持ち方や経験を積むことで、専門的な資格への入り口にもなります。

この記事が少しでもキャリアアップの参考になれば幸いです。

最終更新日:2019年6月25日

関連記事

事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

仕事を円滑に遂行するためには欠かせない職種の一つに事務があります。事務と一言に言っても様々な種類の仕事が存在し、企業によっては多様な事務作業や職種があるでしょう。例えば、一般事務、営業事務、貿易事務、医療事務のように事務という名がつく職種もあれば、少し特殊な能力が必要とされる翻訳や通訳、秘書なども事務にあたります。今回はこのような事務の年収について、構成要素や職種別の違い、業界での差などに触れつつ徹底解説していきます。事務の平均年収は332万円が相場2020年現在、事務の平均年収は約332万円となっています。これは事務一般事務や営業事務といったように全職種の平均年収となっており、職種別に見てい

グランドスタッフの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

全国各地の玄関口と言っても過言ではない、空港で接客サービスを行うグランドスタッフ。お客様を空港から安全且つ安心して旅立ってもらえるよう、地上での業務を行っています。その業務は多岐にわたり、チケットの発券やチェックイン、搭乗案内や到着業務まで多くの仕事を担っています。みなさんも何かしらお世話になった経験があるのではないでしょうか?ここでは、グランドスタッフの年収、気になるボーナスや各種手当など徹底解説していきます。グランドスタッフの平均年収は?グランドスタッフは、空港で主に出発や到着などの接客を伴うお仕事をしている方々です。日系大手のJALとANA、2社のグランドスタッフの平均年収は350万円で

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

銀行員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では高給取りのイメージがある銀行員。かつてはエリートの象徴とも言われた銀行員ですが、長引く超低金利時代やIT技術の進歩によって、業界全体を取り巻く環境は大きく変わってきています。地方銀行では活発に再編が進んでおり、単独での生き残りを不安視した動きも出てきました。そんな厳しい環境に立たされた銀行員の年収実態は、どうなっているのでしょう。雇用形態や、銀行規模の違いに応じた年収について解説していきます。銀行員の平均年収は600万円が相場東京商工リサーチによると、2019年3月期の国内銀行平均年収は609万円5千円という結果が出ております。メガバンクから第二地銀まで含めての平均値となりますが、日本

警備員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

警備員の仕事は人々の安全を守り、危険なことがあると率先して立ち向かわなければいけない大切な仕事です。一言で警備員と言っても仕事の内容は幅広く、駐車場の警備、イベントの警備、現金輸送警備、SPという風に様々な警備の仕事があります。では、警備員の年収はどの位なのでしょうか。また、雇用体系別や年収を上げる方法など、警備員の給料事情を詳しく解説していきましょう。警備員の平均年収は300万円が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると警備員の平均年収はおおよそ301万円です。この年収ベースは、一般の業種平均と比較するとあまり高くありません。月収ベースで20万円、賞与は年2回で3ヶ月分の60万円前後とい

caの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前はキャビンアテンダントと言えば、花形の職業だともてはやされていた"CA"。高給取りのイメージで、世の女性の憧れの職業の一つでした。今現在も人気の職業ですが、やはり気になるのは年収や雇用形態ではないでしょうか。そこで今回は、現役CAのリアルな年収・雇用制度に興味を抱いている人、これからCAを目指す人に向けて役立つ情報を徹底解説していきます。CAの平均年収は?大手日系航空会社の平均年収は約600万円。日系LCC(格安航空会社)の平均年収は約300万円。日系航空会社だと、大手フルサービスキャリアの航空会社と格安航空会社の年収には大きな差がありますね。外資系航空会社の平均年収は平均年収約500万

表示準備中