不動産鑑定士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


不動産鑑定士は国家資格の中でも難関と言われる資格で、実務修習が必要なこともあり、資格取得までには多額の費用と多くの時間を要します。

資格取得が大変であるだけに、これから不動産鑑定士を目指す方には不動産鑑定士の年収が気になるのは当然だと思います。

また、既に不動産鑑定士の方であれば、転職によってどれだけ年収アップするのかも気になることでしょう。

今回は不動産鑑定士の年収について解説していきます。

不動産鑑定士の平均年収は650万円が相場

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、平成30年における企業規模が10人以上の会社における不動産鑑定士の収入は、年齢45.8歳、勤続年数3.9年で、決まって支給する現金給与額が383,400円、年間賞与その他特別給与額が1,849,000円で、年間にすると6,449,800円となります。

上記によると不動産鑑定士の平均年収の相場は650万円が相場ということになりますが、限られたサンプル数での数値です。

実際のところ不動産鑑定士が活躍するフィールドは広く、どのような会社で働くかなどによって年収は大きく変わり、年収の幅は広いと言えます。

不動産鑑定士の年収・給料の構成要素

独立開業している不動産鑑定士を除き、会社に勤める不動産鑑定士の年収の基本は「月給」と「ボーナス」の合計です。

一部の企業では年俸制を採用しているようですが、数としては多くありません。

不動産鑑定士の月給は、会社によって名称は異なりますが一般的に「基本給」「能力給」「手当」から構成され、ボーナスは業績によって支給額が変動します。

「歩合」などによる支給の加算の有無及び金額は会社によって異なります。

基本給・能力給・歩合はどれくらい?

前述の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、ボーナスを除く基本給・能力給に該当する月給は383,400円ということになります。

ボーナスは会社の業績の影響を受けて変動することから、基本給・能力給が高めに設定されている会社はそれだけ収益が安定している会社であると考えられます。

特に不動産鑑定業及び周辺業務を主たる業務にしている会社では、業界の景気の影響を強く受けることになります。

歩合は出来高などに応じて計算して算出した給与のことですが、一般的に日本の大手と言われる会社では歩合を採用している会社はあまりないようです。

一方で外資系企業などでは歩合を採用している企業が多く、企業の業績への貢献に応じた歩合収入によって高収入を得ることが可能になります。

また、規模が小さめな鑑定事務所などでは、在籍する不動産鑑定士が担当した案件の件数や報酬に応じて給与が決まるということがあります。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

賞与については夏と冬の年2回の支給を行う会社が多いです。

通年で4ヶ月~6ヶ月分というイメージですが、会社や業績によっては年3回の支給が行われて8ヶ月~10ヶ月程度になることがある一方で、業績が悪い場合にはほとんど支給されないということもあります。

リーマンショック直後は業績が悪化し、ボーナスの支給額が厳しかった会社が多かったようです。

鑑定業務が中心である会社は、鑑定業の好不況に業績が大きく影響を受けますが、金融機関やディベロッパーなどのような場合には鑑定業以外の企業収益があるために比較的安定して賞与の支給を受けられます。

一方で、鑑定業務を行っている会社では3年に1度固定資産税の評価替え業務というものがあり大量の評価業務となることが多いため、当該業務を請け負っている場合には給与の総額が高額となる可能性があります。

各種手当てはどういったものがある?

どのような手当が支給されるかについては、勤務先の規定で異なります。

一昔前は残業手当の支払いがないという会社がありましたが、近年ではコンプライアンス意識の高まりにより、基本的にどの会社でも支払われるようになってきています。

また、交通費については多くの会社で支給されますが、上限が設定されていることがありますので注意が必要です。

資格手当については、不動産鑑定士の資格を所持していることが前提の給与であれば支給の対象とはなりません。

不動産鑑定士以外の資格手当については、補償業務管理士、宅地建物取引士、税理士、CFP、AFPなど、勤務先の会社によって手当の対象となるかどうかが異なります。

勤務先の業態によって役に立つ資格を所持している場合には手当の対象となるケースが多いようです。

住宅手当、扶養手当なども勤務先の規定によって異なります。

住宅手当や交通費などの手当の有無や金額は、実質的な収入に大きな影響を与えるので充分に注意しましょう。

一般的に規模が大きな会社であれば各種手当が支給される傾向にありますが、小規模な会社であっても手厚い手当を用意している会社もありますので、事前に確認されることをおすすめします。

不動産鑑定士の年収を新卒や雇用形態別に見る

ここでは、不動産鑑定士の資格所持者とこれから資格を取得しようとする無資格者の年収を新卒や雇用形態別に見ていきます。

新卒の場合の不動産鑑定士の年収

不動産鑑定士の資格取得のためには実務修習を経る必要があるため、新卒の場合はこれから不動産鑑定士の資格を取得するというケースがほとんどとなります。

不動産鑑定士になるためには短答式、論文式の試験に合格した後に国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関で実務修習を受ける必要があるため、新卒の場合には実務修習機関として登録を受けた不動産鑑定業者で勤務しながら実務修習を受けるというのが一般的です。

新卒で資格取得を目指しながらの場合の年収は、待遇の良いところでも300万円~400万円程度ではないでしょうか。

難しい試験に合格したのに大企業と比較すると思った程ではないと感じるかもしれませんが、不動産鑑定士の資格を取得するまでは鑑定評価の補助業務しかできないため、やむを得ない部分があります。

また、実務修習などに要する費用負担を会社が行ってくれるかどうかなどによって実質的な年収が変わってきますので、待遇や条件などを充分に確認することが大切です。

数は多くないと思われますが、鑑定士の資格取得前の人材を安価な労働力と捉える会社がないとも言えません。

このような会社は勉強させているという理由を付けて低賃金で雇用しようとする傾向にあり、待遇面も期待できないケースが多いため注意が必要です。

社会人が転職する場合の不動産鑑定士の年収(正社員)

社会人が転職する場合の年収は、不動産鑑定士の資格を所持しているかどうかによって大きく変わってきます。

不動産鑑定士の資格所持者が30歳~40歳で転職する場合、会社を選ぶことで年収600万円~800万円程度の年収は期待できますが、中途採用では即戦力が求められます。

したがって、転職を希望する不動産鑑定士の実務経験、何ができるかが重要になってきます。

会社が求めている人材とマッチすれば転職する場合には好条件が期待でき、上記以上の年収も充分に狙えます。

これから不動産鑑定士の勉強を始める方や、試験に合格し実務修習のために不動産鑑定業者へ転職するという場合は、年収という点ではどうしても厳しくなります。

会社は不動産鑑定士にするために時間と費用を掛けることとなるため、その分年収が抑えられることになります。

30歳前後での転職であっても新卒と大して変わらない年収という会社も少なくありません。

会社によっては、宅地建物取引士や建築士などの資格を所持している場合にはそれらを考慮した年収になることがあります。

パート・アルバイトの場合の不動産鑑定士の年収

実務を経験しながら不動産鑑定士を目指し、試験のための勉強時間を確保するためにパート・アルバイトでの就業を希望される方も多くいらっしゃいます。

このような場合には時給となるのが一般的で、時給1,200~1,800円程度のところが多いようですが、会社や所在地によっても時給は異なってきます。

東京や大阪などの都心部の時給は高く、地方は低くなる傾向にあります。

近年は試験制度の変更によって試験合格者の人数が絞られてきているため、大手不動産鑑定業者も積極的に不動産鑑定士を目指す人をパート・アルバイトで雇い入れるようになってきました。

会社としては、勤務態度が良ければ試験合格した後にそのまま正社員として雇用することを考えていますので、時給の高低だけでなく自分自身のキャリアも考慮に入れた上でパート・アルバイト先を選ぶというのも一つの方法と言えます。

不動産鑑定士は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

不動産鑑定士としての主な仕事は鑑定評価書の作成です。

不動産の鑑定評価を行うためには対象となる不動産の確認を行い、資料の収集・分析を行い、鑑定評価の手法を適用して評価額を決定しなければなりません。

上記作業の成果を表したものが鑑定評価書となるため、どうしても鑑定士一人が作成できる評価書の本数には限界があり売り上げにも限界があります。

不動産鑑定を行う大手の会社の部長クラスになれば1000万円を超える年収を得ることは充分期待できますが、鑑定評価業務中心の会社では2000万円を超える年収を得るのはなかなか難しいでしょう。

一方で不動産鑑定士としての知識や経験を活かし、他の仕事をする場合には上記の限りではありません。

不動産鑑定士はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

不動産鑑定士の年収は勤務先によって変わってきますが、一般的にはどういった勤務先であれば高収入が期待できるのでしょうか。

以下に例を挙げて解説していきます。

外資系企業で働く場合の年収

外資系企業では日本企業より高い年収を得ることが期待でき、30代の若手不動産鑑定士の採用について1000万円を大きく超える年収を提示する会社もあります。

外資系企業の中でも不動産投資の分野で投資不動産の取得業務を行うアクイジションとして活躍できれば、歩合による給与支給によって2000万円を超える年収を得ることも不可能ではありません。

外資系企業の給与水準が高いのは、好条件の提示によるヘッドハンティングが本国での文化になっていることや徹底した利益追求姿勢に基づいているためです。

したがって厳しい実力主義を徹底しているところも多く、能力に見合わない給与水準と判断されると大幅な減俸ということもありますし、場合によっては解雇を言い渡されることもありますので、相応の覚悟が必要になってきます。

金融機関で働く場合の年収

銀行などの金融機関は、不動産鑑定士であることによって高収入を期待できる就職先です。

融資は金融機関における主要な業務の一つで、融資の際には不動産を担保にすることが多く不動産の価値が融資額に大きく影響を与えるために、金融機関は担保にする不動産の適正な価値を把握する必要があります。

また、鑑定評価書の取得を借主に要請をすることもありますが、金融機関では融資額の決定に際して鑑定評価書の妥当性について審査を行っています。

このため、担保不動産の価値の判定や鑑定評価書の審査のために、不動産鑑定士の知識と経験に期待して金融機関では不動産鑑定士の求人を行っているのです。

不動産の証券化市場が活発であり、ホテルや老人ホームをはじめとしたヘルスケア施設などの特殊アセットと呼ばれる物件に対して融資をするケースが増加しており、このような施設の適正な価値を判定できる人材は特に必要とされています。

具体的にはメガバンクなどの大手金融機関に転職できれば30代で1000万円を超える年収を得ることができます。

監査法人で働く場合の年収

企業活動の結果は決算書にあらわれますが、当該決算書の内容について監査法人による監査を受けることで決算書に信頼性が付与されます。

企業が所有する不動産(企業不動産)は生産活動の基盤であり、金融機関から融資を受ける際の担保となったり有効活用することにより収益を産み出す資産となったりすることから、企業活動と密接な関係にあります。

近年では企業不動産のことを特にCRE(Corporate Real Estateの略)と呼ぶことが広まってきており、企業不動産をどのように運用・活用するのかは経営戦略上の重要な要素の一つとなっています。

監査法人で働く不動産鑑定士は、このような企業活動と密接な関係にある企業不動産に関する様々な事案について監査法人内の公認会計士とチームを組んで様々な助言を行ったり、監査業務のサポートを行ったりします。

平均年収が1000万円を優に超えるBIG4と呼ばれる監査法人に就職できれば、高収入が期待できます。

大手不動産会社で働く場合の年収

不動産会社というと範囲が広いですが、大手ディベロッパーや大手のファンドマネジャーなどでは高い年収を得ることが期待できます。

しかし、不動産鑑定士の資格が必須という業界ではないために、資格を所持していることで特別に優遇されるということはありません。

むしろ不動産鑑定士の資格よりも、不動産鑑定士としてどのような仕事を経験し、どのような知識を持っているのかが重視される傾向にあります。

不動産鑑定士の年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

不動産鑑定士の資格を取得しているというだけで高い年収を得られるわけではありません。

それでは不動産鑑定士として高い年収を獲得するためには、どのような条件、スキルなどが必要になるのでしょうか。

また、不動産鑑定士の年収はどのように決まるのでしょうか。

1.営業などのスキル・経験がある

どの会社でもそうですが業績を上げるために顧客を増やしたい、仕事の依頼を増やしたいと考えています。

不動産鑑定士だからと言って営業が無縁というわけではなく、新規顧客の獲得を求められることもあります。

新規顧客を獲得し会社の売り上げに大きく貢献できるような人材は、高い年収などの好条件を提示してでも雇用したいと考える会社がほとんどです。

このために営業経験や実績をアピールできる不動産鑑定士であれば、転職の際に好条件を引き出しやすくなるわけです。

また、新規顧客の獲得のほかに、不動産の鑑定評価が必要な理由を理解してもらい付加価値を高める説明を行うことによって、競合を排除して安易な価格競争を起こさせないことができるスキルも不動産鑑定士の営業力です。

2.高い提案力

どの業界でも同じですが、高い提案力を持つ人材は重宝されます。

不動産鑑定士の業界でもそれは変わりません。

特にコンサルティングファームのようなところでは、顧客の抱えている問題を解決するための提案力が非常に大切です。

また、不動産に関する問題は潜在的なものが多く、顧客自身が気付いていない問題点が隠れて存在していることがよくあります。

そのような問題点を指摘でき、解決のための提案ができ、仕事に繋げることができる能力は会社の業績に貢献できる能力です。

このような能力を有する鑑定士と認められれば、自ずと収入は上がっていきます。

3.得意分野がある

不動産鑑定士のフィールドは広く、ある分野で第一人者と呼ばれるほどの人材は会社にとって魅力のある人材となります。

例えばホテルやヘルスケアなどの特殊なアセット評価で研修の講師や講演を多く行っている人物は業界でも名前が広く知られていることが多く、そのような人材を雇っている会社の名前も業界で知られていくことになります。

これに付加価値を認める会社であれば、その人材の獲得のために高い年収を提示することがあります。

4.キャリア

不動産鑑定士のような専門家の転職ではキャリアも重視されます。

どのような会社に勤めてどのような仕事をしてきたのかによって、年収などの条件が変わってきます。

例えば不動産の証券化に関する業務を行っている会社に就職しようとした場合には、これまでの経歴で証券化実務にどのように携わっていたのかがポイントになってきます。

5. 語学スキル

外資系企業の場合には英語などのスキルを備えていることが必須とされる場合があります。

TOEICで何点以上、ビジネス会話レベルが必要など条件は会社によっても異なりますが、語学スキルが高いほど条件が良くなる傾向にあります。

不動産鑑定士の年収査定で大事なのは、特に「知識」「経験」「コミュニケーション能力」

不動産鑑定士の年収査定では様々な要素が絡み合い、会社によって査定のポイントが異なることもありますが、どのような会社であっても「知識」「経験」「コミュニケーション能力」が大事な要素となります

不動産鑑定士は不動産の価格に関する専門家である以上、不動産の価格に関する知識を身につけていることが前提です。

更に知識だけでなく実務上それがどのように活用できるのかが大切であり、それは経験によって裏打ちされたものであることが大切です。

そして、コミュニケーション能力の高さがその経験を活かすために重要な要素となります。

経験に基づく裏打ちされた知識を活かすためには、分かりやすく伝えるという作業が必要です。

自分は正しいという主張をしても理解が得られなければ軋轢を産み出すだけとなり、社内外で衝突を繰り返す人物は会社にとって問題人物になりかねません。

一方でnコミュニケーション能力が高く社内外で信頼を得られる不動産鑑定士となればm会社は高い報酬を支払ってでも雇用をしたい、雇用を続けたいと考えるのです。

これから不動産鑑定士に就く人へのアドバイス

不動産鑑定士は難関資格と言われますが、年収という点においては弁護士や公認会計士などと比較するとそれほど高収入な資格だとは言えないかもしれません。

しかし、不動産は私達の生活や生産の基盤であり、重要な財産であり、その適正な価値を鑑定評価によって判定することができるのは不動産鑑定士だけなのです。

不動産の鑑定評価は弁護士であっても行うことはできません。

多くの不動産鑑定士がこのことを誇りに思い、日々の業務に励んでいます。

年収は職業を選ぶ際に大変重要な要素の一つであることは否定しませんが、だからと言って年収だけで取得する資格や勤め先を選択することはおすすめできません。

上記でも触れたように不動産鑑定士が活躍できるフィールドは実に様々ですが、どのフィールドであっても活躍の基礎となるのは不動産鑑定士としての知識であり、経験です。

まずは自分自身が不動産鑑定士としてどのように高度な知識と経験を身につけていくかを充分に考える必要があります。

人材の流動化は今後更に進んでいくと考えられますので、年収だけにとらわれることなく、自己成長が図れる職場選びをしてステップアップすることが大切だと考えます。

さいごに

不動産鑑定士の年収の相場、高額な年収を期待できる職種や人材などについて解説してきました。

不動産鑑定士は不動産の価格に関する専門家であり、高度な知識と経験を有する人材はステップアップを図りやすい資格だと言えます。

年収が全てというわけではありませんが、人生において大切な要素であることは間違いありません。

不動産鑑定士の年収が気になる方にとってこの記事が参考になりましたら幸いです。

最終更新日:2019年12月17日

関連記事

youtuberの年収を徹底解説|収入の構成要素や収入アップのコツ

日本でも人気の職業の一つでもあるyoutuber。小学生のなりたい職業ランキングでも3位にランクインするほどの人気で、誰でもなれる可能性があるため始めやすく、最近では小学生のyoutuberも出てくるようになりました。有名になると年収1億円というのをバラエティー番組などでよく目にしますが、どのようにしてそれだけの収入を得ることができるのか、収入を増やすにはどうすれば良いのかなど疑問に思うことが多々あります。ここではそれらについてまとめてみたので、ご覧ください。youtuberの平均年収は500万円~800万円が相場まず平均年収ですが、500万円~800万円と言われています。なぜこんなにも差があ

放射線技師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世の中には数多くの職業がありますが、それぞれの分野で資格を取得して働いている人たちを資格職と呼ぶことができます。取得資格は様々ありますが国家資格のことを指す場合が多く、看護師や薬剤師など医療系資格のほとんどが国家資格です。今回は、そんな医療系国家資格の一つである診療放射線技師に注目し、年収やどのような給与形態なのかなどを紹介していきます。診療放射線技師の平均年収は約500万円が相場診療放射線技師は、病院などの医療機関において、医師または歯科医師の指示に基づき放射線機器などを使用した検査を実施する職種のことです。各医療機関では1名から数名、大学病院や公的病院のような大きい病院では十数名が勤務して

看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師を目指している方の中には、「安定した資格がほしい」とか「人のためになるから」といった理由をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし、仕事をする以上は気になるのがお給料ではないでしょうか。一般的には給料が高いというイメージがあるようですが、実際の金額はご存知ですか。筆者が看護師として勤務してきた経験をもとに、看護師の年収やその内容についてご紹介したいと思います。看護師の平均年収は360万円~550万円が相場看護師の年収の平均額は約480万円ではなぜ平均年収に360万円から550万円までのばらつきがあるのでしょうか。それは看護師の労働環境も影響していると言えるでしょう。夜勤があるほかの職

インテリアコーディネーターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「インテリアコーディネーターになりたい!」と思う方はとても多いと思います。しかし、その一方で「儲かるの?」「どんな企業に入れば年収は高くなるの?」と金銭面を気にされている方も多くいらっしゃることでしょう。そこで、気になるインテリアコーディネーターの年収について解説していきたいと思います。インテリアコーディネーターの平均年収は、300万円〜450万円が相場インテリアコーディネーターの平均年収は300万円〜450万円です。通常のサラリーマンと同じくらいと思っていただければ良いかと思います。しかし、これはあくまで平均年収です。それぞれの企業によって異なりますし、経験を積んで独立・開業まですると年収1

司法書士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

日本司法書士会連合会が発行している司法書士白書に司法書士へのアンケート結果が載っているのですが、それによると、司法書士への志望動機で最も多いのが「専門性の高い仕事ができるため」だそうです。一方、「経済的に恵まれるため」を志望動機とした司法書士は全体の半分以下に過ぎず、お金は二の次という結果になっています。しかし、司法書士を目指している人にとって、司法書士になるとどれぐらい稼げるのかはやはり重要な問題でしょう。この点についてインターネット上には様々な情報があふれていますが、今回は、実際はどうなのかというリアルなところをお話していきます。司法書士の平均年収は500万円以下が相場司法書士全体の平均年

作業療法士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

作業療法士は、病院や福祉施設、または地域包括支援センターや市役所の行政等で勤務することができるため、世の中の景気に大きく左右されることなく常に安定した収入を得ることが可能な仕事です。また、作業療法士になるためには専門学校や大学へ最低3年は学校に通い、実際の病院や施設で臨床実習を経て国家試験を合格する必要があり、作業療法士資格取得のハードルも高いため、給料が高いというイメージがあるかもしれません。そこで今回は現役の作業療法士が、作業療法士の年収や手当等についてデータ(厚生労働省統計データ参照)と共に皆様にお伝えしていきたいと思います。作業療法士の平均年収は約400万円が相場結論から言いますと、2

宅地建物取引士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

不動産業界で仕事をしようと考えるときに、持っておきたい資格の中でも特に重要だと言われているのが宅地建物取引士の資格です。宅地建物取引士は、資格を持っていないとできない仕事もあるし、そもそも不動産会社に5人に1人はいなければ営業ができない等、とても重要な資格者です。国家資格でもあり、受験生の17%から20%前後しか合格しないので、簡単に取れる資格でもないので、宅地建物取引士はとても貴重な人材とみなされます。不動産業界になくてはならない宅地建物取引士ですが、給与は他の業種や同じ不動産会社の営業などと比較して高額なのでしょうか。手当や賞与なども含めた年収面はどの程度差があるのでしょうか。宅地建物取引

通関士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

弁護士や税理士など法律を扱う職種は「士業」と呼ばれ、一般的にはその職業に就くことが難しい分年収も高いイメージがあります。輸出入の手続きを行う「通関士」も実はその士業の内の一つです。通関士として働く場合も、弁護士などと同様に「通関士資格」という国家資格に合格する必要があります。その試験は毎年合格率10%前後の難易度が高いものです。しかし弁護士など他の士業と異なる点は、個人での独立が難しく企業に所属することがほとんどの為平均年収は特別高くはないという点でsy。またその金額も、年齢や所属する企業によって異なります。ここでは、通関士の一般的な年収について詳しくご紹介していきます。通関士の平均年収は40

消防士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、以前消防士として働いていた筆者が、その経験をもとに消防士の年収や待遇、仕事内容などを内部的視点でお伝えさせていただきます。消防士というのは「地方公務員」であり、その身分には大きく分けて二つに分かれます。消防士の年収や待遇は各市町村が定める給与条例等に基づいており、市町村により差があるということが前提となります。概ね、大都市の職員の給与ほど高い傾向にあります。二つの身分というのは「公安職」か「行政職」かです。公安職とは、一般の人が思い浮かべる消防士の仕事…火事を消したり、救急車に乗っていたり、それに加えて火災予防の指導をしたり…こうした「いわゆる消防士」としての業務だけをする消防士

公認会計士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、公認会計士の平均年収や給与の構成要素及びケース別での給与についてご紹介いたします。まず、公認会計士とは難関国家資格の一つに位置づけられており、監査業務を独占業務として、その他税務、コンサル等多岐にわたり業務を行うことができます。大手・中堅監査法人によってそこまで大差は有りませんが、下記では一般的な年収水準のご説明をさせていただきます。公認会計士の平均年収は約1000万円が相場まず、公認会計士としての平均年収は約1000万円位となります。公認会計士の有資格者の勤務形態としては、多くは監査法人で勤務される方が多いですが、税理法人・コンサルティング会社等で専門家として働く方、個人で独立

ネットワークエンジニアの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

この記事では、ネットワークエンジニアの年収について、あらゆる角度からご紹介します。ネットワークエンジニアとは、IT関連の業種の中で、ネットワークの設計や構築、運用を担当するエンジニアです。IT関連の業種の中でも、アプリケーションエンジニアやサーバーエンジニアと比べて人数が少ない一方で需要は一定数存在するため、ネットワークエンジニアの年収は比較的に高い部類に入ります。また、自分でスキルを身につければ、その分年収がグングンと上がっていきます。では、ネットワークエンジニアの年収について早速詳しく見ていきましょう。ネットワークエンジニアの平均年収は400万円~900万円が相場ネットワークエンジニアの平

国家公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・各種手当について

就職や転職を目指す人は、景気が良い時は民間企業、悪くなると公務員を選択する傾向にあります。公務員は身分が安定していて経済状況にあまり左右されない、という認識を持つ人が多いようです。そこで公務員の給与・初任給・賞与(期末手当)・各種手当などについて徹底解説しますので、参考にして就職・転職活動に役立ててください。なお、公務員には地方公務員も含まれますが、ここでは国家公務員についてのみ取り上げます。従って、以下に記述する公務員は内閣総理大臣・国会議員・裁判官等法令で定める特別公務員を除く全ての国家公務員です。地方公務員は国家公務員に準じているのが原則ですが、県・大都市・各市町村等組織や人員がそれぞれ

言語聴覚士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

医療や介護の現場で働く「言語聴覚士」という仕事があります。言語聴覚士は理学療法士や作業療法士と並ぶリハビリを行うセラピストです。言語聴覚士は1997年に国家資格として制定されたばかりの比較的新しい資格ですが、超高齢社会の日本においてその需要は高まっています。今回は病院や介護施設などの職場による収入の違いやキャリアアップについて、言語聴覚士の給料や賞与を詳しくご紹介します。言語聴覚士の平均年収は350万円が相場就職して1年目は賞与が全額支給されないため、350万円より低くなります。また、地域によって金額が変わることはあるでしょう。言語聴覚士の年収は決して高くありません。ただしそれは、言語聴覚士は

動物看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

動物看護師は、動物病院で獣医師のサポートをメインとする職業です。動物医療における専門性の高さから、令和元年6月愛玩動物看護師法が公布のもと、愛玩動物看護師という名で国家資格化も決定しました(試験方法や試験開始時期などは検討中のため現状は未定です)。この記事では、そんな動物看護師の初任給の手取り給料や年収、その他の待遇面に関して、私の経験も踏まえてお話していこうと思います。動物看護師の平均年収は300万円以下が相場動物看護師の年収の平均的な相場は、200万円台から多く見積もっても300万円程度といったところです。専門職と言っても、思っていたより年収は高くないなと思われた方も多いかと思います。動物

電気工事士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

電気工事士になると、手に職がつくから給与的にも安心というイメージがありますよね。とは言え、実際はどれくらいのお給料が貰えるのかも知っておきたいところ。そこで今回は、電気工事士の年収や給料、ボーナスなど、気になるお金のことについて解説いたします。電気工事士の平均年収は400万円~500万円が相場電気工事士の平均年収は400万円~500万円となっています。もちろんこれは一例で、会社の規模や仕事内容によっても様々。例えば、エアコン取付工事を専門にしている会社もあれば、新築マンションや工場など大掛かりな配線工事を専門にしている会社もあります。他にも、会社から独立して個人事業主になると、実力によっては平

美容師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

美容師は、一見華やかな仕事に見えて、実は「お給料が少ない」「福利厚生がしっかりしていない」「残業手当がない」「休みが少ない」「労働時間が長い」など、傍から見たらブラック企業みたいなもの。それだけ、大変な仕事と言えるでしょう。それでも、仕事が楽しいからこそ続けていられるという人も沢山います。一般企業のように、上下関係がなくみんなが仲良いサロンも多くありますから。美容師は、アシスタントの時に4割が離職すると言われています。ただ、これから美容師を目指している人には、しっかりと現実を知ってから美容師の世界に飛び込んでもらいたいと思いますので、この記事で美容師のお給料について詳しくご紹介します。美容師の

中小企業診断士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

中小企業診断士の資格取得に興味のあるビジネスパーソンは多いと思います。中小企業診断士は、主に中小企業を対象に経営コンサルティングを行い、企業の成長を促し経営課題を解決する専門家です。経営コンサルティング業務自体は、ビジネスの知識や経験を備えた方であれば、中小企業診断士ではなくても行うことはできます。実際に資格がなくとも経営コンサルティングを行っている個人や会社も沢山ありますが、特に中小企業支援法に基づき、国が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。また、この資格は経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格でもあります。では、中小企業診断士の年収はどのぐらいになるのでしょうか?

林業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

働くことを検討する上で、月々の給与や年収はとても気になる部分だと思います。特に林業は業界関係者や実際に就業している人と関わる機会も少なく、イメージの湧き難い産業だと思います。インターネットの口コミサイトなどでは「林業は年収が少ない」「稼げない」という意見がある一方で、「林業はすごく稼げる」といったものも見受けられます。実際のところどうなのかよく分からない林業の給与や年収について、林業業界で就業経験のある著者が解説をしていきます。林業の平均年収は350万円が相場林業の平均年収は、林業会社や森林組合、第3セクターなどの林業全体で350万円前後だと言われています。しかし、林業の年収は地域や働く事業体

調剤薬局事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚・出産後も働きやすく、全国どこでも求人があることから女性に人気の職業が調剤薬局事務です。調剤薬局事務の仕事に興味があるものの、実際の年収については知らない方が多いのではないでしょうか。本記事では、調剤薬局事務の平均年収や給与体系などについて解説します。調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円が相場調剤薬局事務の平均年収は250万円~300万円程度と、全体的に見ても決して高くはない給与水準です。この背景には、調剤薬局事務が無資格・未経験でも働ける職種であることが大きく関係しています。調剤薬局事務は専門知識が必要な職業ではありますが、仕事に就くための資格は必要なく未経験でも働けることから

臨床心理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

人の心と向き合う仕事、臨床心理士。臨床心理士はどのくらい稼げる仕事なのか興味がありませんか?割と非常勤が多いとは聞くけど、生活は不自由なくできるのか、大学院まで行くからにはそれ相応に貰えるのか、など、気になりますよね。今回は臨床心理士の年収などお給料事情について紹介いたします!臨床心理士の平均年収は300万円~400万円が相場臨床心理士の平均年収は300万円~400万円くらいが相場であると言われています。ただし、臨床心理士の年収は、個人によって非常に幅があります。というのも、非常勤が多く、結婚後は週に2日~3日程度働いているという臨床心理士が割と多いことが一つの理由として挙げられます。臨床心理

表示準備中