弁護士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当


弁護士の年収は、他の職業から見てもかなり高水準です。

その分、長く険しい道のりを経てこなければ、受験資格すら得られません。

弁護士事務所で勤務する場合にも、独特のシステムがあります。

独立して事務所を構えたり、一般に企業に勤めたりする選択肢もあるので、一般の職業とはかなり違いがある仕事です。

弁護士の平均年収は550万円から1150万円が相場

弁護士の年収は、一般的なサラリーマンの年収と比較して、かなり高額な年収を得られます。

平成29年賃金構造基本統計調査によれば、弁護士の平均年収1026万円という数値が出ていることからも、かなり稼げる仕事と言えるでしょう。

ですが、これをそのまま鵜呑みにはできないのが弁護士です。

実際には、年収が200万円を下回る弁護士もいるからです。

上を見れば、1億円を優に超える人もいるなど年収にかなりの違いがあります。

弁護士の特徴として、自営業として開業していることもありますし、法人化している法律事務所に勤めるケースも出てきます。

勤務弁護士も、自分で仕事を取るような歩合制でどんどんこなしていく人もいるため、個人で受け持つ案件数などで年収に大きな差が生まれてくるのです。

自営業の場合には夢もある代わりに、経営が上手くいかないと、サラリーマン以下の年収になるケースも珍しくありません。

弁護士の年収・給料の構成要素

弁護士の給料構成要素は、働き方によって違います。

自営業として事務所を開設しているのなら、個人事業主として売上げと収入がリンクします。

勤務先と個人事業主として契約を結んでいても、売上げと給料が直結するでしょう。

報酬の取り決めも様々あり、歩合での契約となると、仕事の量が増える、もしくは高額報酬の案件を見つけ受任できれば増加します。

勤務弁護士でも、基本給を設定した上で歩合にするケースもあります。

勤務してから数年は固定給というのが一般的で、ボーナスなどの査定を別途受けるケースもあり、そのあたりは様々です。

基本給・能力給・歩合はどれくらい?(勤務弁護士の場合)

勤務弁護士は、入って数年の間は基本給を設定する場合があります。

この基本給は、地域によってかなり大きな差が出るのが弁護士の特徴です。

東京は人も企業も多く、案件の数も多いため、年収もかなり高額になる傾向があります。

大手法律事務所の場合には、入所初年度から1000万円を超えるところも珍しくありません。

弁護士は年齢と共に収入もどんどんと上がる傾向が強く、年収3000万円を超える人も出てきます。

東京でも中堅クラスの場合、大手ほどは貰えません。

それでも、初年度から700万円を超えるところがあります。

ただしその一方で300万円程度という弁護士事務所も数多くあり、受けている案件や規模などによってかなりの差があるのが実情です。

東京以外を見てみると、人口の多いところでは、初年度で500万円程度が中心となるでしょう。

300万円程度で雇いたいという弁護士事務所もあります。

特に弁護士が少なく人手が欲しいというところでも、案件の規模が小さく低賃金という例も少なくありません。

固定給として見ると低くても、歩合で稼げるのも弁護士であり、その年ごとに年収に揺らぎが出やすくなります。

ただ勤務弁護士は、年齢と共に抱えている顧客の数も増えてくるので、年収は必然的に増加していくでしょう。

賞与(ボーナス)はどれくらい?(勤務弁護士の場合)

勤務弁護士のボーナスは、多くの事務所では4ヶ月分程の支給と言われています。

金額は50万円程度から300万円を超えるケースまでとかなり幅広いです。

初年度の年収が500万円と想定すると、月給は大体36万円、ボーナス総支給額が144万円程度の計算になるでしょう。

夏と冬が同じ割合とすると1回のボーナスで72万円支給です。

各種手当てはどういったものがある?(勤務弁護士の場合)

士業として活動する弁護士は、資格手当を支給されることはほぼありません。

法律系資格の頂点として、弁護士は全ての資格の業務を受け持てるからです。

ただし一般企業に勤めるケースでは、弁護士資格を有していることによって手当が出ることもあります。

ほかにも弁理士として登録しているなど付加価値がある場合には支給されますが、自分で営業するための資格というところでは、手当はないというのが実情です。

弁護士(勤務弁護士)の場合の年収を新卒や雇用形態別に見る

弁護士は、年齢や雇用形態によって収入が大きく変化します。

年収の幅がとても大きな職業として個別に見ていくと、その違いが分かるでしょう。

新卒の場合の弁護士の年収

弁護士の新卒は、イソ弁とも呼ばれます。

イソ弁とは、居候弁護士という意味を持つ言葉で、固定給を受け取りながらも経験を積む段階です。

弁護士は、司法試験に合格し資格を取得したからと言って、すぐに第一線で活躍できるわけではありません。

それどころか、長い道のりのスタート地点に立っただけです。

勤務弁護士として法律事務所に所属しても、ボス弁と呼ばれるリーダー格の指示を受けて仕事をします。

大手法律事務所では新卒初任給で500万円~1000万円になるケースもありますが、地方では案件をこなし稼ぎ出せる立場にないことから300万円以下も珍しくありません。

イソ弁は実践で使えるレベルではなく、まだまだサポート役でしかないからです。

社会人が転職する場合の弁護士の年収(正社員)

他の職業から弁護士に転職する場合

社会人から弁護士になるのは簡単な道ではありません。

法科大学院で学ぶ必要があり、そこから司法試験の合格を目指します。

法学部での経験がない場合には、更に1年プラスと長い時間が必要です。

一般的に司法試験に合格し、弁護士事務所に就職するのであれば、新卒と同じ扱いです。

ただし、これまでの社会経験を買ってくれれば、アップする要素になるでしょう。

もう一つ、企業内弁護士の選択肢も出てきます。

インハウスロイヤーと呼ばれますが、弁護士として独立して仕事をするのではなく、企業内で働く方法です。

あくまでも正社員としての雇用が中心で、手当なども一般の職と変わりません。

年収自体は、40代前半まで法律事務所に勤務している弁護士に比べて200万円近く安いと言われています。

正社員として会社に勤めているため、法律事務所で報酬を得るよりも低い水準で推移するからです。

しかし、45歳以降になると、インハウスロイヤーのほうが高水準になります。

人事などで整備が進むインハウスロイヤーのほうが、年齢を重ねるごとに安定して伸びていくからです。

管理職クラスになれば、平均年収としても1000万円を超える例も出てきます。

弁護士が他の弁護士事務所に転職する場合

弁護士がほかの法律事務所に転職する場合、自分で道を選ぶ場合と他社から引き抜かれる場合あります。

弁護士も競争の激しい商売であり、他の事務所から引き抜きがかかることは珍しくありません。

相手の事務所の規模にもよりますが、現状よりも高い報酬を条件としてくるでしょう。

能力があり名前も知られてきているのであれば、倍ちかい給料になるケースも出てきます。

自分で転職の道を選ぶ場合、年収が下がってしまうケースも少なくありません。

平均金額は550万円程度と言われている中での転職となるため、自分のキャリアなどがアピールできるかどうかがポイントです。

特に都心部から地方の事務所へ転職するのであれば、キャリアがあったとしても、かなりのダウンになるケースが出てきます。

顧客を持っていると、独立するという大きな選択肢が発生するのが弁護士です。

その中で自ら他の事務所を選ぶというのは、大してプラスにはならないでしょう。

逆に地方から都心部への転職であれば、年収が上がることも考えられます。

パート・アルバイトの場合の弁護士の年収

弁護士として、パートやアルバイトという契約はあまりありません。

しかし、資格取得後に結婚などで職を離れた場合、アシスタント業務などの募集が出てくるケースがあります。

大手事務所の時給で大体1,800円~2,000円程、8時間勤務として計算すると、年収は350万円前後となるでしょう。

ただし、パート・アルバイトの場合は扶養内で働きたい等の希望を持つ方もいる為、一概には言えません。

弁護士は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

前述した通り、弁護士は案件によって収入が大幅に変化します。

イソ弁からスタートして数年後に自分で営業してクライアントを獲得し、成果報酬形式になるのが一般的です。

新人時代はアソシエイト、成果報酬になるとパートナーと呼ばれます。

パートナーになれば、案件次第で大きな年収に繋がります。

自分で報酬を稼ぎ出す立場になるからです。

大手弁護士事務所のような渉外弁護士にもなれば、1億円を超える年収も珍しくありません。

M&Aを専門とする弁護士もかなり高額です。

かなり限定されますが、不可能と言われるような刑事事件を担当し判決を覆してきたような実績があれば、年収も数億円という規模になるでしょう。

全ては案件次第ですので、どこまで営業できるのか、交友関係や実績によっても違いが出ます。

こうした弁護士は、ブル弁(ブルジョワ弁護士)と呼ばれ、かなり特別な存在です。

弁護士はどういった勤務先だと年収が高くなるか?

年収の高い弁護士には、様々なケースが考えられます。

勤務先次第という面もあるのは、キャリアが重要になるからです。

大手弁護士事務所で働く場合の年収

日本には、四大法律事務所と呼ばれる大手が存在します。

  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所
  • 長島・大野・常松法律事務所
  • 西村あさひ法律事務所
  • 森・濱田松本法律事務所

そこにもう一つ

  • TMI総合法律事務所

を加えて五大法律事務所と呼ぶこともあります。

こうした大手法律事務所は数百人規模の人材を抱えていますが、かつて所属弁護士は渉外弁護士と呼ばれました。

渉外弁護士は、なんらかの形で外国が関係してくる案件を取り扱う弁護士です。

非常に高額な年収を得られる弁護士として知られてきました。

広義で渉外弁護士と呼ばれてきましたが、ほかにはあまり明確な定義はありません。

外弁法の改正により、海外の大手弁護士事務所が日本に参入した結果、日本国内の案件も増えています。

大手弁護士事務所では案件も獲得しやすく、企業の案件などを中心に年収数億円になるような弁護士も出てきます。

新卒で弁護士を目指すのであれば、大きな目標となるでしょう。

外資系弁護士事務所で働く場合の年収

2003年の外弁法の改正から、日本国内に海外の法律事務所が数多く参入してきました。

弁護士事務所は、外資系と言っても資本関係があるとは限りません。

海外の法律事務所と提携している状態で、経営は国内資本でも、外資系法律事務所と呼ばれます。

国内外の案件を取り扱う中、国際的なM&Aや金融案件などが大規模な案件を多く扱うことになるでしょう。

海外の法律に基づくアドバイスなども行います。

初任給で年収1000万円を超えるのは珍しくなく、一般的なレベルです。

五大法律事務所よりも高額年収となってきました。

  • ベーカー&マッケンジー法律事務所外国法共同事業
  • モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所 伊藤 見富法律事務所
  • 外国法共同事業・ジョーンズ・デイ法律事務所
  • ホワイト&ケース法律事務所

などがありますが、ほかにもかなり多くの法律事務所が参入しています。

入所の実績が5年以上になると年収2000万円も珍しくありませんが、長期的に見ると日本の大手弁護士事務所とそこまで変わりません。

司法試験合格からすぐに独立して働く場合の年収

弁護士は、自分がどこまで稼げるかによって年収に違いが出てきます。

弁護士事務所に所属しながらも、個人事業主のような契約形態の場合にも営業して顧客をつかむ稼ぎ方次第です。

そのほかに、自分で事務所を建てて独立するという方法も、高額年収を目指す方法と言えるでしょう。

ソクドク弁と呼ばれますが、司法試験合格と同時に即独立してしまうという方法があります。

非常にリスクのある方法ですが、能力に自信がありコネクションがあるのなら、初年度から大きな年収が得られる可能性はあります。

中には、固定した事務所などを持たずスマホで連絡を取り活動する、スマ弁と呼ばれる弁護士も出てきました。

デメリットは、先輩などの姿を見て経験を積む時間がないことです。

これが逆に年収を悪化させる要因ともなるため、慎重な選択が必要でしょう。

法律事務所から独立して働く場合の年収

法律事務所に勤めながら将来の独立を目指していく方法も、年収アップを目指せます。

多くの弁護士がこの道を選択しますが、全ては顧客次第です。

良い顧客が見つかるのであれば、かなりの年収が期待できます。

逆に顧客が見つからないと、年収が300万円を切るようなケースも珍しくありません。

これから弁護士になる人へのアドバイス

これから弁護士を目指し、高額年収を狙うのであれば、大手法律事務所か外資系法律事務所への就職が良いでしょう。

数多くの弁護士を抱え、高額年収も目指せます。

その後、独立するとしても、多くの道が見えてくるでしょう。

なりたいからと言って、こうした大手法律事務所に簡単に就職できるわけではありません。

海外の案件を取り扱う渉外弁護士として、英語が話せコミュニケーションを取れるのは絶対条件です。

契約書などは全て英語で書かれ、日常的な内容も英語で受け答えする仕事です。

間違った理解に繋がれば、それだけで大きな問題にもなりかねないため、相当な英語力を身につけなければいけません。

法律事務所が実施しているサマークラークでも、優秀であると認められる必要が出てきます。

もちろん、参加していなくても応募できますが、ロードマップとしては大きな差が出るでしょう。

優秀と認められたら、法律事務所のほうから声もかかります。

司法試験の成績も重要ですので、普段から努力を重ねていかなければいけません。

司法試験に合格するだけでも、かなりの時間と労力、加えてお金も必要です。

それ以上の勉強をし、実力を身につけることが、弁護士として大事な道になるでしょう。

逆に、経験も積めずコネクションもない状態で自分の夢を叶えようとしても、難しい側面があります。

年収300万円を切るような弁護士がいるのも、それだけの案件を確保できないためです。

勉強漬けの毎日を過ごしてようやく合格できるような司法試験の世界では、社会を知らずに苦しむ例も少なくありません。

ほかの仕事と掛け持ちで弁護士を続ける人もいます。

合格するまでに、生活の大半を勉強の時間が占めてしまうでしょう。

社会という経験も積めずに失敗するというケースもありますので、幅広い見識を身につけることが弁護士として必要です。

さいごに

弁護士の年収は、どのような法律事務所で働くのか、立地条件なども含め、その内容で大きな差が出てきます。

弁護士資格として法律系資格の頂点を極めるだけではなく、その先にどのような道があるのかを認識していかなければいけません。

司法試験が新しくなり多くの弁護士が生まれてきた中、必然的に条件の良い就職先の競争も激しくなったからです。

もし、しっかりと将来を見据え能力を高めていられるのであれば、夢のような年収を手にできるでしょう。

それだけの魅力もある仕事です。

最終更新日:2020年2月17日

関連記事

MRの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

MRとはMedical Representative(医薬品情報担当者)の略で、医療用医薬品を取扱い、自社製品の効能、効果のほかに副作用などの情報提供を医師や医療従事者へ行うことを主な仕事としています。営業職として紹介されることの多いMRですが、他の業界の営業職と大きく違うのは価格交渉を直接行わない点です。営業職でありながら医療に貢献できることで人気のMR。気になる年収や手当について徹底解説していきたいと思います。MRの平均年収は600万円から700万円が相場MR全体の平均年収は600万円~700万円になります。国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収が441万円なので、平均より15

裁判官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

裁判官と言えば、行われる事件などの裁判の判決を下す仕事です。裁判官は様々な状況や証言などを比較・検討して法律に基づいた判断を下しますが、その判決は人間の一生を左右する可能性もあります。つまり、同じような法律の専門家である検察官や弁護士などと比べてもその責任は非常に重大です。では、そんな責任の重い仕事である裁判官の年収はどのようなものなのでしょうか。裁判官の平均年収は約900万円が相場裁判官は経験年数や働く場所によっても異なりますが、年収は約600万円~約1000万円が相場。裁判官全体の年収を平均すると、約900万円程度となります。裁判官の年収・給料の構成要素裁判官の年収は基本給と共に、勤務地に

弁理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

弁理士は、特許権・実用新案権・意匠権・商標権などの知的財産に関するスペシャリストであり、専権業務事項を持つ国家資格です。特に理系出身者にとっては憧れの資格であり、試験の難易度も国内トップクラスですが、これから弁理士を目指すという方にとっては、試験勉強の内容もさることながら、もし弁理士になったらどのくらいの収入が得られるか、非常に気になるところだと思います。本記事では、弁理士の年収を、その勤務体系別に徹底解説していきます。弁理士の平均年収は700万円が相場弁理士の平均年収は、約700万円が相場だと言われています。これは一般の会社勤めのサラリーマンと比較すると確実に高いと言えます。現在サラリーマン

エンジニアの年収を徹底解説|職種別の年収や、求められる能力

「ITエンジニア」と聞くと、専門性の高い資格やスキルを保有された方で、且つ収入が多いというイメージがありませんか?しかし実際には、「ITエンジニア」と一言で表しても様々な分野に細かく分かれており、更には収入もまちまちになります。そこで、筆者自身が実際のエンジニア業界に転職して得た経験を踏まえながら各エンジニアの年収についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。ITエンジニアの平均年収は500万円~550万円程が相場 全般的にエンジニアとしては、平均500万円~550万円が相場の目安となります。とは言え、資格やスキル、また就業する企業の大きさにより大きく異なります。そこで、企業別にまとめ

漁師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「将来、自分も漁師を目指したい!」「脱サラして漁師の仕事に転職したいと考えている」海の男・漁師の職業は、かっこ良くて憧れますよね。しかし、仕事を選択する時に気になることの一つは給料や年収ではないでしょうか。漁師っていくら稼げるものなのか?家族を養えるくらいのお給料がきちんと貰えるのか?漁師の給料は一般人からするとイメージしづらいものですよね。今回は漁師さんの年収を細かく解説していきます。漁師の平均年収は約210万円~800万円ほどが相場漁師の年収は、漁業形態によって大きく差があることが特徴です。漁業形態は大まかに分類すると、沿岸漁業・沖合漁業・遠洋漁業の3種類に分けられます。近場の海へ出航し、

開業医の年収を徹底解説|収入の構成要素や収入アップのコツ

医師という職業には、企業に雇われる「勤務医」と、自分のクリニックなどを開業する「開業医」の2種類に分けられます。勤務医にしろ、開業医にしろ、それぞれのスタイルにはメリットとデメリットがあります。そこで、今回は「自分で独立開業するスタイルの開業医」について、その収入やメリット、デメリットなどについて書いていきたいと思います。開業医になると、一体どれくらい稼げるのでしょうか?先に結論を書いておきますと、「勤務医よりも圧倒的に稼げるのが開業医だけど、リスクも高い」と言っておきましょう。それでも、勤務医のスタイルで一生を終えることを考えるのであれば、「自分で開業して」苦労してでも、大きな財産を得ること

建築士の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

「職業は建築士」と聞くと、頭脳明晰で収入も良く、安定している職業と思われる方も多いでしょう。しかし中には、一時期問題になった「耐震偽装問題」などで建築士の印象を悪く感じてしまう方が存在するのも事実です。今回の記事では、そんな建築士のリアルな年収や職場環境をご紹介していきたいと思います。建築士の平均年収は500万円〜750万円が相場建築士の年収で一番多い層が年収500万円から750万円の層になります。これは一般的な企業に勤務した場合のケースになります。では、この層はどのように決められるのでしょうか。建築士の中にも初心者やベテランがいます。専門学校や大学などの在学中に建築士の資格を取得した方もいれ

助教の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

現在、日本の大学の研究職員には教授、准教授、講師、助教という職があります。准教授や助教という立場は比較的新しく作られた名前です。そのため馴染みのない方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介する「助教」の仕事は、自らの研究と学生への教育がメインになります。実績を積みながら将来的には准教授、教授を目指します。ここでは助教の平均年収や福利厚生、雇用形態別の年収について解説をしていきます。将来、大学での仕事を考えている方は参考にしてみてくださいね。助教の平均年収は550万円~600万円が相場大学によって給料の差はありますが、全体的な平均年収は約550万円~600万円になっています。ボーナスは平均で約1

農家の年収を徹底解説|業種別の年収・ボーナスなどを紹介します

農業という仕事には様々な働き方があります。自分一人で働いたり、家族と一緒に働いたりする人もいれば、個人事業主や法人として人を雇ったり、会社員として働く人もいます。私自身は、4年前から農業生産法人で会社員として働いています。業務を通じて様々な人とお話をする機会があるのですが、働き方は千差万別で、逆に言うと自分に合った働き方ができることが農家の魅力でもあると思います。例として、年間を通して業務量を平均的にして働く農家もいれば、1年間の内の限定された期間で多く働き、それ以外の期間をゆったりと過ごす農家もいます。今回の記事では、皆さんが知っているようで知らない、農家のお金事情について解説していきたいと

経理の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

経理は一般の事務職に比べて専門性が高く、自分のスキルを高めていくことができる職種ですので、一生の仕事として選ぶ方も多いです。年収は少し高めのイメージがありますが、実際はどの程度なのでしょうか。気になる経理の年収の内訳や、年収を上げるためにはどうすれば良いのかを徹底解説します。経理の平均年収は300万円~600万円が相場経理の年収は、他の事務職と比較するとやや高めに設定されていることが多いです。というのも、経理の仕事は簿記や会計の知識が問われるため、専門的なスキルが必要とされるからです。平均的な年収は300万円~600万円ほどが相場ですが、経験年数にも左右されますし、どこの会社に勤めるかによって

教師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

多くの人が学校に通い、教師という職業の方から様々なことを教わって大人になっています。その教師という職業は簡単なものではなく、過酷な労働状況にあると現在多方面から指摘を受けています。この記事ではそんな教師の年収について、給料の構成要素や小中高などの学校別による給与の比較、また、どのような勤務先が高い給与を得られるのかなどを紹介していきます。教師の平均年収は600万円から650万円が相場教師の平均年収は、勤続年数が15年以上の40代であれば約650万円程度です。教師は年齢や経験年数、役職などに応じて「号俸」と「等級」が決められます。給与はその「号俸」と「等級」から算出され、概ね20代で400万程度

柔道整復師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの痛みに対して施術をする国家資格です。ケガなど身体を痛められた方が接骨院・整骨院に来られて施術をしていきます。では、柔道整復師の給料はどのようになっているのでしょうか?今回は柔道整復師の給料の実態について紹介していきます。柔道整復師の平均年収は300万円~700万円が相場柔道整復師の平均年収は、おおよそ300万円~700万円と言われています。なぜ、これほどの幅があるのでしょうか?それは条件により年収が大きく変わってくるためです。経験年数まず、変わる条件の一つに経験年数が挙げられます。専門的な知識と技術が必要な職業のため、経験年数は重要なポイントです。

大学教授の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

高等教育機関である大学の教育・研究を担う大学教授は、社会的な地位も高く憧れの職業の一つではないでしょうか。安易に就ける職業でもないので、その仕事の内容や年収についても見えにくいこともあり、様々な職業に従事している方たちの関心事になっています。大学は企業のように営利を追求する組織ではないので、教授などの職位による身分の保障や比較的安定した収入が得られます。一般的に大学教授は高収入という印象がありますが、職位や年齢、また担当する授業時間数などによって収入の多寡があります。今回の記事では、大学で教員や学生を支援する職員として働いていた筆者の視点から大学教授の年収を解説し、「年収の相場」や「年収の決ま

警察官の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

ドラマでも古くは「あぶない刑事」や「西部警察」、今ではおなじみの「相棒シリーズ」など、テレビでも描かれることが多い警察官。杉下右京は一体いくら位貰っているのでしょうか?また景気の変動に左右されにくく安定した収入があるイメージもあり、昨今人気の職種でもあります。警察官のリアルな年収事情を調べてみました。警察官の平均年収は700万円が相場警察官と一口に言っても、働く地域・階級・能力・手当等、様々な要因で収入は変わってきます。総務省の調査をもとに平均年収を計算すると、平均年齢38.4歳で約700万円となります。(総務省:平成30年地方公務員給与実態調査 https://www.soumu.go.jp

税理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

読者の皆さんは、税理士の年収についてご存知でしょうか?税理士と言えば、基本的には国内トップクラスの難易度の税理士試験を合格した方たちです。今回の記事では、そんな税理士の年収について、働き方の違いや勤務先の違いなど様々な視点から徹底解説させていただきます。税理士の平均年収は600万円~800万円が相場税理士の平均年収は、開業税理士と勤務税理士で大きく異なります。一般的には開業税理士の方が高く、平均年収は800万円前後です。これに対して勤務税理士の平均年収は600万円前後と言われていますので、開業税理士との差は約200万円程度となります。開業税理士は、自分で税理士事務所・税理士法人を経営する経営者

YouTuber(ユーチューバー)の年収を徹底解説|収入の構成要素や収入アップのコツ

日本でも人気の職業の一つでもあるYouTuber(ユーチューバー)。小学生のなりたい職業ランキングでも3位にランクインするほどの人気で、誰でもなれる可能性があるため始めやすく、最近では小学生のyoutuberも出てくるようになりました。有名になると年収1億円というのをバラエティー番組などでよく目にしますが、どのようにしてそれだけの収入を得ることができるのか、収入を増やすにはどうすれば良いのかなど疑問に思うことが多々あります。ここではそれらについてまとめてみたので、ご覧ください。youtuberの平均年収は500万円~800万円が相場まず平均年収ですが、500万円~800万円と言われています。な

放射線技師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

世の中には数多くの職業がありますが、それぞれの分野で資格を取得して働いている人たちを資格職と呼ぶことができます。取得資格は様々ありますが国家資格のことを指す場合が多く、看護師や薬剤師など医療系資格のほとんどが国家資格です。今回は、そんな医療系国家資格の一つである診療放射線技師に注目し、年収やどのような給与形態なのかなどを紹介していきます。診療放射線技師の平均年収は約500万円が相場診療放射線技師は、病院などの医療機関において、医師または歯科医師の指示に基づき放射線機器などを使用した検査を実施する職種のことです。各医療機関では1名から数名、大学病院や公的病院のような大きい病院では十数名が勤務して

看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師を目指している方の中には、「安定した資格がほしい」とか「人のためになるから」といった理由をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし、仕事をする以上は気になるのがお給料ではないでしょうか。一般的には給料が高いというイメージがあるようですが、実際の金額はご存知ですか。筆者が看護師として勤務してきた経験をもとに、看護師の年収やその内容についてご紹介したいと思います。看護師の平均年収は360万円~550万円が相場看護師の年収の平均額は約480万円ではなぜ平均年収に360万円から550万円までのばらつきがあるのでしょうか。それは看護師の労働環境も影響していると言えるでしょう。夜勤があるほかの職

インテリアコーディネーターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「インテリアコーディネーターになりたい!」と思う方はとても多いと思います。しかし、その一方で「儲かるの?」「どんな企業に入れば年収は高くなるの?」と金銭面を気にされている方も多くいらっしゃることでしょう。そこで、気になるインテリアコーディネーターの年収について解説していきたいと思います。インテリアコーディネーターの平均年収は、300万円〜450万円が相場インテリアコーディネーターの平均年収は300万円〜450万円です。通常のサラリーマンと同じくらいと思っていただければ良いかと思います。しかし、これはあくまで平均年収です。それぞれの企業によって異なりますし、経験を積んで独立・開業まですると年収1

司法書士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

日本司法書士会連合会が発行している司法書士白書に司法書士へのアンケート結果が載っているのですが、それによると、司法書士への志望動機で最も多いのが「専門性の高い仕事ができるため」だそうです。一方、「経済的に恵まれるため」を志望動機とした司法書士は全体の半分以下に過ぎず、お金は二の次という結果になっています。しかし、司法書士を目指している人にとって、司法書士になるとどれぐらい稼げるのかはやはり重要な問題でしょう。この点についてインターネット上には様々な情報があふれていますが、今回は、実際はどうなのかというリアルなところをお話していきます。司法書士の平均年収は500万円以下が相場司法書士全体の平均年

表示準備中