電気工事士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


電気工事士になると、手に職がつくから給与的にも安心というイメージがありますよね。

とは言え、実際はどれくらいのお給料が貰えるのかも知っておきたいところ。

そこで今回は、電気工事士の年収や給料、ボーナスなど、気になるお金のことについて解説いたします。

電気工事士の平均年収は400万円~500万円が相場

電気工事士の平均年収は400万円~500万円となっています。

もちろんこれは一例で、会社の規模や仕事内容によっても様々。

例えば、エアコン取付工事を専門にしている会社もあれば、新築マンションや工場など大掛かりな配線工事を専門にしている会社もあります。

他にも、会社から独立して個人事業主になると、実力によっては平均年収を大きく上回ることもできるでしょう。

電気工事士の平均年収は一概には言えないものの、おおよその目安として400万円~500万円程と考えておけば良いですね。

電気工事士の年収・給料の構成要素

電気工事士の年収は、「基本給」「歩合」「ボーナス」「各種手当」の構成になっている場合が多くあります。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

基本給・能力給・歩合はどれくらい?

求人サイトで検索したところ、基本給は約20万円~50万円と幅広く設定されていることが多いです。

電気工事士はスキルによって仕事の質やこなせる量が決まってくるという特性上、能力を見て判断されるケースが多いからです。

例えば、同じ一部屋の配線工事を1時間で終われる人と2時間かかる人とでは、単純に儲けが2倍変わります。

電気工事士は職人なので、能力によって会社への貢献度が大きく変わります。

それ故、基本給の幅も広いのです。

また、基本給に加えて頑張り分(能力給)として歩合給がプラスで支給される会社もありますし、完全歩合制の会社もあります。

完全歩合制の場合、会社と業務委託して、家電の取付を「1件5,000円」などといった具合に行っていくパターンが多いです。

そのため、会社員というよりは個人事業主として仕事を請け負う形になるので、未経験者ではなくある程度経験を積んだ人でないといけません。

このように電気工事士の給料は、能力によって差が出てくるところが他の職種に比べて顕著です。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

賞与は、年2回となっていることが多いですが、気になる金額は「業績・能力による」とされている場合がほとんどです。

会社の売上に応じて賞与の額が決まっていくので、一概には決められないのが現状だからです。

ただ、概ね年に給与の2ヶ月~4ヶ月程度と考えておけば良いでしょう。

各種手当てはどういったものがある?

各種手当には、残業手当や家族手当、役職手当など、一般的な会社で支給される手当は付いていることがほとんどです。

電気工事士が特に意識するべき手当というと、資格手当になります。

電気工事は電気工事士免許を持っていないとできず、この免許がない状態では見習いとしてできる仕事が限られます。

そのため、免許を取得することでできる仕事の幅も広がるので、その分が手当として支給される会社が多いのです。

例えば第二種電気工事士免許を取得したら5,000円、第一種電気工事士免許なら10,000円といった具合に、免許の難易度に応じて手当の額が変わるのが一般的。

正確な金額は会社によって異なりますが、おおよそ上記のような金額になるでしょう。

会社によっては免許取得のサポートとして勉強にかかった費用を負担してもらえることもあるので、求人票をチェックしておくと良いですね。

電気工事士の年収を新卒や雇用形態別に見る

ここでは、電気工事士の年収を新卒や雇用形態別に見ていきます。

新卒の場合の電気工事士の年収

新卒の求人サイトで検索すると、各種手当を含めた年収は270万円~340万円くらいになります。

一般的な新卒の平均年収と比べても、遜色のないレベルです。

ただ、これから経験を積んで腕を磨くことで更に年収アップが期待できます。

社会人が転職する場合の電気工事士の年収(正社員)

転職サイトで検索すると、手当を含めた基本給はおおよそ300万円~600万円と幅広く、それまでの経験やスキル、電気工事士免許を持っているかどうかで大きく変わってきます。

今まで他業界で働いていたとしても、例えば営業マンであれば対人スキルを評価されるかもしれません。

これまでのスキルや経験をどのように活かせるかを上手くアピールできれば、評価してもらえるはずです。

パート・アルバイトの場合の電気工事士年収

パート・アルバイトの時給は、おおよそ1,200円~1,800円程度です。

一般的なアルバイトと比べると、若干高くなっていますね。

例えば1日5時間で週5日勤務すると、年収で約144万円~220万円ほどになります。

仕事内容は、免許がなくてもできる電気工事士の補助作業など、未経験でも可能となっていることも多いです。

電気工事士は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

電気工事士の年収は、会社勤めだと最高で700万円程度、自営業の場合だと1000万円を超える人もいます。

そうなるには電気工事士免許の取得は必須ですし、日々スキルを磨いていく努力が必要です。

職人業なので能力によって給料が大きく変わるため、実力社会と言えますね。

電気工事士はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

電気工事士として働く場合、どういった勤務先だと給与が高くなるのか見ていきましょう。

社員数が多い会社で働く場合の年収

電気工事士は、社員数2名~3名程度の小さな会社から、社員数100人以上の大きな会社まで様々ありますが、一般的に社員数の多い会社の方が給与水準も高くなる傾向にあります。

やはり社員の数が多いほど一人一人の利益が積み重なるので、その分給与へも還元されやすくなるからです。

もちろん社員が多くても、腕が悪くて一人一人の利益率が悪いと、少人数の会社の方が給与が良いというケースもあります。

ただ、多くの場合は社員数が多い会社の方が年収は良い傾向にあるので、一つの目安となります。

マンションや工場の配線工事を主に請け負う会社で働く場合の年収

配線から配管、器具の取り付けなど電気工事士としてあらゆるスキルが身につくので、腕を磨いて将来バリバリ稼ごうと思っている方には適しています。

実際、マンション工事を一通り覚えれば、一軒家や工場など他の工事も一人前にできるようになると言う職人さんも多いです。

会社員としても、年収は最高500万円~600万円程度と言われていますので、頑張り次第で稼ぐことができます。

個人事業主として働く場合の年収

電気工事士として実力をつけ、独立してやっていく場合、やればやった分だけ年収を増やすことができます。

例えばエアコン取付の場合、1台5,000円といった感じで請け負うので、1日に沢山の台数をこなすことで儲けも大きくなります。

特に夏場は稼ぎ時なので、人によっては1ヶ月100万円近く稼ぐ人もいるほど。

逆に秋冬は需要があまりないので、時期によって忙しさが変わってくるのも特徴です。

一方で新築マンションや工場の配線工事だと、一つの現場を数百~数千万円といった高い金額で請け負います。

そこから、工事でかかった人件費や材料費といった費用を差し引いたものが利益です。

エアコン工事よりも請け負う金額が大きいので上手くいけば年収1000万円以上など大きく稼ぐこともできますが、思った以上に人件費がかさむ等すれば利益も少なくなってしまいます。

このように、個人事業主になると働き方や稼ぎ方は様々で、仕事の腕次第で年収も大きくなります。

電気工事士の年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

勤務先以外でも、電気工事士として年収が高い人の特徴を見ていきましょう。

1.仕事が早い

作業が早い電気工事士は、単純に利益率が高くなるので年収も高くなる傾向にあります。

たとえば一部屋20,000円で請け負った配線工事を1日で仕上げる人と2日で仕上げる人とでは、儲けに2倍の差が出てきます。

実際、初心者とベテランの電気工事士を比べると、これくらいの差が出ることも珍しくありません。

プロとアマチュアの違いは、仕上がりの美しさはもちろん作業の速さが違うので、それが年収に繋がってきます。

2.仕上がりが綺麗

仕上がりが綺麗な電気工事士も、年収が高くなる特徴の一つです。

マンション工事の場合、配線がきちんと整列できていないと、建築会社の監督からやり直しを指示されることもあります。

やり直すとなると手間が2倍以上かかりますので、当然利益も少なくなるということです。

職人の世界では、同じ時間でいかに数をこなすのかが重要なので、作業が後戻りするような仕事の仕方は絶対してはいけません。

もちろん、見た目が綺麗だと他の職人さんなどから評価されやすいという点もあります。

仕上がりが綺麗な電気工事士は、余計な仕事を増やすことがないので評価されやすく、年収アップに繋がります。

3.人柄が良い

電気工事士は多くの場合2人1組で作業をしますし、他の会社の現場へ応援として仕事に行くことも少なくないので、人付き合いも大切です。

例えば我が強く周りからの評判も悪い職人だと、一緒に仕事をしたくないと思う人も出てきます。

そうすると、会社としても評判の悪い職人を使う現場や仕事が制限されるので「使いにくい職人」というレッテルを貼られて評価も下がることにもなりかねません。

そのため、人柄が良く「また一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるような人は稼ぎも良く、自然と年収も高くなってきます。

4.現場の指示出しが出来る

自分1人の仕事をこなすだけでなく、現場全体の状況を把握して適切に人員配置や指示が出せるようになると年収もグッと上がります。

人を使うということは、自分1人だけでできる仕事量よりも増えてくるので、裁量次第で儲けも大きくなるからです。

このレベルまで達すると、後は仕事を取ってくる力さえあれば、独立への道も見えてきます。

そのためには、自分の仕事をこなしつつも周りの状況を把握するように心がけないといけません。

電気工事士で年収をアップさせたい人がやって欲しい3個のこと

電気工事士が年収を上げるためにやってほしいことは次の三つです。

  • 電気工事士免許を取得する
  • 行っている作業の全体像を見る
  • 横との繋がりを大切にする

それぞれ見ていきましょう。

電気工事士免許を取得する

電気工事士免許は難易度によって第一種と第二種とがありますが、できれば両方取りましょう。

ただし、第一種は実務経験がないと取得できないので、まずは第二種の取得を目指してください。

第二種であれば仕事に就く前でも取ることができるので、手当分の年収アップが期待できます。

内容としては、筆記試験と技能試験になります。

筆記試験はテキストや問題集をやりこめば、それほど難しいものではありません。

技能試験もそれほど難しいものではなく、どういった問題が出るかはネット検索すれば動画でも解説されているので参考になります。

電気工事士免許を取得すると、手当が貰えるだけではなく任される仕事の幅も広がってスキルが身につくスピードも早くなるので、年収アップには重要です。

行っている作業の全体像を見る

見習いの内は自分に任された仕事で手一杯になると思いますが、余裕が出てきたら全体の仕事を把握することを意識してください。

例えば、自分の仕事は現場全体のどの部分なのかが分かるようになると、次に何をするべきかも見えてきます。

そうなると仕事へのやりがいも出てきますし、成長スピードも早くなるはずです。

実力が付いて一つの現場をこなせるようになれば、当然年収もアップすることになります。

横との繋がりを大切にする

仕事が忙しい時期には、他の会社から職人さんに応援として来てもらうことがよくあります。

逆に、他の現場へ応援に行くこともあるでしょう。

そういった時に、他の職人さんとの繋がりは大切にしておきましょう。

例えば一人前になって自分が現場を任されるようになって、人手に困った時には融通をきかせてもらえるので助かります。

より良い仕事をするには人員を適切に配置できる能力も重要なので、横の繋がりを普段から大切にしておくことは結果として年収アップに繋がります。

これから電気工事士に就く人へのアドバイス

電気工事士は、頑張れば独立が目指せるという将来性や年収の高さに目がいきやすいですが、休日が少ないのも特徴の一つです。

休みは週に日曜日だけという会社も少なくなく、更に残業も重なると体力的には厳しいものになります。

バリバリ働いてできるだけ稼ぎたい!という場合はそれで良いものの、プライベートも大切にしたいと考えている場合にはミスマッチが起きることも。

もちろん、中には休日が沢山ある会社もありますので、仕事に就く前にはしっかりと求人票などで条件を確認した方が良いですね。

さいごに

電気工事士の年収についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

電気工事士という仕事は手に職がつくので、実力によって年収も大きく変わってきます。

腕を磨いて実力がつけば独立への道も開けますので、夢のある職業ですね。

是非今回の記事を参考にして、お仕事選びの参考にして頂けたらと思います。

最終更新日:2019年12月13日

関連記事

ボートレーサー(競艇選手)の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・最高年収・各種手当

ボートレーサーは、様々なレースに出場して勝利をあげたり、優勝をして賞金を稼ぐプロスポーツ選手です。年収も高く、選手としての寿命も長くて、大変やりがいのあるプロアスリートになります。現在ボートレーサーの人数は1,600人ほどで、その中でも220人が女性レーサーです。※(2020年4月1日時点)ほかのプロスポーツ選手と比べると、圧倒的に女性の数が多いのもボートレーサーの特徴です。プロスポーツは男女を分けて行う競技が多いですが、ボートレースは同じレースに男女が一緒に出場します。女子レーサーが男子レーサーと対等にレースを行ったり、結婚、出産を経てママさんレーサーとして活躍しているレーサーも沢山います。

ホストの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当

ホストとは夜の街で活躍する男性のことで、主にホストクラブへと足を運ぶ女性客を接待してもてなす男性スタッフをホストと呼びます。NO.1と呼ばれる大物ホストから新米ホストまで年収の幅も様々ですが、今回はそんなホストの年収を紹介していきます。ホストの平均年収は500万円が相場夜の華やかな世界で働いているホストは年収が高い、というイメージが今でも強く根付いています。しかしホストの年収は上から下まで異常に幅が広いのが特徴的で、高級外車を乗りまわすホストから月給がマイナスという人まで様々です。ホストの平均年収は約500万円程度で、中堅ホストと呼ばれる一般的なホストの年収は約200万円~800万円程度になり

競輪選手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

競輪は、競輪場のコースを自転車で走って、1番強い選手は誰なのかを競う競技です。その中で競輪選手は、レースを戦って賞金を稼いでいくプロのアスリートです。競輪は日本が発祥の自転車競技で、今ではオリンピックの競技にも採用されている世界的にも有名なスポーツになります。競輪は完全実力主義の世界ですが、チームを組んでレースに望む場合もあり、師匠、先輩、後輩、友人などとも結びつきがとても大きなスポーツでもあります。日本の公営競技の中ではイチバン「道」というコトバが似合うかもしれません。現在競輪選手は男子が2,190人、女子が135人、合計で2,325人います。※(2019年12月31日時点)一時は行っていな

事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

仕事を円滑に遂行するためには欠かせない職種の一つに事務があります。事務と一言に言っても様々な種類の仕事が存在し、企業によっては多様な事務作業や職種があるでしょう。例えば、一般事務、営業事務、貿易事務、医療事務のように事務という名がつく職種もあれば、少し特殊な能力が必要とされる翻訳や通訳、秘書なども事務にあたります。今回はこのような事務の年収について、構成要素や職種別の違い、業界での差などに触れつつ徹底解説していきます。事務の平均年収は332万円が相場2020年現在、事務の平均年収は約332万円となっています。これは事務一般事務や営業事務といったように全職種の平均年収となっており、職種別に見てい

グランドスタッフの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

全国各地の玄関口と言っても過言ではない、空港で接客サービスを行うグランドスタッフ。お客様を空港から安全且つ安心して旅立ってもらえるよう、地上での業務を行っています。その業務は多岐にわたり、チケットの発券やチェックイン、搭乗案内や到着業務まで多くの仕事を担っています。みなさんも何かしらお世話になった経験があるのではないでしょうか?ここでは、グランドスタッフの年収、気になるボーナスや各種手当など徹底解説していきます。グランドスタッフの平均年収は?グランドスタッフは、空港で主に出発や到着などの接客を伴うお仕事をしている方々です。日系大手のJALとANA、2社のグランドスタッフの平均年収は350万円で

騎手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞金・各種手当・最高年収

皆さんが普段テレビや新聞で見ている競馬の騎手。収入については、大きなレースで優勝することで獲得できる賞金金額が異なってくる業種で、騎手は年間の収入を上げるために様々なレースに出場し優勝を狙って競い合います。時には、国内レースだけでなく海外レースにも出場するトップ騎手もいるほどです。そんな競馬の騎手ですが、実際にどれくらいのレベルの騎手がどれくらいの年収を貰っているのか気になりませんか?ここではそんな疑問にお答えするために、競馬の騎手の年収等について解説していきたいと思います。騎手の平均年収は3766万円が相場2019年の中央競馬の騎手の平均年収額は3766万円となっています。これは中央競馬に登

測量士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「測量士」というお仕事。道路の観測や家を建てる際の道路の測量など、実は日々の生活に大きく関わっているお仕事なのです。そしてそんな測量士は、民間企業に勤めたり官公庁に勤めたりする雇用形態や、事業主として測量業を営む営業形態によって年収や給与が大きく異なってきます。そこで今回は、様々な観点から、測量士について気になる給与形態や雇用形態などについてご紹介いたします。測量士の平均年収の相場は300万円~500万円程で幅広い測量士の全体平均年収は4,615,000円となっています(賃金構造基本統計調査より)。全体の内訳の中でも、男女によって年収が異なります。男性平

航空管制官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

今回航空管制官のお仕事や年収等について記載を致します。航空管制官は非常に責任が重くやりがいのある仕事であると共に国家公務員であるため、身分が保証されます。また、女性の産休や有休など福利厚生もしっかりしているところも魅力です。但し、勤務先は全国各地であるため転勤があることや、24時間勤務の場合深夜も含めた交代制の仕事があるなどの事情についても、ご説明をしたいと思います。航空管制官の平均年収は585万円が相場航空管制官の平均年収は585万円が相場となります。(専門行政職俸給表から算出)また年代別の平均年収額は以下の通りです。20代:約375万円30代:約490万円40代:約620万円50代:約69

施工管理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さん、施工管理という言葉を聞いて、どのような仕事なのか想像できますでしょうか?施工管理という仕事は、受け持っている現場の工事全体を管理する仕事です。工事の工程や品質管理はもちろん、働いてくれている作業員の安全管理も施工管理の仕事です。直接工事を担当するというわけではありませんが、様々な知識を持っていないと担えない、そんな重要な仕事であると言えるでしょう。施工管理はこのように、とても責任ある仕事です。では、施工管理の年収や給料の内訳などはどういった状況なのでしょうか。どれくらい稼げるのかという部分についても、見ていきましょう。施工管理の平均年収は455万円が相場総務省統計局が発表している「賃金

地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

地方公務員の仕事は多岐にわたります。地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。地方公務

医療事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世間では医療事務の仕事は大学卒業で就職するのはもったいない、年収が低すぎる、誰にでもできる仕事だ等々、低評価の声が多く聞こえます。しかし、本当に年収が低いのでしょうか。医療事務でも日本の平均年収を大幅に上回ることも可能ですし、様々な業務内容や働き方があるため、一生の仕事としてとらえても良い仕事だと思います。そこで、医療事務のお給料事情や医療事務のキャリアアップについてお伝えしていきます。医療事務の平均年収は300万円が相場医療事務の平均年収は300万円程度と言われています。この数字は、日本の平均年収から見ればかなり低い方と言えるでしょう。しかし、一括りに医療事務と言ってもその中には様々な業務が

調理師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

調理師は、レストランでの晴れの日の集まりや、旅館に泊まった際の豪華な料理、また学校給食など毎日欠かせない食事を作るお仕事です。一言に調理師と言っても、様々な働き方があります。今回は、調理師としてお仕事に従事する方の年収など、知っているようで知らない調理師の処遇についてご紹介いたします。これから調理師を目指そうと考えている方も是非参考にしてみてください。調理師の平均年収は200万円~450万円が相場年収は、もちろん勤務地や地域によってばらつきがあります。飲食店やホテルなどで働く場合、経験が重要視されます。特に1年目~5年目を目安に見習い期間となり、他業種に比べかなり給料が低くなります。年収として

土地家屋調査士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

土地家屋調査士になった場合に、どの位の年収が貰えるのか気になります。国家資格であり、資格取得も難しい土地家屋調査士の年収について紹介していきます。給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当を詳しく見ていきますので、土地家屋調査士の実際の年収について詳しく知ることができる記事です。土地家屋調査士の平均年収は400万円~600万円が相場土地家屋調査士の平均年収ですが、400万円~600万円が相場となっています。平均年収400万円の場合で考えると、難関の国家試験を突破した資格としては平均年収が少し低い印象ですが、詳しく見ていきます。平均年収に差があるのも土地家屋調査士の一つの特徴で、独立している

市議会議員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

市議会とは、地方自治体が市民のためにどんなことをするのか決めるところです。市議会議員は、市民の代表となり議会に参加し、議案の審議や議決、議案の提出などを行います。政治に関することなので、議員の仕事は責任重大です。例えば、患者数や近隣医療機関数などを踏まえつつ市が運営する病院の医療サービスを充実させるには予算がいくらが適正なのかを決めます。責任重大な仕事ですが、これから市議会議員になろうとする人は収入面のことが気になるのではないでしょうか。自分の貴重な時間を提供するに値する収入があるのかと。市議会議員の平均年収、年収の構成要素、職務内容別の年収、市議会議員の最高年収、これから市議会議員になる人へ

プログラマの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんはプログラマに関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「とても難しそう…」「残業が多め」「給料は高そう!」というイメージが多いのではないでしょうか。実際にプログラマを含むITエンジニアは稼働時間は多めとなっており、その分お給料に反映されていることも少なくはありません。しかし、一流のエンジニアとなるためには数多くの経験とスキル、経験年数がモノを言いますので、高いお給料を貰うまでの道が長いことが多いです。今回は現役エンジニアの筆者が、プログラマの平均年収や給料の構成要素、ボーナス(賞与)はどのようになっているのかについて、ご紹介していきたいと思います。プログラマの平均年収は420万円が相

研修医の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

一昔前の研修医は給与の保証が不十分であり、他の病院での診療−いわゆる「アルバイト」−をして生計を立てるなど、研修に専念できていないとの批判がありました。しかし、平成16年以降、卒後2年間の研修を必須とする新医師臨床研修制度が始まってからは、「アルバイト」は禁止になると同時に、研修医の処遇は改善されるようになりました。とは言え、研修先の病院によって給与額等は異なりますので、その詳細を具体的に紹介します。研修医の平均年収は約430万円が相場厚生労働省が発表した平成23年度の推計年収によると、1年目で約435万円、2年目で約481万円となっています。ただし、以下で触れるように、これはあくまで平均です

国税専門官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国税専門官とは、納税者が納税義務をきちんと果たしているか確認するお仕事です。細かく分けると、「国税査察官」「国税徴収官」「国税調査官」があり、テレビや映画でその名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。「国税査察官」は別名マルサと言われており、この呼び名ならピンと来る人も多いはずです。これから国税専門官になろうとする場合、気になるのがお金のことです。どんなにやりがいがあるお仕事だとしても、まともな生活ができないなら、なるか躊躇ってしまうはずです。この記事では、国税専門官の平均年収、年収の構成要素、仕事内容別の年収、最高年収、年収が高い勤務先などについて説明しています。最後の方には、将来、国

マンション管理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

マンション管理士という仕事があるのをご存知でしょうか。依頼主はマンションの管理組合で、マンションにおける分譲マンションの修繕計画の作成やコンサルティング。様々なクレームに関する管理会社への対応や窓口業務。騒音問題、ペット問題、管理会社への対応や窓口。総会、理事会の会合運営など専門的な知識を有し、問題を解決することができる専門家という職業です。国家資格に合格して、マンション管理士としての仕事ができます。では、マンション管理士の年収はどのくらいなのでしょうか。また、どのようなことをすると年収が上がるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。マンション管理士の平均年収は400万円が相場マンション管理

検察官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の一つである検察官は、犯罪捜査や刑事事件の公訴、裁判執行の監督などを行う国家公務員です。司法試験に合格後、司法修習時に本人の適性と希望などを考慮した上で検察官を選択し、採用試験に合格する必要があります。旧司法試験時代に比べると敷居は低くなりましたが、今でも司法試験を突破するのは非常に大変です。そんな難関をくぐり抜けた検察官の年収はどのくらいなのでしょうか。この記事では、検察官の平均年収や給料構成、勤務先やポスト別の年収などを徹底解説していきます。検察官の平均年収は600万円が相場階級や勤務地、諸手当によって差がありますが、検察官の平均年収(基本給)は約600万

トラック運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

トラック運転手と言えば、インターネット通販などで日々わたしたちがお世話になっている身近な存在です。自宅まで欲しいものや必要なものを運んでくれるドライバーさんなしでは、この便利な生活は成り立ちませんよね。個人の手元まで運んでくれるだけでなく、商品をお店に納品したり工場から製造したものを運んだりなど、トラックで「物を移動する」必要のある時はドライバーの存在が不可欠です。今回は、そんな日々の生活の縁の下の力持ちとも言えるトラック運転手の年収について、ご紹介します。トラック運転手の平均年収は400万円~450万円が相場トラック運転手の平均年収は、全日本トラック協会の調査によると、年収3,936,000

表示準備中