地方公務員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


地方公務員の仕事は多岐にわたります。

地方公務員と聞くと、市役所の窓口や警察官、学校の先生をイメージされる方は多いかもしれません。

市役所の職員は日常では事務作業がメインでも、災害が発生した際は避難所の運営や被災証明の発行などの業務にあたらなければなりません。

小さな自治体では地域の行事に参加しなければならない職場もあります。

今回はそのような地方公務員の年収と初任給についてご紹介します。

国家公務員の基本給は全国で同一(地域手当で差が発生)ですが、地方公務員は自治体ごとに基本給や手当が決定されます。

年収が高い自治体もあれば低い自治体もあるので、地方公務員を目指す方はぜひ参考にしてみてください。

目次

閉じる
  1. 地方公務員の平均年収は約630万円(平均年齢42.1歳)
  2. 地方公務員の年収・給料の構成要素
  3. 基本給・能力給などはどうなっているの?
  4. 賞与(ボーナス)はどれくらい?
  5. 各種手当はどういったものがある?
  6. 地方公務員の大卒初任給は18万円~22万円
  7. 地方公務員の業務別の年収を見る
  8. 一般行政職(平均年齢42.1歳)の場合の地方公務員の年収
  9. 高等学校教員職(平均年齢44.8歳)の場合の地方公務員の年収
  10. 小・中学校教員職(平均年齢42.3歳)の場合の地方公務員の年収
  11. 警察職(平均年齢38.4歳)の場合の地方公務員の年収
  12. 地方公務員は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?
  13. 地方公務員はどういった勤務先だと年収が高くなるか?
  14. 東京都庁で働く場合の平均年収は約660万円
  15. 大阪府庁で働く場合の平均年収は約637万円
  16. 島根県庁で働く場合の平均年収は約569万円
  17. 宮崎県庁で働く場合の平均年収は約570万円
  18. 横浜市役所で働く場合の平均年収は約627万円
  19. 北九州市役所で働く場合の平均年収は約654万円
  20. 地方公務員の年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?
  21. 1.上級職で入庁する
  22. 2.誰とでもそつないコミュニケーションがとれる
  23. 3.なんとなく皆が納得できる理由を考えられる
  24. 地方公務員の年収査定で大事なのは、人事評価者(直属の上司)の評価を高めること
  25. 自分の得意分野を磨く
  26. 上司が何を求めているか考えてみる
  27. これから地方公務員を目指す人へのアドバイス
  28. さいごに

地方公務員の平均年収は約630万円(平均年齢42.1歳)

地方公務員の平均年収については、総務省が毎年調査を行っています。

最新の結果は平成31年のもので、それによると平均給与月額は317,775円、手当を含めた総支給額となる平均給料月額は406,201円となっています。

この数字をもとに年収を計算すると、地方公務員の平均年収は約630万円(平均年齢42.1歳)となります。( 平成31年地方公務員給与実態調査結果等の概要:https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei12_02000001.html

地方公務員の年収・給料の構成要素

地方公務員の年収は基本給、賃貸住宅居住者に支払われる住居手当、平均賃金が高い自治体に勤務する職員に支払われる地域手当、扶養手当から主に構成されます。

ここに、課税や納税を担当する職員に支給される税務手当など、職場によって特別な手当が加算される場合もあります。

基本給・能力給などはどうなっているの?

基本給については、国家公務員と同様に各自治体が定めれる俸給表によって決定されます。

基本的には国家公務員行政職の俸給表をベースに作成されますが、自治体によって差があります。

賞与(ボーナス)はどれくらい?

賞与(ボーナス)についても、国の人事院勧告を基に各自治体の人事委員会が勧告を行い、それに基づいて決定されます。

令和元年の人事院勧告は4.5ヶ月分のため、多くの自治体は人事院勧告に基づき4.5ヶ月分に定めています。

各種手当はどういったものがある?

地方公務員の手当については、基本的に国家公務員と同様の手当が定められています。

主なものとしては、住居手当、地域手当、扶養手当があり、地方公務員に特有のものとして、生活保護担当者などケースワーカーに支給される福祉手当、動物園勤務者などに支払われる動物取扱業務手当などがあります。

地方公務員の大卒初任給は18万円~22万円

地方公務員の給与は各自治体が定めるため、自治体によって異なります。

基本的には、過疎地の市町村の給与は低く、東京都や人口の多い都道府県庁、政令市の給与は高い傾向にあります。

大卒初任給の場合、東京都では地域手当20%の加算があるため月220,400円、青森県平川市の場合は月180,700円となっています。

地方公務員の業務別の年収を見る

一口に地方公務員と言っても、県庁や市役所で働いている行政職のみならず学校の先生などの教職員、警察官などの警察職など様々な業務があります。

一般的に行政職よりも公安職である警察職や、教員職の方が年収が高い傾向にあります。

一般行政職(平均年齢42.1歳)の場合の地方公務員の年収

先ほどもご紹介しましたが、一般行政職(県庁や市役所の事務を担当する職員)の平均年収は約630万円です。

高等学校教員職(平均年齢44.8歳)の場合の地方公務員の年収

高等学校の教員職の平均年収は約695万円です。

小・中学校教員職(平均年齢42.3歳)の場合の地方公務員の年収

小学校や中学校の教員職の場合の平均年収は約657万円です。

小・中学校教員職の平均年収が高等学校教職員よりも少し低いですが、平均年齢も2歳ほど低いため、同年齢での年収差は今回紹介したものよりも小さくなると思われます。

警察職(平均年齢38.4歳)の場合の地方公務員の年収

警察官の平均年収は695万円です。

地方公務員は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

これまでに説明した通り、地方公務員の年収は各自治体によって異なります。

東京都の場合、50歳部長のモデル年収は約1300万円(東京都人事委員会:https://www.saiyou.metro.tokyo.lg.jp/kyuuyokettei.html)となっています。

モデル年収に記載はありませんが、東京都の場合、一般職員の最高位職は部長ではなくその上に局長がいるため、1300万円以上が支給される可能が高いと思われます。

なお、それなりの規模の都道府県庁や政令市の場合は局長級が一般職員の最高位職となり、人口が少ない県やそれなりの規模の県庁や政令指定都市の場合、東京都ほど高額ではなくても部長レベルであれば1000万円程度の年収が支給されることが一般的です。

地方公務員はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

地方公務員の年収は都市部の自治体ほど高くなる傾向にあります。

地方公務員の場合も、民間給与の高い地域に勤務する場合は基本給に加えて地域手当が支給されます。

東京都の場合は地域手当が基本給の20%支給されるため、基本給が同じ水準の自治体と比較しても自動的に年収が20%高くなります。

また各自治体の中では、早めに上位の役職に昇任した方が年収は高くなります。

昇任するためには上司の推薦が必要ですが、何よりも自身が所属する部局で昇任するポストが空いている必要があります。

本庁に所属している方が区役所などの出先に所属している場合よりも昇任ポストが空いている場合が多いため、本庁勤務が長い職員ほど昇任しやすく年収も高くなる傾向にあります。

東京都庁で働く場合の平均年収は約660万円

東京都庁で働く場合の平均年収は平均年齢40.8歳で約660万円(行政職俸給表一)です。

(東京都人事委員会職員給与関係資料:https://www.saiyou.metro.tokyo.lg.jp/pdf/r1kankoku/r1honbun/r1_04_01_syokujitsu.pdf

大阪府庁で働く場合の平均年収は約637万円

大阪府庁で働く場合の平均年収は平均年齢41.8歳で約637万円(行政職俸給表)です。

(大阪府人事委員会令和元年職員の給与等に関する報告及び勧告:http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/13170/00073130/R01_GAIYOU.pdf

島根県庁で働く場合の平均年収は約569万円

島根県庁で働く場合の平均年収は平均年齢43.1歳で約576万円(行政職給料表)です。

(島根県人事委員会令和元年人事委員会勧告:https://www.pref.shimane.lg.jp/admin/commission/jinji/kankoku/r1kankoku.data/kossi.pdf

宮崎県庁で働く場合の平均年収は約570万円

宮崎県庁で働く場合の平均年収は平均年齢42.3歳で約573万円(行政職給料表)です。

(宮崎県人事委員会事務局令和元年職員の給与等に関する報告及び勧告:https://www.pref.miyazaki.lg.jp/jinji-shokuin/kense/gyose/documents/46540_20191002093556-1.pdf

横浜市役所で働く場合の平均年収は約627万円

横浜市役所で働く場合の平均年収は平均年齢40.5歳で約627万円(行政職員)です。

(横浜市人事委員会令和元年給与に関する報告及び勧告の概要:https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/romu/kyuyo/kako.files/01gaiyou.pdf

北九州市役所で働く場合の平均年収は約654万円

北九州市役所で働く場合の平均年収は平均年齢44.4歳で約654万円(行政職給料表適用職員)です。

(北九州市人事委員会令和元年職員の給与等に関する報告及び勧告:https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000853436.pdf

なお、平均年収だけを比較すると横浜市よりも北九州市が高くなりますが、平均年齢についても北九州市が4歳ほど高いため注意が必要です。

地方公務員の年収の決まり方や、年収が高い人の条件・スキル・特徴は?

地方公務員の年収は俸給表によって決まります。

1.上級職で入庁する

地方公務員の試験は一般的に上級職、中級職、初級職など、大卒程度、短大卒程度、高卒程度と試験が分かれていることがほとんどです。

入庁時の初任給でもそれぞれの枠で差がありますが、上位職への昇任についてもより上位の試験枠合格者が優先されます。

多くの自治体では上位職に昇任するために現在の職位の最低年限が定められていますが、上級職が最も短く、初級職が最も長く設定されています。

また、局長や部長などの幹部については上級職の職員でほとんどの枠が埋まり、その他の級から幹部になれる可能性はかなり低い実態があります。

2.誰とでもそつないコミュニケーションがとれる

地方公務員は日々様々な立場の人と接します。

市民、議員、業者の方々のみならず、庁内でも様々な職の職員がいます。

職員や議員さんの中にはかなり難しい性格の人もいるため、そういう人とも上手く付き合える人が評価される傾向にあります。

また、幹部については首長の意向が強く反映されるため、どんな時でも自分の意見を貫くような、一見公務員として正しいと思われる人が評価されず、首長のやりたいことを上手く実現できるような人が抜擢される場合が多々あります。

3.なんとなく皆が納得できる理由を考えられる

地方公務員は市民の方々と日々接し、議会対応などでは議員さんとのやりとりもあります。

中には業務の説明を行ってもなかなか納得してくれず、先方の持論を延々と聞かされる場合も多々あります。

そんな時も場を上手くとりもち、なんとなく相手が納得するような所謂口が上手い人はスムーズに業務を進められます。

地方公務員の年収査定で大事なのは、人事評価者(直属の上司)の評価を高めること

公務員の年収は俸給表(役職)でほぼ決定され、一定期間の頑張りや結果が賞与に反映される割合はほとんどありません。(半年ごとの人事評価で賞与が増額される省庁や自治体もありますが、全ての勤務先にあてはまる訳ではありません)

特に地方公務員は国家公務員と比較して、昇任の段階(主任、総括主任など)が細かく設定されています。

昇任するためには直属の上司の推薦が必要になるため、推薦を得られるだけの評価を得ることが最も重要になります。

また、部長級など幹部の人事については知事や市長など首長(政治家)の意向が強く反映されるため、現場での能力のみならず、人に気に入られることが重要になります。

本来は良くない話ですが、首長の政策に正論で異を唱えた幹部が左遷されることはままあります。

自分の得意分野を磨く

地方公務員は3年~4年おきに人事異動があります。

地方公務員の仕事は多岐にわたるため、これまでいた職場の知識が次の職場ではまったく使えないという場合がほとんどです。

課長や係長、時には部長でもそれまで全く経験したことがない仕事につき、0から勉強しなければならないことが日常茶飯事です。

しかしながら、文章能力やコミュニケーション力、パソコンスキルなど、異なる職場でも使える能力、基本的な仕事の能力はどこの職場でも通用します。何か一つでも自分ができることを磨いておくと、どんな職場でも一定の評価を得ることができます。

上司が何を求めているか考えてみる

先ほども説明しましたが、地方公務員の年収は役職によって決まり、上位職への昇任は上司の評価を基に決定されます。

どれだけ頑張っていても、どれだけ能力が高くても、上司に評価されなければ何も変わらない、理不尽な評価もよくあります。

人事評価に全く興味がない上司もおり、そもそも昇任の推薦をしない上司もいます。

しかしながら、少しでも昇任の確率を高めるためには上司の評価を上げることが近道です。

そのためには、自分の上司が部下に何を求めているのか、日々の業務の中で感じ、少しでも反映することが重要です。

これから地方公務員を目指す人へのアドバイス

地方公務員は地元で働くのか、進学先の大学がある自治体で働くのか、全く縁もゆかりもないけれど自分が働きたい自治体で働くのか、選択肢は沢山あります。

給料についてはこれまでもご紹介した通り自治体によって差があるため、給料にこだわる場合は平均年収の高い自治体を目指した方が近道だと思います。

また、首長の性格や方針によって職場の仕事のやり方や雰囲気ががらっと変わってしまうことが、自治体にはよくあります。

マスコミを通して見る首長は立派で住民受けが良くても、組織の中での評判はかなり悪く、職員が次々と辞めるような職場も中にはあります。

独学で地方公務員を目指す方も、希望する自治体で働いている人から中の雰囲気を聞くことは重要です。

公務員予備校の中には、講座を受講していなくても面接練習などは別料金で対応してくれるところや、卒業生で現職の人と話をする機会を作ってくれるところもありますので、ぜひ活用してみてください。

さいごに

地方公務員の年収について説明しました。

地方公務員は能力のある職員に高い給料を払うというよりも、平均年収を高く維持する傾向があります。

県庁や政令市などそれなりに平均年収の高い自治体では、特に出世しなくても50歳程度になると800万円程度の年収になることはよくあります。

国家公務員は人事評価に基づきボーナスに上乗せがありますが、地方公務員ではあまり導入されていません(自治体によります)。

頑張った人とそうでない人の年収にあまり差がなく、若手はやる気を失ってしまう場合もあります。

また、霞ヶ関の官僚は長時間労働が状態化していることはご存知でしょうが、地方公務員も災害発生時や議会が紛糾した際などは、1ヶ月~2ヶ月全く休みがないこともよくあります。

自分自身がなぜ地方公務員として働きたいのか、地方公務員として自分の人生で何を実現したいのか、地方公務員を目指す際によく考えてみることをオススメします。

最終更新日:2020年5月25日

関連記事

デザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

デザイナーは、どの程度の年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような人が高い年収を得られるのでしょうか。これからデザイナーを目指そうとしている方・現在の自分の年収がデザイナーの平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役デザイナーの方などは、この記事を参考にしてみてください。※年収や初任給などについては、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」より独自に算出しています。目安としてご参考にしてください。デザイナーの平均年収は約430万円が相場デザイナーの平均年収は、約430万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、おおよそ平均程度は年収が得られる仕事と言って良いでしょう。

幼稚園教諭の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

幼稚園教諭の年収は?待遇は?これから働く人からすると、不安は尽きないことでしょう。本記事では、「幼稚園教諭」の年収や初任給から仕事に必要なスキルなどを詳しく解説しています。これから幼稚園教諭になりたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さいね。幼稚園教諭の平均年収300万円が相場園の運営形態にもよるため、一概にも平均で300万円が年収として決まるというわけでもありません。私立の幼稚園であれば、給料も待遇も園の裁量に任せているため、公立よりも若干の差は生まれます。幼稚園教諭の初任給はどのぐらい?初任給は月22万前後、短大卒で月17万円~18万円です。サラリーマンとさほど変わりがないと言えます。

プロ棋士の年収を徹底解説|給料の構成要素・賞金・目指せる最高年収

藤井聡太七段のタイトル挑戦や、「将棋メシ」でも注目を集める将棋。その「将棋」を指すことを仕事にしているのがプロ棋士と呼ばれる人々です。将棋を極めたプロ棋士が得ることのできる年収を、能力や仕事別に解説していきたいと思います。(棋士の段位やタイトル保持者は2020年6月時点でのものです。)プロ棋士の平均年収は約700万円~800万円が相場プロ棋士の平均年収はいくらぐらいになるのでしょうか?日本将棋連盟にプロ棋士として登録されている人数は約160名で、その年収の平均は約700万円~800万円と推定されます。トップ棋士になれば年収が1億円を超えることもありますが、年収1000万円を超える棋士は上位10

通訳の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

外国語を自在に操る通訳は、英語などの外国語を学んでいる人が将来なりたい職業の一つです。大学や語学の専門学校で通訳の養成課程がある授業を受けることが好ましく、また海外留学の経験もとても役に立ちます。留学を考えている人や現在海外に留学している人なども、毎日現地語で切磋琢磨しないと語彙数を増やせませんし、ネイティブ特有の言い回しを理解できません。では、そんな通訳の年収はどれくらいなのでしょうか。通訳の年収や働き方についてご紹介致します。通訳の平均年収は405万円が相場通訳の年収は働き方によって大きく差がありますが、平均値をとると約405万円程度です。日本全体の平均年収が400万円程度だということを考

不動産営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「不動産営業と聞くと年収が高いイメージがあるけど実際どうなの?」「勤務年数や役職で年収は変わるの?」など、実際に不動産営業をしたことのある人でないと、分からないことも多いと思います。一般的には不動産の営業マンと聞くと年収が高いイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?今回は、不動産営業の平均年収や年収の上げ方について紹介します。不動産営業の平均年収は429万円が相場不動産営業の年収は高いイメージがありますが、実は429万円が相場です。しかし、給与幅として300万円〜900万円ほどであるため、かなりの差があります。なぜここまでの差があるのかというと、雇用形態や勤務先、スキル、経験などによっ

パチプロの年収を徹底解説|年収が高い人のスキルや特徴・年収アップのコツなどを紹介

駅前や郊外のパチンコ店の前で沢山の客が並んでいる姿を見かけたりします。市場規模が20兆円とも言われる巨大な娯楽産業であるパチンコですが、ギャンブル、ストレス発散の遊びなど、様々な目的で客はパチンコ店に出かけているのだと思います。その目的の中で、お金を稼ぐことを目的としてパチンコ店に行き、継続して利益を上げていくのがパチプロです。パチプロの定義というもの特にありません。ざっくりした表現だとパチンコ、パチスロで稼いで生活できる人のことをパチプロと呼びます。さて、パチプロはどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。こちらの記事では、パチプロの年収についてご紹介していきます。パチプロの平均年収は350万

ライターの年収を徹底解説|給料の構成要素や年収を上げる方法

言葉で表現することを仕事にしている人のことを「ライター」と言います。文字を書くことを生業にするという意味では、ライターという職業は平安時代から存在していたとも言えるでしょう。一概にライターと言っても、「シナリオライター」から「コピーライター」に至るまで、文章のジャンルの数だけ様々なライターがいます。インターネットの普及によって、最近では「webライター」という新たな職種も登場しました。今回はそんなライターの年収について徹底解説します! ライターの平均年収の相場とは? 数ある職種の中でもライターは圧倒的にフリーランスの割合が高くなりました。平均月収15万円~20万円、年収にして200万円前後と意

フリーランス(個人事業主)の年収を徹底解説|業種別の年収や年収をアップさせるためにやるべきこと

フリーランスという働き方は、今とても注目されている形態です。場所を問わず、ある程度自分が好きなように働けるので、会社という組織に縛られず自由に働いて稼いでいきたい人は憧れるでしょう。そんなフリーランスですが、年収はどのくらいなのでしょうか。また、どんなスキルがあると収入が増えるのでしょうか。これからフリーランスになりたいという方、またフリーランスで働いているけれども、なかなか収入が上がらないという方はぜひ参考にしてみてください。フリーランス(個人事業主)の平均年収は300万円が相場フリーランスと言っても、ライターからエンジニアまで様々な業種があります。ここでは、全てのフリーランスの方の年収を平

准看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師はなんとなく年収が高いイメージがありますが、果たして准看護師もそうなのでしょうか?この記事では、厚生労働省のデータ(令和元年賃金構造基本統計調査)に基づき、准看護師の年収について解説していきます。准看護師の平均年収は400万円が相場准看護師に平均年収は大体400万円程度と考えておくと良いと思います。平均年齢:50.2歳勤続年数:11.6年労働時間:158時間/月超過労働:3時間/月月額給与:282,400円年間賞与:641,600円平均年収:4,030,400円※平均年収は、「月額給与×12+年間賞与」で計算しています。ちなみに男性と女性で若干の差はあるものの、多職種と比較するとそこまで

SEの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「SE(システムエンジニア)になってみたいな」「SEを目指してみたいな」と思っていても、SEは稼げるのか?年収はどのくらい?新卒や中途でSEになっても大丈夫なの?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、SEの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!SEに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。SEの平均年収は約569万円が相場厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(令和元年)」をもとに、SEの平均年収を算出してみました。システムエンジニア欄の「決まって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」より、平均年収を計算してい

DJの年収を徹底解説|年収の決まり方や最高年収、年収アップさせる方法

クラブやライブハウスなどで活躍する数多くのDJがいます。しかし、DJの活動だけで生計を成り立たせるのはかなり厳しいのが現状です。昼間の仕事や副業と掛け持ちしながら活動を続けるDJが圧倒的に多いです。この記事では、DJの年収について見ていきたいと思います。DJの平均年収は150万円~200万円が相場日本人のDJ(クラブDJ)の平均年収は150万円~200万円ほどです。DJのみでの収入では生計を成り立たせるのは難しいのが現状です。DJの年収・給料の構成要素フリーランスとして活動するDJが圧倒的に多いため、福利厚生はありません。店舗での専属DJとして契約した場合でも、年収100万に届くまではかなりの

パイロットの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年収の高い業種と聞いて真っ先に思いつくのは医者ではないでしょうか。しかし、実はパイロットは、場合によっては医者よりもかなりの高給取りなのです。実際にどのくらい貰っているのか、気になるところだと思います。そこで今回は、これからパイロットを目指している方や憧れを抱いている方などパイロットに興味のある人に向けて、厳しい審査を全てクリアした限られた人のみがなれる業種「パイロット」の年収をはじめ、勤務形態、必要なスキルなどをご紹介していきます。パイロットの平均年収は1000万円~1250万円が相場平均の内訳は、旅客機の操縦士の年齢別の年収と、大手日系航空会社、日系格安航空会社、大手外資系航空会社(国営の

ウェディングプランナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚式のプロデュースをするウエディングプランナーは、主に結婚式に関する事前準備や当日までのサポートを行っています。結婚式を挙げるカップルから依頼を受けると、何度も打ち合わせを重ね、日取りから予算、衣装や招待状に至るまで手配し、多くのカップルたちの助けとなっています。ただ、仕事内容の大変さなどを考えると、果たして見合うだけの年収なのでしょうか?この記事では、ウェディングプランナーの給料や初任給、賞与や各種手当など、年収について詳しく紹介していきましょう。ウェディングプランナーの初任給はどのぐらい?ウエディングプランナーの初任給は、月18万円~20万円程度が相場とされています。もちろん企業によって

鍼灸師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

鍼灸師とは、縫い針や注射針ではない、施術用の鍼(はり)と灸(きゅう)を使って、身体にもともと備わっている自己治癒力を高め、症状を抑えていく資格です。2018年に鍼灸を「伝統医療」としてWHO(世界保健機構)が認定したことにより、世の中の東洋医学に対する印象が変わり、鍼灸の需要が高まってきています。今回は、そんな鍼灸師の気になる給料について紹介していきます。鍼灸師の平均年収は330万円~400万円が相場鍼灸師の平均年収は、おおよそ330万円~400万円と言われています。年収は経験値や技術力、勤務形態、勤務場所などで変わってきますが、年齢による差はあまりありません。特に経験値や技術力は年収に影響し

美容部員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

きれいにメイクをし、化粧品に囲まれながら仕事をする美容部員は、華やかで憧れのお仕事ですよね。今回は、美容部員として働いた経験から、美容部員の仕事内容や年収についてご紹介していきます。美容部員の平均年収は300万円~400万円が相場美容部員の年収は、勤務している会社、特に日系メーカーか外資系メーカーなのかによっても異なります。外資系メーカーは売上に応じた歩合給の部分が日系メーカーに比べて多い場合があり、年収が高い傾向にあります。また、大手ブランドの化粧品販売員の方が、年収が高い場合が多いです。美容部員の初任給はどのぐらい?初任給は、月20万円前後が一般的です。大卒、短大・専門学校卒など最終学歴に

モデルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

雑誌のモデルから世界的に活躍するファッションモデルまで、モデルは女性の憧れの職業の一つでもあります。もちろん男性モデルも存在しますが、一般的にモデルと言えば、華やかな衣装を身にまとった女性モデルをイメージするはずです。今回はそんなモデルの年収を、モデルの種類や仕事別に徹底解説していきたいと思います。モデルの平均年収は200万円~300万円が相場前述したように、モデルというのは上と下では天と地の差があるほど給料差も激しく、世界的に見ればその差も更に広がります。モデルも様々な種類があるので一概にはまとめにくいですが、一般的な平均は200万円~300万円と言われています。ただ、中には副業としてやって

バス運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

これからバスの運転手を目指そうと思った時に気になるのは、平均年収がどのくらいかということです。働く以上は年収が大きなモチベーションに繋がりますし、生活を支えるためにも重要な方法だと言えます。平均年収が分かったところで、次に実践したいのは自分の年収をどうやって上げるのかどうかです。今の年収に甘んじるのではなく、もっと年収を上げるためにできることがあります。それでは、バスの運転手の平均年収などをご説明しましょう。バス運転手の平均年収は450万円が相場バスの運転手と言っても様々な種類がありますが、基本的にバス運転手全体の平均年収は450万円となっています。こちらの平均年収は平成30年に厚生労働省が発

国家一般職の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「公務員の給料は高すぎる」「公務員の給料も民間の水準に合わせるべき」など、公務員の給与についてはよく議論されます。ニュースなどで国税庁長官の年収は2000万円超などと報道され、そのイメージで公務員の給与は高いと思うかもしれません。しかしながら、役所の窓口で働いている一般的な公務員の年収は、実はあまり知らないかもしれません。この記事では、国家一般職の年収や給料の内訳について解説します。ちなみに、一口で国家一般職と言っても、定義によって内訳は変わってしまいます。総理大臣や各大臣と比較して、霞ヶ関の官僚についても一般職と呼ぶ場合と、国家公務員の採用試験である国家一般職に合格した職員を国家一般職と呼ぶ

パラリーガルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

最近耳にする機会が増えた職業の一つにパラリーガルがあります。パラリーガルは弁護士秘書や事務員とは異なり、弁護士資格は持たないものの、弁護士の指示に従って限定的な法律業務を行いサポートする仕事です。法律事務所や企業の法務部に勤務する一般事務員の場合、法律に関する知識は必須ではありません。しかし、パラリーガルの場合はその職務上、法学部出身者や法律に明るいことが条件です。今回は弁護士資格がなくても法律に携わる仕事ができるパラリーガルの気になる年収を徹底解説していきましょう。パラリーガルの平均年収は400万円弱が相場法律事務所や一般企業の法務部など様々な勤務先がパラリーガルにはあり、その勤務先と年齢に

一級建築士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

建築士を目指している方なら憧れの資格の「一級建築士」。非常に難しいですが、その分建築設計という仕事の幅が広がるため、受験希望者は毎年非常に多くいます。建築士の資格は主に木造建築士・二級建築士・一級建築士の三つの資格に分かれますが、建築士の資格の最高峰の一級建築士の給与や年収はどんなものなのでしょうか。今回の記事では、この一級建築士の気になる年収や収入状況について解説していきます。これから一級建築士を目指す皆さんは、是非参考にしてみてください。一級建築士の平均年収は650万円~750万円が相場まず、一級建築士の平均年収は650万円~750万円が相場です。しかし、この年収は経験の浅い建築士から経験

表示準備中