イラストレーターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


イラストレーターは、クライアントの依頼に応じてイラストを制作し、提供するお仕事です。

では、イラストレーターの年収は一体どのぐらいの金額なのでしょうか?

雇用形態によっても年収は大きく変わりますが、一般的な給料よりは少ない傾向にあります。

イラストレーターの年収の平均相場、また雇用形態ごとの年収なども詳しく紹介していきたいと思います。

イラストレーターの平均年収は331万円が相場

イラストレーターの年収は会社によって違いがあり、各社の求人内容も年収は多少バラつきがあります。

そこで、平均年収の相場を算出するため、代表的な求人サービスの統計データを抜粋し、計算していきたいと思います。

各社求人サービスがとった統計によると、『求人ボックス』の平均年収統計が「387万円」、『はたらいく』の平均年収統計が「261万円」、『マイナビエージェント』の平均年収統計が「345万円」となっています。

これらの統計を全て足して3で割ると「331万円」となりますので、この数字がおおよその平均相場と言えるでしょう。

イラストレーターの年収・給料の構成要素

イラストレーターの年収は、「基本給」「賞与(ボーナス)」の構成になっている場合が多くあります。

企業によっては能力次第で給与に反映するところもありますが、一般的には会社勤めの場合は、能力給という形で支給されることは少ないでしょう。

では、イラストレーターの年収や給料の構成内容について、詳しく紹介していきましょう。

基本給・能力給などはどうなっているの?

イラストレーターの給料について各社の統計データをもとに算出すると、一般的な企業から給料として貰っている場合は、平均的な基本給は24万円前後となっています。

能力給については、企業勤めだと毎月決まった額の給料を会社から貰うことになります。

ただフリーランスでの活動であれば能力に応じて収入を得ることがほとんどなので、能力の高さが年収に大きく影響してきます。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

イラストレーターの賞与については、企業での待遇の違いや、年齢やキャリアによっても大きく違いがあります。

例えば上記で算出した平均年収、平均的な基本給をもとに賞与を算出すると、年間で「60万円程度」が相場になります。

キャリアや年齢が若いと、年間で30万円程度の企業もあれば、年間で70万円程度の賞与が支給される企業もあるので、各企業の待遇面のよって多少の開きがあります。

各種手当てはどういったものがある?

やはり各種手当に関しても、企業勤めの場合とフリーランスの場合とでは大きく違いがあります。

企業勤めの場合は各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度・各種休職・休暇制度などが受けられる一方で、フリーランスの場合はこうした福利厚生は皆無です。

また税金や保険、確定申告等についても自身で手続きをしなくてはならないので、イラストレーターとしてのスキルだけでなく、自分の給料や休暇を管理していく必要があります。

イラストレーターの雇用形態別の年収を見る

イラストレーターは、企業に勤めて正社員や契約社員として従事する場合と、アルバイトやフリーランスとして活動する場合の雇用形態があります。

各雇用形態によって年収はどれぐらいの違いがあるのか?

それぞれの年収について紹介していきます。

正社員の場合のイラストレーターの年収

正社員としてイラストレーターに雇用している場合、平均年収は300万円~350万円が相場です。

毎月の給料で平均20万円~25万円程度の基本給、そして賞与として年間で平均40万円~70万円程度の支給が見込まれます。

ただ正社員で勤める場合は、勤める企業の規模、上場企業か非上場企業なのかなど、勤める会社によって賞与や基本的に大きく差があります。

契約社員の場合のイラストレーターの年収

契約社員としてイラストレーターに雇用している場合、平均年収は250万円~300万円程度が相場です。

契約社員の場合、正社員と同じぐらいの月平均20万円~25万円程度の基本給が支給されます。

しかし契約社員が正社員と大きく違うのは、支給される賞与が少ない場合や、そもそも賞与が支給されない場合もあります。

もし賞与がありの契約内容でも、正社員の半分程度が相場になります。

派遣社員の場合のイラストレーターの年収

派遣社員としてイラストレーターに雇用している場合、平均年収は200万円~250万円程度が相場です。

派遣社員は、正社員や契約社員と違って時給制となっており、未経験者で平均時給1,000円前後、経験者で平均時給1,500円が相場です。

派遣の契約は主に3ヶ月ごとか6ヶ月ごとに更新され、最長が3年間となっています。

契約期間が満了したときに、能力が評価されていれば契約を更新してくれますが、そうでない場合は契約終了となります。

派遣切りにあうということも珍しくなく、派遣社員はその実力がなくては続けることはできません。

しかし、しっかりと実力が評価されれば、直接雇用として正社員や契約社員にステップアップする場合もあります。

アルバイト・パートの場合のイラストレーターの年収

アルバイト・パートとしてイラストレーターに雇用している場合、平均年収は200万円前後が相場になります。

アルバイト・パートの場合は時給制となるため、シフトを組んで働いた時間分がそのまま給料として反映されます。

イラストレーターのアルバイト・パートの平均時給は1,000円程度なので、200万円前後の年収を稼ぐには、年間で2,000時間程度は働く必要があります。

またアルバイト・パートの場合、契約内容によっては社会保険などが受けられないこともあるので、場合によっては自身で税金や保険料を支払う必要もあります。

フリーランスの場合のイラストレーターの年収

フリーランスとしてイラストレーターで活動している場合、平均年収は200万円程度が相場になります。

フリーランスでの活動は自分の力量がそのまま給料として反映されるため、自分で生計を立てられるだけの収入を得ているイラストレーターはごく僅かしかいません。

フリーランスでの収入は一般的に1枚での単価が決まっており、場合によっては1枚で数千円~数万円になることもあり、描く人の実力や実績によって極端に差が出てきます。

また、描いたイラストが使用される目的によっても収入は変わります。

例えばゲームや漫画のキャラクターであったり、雑誌や広告のカットであったり、やはり需要の高い内容であればあるほど単価も高くなっていきます。

イラストレーターは、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

イラストレーターで、最高でどれぐらいの年収が見込めるのかと言いますと、有名イラストレーターともなると年間1,000万円以上稼ぐことも可能です。

イラストレーターという職種は、まさに能力次第で収入は大きく変動するので、能力がなければ全くと言って良いほど収入はありませんし、プロ級の腕前があればそれ相応の収入が手に入ります。

またフリーランスでは、実力や実績がどれだけあったとしても、そこからその能力を活かすために交渉力も必要になります。

しっかりとイラストレーターとしての実力、実績、交渉力などを持った人であれば、年収1,000万円以上は夢ではないでしょう。

これからイラストレーターになる人へのアドバイス

一般的にイラストレーターは稼げないイメージがあると思いますが、上手く自分の能力を発揮し、上手くクライアントと交渉していくことで、一般的な平均年収よりも多く稼ぐことは大いに可能です。

イラストレーターの仕事で稼ごうと考えているなら、クライアントの意見をまずは汲み取ること、そしてその中でも自分の独自の色を出していくことが大事です。

イラストレーターとしては、イラストを上手く描くということだけでなく、独自性も大事です。

しっかりとイラストの技術を磨き、様々な方から依頼をいただけるような独自性のあるイラストレーターになることで、年収アップの可能性も高まります。

また、専門分野やマーケットを上手く絞ることも大事です。

イラストレーターで本気で稼ごうと思っているなら、しっかりとキャリアプランを立てて、トレンドであったり市場の情報に対するアンテナを張って活動していくようにしてください。

イラストレーターとしてしっかりと独り立ちできるようになるには、地道な活動と、クライアントとの交渉力が大切です。

さいごに

イラストレーターは、プロとして活動している人もいれば、名乗れば誰でもなれる職業でもあります。

イラストレーターとして、沢山のバリエーションのイラストを描けるようになるのか、専門分野を伸ばしていくのか、まずは自分のキャリアプランをしっかりと立てましょう。

そして、売れっ子イラストレーターになるために、イラストを売り込んだり交渉するためのコミュニケーション能力や、様々なコネを作ることも重要です。

イラストレーターとしてのポジションをある程度確立し、売れっ子イラストレーターになったりディレクターとして立ち回れるようになれば、年収1000万円以上も夢ではないでしょう。

最終更新日:2020年7月13日

関連記事

マーケターの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

就職活動における人気の職業の一つに、マーケターも挙がると思います。商品を売るために、どんなマーケティングをすれば売れるのかをリサーチするのが、マーケターの仕事です。そんなマーケターは花形職業のイメージがあるので、なんだか年収も高そうなイメージを持ちますよね。実際マーケターはどれくらいの年収を得られるのでしょうか?今回はマーケターの年収についてお伝えしたいと思います。マーケターの平均年収は700万円が相場マーケターの平均年収はなんと700万円です。日本の平均年収が400万円程度ですので、もう少しお給料がアップすれば、単純に平均年収の2倍程のお給料を貰えるという計算になりますよね。会社の売り上げを

ボイラー技士の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ボイラーは、様々な建物に設置されています。その管理ができるのがボイラー技士。国家資格を取得する必要のあるボイラー技士の年収はどのくらいなのかを解説していきます。ボイラー技士の平均年収は400万円前後が相場厚生労働省の賃金構造基本統計調査の結果によると、ボイラー技師の平均年収はおおよそ400万円程が相場となります。ボイラー技士は技術職のため、資格の取得だけでなく経験や年齢によっても年収に差が出てきます。ボイラー技士の年収・給料の構成要素ボイラー技士の年収は、「基本給」「能力給」「ボーナス」及び各種手当て(通勤手当、家族手当、社会保険等)の構成になっている場合が多くあります。基本給・能力給などはど

研究者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

研究者は、自分の好きなことを追求する、これまでにないものを開発するなど、夢がある職業の一つです。幼い頃、将来は研究者になりたい!と言っていた人もいるのではないでしょうか。研究者になることを目標に、高校や大学受験を頑張ってきた人もいると思います。研究者と一言で言っても、研究分野や就職先となる大学や研究機関により収入は変わってくるのですが、実際にどのくらいのお給料を貰えるのか、あまり情報が流れていないというのが現状です。そこでこの記事では、研究者の年収について様々な視点から徹底解説します。研究者の平均年収は450万円~500万円が相場研究者は、職位により待遇が異なります。大学院の博士課程を修了した

労働基準監督官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

長時間労働やブラック企業、パワハラやセクハラなど労働環境を巡る問題が最近多く取り上げられています。そんな中、労働者の健康や権利を守り、労働環境を改善していくために働いているのが「労働基準監督官」です。労働Gメンと呼ばれる労働基準監督官の年収を、能力や仕事内容と併せて解説していきたいと思います。労働基準監督官の平均年収は約660万円が相場労働基準監督官の平均年収はどれくらいになるのでしょうか?そもそも、労働基準監督官は国家公務員ですので、その給与や手当に関しては国家公務員の給与を定めた「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で規定されています。それを基に算出すると、労働基準監督官の平均年収は

アパレル店員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

アパレル店員の年収はあまり高くない…というイメージをお持ちの方も多いと思います。そこで今回は、実際のアパレル店員の年収を徹底的に解説します。アパレル店員の給料事情やボーナス、手当、年収UPの特徴などをまとめて紹介していきたいと思います。アパレル店員の平均年収は320万円前後が相場有名転職サイトの各社データを参考にアパレル店員の平均年収を算出すると、おおよそ320万円前後であることが分かりました。一般的なアパレル店員から店長に昇給することで年収が上がることはもちろんですが、性別によっても年収に大きく差があります。またアパレル業界の年収は、地方の店舗よりも都市部が高い傾向にあり、年齢やキャリアだけ

ファイナンシャルプランナーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ファイナンシャルプランナーと言えば、基本的に資格が必要であり年収が高いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。「ファイナンシャルプランナーの年収は高い?」「資格は必要なのか」など、気になる方も多いと思います。今回は、ファイナンシャルプランナーの年収や年収の上げ方について紹介します。ファイナンシャルプランナーの平均年収は300万円~400万円が相場ファイナンシャルプランナーの平均年収は、約300万円〜400万円です。しかし、ファイナンシャルプランナーの年収は雇用形態や勤務地によって大幅に異なります。そのため、年収が300万円以下の人もいれば1000万円を超える人もいます。平均年収は300

建設コンサルタントの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

建設コンサルタントは、国や自治体などが行うインフラ整備事業(道路や鉄道などの交通関連、通信回線や上下水道などのライフライン関連、河川ダムや廃棄物処理など環境関連)の計画や設計をコンサルティングする仕事です(そこから先の実際の施工業務は建設業が担当)。官公庁や企業を顧客と位置づけ、関連する建設業の業務とも連携しながら、インフラ整備事業全般をマネジメントする役割とも言えます。そんな大きな役割を担う建設コンサルタントに興味をお持ちの方もいるでしょう。また、どれくらいの給料が貰えるのか、気になるところですよね。今回は、建設コンサルタントの収入について調査しました。平均年収や雇用形態別の収入の違い、どれ

力士の年収。横綱・大関・関脇・小結・十両・幕下をそれぞれ解説

相撲は日本の国技であり、相撲を好きな方も多いのではないでしょうか?私自身も、祖母や祖父が真剣に、時には声援をあげながら楽しそうに見ていたのを思い出します。それを横目に私は「力士ってどれくらいのお金を貰っているのだろうか?」とよく思っていたものです。力士の年収事情を知りたい方は、沢山いるのではないでしょうか。この記事では、横綱と大関、関脇・小結、そして十両・幕下のそれぞれの年収をご紹介していきたいと思います。力士の平均年収は2350万円が相場まずは、力士っていくらくらい貰える職業なのか?が気になるところなので、年収の平均額について確認していきましょう。相場を調べてみた結果、力士の平均年収は235

刑務官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法務省に属し、法務官管轄の刑事施設(主に刑務所)で働く刑務官。受刑者の刑務作業や私生活を指導し時には監視する業務が主となる刑務官は、受刑者の社会復帰のサポートをするという大きな責任が伴います。また、日常の受刑者の様々な変化などを日誌や報告書にまとめる事務作業も存在します。一般的に刑務所内での業務となるため閉鎖された空間での仕事で、心身共に忍耐が必要な刑務官は、一体どれくらいの給料で働いているのでしょうか。今回は、刑務官の収入について詳しく解説していきます。刑務官の平均年収は600万円が相場刑務官の平均年収は600万円です。月給の平均がおおよそ38万円です。平均年齢は41.4歳です。この平均値に

自衛隊の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんは、自衛隊っていくらぐらい給料を貰っているんだろう?と気になったことはありませんか?この記事では、陸上自衛隊経験のある筆者が、自衛隊員の年収や給料、ボーナスはどのように決まっているのか?を中心にご紹介していきます。少しでも多くの方の参考になれば幸いです。自衛隊の平均年収は640万円が相場自衛隊で自衛官として勤務に従事する場合、雇用形態は全て「特別国家公務員」となります。自衛隊の平均年収は「640万円」が相場となっています。次に、平均年収の構成要素について見ていきましょう。自衛隊の年収・給料の構成要素まずはじめに、自衛隊には大きく分けて「陸上自衛隊」「航空自衛隊」「海上自衛隊」の三つがあり

セラピストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年々需要が拡大しているセラピスト。そんなセラピストに憧れていても、セラピストは稼げるの?年収はどのくらい?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、セラピストの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!セラピストに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。セラピストの平均年収は200万円~300万円が相場セラピストの平均年収は200万円~300万円が相場だと言われています。月収で換算してみると、おおよそ16万円~22万円になります。平均年収や月収だけ見ると、日本全体の平均年収よりもやや低い印象を受けます。しかしセラピストという職業柄からして、スキ

アロマセラピストの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

アロマセラピストとして働いてみたいと考えている方にとって、アロマセラピストの給料はどのぐらいなのか、アロマセラピストとして働く上でどうすれば年収が上がるのか、気になるところですよね。そこで今回は、アロマセラピストの平均年収や、年収の上げ方について紹介します。アロマセラピストの平均年収は250万円~300万円が相場アロマセラピストの平均年収は、250万円〜300万円が相場です。その他の業種と比較すると少し低いと感じる方も多いですが、あなた自身のスキルや経験を身につけることで、年収を上げることも可能です。基本的にはサロン勤務などが多いですが、中にはホテルでの派遣などで働いている方も多いです。しかし

海上保安官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

巡視船艇や航空機等に勤め「海の警察官」と呼ばれる海上保安官は、名前は知っているけど実態はよく分からないというような職業です。海の安全を守り、時には人命を守ることもある海上保安官という仕事は、一体どれくらいの年収なのでしょうか。金銭面が意外と知られていない海上保安官について、今回は解説していきます。この記事を読み海上保安官の収入について知ることで、海上保安官への興味関心が増すでしょう。海上保安官の平均年収は655万円が相場海上保安官の年収の相場の平均は655万円です。海上保安官は比較的業務が忙しく、また時には海難事故の救助など人命に関わる国家公務員のため、サラリーマンや他の業種に比べると年収は高

気象予報士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

気象予報士は、どの程度年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような企業に入社すれば高い年収を貰えるのでしょうか。これから気象予報士を目指そうとしている方や、現在の自分の年収が気象予報士の平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役気象予報士の方は、ぜひ参考にしてみてください。年収・月給・ボーナスについては、独自に計算して算出しています。目安としてご参考にしてください。気象予報士の平均年収は約500万円が相場気象予報士の平均年収は、約500万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、平均よりも多く稼げる仕事と思って良いでしょう。しかしながら、気象予報士になるためには合格率約5%の国

心理カウンセラーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

心理カウンセラーはストレスや悩みを抱えた人の相談を聞くお仕事で、ストレス社会と言われている現代においてとても重要な仕事です。心理カウンセラーと一口に言っても、実は様々な資格や種類があるのをご存知でしょうか。国家資格である公認心理師、教育関係で活躍する臨床心理士、職場で活躍する産業カウンセラーなど様々な種類があります。これらを総称して一般的に心理カウンセラーと呼びますが、心理カウンセラーの年収はどのくらいなのでしょうか。将来、心理カウンセラーになりたい人、お給料アップを目指している人は、ぜひ参考にしてくださいね。心理カウンセラーの平均年収は430万円が相場心理カウンセラーの平均年収は、430万円

お笑い芸人の年収を徹底解説|年収相場や主な4つの収入源

今や「将来就きたい職業」のランキング上位常連となった「お笑い芸人」。活躍の場は劇場公演やお笑いライブに留まらず、テレビでお笑い芸人を見ない日はありません。そんなお笑い芸人の年収はどのくらいなのか、また、どんなことが収入に繋がっているのか、今回はお笑い芸人のお金事情について徹底解説します。 お笑い芸人の平均年収の相場は? お笑い芸人と一口に言っても所属事務所によって年収は大幅に異なるため、ひとくくりで平均年収を挙げることは意外と困難です。というのも、仮に同じ事務所に所属している芸人でも、営業先がテレビやラジオといったメディアなのか、お笑いライブなどのオフラインの場はがメインなのかによって年収は大

カメラマンの年収を徹底解説|年収の構成要素や年収アップさせる方法

スマートフォンの普及やデジタル一眼レフカメラの進化によって、誰もが簡単にキレイな写真を撮ることができる時代になりました。そのため時代と共にプロの需要がゆるやかに減少していますが、それでも写真を売って生活する人、そしてしっかり稼ぐプロカメラマンが多いことも事実です。 それでは実際のところ、プロカメラマンはどのくらい稼いでいるのでしょうか?今回はカメラマンの多様な働き方や、写真の相場を基にした年収について徹底解説します! 多様なカメラマンの雇用形態、平均年収も様々カメラマンの働き方は大きく三つに分類されます。「企業に正社員として所属するカメラマン」「自身のスタジオを持ち撮影活動をする独立系カメラマ

俳優の年収を徹底解説|給料・歩合・賞与(ボーナス)・各種手当

俳優の年収は、事務所や個人の実力、知名度によって大きく異なります。新人俳優、無名俳優の年収は0円から10万円あたりとなるのでアルバイトや別の仕事をしながら俳優活動をしている人がいますが、有名俳優になると1億円以上稼ぐ人もいるなど、年収に大きな差が出やすい職業であることが言えるでしょう。稼いでいる俳優の特徴としては、俳優活動だけではなくアーティスト活動やCM契約、動画配信サービスで稼いでいる人がいます。俳優としての年収を上げるには、マルチに活動をしていく必要性があるでしょう。俳優の平均年収は50万円~150万円が相場バラエティー番組「ナカイの窓」による芸能人100人あたりの統計における平均年収は

フロントエンドエンジニアの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

IT業界への就職を検討している人にとって最も注目度が高いのは、やはり多くの人目につくWeb系のエンジニアでしょう。今回はそんなWeb系のエンジニアの一つ「フロントエンドエンジニア」についてご紹介します。年収はどれくらいなのか、ボーナスは?手当は?などなど…気になりますよね。また、フロントエンドエンジニアになるにあたってのアドバイスも記載しました。就職検討にあたり、ぜひ参考にしてみていただければと思います!フロントエンドエンジニアの平均年収は300万円~1000万円が相場まずは気になる年収からご紹介します。フロントエンドエンジニアの年収は300万円~1000万円。非常に幅が広いですね。これは主に

小説家の年収を徹底解説|収入の構成要素や最高年収・年収が高い人の条件

いきなりですが皆さん、小説家と呼ばれる職業の人がどれくらい稼いでいるのか興味はありませんか?例えば、第153回芥川賞に自身初の長編小説となる『火花』で受賞を果たした、お笑い芸人の又吉直樹氏。そんな『火花』は300万部を越す大ベストセラーとなりました。もはや又吉さんではなく、又吉先生ですね。さて今回は、そんな小説家のお金事情に切り込んでいきたいと思います。小説家の平均年収は200万円~400万円が相場まず、当然ながら売れる本を執筆しなければ高年収は得られません。そして出版社側から売れる見込みがないと判断されると依頼が減ってしまい、最悪契約を打ち切られます。また、印税が大きいとされているのは小説と

表示準備中