エンジニアの年収を徹底解説|職種別の年収や、求められる能力


「ITエンジニア」と聞くと、専門性の高い資格やスキルを保有された方で、且つ収入が多いというイメージがありませんか?

しかし実際には、「ITエンジニア」と一言で表しても様々な分野に細かく分かれており、更には収入もまちまちになります。

そこで、筆者自身が実際のエンジニア業界に転職して得た経験を踏まえながら各エンジニアの年収についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

ITエンジニアの平均年収は500万円~550万円程が相場 

全般的にエンジニアとしては、平均500万円~550万円が相場の目安となります。

とは言え、資格やスキル、また就業する企業の大きさにより大きく異なります。

そこで、企業別にまとめてみました。

  • 大企業の場合:平均年収640万円
  • 中小企業の場合:530万円
  • 小企業の場合:480万円

このように、勤める企業の規模によって年収は変わる傾向にあるようです。

また資格やスキル、経験値等により大きく左右されるので、スキルアップや経験値を高めていくことで年収は更にアップしていきます。

次に職種別に簡単な仕事内容と年収を紹介します。

ITエンジニア職種別の年収と仕事内容

システムエンジニア(SE)

平均年収:550万円

システムエンジニアとは、システム設計や開発、テストなどを手がけるお仕事です。

パソコンの前に張り付いているイメージがありますが、クライアント様との打ち合わせを密に行い、要望に適したシステムの考案や提案を行う上流工程を担当しており「予算管理」「人員管理」「進捗管理」などの業務に従事しているので、営業のように体を動かす事が多いお仕事になります。

プログラマー (PG)

平均年収:450万円

コンピューターを動かすための「プログラミング言語」を用いて、様々なシステムやソフトウェアを作るお仕事です。

代表的な言語ですと、「C言語」「Java」「Ruby」等があります。

「プログラミング言語」は使用する目的の違いによってWeb開発やゲーム開発、社内システム開発など多々あり、自身の得意な分野で活躍できるお仕事です。

Webエンジニア

平均年収:460万円

ウェブ制作会社などに勤務しWebに関わるサービス全般の構築を行うエンジニアで、「サイト構築」「システム構築」「サイトの保守、運営、メンテナス」などのお仕事です。

その中でも、お客さんに直接見てもらうページを作る「フロントエンジニア」や、決済システムや内部の見えない箇所を作る「バックエンジニア」等があります。

ネットワークエンジニア

平均年収:600万円

コンピューターネットワークのシステムの「構築」「保守」「管理」「監視」などを行っているお仕事で、インターネットでの繋がりを守っている大切な役目を果たしています。

また、ネットーワークエンジニアは常に24時間体制で勤務しており、通信障害やトラブルが発生した際には即座に対応したり対策を行ったりと、まさにインターネットの縁の下の力持ちです!

データベースエンジニア

平均年収:450万円

データベースとは、様々な情報や特定の条件に当てはまる「データ」を集めて誰にでも使いやすい形に仕上げるものです。

そんなデータベースエンジニアは、企業の情報システムを支える「企業にとって不可欠な頼れる相棒」というイメージのお仕事になります。

インフラエンジニア

平均年収:460万円

ITインフラとはITの基盤となるもので、アプリケーション(ソフトウェア)やハードウェア(サーバー)等を支えており、ITに関するインフラに問題なく動かすための設計や運用、保守などを行っているお仕事になります。

ITエンジニアに求められる能力

様々な職種がありますが、それぞれどのような能力が求められるのかご紹介します。

システムエンジニアの場合

システムエンジニアでは以下の能力が求められ、反映されます。

【基本的なパソコン知識】

日々の業務の中で、設計書や企画書、打ち合わせで使用するドキュメントの作成で必要なスキルで「Word」「Excel」「PowerPoint」などの基本的なスキルが必要となります。

【ITに関する知識】

サーバーの知識はもちろんのこと、ネットワークやデータベース、セキュリティなど幅広くある情報が必要となります。

【業務知識】

業界特有の知識が必要とされ、クライアントが何を求めているのか?

要望に応えるためには何が必要か?

IT以外にも、担当する業界で必要な多くの知識が求められます。

このようにシステムエンジニアでは、「ヒヤリング力」「提案力」「マネジメント力」「リーダーシップ」といったことが『クライアントからの評価』に繋がり、年収や給料の構成に大きく反映されています。

Webエンジニアの場合

Webエンジニアでは、以下のことが求められます。

【柔軟な対応力】

ユーザーが直接利用する「フロントエンド」のシステム、その情報を管理する「バックエンド」のシステムを、どちらか一方でなく両方に対応できるスキルを求められます。

【デザイン力】

ユーザーが利用した際に「いいな!」と思うようなデザイン力がとても重要になります。

内容がどれだけ良くても、見た目で判断されてしまい利用されないなんてこともあります。

Webエンジニアでは以上のような「ユーザーにどれだけ利用しやすいサイトを作成できるか」が基本になってきます。

プログラマーの場合

プログラマーでは以下の能力が求められ反映されます。

【コミュニケーション能力】

プログラマーのイメージでは、ずっとパソコンに向き合っているようなイメージをします。

しかし実際には、クライアント(依頼主)から要望されるプログラムを完成させるのに、仕様を理解するためのコミュニケーション能力が必要になります。

【語解力】

日々新しい技術を学ぶために必要な能力となります。

また構成するプログラムによって、現場や業界の知識も必要になります。

もちろん他のエンジニアでも日々学ぶことが求められますが、その中でもプログラマーは常に最新の技術を求められるので、その点で重視されることが多いようです。

ネットワークエンジニアの場合

こちらの場合では以下の能力が基本に求められ、反映されます。

  • ネットワーク構成の理解力
  • ベンダー資格
  • 忍耐力

【ネットワーク構成の理解力】

まず基本として「ネットワークとは何か」を理解していることが求められます。

【ベンダー資格】

こちらは機器の設定や修理をする際に必要な資格となり、各メーカーから出されている試験に合格することで得られる資格になります。

代表的なもので言いますと、Ciscoから出ている「CCNA」などが有名です。

【忍耐力】

実際に筆者はネットワークエンジニアとして現在も勤務していますが、常に24時間体勢での勤務が求められ、更にはかなり複雑な構成を理解した上で作業を行わなければならないことが多いお仕事だと感じます。

常に新しく開発されるネットワークの機器を学び、更に変則勤務に耐え得るだけの忍耐力が必要になってきます。

データベースエンジニアの場合

データベースエンジニアの場合は以下のような能力が求められます。

【製品の知識】

基本としては、オラクル製品やSQL Serverなどのデータベースソフトに関する知識が求められます。

【実務経験】

実務経験では主に「プログラマー 」「システムエンジニア」としての実務経験が問われることが多いようで、未経験の方にはハードルの高いお仕事になると思います。

そのため、他のお仕事を経験した上でデータベースエンジニアの道へ進まれるのがおすすめです!

エンジニアは、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

エンジニアの仕事では、年収1000万円まで目指せます。

例えば「システムアナリスト」といったシステム開発における最上流工程を担当する方や、大企業での様々なトラブル対応ができる「ネットワークエンジニア」などがあります。

これらは「資格」「経験」「実績」「年齢」などが大きく関係していますが、努力次第で可能な額となります。

ITエンジニアの仕事はどんな場合に報酬が高くなるか?

大手企業に就職することがポイントになります。

IT関係での大手企業と言えば「日本マイクロソフト社」「Googleジャパン」「Amazonジャパン」等が挙げられます。

もちろん求められるスキルは非常に高いですが、その分年収や給料、ボーナス等の報酬が高くなる傾向にあります。

これからエンジニアになる人へのアドバイス

この記事を見ていただいて「自身もエンジニアへの道を進みたい!」と思っていただけたでしょうか?

しかし、実際にこれからどうすれば良いのか分からない…と悩んでしまう方も少なくないと思います。

ITエンジニアへジョブチェンジ、またはスキルを身につける為のいくつかの方法をアドバイスさせていただきます。

まずは自身がどのITエンジニアの道へ進みたいのかを考える。

この記事ではいくつかのエンジニアの種類を紹介しました。

その中で「これをやってみたい!」「他にはどんなITエンジニアがあるのだろうか?」と色々調べていただいた上で、その中でも興味が沸くものを見つけていただきたいと思います。

どの仕事であっても専門性は非常に高く、モチベーションを常に高めて挑まなければ継続は難しいものです。

だからこそ自身が魅力を感じる職種へ進み「この仕事が好きなんだ!」と常にお仕事にやり甲斐や楽しみを見出して、モチベーションを高めながら努力をしてスキルアップをしていただきたいと思います。

書籍を買う!そして何度も見返して覚える!

これは勉強方法になってしまいますが、継続して続けることがとても大切で、最初から専門性の高い易度の書籍を購入しても独学での勉強はとても難しく、続きにくいと思います。

今現在、ITエンジニアに関する書籍は沢山出版されており選択技の幅はとても広いので、ご自身で目を通したりレビューを参考にしながら初心者からでも理解しやすい書籍を選ぶことがポイントになります。

そして何より大切なのが「何度も見返す」ことになります!

いくら初心者向けの書籍を購入をしても、難しいものは難しいのです。

ですから、最初から全てを完璧に理解する必要はなく「徐々に理解していく」ことがとても大切で、また「何度も見返す」ことがポイントになってきます。

スクールに通う!

『メリット』

本当に何も分からない状態でもしっかりと教えてくれます。

ですので、独学で厳しい方にはおすすめできるスキルアップ方法ですね。

スクールならではのメリットとは他にもいくつかあり、「同じ道を進む仲間と知り合うことができる」ことであったり「分からない点についてもすぐに訊くことができる」こと等が挙げられます。

またスクールによっては講習終了後に学んだスキルを活かした「就業サポート」をしてくれるスクールも存在しますので、この点もメリットになります。

『デメリット』

とりあえず「費用が高額」であること。

どうしても高額になるのは仕方のないことかもしれませんが、急に◯◯万円と言われてすぐに準備できる方は少ないでしょう。

もちろん、高い費用分だけのスキルは身につくと思いますが、現在資金がない方には厳しい選択になると思います。

また他にも「講習期間が短い」ことや「都会でしか行われていない」こと等様々なデメリットがありますので、興味のある方は必ずメリットとデメリットを考えながら進んでいただけると失敗は少ないと思います。

未経験歓迎を掲げている会社で基礎を学ぶ!

この方法は実際に筆者が通った道です。

なんと言っても給料を貰いながら基礎の勉強を教えてもらえるので、非常にメリットが大きいと思います。

最初の数ヶ月は研修で基礎を学び、その後は実際に現場で簡単な作業から行っていきます。

その後、更に学んだ基礎から実務経験を重ねて、スキルアップのチャレンジもできるところが魅力です。

さいごに

いかがでしたか?

ITエンジニアと一口に言っても様々な仕事があり、そして自身の努力次第で年収が1000万円を超えるのも夢ではない職業だと思います。

現在IT業界は常に人員不足に悩まされており、今後も活躍できる場は多く増えてくると予想されています。

この記事をきっかけに、一人でも多くの方がエンジニアの道へ進んでいただけることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最終更新日:2020年2月20日

関連記事

webデザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

Webデザイナーの仕事をしたいけど、年収がどれくらい貰えるのか分からない…と悩んでいらっしゃる方もいると思います。普通の正社員と比べるとどれくらいの収入を得られるのか、気になるところでよね。今回は、Webデザイナーの年収について詳しく解説していきます。webデザイナーの平均年収は340万円が相場 各転職サイトの平均年収ランキングで調査したところ、1年間の正社員としての平均年収だと、Web デザイナーは344万円となっております。1ヶ月計算ですと月収は月々28万円ぐらいになります。日本人の会社員の平均年収は約420万円程度なので、平均よりは少し低い収益になっています。しかし年収額は仕事内容や雇用

受付の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

受付の主な仕事は、来訪者を出迎えて案内することです。そのため、企業や病院などの顔としての役割を持ち、ホスピタリティやイレギュラーな状況でも動じない対応力が求められます。この記事では、そんな接客のプロフェッショナルである受付の気になる年収を見ていきましょう。受付の平均年収は約320万円が相場勤続年数と年代によって開きはありますが、受付の平均年収は約320万円で、平均月収は約22万円です。平成30年度の日本人の平均年収は約441万円なので、受付の年収は日本の平均年収よりも100万円以上低いことになります。しかし受付はほぼ女性のみの職種で、同年度の女性の平均年収は約293万円ですから、女性の年収とし

郵便局員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんの中に郵便局を利用したことがないという人は恐らくいないのではないでしょうか?これから就職を考えている人の中には、そんな郵便局で働いてみたいという人もいらっしゃるかと思います。郵便局員と聞くと当然郵便業務の印象が強いとは思いますが、実際の仕事内容はもっと幅広いです。郵便物に関する業務はもちろん金融サービスの提供、生命保険の販売、営業なども全て郵便局員の仕事です。「郵便局で働きたいけど給料ってどれくらいなの?」「郵便局員としてできる限り稼ぐにはどうすれば良いの?」あなたのそんな疑問をこの記事が解決します。ここでは郵便局員の年収について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。この記

スポーツインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

最近では好きなことを仕事にする流れができつつあり、今まで熱心に取り組んできたスポーツのインストラクターになりたい人や、デスクワークばかりではなく体を動かす業種に転職をする人が増えてきています。しかし、これからスポーツインストラクターになろうとしても、「収入はどれくらいなのか」「稼げない業種なのではないか」といった不安を持っている人が沢山います。この記事ではそういった方に向けて、スポーツインストラクターの収入や給料の相場、どうすればスポーツインストラクターで稼げるようになるのかなどを中心に紹介していきます今回紹介するスポーツインストラクターは、スポーツジムやフィットネスクラブに勤めているトレーナ

デザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

デザイナーは、どの程度の年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような人が高い年収を得られるのでしょうか。これからデザイナーを目指そうとしている方・現在の自分の年収がデザイナーの平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役デザイナーの方などは、この記事を参考にしてみてください。※年収や初任給などについては、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」より独自に算出しています。目安としてご参考にしてください。デザイナーの平均年収は約430万円が相場デザイナーの平均年収は、約430万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、おおよそ平均程度は年収が得られる仕事と言って良いでしょう。

幼稚園教諭の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

幼稚園教諭の年収は?待遇は?これから働く人からすると、不安は尽きないことでしょう。本記事では、「幼稚園教諭」の年収や初任給から仕事に必要なスキルなどを詳しく解説しています。これから幼稚園教諭になりたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さいね。幼稚園教諭の平均年収300万円が相場園の運営形態にもよるため、一概にも平均で300万円が年収として決まるというわけでもありません。私立の幼稚園であれば、給料も待遇も園の裁量に任せているため、公立よりも若干の差は生まれます。幼稚園教諭の初任給はどのぐらい?初任給は月22万前後、短大卒で月17万円~18万円です。サラリーマンとさほど変わりがないと言えます。

プロ棋士の年収を徹底解説|給料の構成要素・賞金・目指せる最高年収

藤井聡太七段のタイトル挑戦や、「将棋メシ」でも注目を集める将棋。その「将棋」を指すことを仕事にしているのがプロ棋士と呼ばれる人々です。将棋を極めたプロ棋士が得ることのできる年収を、能力や仕事別に解説していきたいと思います。(棋士の段位やタイトル保持者は2020年6月時点でのものです。)プロ棋士の平均年収は約700万円~800万円が相場プロ棋士の平均年収はいくらぐらいになるのでしょうか?日本将棋連盟にプロ棋士として登録されている人数は約160名で、その年収の平均は約700万円~800万円と推定されます。トップ棋士になれば年収が1億円を超えることもありますが、年収1000万円を超える棋士は上位10

通訳の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

外国語を自在に操る通訳は、英語などの外国語を学んでいる人が将来なりたい職業の一つです。大学や語学の専門学校で通訳の養成課程がある授業を受けることが好ましく、また海外留学の経験もとても役に立ちます。留学を考えている人や現在海外に留学している人なども、毎日現地語で切磋琢磨しないと語彙数を増やせませんし、ネイティブ特有の言い回しを理解できません。では、そんな通訳の年収はどれくらいなのでしょうか。通訳の年収や働き方についてご紹介致します。通訳の平均年収は405万円が相場通訳の年収は働き方によって大きく差がありますが、平均値をとると約405万円程度です。日本全体の平均年収が400万円程度だということを考

不動産営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「不動産営業と聞くと年収が高いイメージがあるけど実際どうなの?」「勤務年数や役職で年収は変わるの?」など、実際に不動産営業をしたことのある人でないと、分からないことも多いと思います。一般的には不動産の営業マンと聞くと年収が高いイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?今回は、不動産営業の平均年収や年収の上げ方について紹介します。不動産営業の平均年収は429万円が相場不動産営業の年収は高いイメージがありますが、実は429万円が相場です。しかし、給与幅として300万円〜900万円ほどであるため、かなりの差があります。なぜここまでの差があるのかというと、雇用形態や勤務先、スキル、経験などによっ

パチプロの年収を徹底解説|年収が高い人のスキルや特徴・年収アップのコツなどを紹介

駅前や郊外のパチンコ店の前で沢山の客が並んでいる姿を見かけたりします。市場規模が20兆円とも言われる巨大な娯楽産業であるパチンコですが、ギャンブル、ストレス発散の遊びなど、様々な目的で客はパチンコ店に出かけているのだと思います。その目的の中で、お金を稼ぐことを目的としてパチンコ店に行き、継続して利益を上げていくのがパチプロです。パチプロの定義というもの特にありません。ざっくりした表現だとパチンコ、パチスロで稼いで生活できる人のことをパチプロと呼びます。さて、パチプロはどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。こちらの記事では、パチプロの年収についてご紹介していきます。パチプロの平均年収は350万

ライターの年収を徹底解説|給料の構成要素や年収を上げる方法

言葉で表現することを仕事にしている人のことを「ライター」と言います。文字を書くことを生業にするという意味では、ライターという職業は平安時代から存在していたとも言えるでしょう。一概にライターと言っても、「シナリオライター」から「コピーライター」に至るまで、文章のジャンルの数だけ様々なライターがいます。インターネットの普及によって、最近では「webライター」という新たな職種も登場しました。今回はそんなライターの年収について徹底解説します! ライターの平均年収の相場とは? 数ある職種の中でもライターは圧倒的にフリーランスの割合が高くなりました。平均月収15万円~20万円、年収にして200万円前後と意

フリーランス(個人事業主)の年収を徹底解説|業種別の年収や年収をアップさせるためにやるべきこと

フリーランスという働き方は、今とても注目されている形態です。場所を問わず、ある程度自分が好きなように働けるので、会社という組織に縛られず自由に働いて稼いでいきたい人は憧れるでしょう。そんなフリーランスですが、年収はどのくらいなのでしょうか。また、どんなスキルがあると収入が増えるのでしょうか。これからフリーランスになりたいという方、またフリーランスで働いているけれども、なかなか収入が上がらないという方はぜひ参考にしてみてください。フリーランス(個人事業主)の平均年収は300万円が相場フリーランスと言っても、ライターからエンジニアまで様々な業種があります。ここでは、全てのフリーランスの方の年収を平

准看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師はなんとなく年収が高いイメージがありますが、果たして准看護師もそうなのでしょうか?この記事では、厚生労働省のデータ(令和元年賃金構造基本統計調査)に基づき、准看護師の年収について解説していきます。准看護師の平均年収は400万円が相場准看護師に平均年収は大体400万円程度と考えておくと良いと思います。平均年齢:50.2歳勤続年数:11.6年労働時間:158時間/月超過労働:3時間/月月額給与:282,400円年間賞与:641,600円平均年収:4,030,400円※平均年収は、「月額給与×12+年間賞与」で計算しています。ちなみに男性と女性で若干の差はあるものの、多職種と比較するとそこまで

SEの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「SE(システムエンジニア)になってみたいな」「SEを目指してみたいな」と思っていても、SEは稼げるのか?年収はどのくらい?新卒や中途でSEになっても大丈夫なの?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、SEの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!SEに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。SEの平均年収は約569万円が相場厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(令和元年)」をもとに、SEの平均年収を算出してみました。システムエンジニア欄の「決まって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」より、平均年収を計算してい

DJの年収を徹底解説|年収の決まり方や最高年収、年収アップさせる方法

クラブやライブハウスなどで活躍する数多くのDJがいます。しかし、DJの活動だけで生計を成り立たせるのはかなり厳しいのが現状です。昼間の仕事や副業と掛け持ちしながら活動を続けるDJが圧倒的に多いです。この記事では、DJの年収について見ていきたいと思います。DJの平均年収は150万円~200万円が相場日本人のDJ(クラブDJ)の平均年収は150万円~200万円ほどです。DJのみでの収入では生計を成り立たせるのは難しいのが現状です。DJの年収・給料の構成要素フリーランスとして活動するDJが圧倒的に多いため、福利厚生はありません。店舗での専属DJとして契約した場合でも、年収100万に届くまではかなりの

パイロットの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年収の高い業種と聞いて真っ先に思いつくのは医者ではないでしょうか。しかし、実はパイロットは、場合によっては医者よりもかなりの高給取りなのです。実際にどのくらい貰っているのか、気になるところだと思います。そこで今回は、これからパイロットを目指している方や憧れを抱いている方などパイロットに興味のある人に向けて、厳しい審査を全てクリアした限られた人のみがなれる業種「パイロット」の年収をはじめ、勤務形態、必要なスキルなどをご紹介していきます。パイロットの平均年収は1000万円~1250万円が相場平均の内訳は、旅客機の操縦士の年齢別の年収と、大手日系航空会社、日系格安航空会社、大手外資系航空会社(国営の

ウェディングプランナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚式のプロデュースをするウエディングプランナーは、主に結婚式に関する事前準備や当日までのサポートを行っています。結婚式を挙げるカップルから依頼を受けると、何度も打ち合わせを重ね、日取りから予算、衣装や招待状に至るまで手配し、多くのカップルたちの助けとなっています。ただ、仕事内容の大変さなどを考えると、果たして見合うだけの年収なのでしょうか?この記事では、ウェディングプランナーの給料や初任給、賞与や各種手当など、年収について詳しく紹介していきましょう。ウェディングプランナーの初任給はどのぐらい?ウエディングプランナーの初任給は、月18万円~20万円程度が相場とされています。もちろん企業によって

鍼灸師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

鍼灸師とは、縫い針や注射針ではない、施術用の鍼(はり)と灸(きゅう)を使って、身体にもともと備わっている自己治癒力を高め、症状を抑えていく資格です。2018年に鍼灸を「伝統医療」としてWHO(世界保健機構)が認定したことにより、世の中の東洋医学に対する印象が変わり、鍼灸の需要が高まってきています。今回は、そんな鍼灸師の気になる給料について紹介していきます。鍼灸師の平均年収は330万円~400万円が相場鍼灸師の平均年収は、おおよそ330万円~400万円と言われています。年収は経験値や技術力、勤務形態、勤務場所などで変わってきますが、年齢による差はあまりありません。特に経験値や技術力は年収に影響し

美容部員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

きれいにメイクをし、化粧品に囲まれながら仕事をする美容部員は、華やかで憧れのお仕事ですよね。今回は、美容部員として働いた経験から、美容部員の仕事内容や年収についてご紹介していきます。美容部員の平均年収は300万円~400万円が相場美容部員の年収は、勤務している会社、特に日系メーカーか外資系メーカーなのかによっても異なります。外資系メーカーは売上に応じた歩合給の部分が日系メーカーに比べて多い場合があり、年収が高い傾向にあります。また、大手ブランドの化粧品販売員の方が、年収が高い場合が多いです。美容部員の初任給はどのぐらい?初任給は、月20万円前後が一般的です。大卒、短大・専門学校卒など最終学歴に

モデルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

雑誌のモデルから世界的に活躍するファッションモデルまで、モデルは女性の憧れの職業の一つでもあります。もちろん男性モデルも存在しますが、一般的にモデルと言えば、華やかな衣装を身にまとった女性モデルをイメージするはずです。今回はそんなモデルの年収を、モデルの種類や仕事別に徹底解説していきたいと思います。モデルの平均年収は200万円~300万円が相場前述したように、モデルというのは上と下では天と地の差があるほど給料差も激しく、世界的に見ればその差も更に広がります。モデルも様々な種類があるので一概にはまとめにくいですが、一般的な平均は200万円~300万円と言われています。ただ、中には副業としてやって

表示準備中