中学校教師の年収を徹底解説|給料・初任給手取りや年収の決まり方


都道府県など公立中学校教師は公務員です。

「公務員」というキーワードに付随するイメージが強いためか、教師の年収については「高い」と見られることも多い様に思います。

しかし、残業や休日出勤は当たり前で、未来を担う子供たちの大切な学校教育を導く教師としての労働の対価としては「当然」「まだ低い方だ」と言った言葉も関係者からは聞かれます。

では、その実態はどのようになっているのでしょうか。

中学校教師の年収について詳しくご紹介します。

中学校教師の年収の内訳とその実態は??

中学校教師と一口に言っても、公立中学校と市立中学校とでは、平均年収も異なります。

ここでは、内訳の分かりやすい「公立の中学校教師」の実際の年収事情を見てみます。

公立の中学校教師全体の平均年収

公立中学校教師の平均年収は約335万円~408万円、月収換算で30万円~34万円程です。

これは基本となる「給料月額」に「教職調整額」「地域手当」「義務教育等教員特別手当」を合算した金額になります。

公立の中学校教師の稼働時間、残業時間

勤務時間は一週間当たり38時間45分(一日当たり7時間45分)とされています。

しかし実際は、中学校教師の勤務時間は、授業が終わった後も続きます。

顧問をしている部活の指導をし、生徒が帰宅した後に、授業や行事の準備、事務作業、職員会議などを行わなければなりません。

テスト前後などは特に残業が続きます。

教師の残業時間は、「教職調整額」に含まれており、深夜まで授業準備をしたり、テストの点付けを休日に行っても、残業代は支給されません。

いわゆる「みなし残業代」というもので、基本給の4%です。

2006年に行なわれた「教員勤務実態調査」によると、中学校教師は毎日2時間程度の残業と30分程度の持ち帰り仕事があるという結果があり、このデータを参考に、手当を除いた大卒の初任給を単純計算で時給に換算してみると、995円になります。

上記の点だけを見てしまうと、想像していたよりずっと安いと感じてしまう方も中にはいるかもしれません。

しかし、公立中学校の教師は基本的に年功序列なため、勤務年数に比例して年収は上がっていきます。

教師という職業に関しては、生涯年収を基準に考えることもまた重要なのかもしれません。

雇用形態別の中学校教師の年収相場はどのくらい?

公務員の年収については公開されているので、各自治体のHPを見れば、教師の年収について知ることができます。

「新卒」「中途採用」「常勤」「非常勤」の中学校教師それぞれの年種相場についても見ていきましょう。

新卒で中学校の正職員となった場合の年収相場

初任給は大卒の場合、税金などを除いた手取りで月収にして20万円程となり、民間の大卒サラリーマンと大差はありません。

平成25年4月1日から適応されているA県中学校教諭の初任給を紹介すると、大卒の場合は月収にして約24万円、短大卒では約22万円となります。

この基本給と教職調整額などを含むものに、「扶養手当」「住居手当」「通勤手当」「期末・勤勉手当(いわゆる賞与)」などが、条例に基づき支給されます。

平均年収としては約300万円~350万円程でしょうか。

中途採用で中学校の正職員となった場合の年収相場

中学校教師は公務員ですので、いわゆる「年齢給」で支給されますが、自治体によって、前職の給与からプラスがある場合とそうでない場合の両方のケースがあります。

そのため一概には言えません。

常勤の中学校教師の年収相場

非正規雇用中学校の非正規雇用職員の平均年収262.8万円に対し、正規雇用では406.4万円と、正規雇用と非正規雇用では年収に100万円以上の差があります。

ある市の臨時的任用教師の例を紹介すると、基本給は月収にして17.5万円円〜25.7万円の時がありました。

これに加えて「扶養手当」「住居手当」「通勤手当」の支給があったようです。

非常勤の中学校教師の年収相場

産育休や病欠の教師の代わりや、小規模校、地域特性を出すために特定の教科に力を入れている学校などで、非常勤講師が募集されます。

教科のある時間だけの給与となり、1時間(50分授業)につき、2600円程度です。これに、「通勤手当」が付与されます。

市によっては「授業準備時間」という時間が有給で付与されることもあり、1週間に3~9時間の授業では、準備時間は1時間、10時間以上で準備時間が2時間などと決められています。

「テスト作成時間」が付与されることもありますが、3クラス分のテスト作成と点付け、成績処理に対して1時間のみであったりと、1時間2600円という金額は決して高いとは言えないのが、非常勤講師の現状です。

中学校教師の年収の決まり方 

教師の年収は「級」と「号」によって決まります。

「級」というのは職務における責任の大きさや仕事の難易度などによって分類されます。

管理職にならない限りはずっと同じ「級」のままということです。

「号」というのは習熟度や職務経歴年数などによって変わってきます。

年収の上がり方は「級」が変わらない限り、毎年1万円ずつ昇給する仕組みとなっています。

では、公立中学校と市立中学校の教師では、どのような違いがあるのでしょうか。

また、年収にも響いてくる賞与や福利厚生・残業代・交通費等はどうなっているのでしょうか。

公立中学校教師の場合の年収の決まり方

地方公務員法24条 によると、「6 職員の給与、勤務時間その他の勤務条件は、条例で定める。」とあり、これを給与条例主義といいます。

各都道府県、市町村の条例により給与を定めます。

公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法3条(教育職員の教職調整額の支給等)では「1 教育職員(校長、副校長、教頭を除く。以下この条において同じ。)には、その者の給料月額の100分の4に相当する額を基準として、条例で定めるところにより、教職調整額を支給しなければならない。 2 教育職員については、時間外勤務手当及び休日勤務手当は、支給しない。 」と、定められています。

残業代に代わる「教職調整額」についても、給料月額のの4%が「教職調整額」として給料に上乗せされている、と法律にあります。

私立中学校教師の場合の年収の決まり方

私立中学校の場合、法人によっても、地域によっても、小学校や高等学校との連携があるのかなどによっても、様々な特色がある場合が多く、一律のことは言えませんので、ここでは例を紹介します。

某県にある私立中学校・高等学校で募集している「専任教員」の給与は、経験や能力などを考慮した上で決定されます。

この学校では「年俸制」を導入し、年間375万円〜600万円の給与に加えて、交通費は月に2万円までの支給とされています。

業務内容は、中学校及び高等学校のクラス担任、教科指導、生活指導、大学進学指導、生徒募集活動、進路指導、クラブ活動等です。

この学校は中高一貫校であり、採用には「大卒以上」と「中高両教員免許を取得している者」という条件があります。

賞与や昇給制度はどうなっているの?

正職員の教師の場合は必ず年2回の賞与があります。

それに加えて昇給制度も整っており、定期的な昇給があります。

賞与の基本額は、月給の2か月相当額、年2回です。

残業代はきちんと出る?

残業代は、残念ながら支給されません。

先にも述べているように、残業代は「教職調整額」として、一律に支給されています。

交通費や福利厚生は?

整っていると言えるでしょう。

交通費は、通いやすい地域でなければ、住居手当付きで、引っ越します。

常勤、非常勤にも健康診断があります。

もちろん、有給休暇も付与されていますが、土曜、日曜参観日の振り替え休日などを使い切ることも難しい状態では、なかなか有休は取れていないというのが現状のようです。

中学校教師で年収を上げるためにやるべきこと

公立中学校は、年功序列なので、こうしたら必ず年収がアップする、というものはありませんが、例としていくつか紹介してみます。

今の勤務先でできること

スキルアップを図る

時間外労働をなるべく減らすために、省けるものは省いたり、メーカーの教材を利用するなどの工夫や、パソコン入力を速く正確にできるようにしていくなど地道な努力で、いわゆる「みなし残業」を減らし、自由時間を増やします。

それによって勤務時間に割り当てられる対価が上がる計算となります。

同じ県で長く勤める

教師は、5年間で基本給が約57,000円UPしていきます。

平均すれば、毎年11,400円ベースアップしたということですので、「年功序列」の強みを最大限に活かす方法としては、「辞めない」ことです。

思い切って転職する

何度も述べるように、残業代がなく、長時間労働と責任の重さが指摘されるのが教師という職業です。

仕事があまりにもつらく、解決策がないようであれば、転職も1つの選択でしょう。

転職先の選び方1:私立中学校を目指す

私立中学校の中学専任教員の年収は先述の通り学校によっても差が大きいです。

私立中学校の求人情報を見る限りは年収330万円~600万円が相場です。

公立中学校教師の平均年収が約335万~408万円ですので、私立に転職したからと言って、年収が必ずしも上がるわけではありません。

募集条件を見るのはもちろん、今の学校に不満があれば、面接などで、現状を超える条件を探していることを伝えてみてもいいかもしれません。

私立中学校の場合、系列校が多くない限りはほとんどが転勤はありません。

生徒は毎年変わっていきますが、職場の人間関係は変化がないので、一度難しくなってしまうと、働きづらくなる可能性があるというリスクも伴います。

転職先の選び方2:異業種を選ぶ

年2回の賞与は魅力的ですが、教師という職業にこだわらない方は、異業種への転職も年収アップの可能性があります。

高齢世代にとっては、教師が「聖職」だった時代もあり、教師の経験があることは、一目置かれるというメリットもあります。

反対に、「先生」なのにこんなことも分からないのか、と思われてしまうリスクも無くはありません。

部活動の顧問をする

中学校には、課外活動として部活動があります。

部活動の顧問になった場合は拘束される時間が大幅に増えます。

特に運動部の大会引率や練習試合などは、授業のない土日にありますが、手当は学生のアルバイト並みのごく僅かなものです。

部活動顧問に従事する教師の環境については「ブラック部活」という言葉が世間に浸透してしまったほど、社会的問題にもなっています。

部活動に対する休日手当てがあるので、年収にプラスがあることは確かですが、労働に見合っているかは個人の受け取り方次第になりそうです。

年収をアップさせるための求人の選び方

「年収アップ」ということに重きを置いた場合、転職する際に気を付けたいポイントはどのようなものでしょうか。

他職種と給与体系が異なる公務員ですが、年収を上げる方法は0ではありません。

年収相場が今よりも高いところを探す

ある民間塾の調べによると、幼稚園を含む小・中学校教師の都道府県別平均給与(月収換算)のランキング(職員数の平均値)は、

1位・・・東京都 41万8,149円

2位・・・福島県 41万7,099円

3位・・・岩手県 40万7,605円

と続き、最下位は奈良県の37万0032円でした。

基本給に地域差があるということに加えて、都道府県によって地域手当額にかなりの差があることが要因です。

地域手当が最も高いのは東京都となっています。

その金額は70,623円です。

次いで大阪府がランクインしており、金額は38,800円です。

やはり主要エリアでは地域手当が高く設定されています。

これは、物価の違いや住居費などの差を配慮しての結果のようです。

公立中学校で教師を続けたくて、今勤めめている都道府県の給与体系に不満がある場合は、違う都道府県に目を向けてみるのも一つの選択肢かもしれません。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正職員

「絶対、教師!」という強い意志を持っている方におすすめです。

先に述べたように、業務内容は多岐にわたり、時間外労働が多く、責任も重く、決して労働環境が良いとは言えません。

しかし、生徒たちの成長を身近に実感できる、大変やりがいのある仕事でもあります。

また、休日の部活動などの為にプライベートな時間は少ないので、「仕事は生きがい、趣味も仕事」くらいに、働くことが好きな人が向いていると言えるでしょう。

常勤

期間付きの常勤(臨時的任用職員)は、将来他にやりたいことはあるけど今は教師の経験を積もう、という方におすすめです。

例えば、「海外留学したい」とか「数年後に結婚しその地を離れることが決まっている」などです。

常勤講師は、賞与は正職員より少ないですが、生徒に対する責任は同じようにあり、学校によってはクラス担任を受け持つこともあります。

しかし、期限つきで、目標もしっかりしていれば、仕事へのモチベーションアップにも繋がるでしょう。

非常勤

子育てしながら、または早期退職後の方におすすめです。

実際、教員免許を取ったものの、大学卒業後は子育てに専念していた、という方は非常勤講師に多いです。

勤務時間は基本的には、教科の時間のみなので、保育所の送り迎えに時間を合わせることもできます。

教師を退職したけれど、非常勤として声がかかったという先生も多くいます。

教員採用試験に不合格となり、次の年の採用を目指すという方も、常勤よりも勉強時間を確保しやすい、非常勤がおすすめです。

1校だけですと多くて週に3日ほどの勤務なので、近隣校との掛け持ちができれば、年収としてもある程度は確保できます。

まとめ

職業選びをする際は、「自分がどういう生活をしたいのか?」「どんな仕事が良いのか?」「どれくらい給料が必要なのか?」「労働時間はどれくらいが良いのか?」などと自問し、優先順位をつけることや譲れないものを知っておく必要性があります。

中学校教師の働き方や年収、その内訳を知ったうえで、教師を目指すのか、他の業種を検討するのかは、まさに「ワーク・ライフ・バランス」を考えることにつながるでしょう。

最終更新日:2019年6月27日

関連記事

注文住宅営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

注文住宅の営業の仕事は、土地を持っている人や土地のみを購入予定の人、一戸建てに住んでいるけど古くなって建て替えを検討している人などに新しい家を建てる提案をすることです。つまり建築前の「まだ形に見えない家」を売っているのであり、お客様に夢を与えることができる仕事ですが、たくさんの知識が必要でもあります。また、家というのは人生でそう何回も買ったり建てたりするものではないので、それだけお客様を見つけるのが大変です。何千万という大きな買い物でもあるので、営業が一件の契約を取ることがとても大変です。そのため注文住宅の営業は、契約数や受注額などの成果によって給料が増減する歩合給の会社が多く、それだけ給料に

社会福祉士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

国家資格である社会福祉士は、現在の社会で大きな役割を果たしています。高齢化、児童の虐待、貧困などの問題が取り沙汰される今、その需要は高まるばかり。社会福祉士国家資格合格率は30%未満と難関、仕事では深刻な問題と向き合わなくてはなりません。そんな社会福祉士の年収を詳しくご紹介します。社会福祉士の平均年収は400万円が相場社会福祉士の資格を取得している方は、多くの分野で仕事をしています。主に、病院老人福祉施設児童福祉施設社会福祉協議会行政機関障害者支援施設NPO団体など、就職先が多いため、年収も一概には言えません。病院や社会福祉協議会、行政機関では年収は高く、平均して500万円から600万円ほど。

ケアマネージャーの年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・高年収な人の特徴

現代日本では高齢者人口が増加しており、それに伴って介護サービスを利用する高齢者も増加しています。介護サービスを利用するためにはサービス計画書、通称「ケアプラン」と呼ばれるものが必要となります。他者のケアプランを立案するためには介護支援専門員という資格が必要であり、その資格を持って仕事をする人をケアマネージャーと呼びます。今回はケアマネージャーの年収について詳しくご紹介していきたいと思います。ケアマネージャーの平均年収は350~400万円が相場まず初めに、ケアマネージャーの平均年収について述べていきます。立場や経験年数、雇用形態によって格差は生じますが、平均すると年収350万~400万程度が相場

パソコンインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・手当・年収アップのポイント

PC(パーソナルコンピューター)の使い方を指導したり教えたりする「パソコンインストラクター」の年収の相場はどのくらいなのでしょうか。現代社会においてパソコンは、仕事だけでなくプライベートでも無くてはならないものの一つとなっています。高齢者がパソコンを使う機会も増え、パソコンインストラクターの需要も高まるばかりです。この記事では、そんなパソコンインストラクターの「年収相場」「年収の決まり方」「年収アップの為の秘訣」などについてご紹介していきます。パソコンインストラクターの年収の相場はどのくらい?パソコンインストラクターと一口に言っても、正社員かアルバイトかなどによっても、その年収や待遇は異なって

DTPオペレーターの年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップを狙う方法

DTPオペレーターは特別な資格は必要としませんが、比較的専門的な知識を必要とする専門職です。それでは、DTPオペレーターの年収の相場はいくらくらいになるのでしょうか。この記事では、独立する際の必要資金や独立後の平均年収などと併せて、その年収事情をご紹介します。DTPオペレーターの年収の相場はどのくらい? DTPオペレーターは専門的な知識や技術が必要になるので、「手に職をつけられる専門職」と言えます。一般的にDTPオペレーターの年収の相場は300万円~350万円と言われてはいますが、地域や会社によって幅があり、この限りではありません。それでは、それぞれの入社状況・雇用形態から年収の相場を見ていき

新聞配達の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

私たちに毎日世の中の情報を届けてくれる「新聞配達」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。夜も明けない内から働き、情報社会の一端を支えている「新聞配達」という職業は身近な仕事の一つでありながら、その年収事情について詳しく知る人は実は多くありません。今回は、「新聞配達」の年収相場やその決まり方、年収アップの方法について詳しく解説していきます。新聞配達の年収相場はどのくらい?新聞配達と一口に言っても、雇用形態によって年収相場は異なります。ここでは、雇用形態別に見た新聞配達の年収相場をご紹介します。正社員で新卒入社した新聞配達の年収相場300万円~400万円程度の年収を提示している販売店が多いようです

総務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の条件

総務の仕事は、会社全体を管理する部署でありながら比較的残業は少ないですが、やりがいのある仕事です。しかし、ほとんどの人は、総務の仕事は知っているけど年収事情は知らないのではないでしょうか。総務の年収事情に興味がある人も多いと思いますので、今回は「総務の年収相場」や「年収の決まり方」などについてまとめてみました。※総務の仕事内容について最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧下さい。総務の年収の相場はどのくらい?総務で多い雇用形態は、正社員、派遣・契約社員、パート・アルバイトです。総務の年収は、雇用形態によって異なりますので、もう少し詳しくご紹介していきます。正社員で転職した場合の

管理栄養士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

皆さん、「管理栄養士」という職業は知っていても、その年収はご存知でしょうか。「管理栄養士」は厚生労働大臣から認定された国家資格で、専門的な知識・技術で栄養指導や栄養管理を行う仕事です。国家資格であるために年収相場は高いのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、知られているようで知らない人が多い管理栄養士の年収事情を徹底的に解説していきたいと思います。管理栄養士の平均年収は350万円前後が相場管理栄養士の年収は職種により大きく幅があります。一般的な会社員と同じく、働いている年数によって定期的に給与がアップします。20代では年収250万円前後、30代では年収が300万円を超

営業事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収が高い人の特徴や年収アップのコツ

営業事務として働く際、まずは年収相場や待遇が気になるかと思います。この記事では、営業事務の年収事情について、営業事務として働いていた筆者が徹底解説します。どのようなことを勉強し心掛けたら、楽しく働けて年収も上がるのかに関してもご紹介しますので、営業事務を目指す時だけでなく、働き始めてから数年後にも是非読んでいただきたいです。営業事務の平均年収は350万円が相場営業事務の平均年収は、350万円前後です。まず毎月の収入として、基本給と様々な手当の合計が25万円程です。25万円で12ヶ月働くと、300万円になります。そこへ更にボーナスなどを含め、大体年収は350万円前後となります。それでは、以下の項

新聞記者の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

早朝から深夜まで激務なイメージの「新聞記者」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。日々私たちに新しい情報を詳細に届けてくれる新聞記者の仕事ですが、それに見合うだけの年収を得られるのでしょうか?この記事では、実際に新聞記者として働いた経験のある筆者が、その年収事情について詳しく解説していきます。新聞記者の年収は600万円~800万円が相場新聞記者の年収は、年代や所属部署、夜勤の有無などによってかなり幅があるので、一概には言えません。しかし全国紙や、県をまたがって新聞を発行する「ブロック紙」の新聞社に勤務すると、生活には困らず人並み以上の生活ができると言えます。とは言え、最近は出版業界と同様、

型枠大工の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収アップのコツ

あまり耳馴染みのない職業の「型枠大工」、その年収相場についてもなかなか想像が難しいのではないかと思います。肉体労働である「型枠大工」の職人さんは、どのような条件の下で、どのくらいの年収を得ているのでしょうか。この記事では、「型枠大工」の年収相場やその決まり方、年収アップの為の秘訣についてご紹介します。最後に「型枠大工」の仕事内容に関しても解説していますので、気になる方はそちらも合わせてご覧ください。型枠大工の年収・給与の相場はどのくらい? 型枠大工全体の平均年収は350万円~400万円程と言われています。型枠大工の場合、雇用形態によってかなりの差が出てきます。ここでは、正社員とパート・アルバイ

医療機器営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収アップを図る際の注目点

「医療業界」というワードを聞くと、「年収が高い」というイメージが真っ先に来ませんか?このイメージというものは、あながち間違っておらず、数多く存在している業種のなかでも、医療業界でのお仕事の特徴として給与水準が高いというものがあり、そのメリットを求めて多くの人が、この業界での就職・転職を目指しています。そこで今回は、そんな医療業界のお仕事の中でも、ポピュラーな仕事の一つである「医療機器営業」にスポットを当てて、その年収相場や、様々な情報に関する解説をしていきたいと思います。今後、医療機器営業としての就職や転職を考えている人にとって、参考となる記事になれば幸いです!医療機器営業の年収の相場はどのく

一般事務の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・手当・年収が高い人の特徴や年収アップのポイント

一般事務の仕事で就職を考えている人もいるのではないかと思いますが、では、就職するときに考える条件とは何でしょうか。仕事内容、通勤時間、勤務時間、勤務環境などでしょうか。その中でも条件として大きい部分を占めるのは、年収額ですよね。やはり働く以上は、年収の高いところが理想です。そこで、一般事務の年収はどのくらいが相場なのか、また一般事務として年収をアップさせる方法についてもご紹介していきたいと思います。一般事務の年収の相場はどのくらい?一般事務の仕事は様々なパターンでの雇用が多いです。仕事の内容が軽度の作業もあれば、一般事務といいながら比較的専門性の高い事務作業もあり、一般事務と一口に言ってもその

大学助手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

この記事では、大学教授のアシストをする大学助手の「年収相場や待遇」や「年収の決まり方」「年収アップの方法」に加え、「仕事内容」や「大学助手になる方法」について詳しくご紹介していきます。大学助手の年収の相場はどのくらい?待遇は?大学助手の年収は大学によりけりでしょうが、「大学助手」は教授・助教授のような正式な「教員」ではありません。立場としては事務員に近いと思われます。教職の給与は一般的に見て高めですが、大学助手はどのくらいなのでしょうか?基本給は?基本給は月収にして18万円~が相場と言われています。賞与も含めた年収に換算すると250万円~300万円程といったところでしょうか。地域や学校によって

貿易事務の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

貿易事務という仕事をしていると言うだけで、「専門的な仕事だから給与をたくさんもらっていそう」とか「どんどん年収が上がっていきそう」というイメージを持たれることがあります。果たして、実際のところはどうなのでしょうか?また、貿易事務の仕事をしていて昇給は期待できるのでしょうか?できるとしたら、その為にはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、現在貿易事務の仕事をされてる方、またこれから貿易事務の仕事を目指して勉強される方も気になる「貿易事務の年収相場」「貿易事務の年収アップ方法」について詳しく探っていきます。※貿易事務の仕事内容に関しても、最後に簡単にまとめましたので、気になる方はそちらもご覧く

医療秘書の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

医療事務や看護助手というのはよく耳にすると思いますが、「医療秘書」という職業はご存知でしょうか?小さなクリニックは医療秘書がいることはほぼないので、ご存知の方は少ないと思います。そこそこ大きな病院にしか所属せず耳馴染みの少ない「医療秘書」の年収相場はどのくらいなのでしょうか。また、「医療秘書」として年収を上げるためには、どのようなことに取り組めば良いのでしょうか。この記事では、医療秘書の経験がある筆者が、その年収事情を紐解いていきます。医療事務と混合しがちな医療秘書の仕事内容についても最後にご紹介しているので、気になる方はそちらもご覧ください。医療秘書の年収相場はどのくらい?医療秘書の年収相場

日本語教師の年収を徹底解説|給料・手当・年収が高い人の違いや年収アップのコツ

日本語教師の仕事に興味を持ったけど、どうやってなったらいいのか分からない、最近需要の高い日本語教師は年収をどれくらいもらえるのか気になる、などの日本語教師に対する疑問を持つ方も少なくないかもしれません。中でも一番多いのは日本語教師で生計が立てれるのかどうかではないでしょうか?今回は、日本語教師の年収事情についてご紹介していきます。日本語教師の年収の相場はどのくらい?日本語教師の仕事は、メディアなどで取り上げられたこともあり、認知度は高まっていますし、外国人を相手に自分の母国語である日本語を教えることに興味のある人も多いことでしょう。ただ、日本語教師の年収事情は意外と知らない人が多く、日本語教師

テニスコーチの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・年収の決まり方や年収アップ術

世界で活躍するテニスプレイヤーの増加に伴い注目を浴びる機会も増えてきたテニスコーチ、その年収事情に関してはあまりよく知られていません。仕事をする目的は人それぞれですが、「お金を稼ぐため」という人もやはり少なくないと思います。しかし、テニスコーチを仕事に選ぶ人は、「お金」よりも「テニスができる=自分の好きなことを仕事にできる」ということに魅力を感じているのではないでしょうか。とは言っても、やはり年収は高ければ高い程嬉しいのもまた事実です。それでは、なかなか推測し難い「テニスコーチ」の年収相場はどれくらいなのでしょうか。テニスコーチとして働きつつ年収をアップさせるための方法と併せてご紹介していきた

脚本家の年収を徹底解説|給料・年収の決まり方や年収が高い人の特徴

耳慣れた職業でありながら謎の多い「脚本家」、その年収相場はどのくらいなのでしょうか。週刊誌やネットの情報からは、巨額の収入を得ているとイメージされる芸能界ではありますが、実際のところはどうなのでしょう。この記事では「脚本家の年収の決まり方(決められ方)」「脚本家の年収アップの方法」「プロの脚本家として収入を得て生活をする方法」を中心に、脚本家経験のある筆者が、脚本家の収入(ギャラ)についてご説明します。脚本家の年収の相場はどのくらい?脚本家の平均年収は480万円~560万円と言われていますが、これはあくまで「平均」であることに他なりません。というのも、脚本家という職業は個人によってその収入に大

大学講師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・手当

職業としては知っていても、実際にどのような仕事をして、どのくらいの年収をもらっているのか、馴染みの薄い職業の一つが「大学講師」ではないでしょうか。誰でもなれる職業ではない分、年収が高いイメージを持たれている方も多いかと思います。しかし、「大学講師」も他の職業と同じく、働き方や職位などによって、給与体系は様々です。また、大学の主な収入源は学生の授業料ですので、生徒が少ない大学であればその収益は少なくなり、自ずと大学講師の年収にも影響します。そのため、大学講師の年収は大学によっても大きく異なりますし、「公立大学」か「私立大学」かによってもその違いは生じます。この記事では、実際に大学講師として働いて

表示準備中